« 2024年2月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年3月30日 (土)

伊勢西国10回目 菰野の2寺

2024年3月30日(土)

明日は団地の老人会で花見の予定ですが、今日も天気が良いので出かけることにした。菰野町に元25番尾高観音、元26番慈眼寺の2寺があるが交通の便が悪い。近鉄湯の山線の菰野駅から10キロ近く離れている。コミュニティバスの便も悪い。自転車でとも思ったが、この際女房と車で行くことにした。

C

我家のある長島から、東名阪に乗り、四日市東インターで降りて、途中、竹成の五百羅漢に寄りながら行くコースにした。9時15分過ぎに家を出て、竹成到着は10時だった。

Dscn0938jpgc_20240330153701

ここは伊勢西国には関係ないが、五百羅漢が面白いので寄ってみた。この辺りはこの地方の交通の要衝のようで、立派な道標がありました。確か、巡見街道も近くを通っていたと思います。

Dscn0939jpgc

 

2体の大日如来の木像がご本尊です。

Dscn0943jpgc_20240330153701

この辺りは天台宗や真言宗が盛んだった土地柄だそうで、室町時代の作だそうです。

Dscn0955jpgc

その境内にある五百羅漢が有名です。

Dscn0946jpgc_20240330153701

19世紀中ごろ、江戸時代の後期に完成したそうです。いろんな仏像500体は珍しい。

Dscn0951jpgc

境内の桜は満開でした。

Dscn0957jpgc

ここから元26番の慈眼寺はそう遠くありません。

Komonojpgc

ナビの案内で行ったので遠回りですが、15分位で着きました。ナビが無いと行けない、辺鄙な場所にあります。また、駐車場が無いのも困りものです。10時25分着。

Dscn0960jpgc_20240330153701

この辺りの寺々は、織田信長の伊賀攻めの際、北畠に着いて焼き討ちされた寺が多い。この慈眼寺もそうらしい。住職は居られるようですが、御朱印は各自です。

Dscn0963jpgc

ここで元25番の尾高観音の御朱印も頂きます。御朱印の価格で思い出したのですが、四国八十八ヶ所の御朱印代が、4月1日、明日から200円上がって500円になると新聞に出ていました。

ここで元25番尾高観音の御朱印も頂きましたが、やはりお参りしないといけません。15分ほど走って、尾高観音の駐車場に来ました。

Dscn0976jpgc

もう一寸、近づけるかと車で入りましたが、駄目で、引き返して駐車しました。ここは観光協会の駐車場で、尾高高原や釈迦が岳にも行けるのかな。5分で参道入り口です。

Dscn0984jpgc

なかなか趣のある参道ですね。現在無住ですが、往時は先ほどの慈眼寺なども含めて、地域を統括する寺院だったようです。ただ、過っての信仰寺院や藩主の菩提寺などは、一般の檀家が居ないため、時代と共に没落せざるを得ない運命になったようです。

Dscn0996jpgc_20240330193101

一寸寂しい気がしますね。特に、三重県は真宗高田派の力が強く、檀家も殆どが浄土真宗なので、そう感じますね。

Dscn0997jpgc

ただこの尾高観音は、我々が参拝している短い間にも、二組の参拝者がありました。他にも登山者も参拝していくので、結構参拝者は多いですね。これで今日の参拝を終えたので帰途に着きました。

11時20分頃出発し、今度は下道で、木曾三川公園センターに向かいました。チューリップ祭りをやっているので。途中スーパーで買い物等したりして、1時前に着きました。着いてびっくりしました。駐車場が満杯なのです。

Dscn1006jpgc_20240330193101

今日は土曜日、春休み、桜の季節、チューリップ祭りと重なっていたのです(笑)。いつもはウイークデイのイベントも無い日に来ているので、駐車場はがらがらです。こんな車は初詣以外、初めてみました。会場も大勢の人です。

Dscn1012jpgc

公園関係者も大満足でしょう。ここは環境省管轄の国立公園と違って、国交省管轄の国営公園です。チューリップきれいでした。

Dscn1013jpgc_20240330193101

桜も咲いてました。

Dscn1017jpgc

屋台も出てました。

Dscn1027jpgc

春ですねえ。家に帰って、運転で飲めなかったビールを、軽く頂きました。

Dscn1037jpgc_20240330193101

お疲れ様でした。

 

 

 

 

2024年3月20日 (水)

伊勢西国9回目 勅願院観音寺

今年は3月20日がお彼岸で、前日の19日に墓参りに行った。我家のお墓は四日市市の塩浜に有る。その塩浜霊園から2キロほどの場所に25番札所の勅願院観音寺があるというので、帰りに参拝してきた。

Ohakajpgc

地図の上部、JR南四日市駅の近くに観音寺がある。お墓は下部で、近鉄塩浜駅に近い。

Dsc_0806jpgc

当寺は天台宗から浄土宗に転じ、ご本尊は阿弥陀如来です。また聖武天皇、後奈良天皇、後陽成天皇の三代の天皇の勅願所となっています。

Dsc_0809jpgc

ですが、その右手に祀られる如意輪観音が有名です。6本の腕を持つ如意輪観音は各地で見られますが、4本の足、八つの頭を持つ霊鳥に乗った姿は、ここだけだそうです。

Dsc_0812jpgc

残念ながら秘仏なので、パンフレットの写真を頂きました。

Dscn0937jpgc

今回で22寺お参りしました。番外・元を含めると39ヶ寺なので、半数は越えましたね。

 

2024年3月17日 (日)

日間賀島

山歩会の行事で日間賀島へ河豚を食べに行ってきました。日間賀島は愛知県、知多半島の先にあります。

Himaga00jpgc

日間賀島と篠島、一寸右上に佐久島がありますが、佐久島は西尾市で地図上の一色港から航路があります。観光化されていなくて、素朴で良いとの話もありますが、行ったことありません。

日間賀島は知多四国八十八ヶ所巡りで行ったのが最初かな。その後、フグを食べにもう1回か2回行っています。隣の篠島は知多四国で1回だけです。

半島先端の師崎港から船というのが近いのですが、車じゃなく電車の場合は名鉄で河和へ行き、そこから高速船で20分というのが便利です。

2024年3月15日(金)

名鉄名古屋9時41分発の特急で河和着が10時32分。改札を出ると師崎行きのバスが停まっていました。

Dsc_0708jpgc

高速船の出る河和港までは徒歩7分の案内がありました。

Dsc_0709jpgc

乗り場は立派な建物で、結構混んでいます。

Dsc_0713jpgc

11時05分の船に乗ります。120人位乗れます。

Dsc_0717jpgc

日間賀島はタコとフグが売り物です。

Dsc_0718jpgc

日間賀島は西港と東港がありますが、河和からの船は西港に着きます。

Horizon_0001_burst20240315152643273_cove

Himaga01jpgc_20240317125201

民宿は歩いても5分ほどでした。さっそくフグ料理が並びます。

Dsc_0730jpgc_20240317124601

日間賀島は昔タコが名物でした。フグは獲れても下関へ送っていたそうです。日間賀のフグと言っても安かったのでしょうね。下関へ送って売れば高値が付いたのでしょう。

Dsc_0734jpgc_20240317124601

いろいろ付いて、最後はふぐちりですね。雑炊も美味しいですね。

Dsc_0738jpgc_20240317124601

折角だからタコも食べました。私には一寸嚙み切れなくなってきましたが( ノД`)シクシク…

Dsc_0745jpgc_20240317124601

今日は11人だったかな。

Dsc_0761jpgc

食べ終わって、一寸散歩しようと一人で高台へ行くことにしました。島の中は細い道が迷路のようで、宿の人に道を訊かないと、目的地にはつけません。

Dsc_0765jpgc

でもまあ狭い島なので、5分か6分で海が見えてきました。

Dsc_0771jpgc

中学校の前辺りまで来ると、ピンクのドアがありました。ドラえもんの「どこでもドア」のようですね。

Dsc_0773jpgc

学校帰りの女の子に訊くと、知らん間に出来ていたと笑っていました。

Dsc_0776jpgc

帰りは別の道を下ってみました。長心寺というお寺にでましたが、ここは八十八ヶ所には入っていませんでした。東港の近くにある大光院というお寺がそうでした。

Horizon_0002_burst20240315150908667jpgc

街中にひもの屋さんがありました。タコは食べられないのでパスしました(笑)。

Horizon_0002_burst20240315151149934jpgc

湊付近の売店もタコとフグですね。

Center_0002_burst20240315104651067jpgc

楽しい1日でした。

 

 

 

2024年3月12日 (火)

伊勢西国 東海道富田宿2寺

旧東海道は桑名宿の七里の渡しを出ると、ほぼJR関西線に沿って四日市宿に向かいます。江戸から桑名が42番目、四日市が43番目の宿場です。ただ桑名・四日市間は15キロと長いので、中ほどの富田に間の宿が置かれ、休憩所(立場)などが置かれていた。

Toukaidojpgc

富田宿は漁業の町で、焼き蛤などをふるまったらしい。東海道中膝栗毛を読んでみても、弥次さん喜多さんは桑名宿を出てから蛤を食べているようなので、桑名の蛤というのは富田かもしれない。

最近、寒いし風も強いので、伊勢西国巡りもできていなかったが、今日は天気も良かったので、午後から散歩がてら、旧東海道沿いに有る2寺をお参りすることにした。

2024年3月10日(日)

午後1時前に朝日駅に着いた。富田は四日市市ですが朝日駅は朝日町です。ここから一寸旧東海道を歩きながら、お参りしようと思ったのです。

Dscn0816jpgc_20240312104901

駅のすぐ東側が旧東海道です。この辺りは街道が南北に通っています。何年か前に東海道ルネッサンスという催しが有ったようで、そのとき、いろいろな案内が整備されました。でもこの朝日町はそれ以上に東海道を大切にしているようです。

Dscn0823jpgc

親切な案内に導かれながら10分ほど歩くと、両側に並木を植え、行燈のような常夜灯を整備してありました。そこに東海道の説明板がありました。

Dscn0832jpgc_20240312104901

旅人の息遣いが残る町 朝日町。この図の朝日駅から歩いています。

Dscn0833jpgc_20240312104901

5分ほどで伊勢湾岸道の下を潜り、朝明川を渡ります。御在所岳と鎌ヶ岳がきれいです。

Dscn0842jpgc

朝明橋を渡ると四日市市松寺のようです。小公園がありました。東海道を説明しています。

Dscn0843jpgc_20240312104901

Dscn0844jpgc

力石が置かれていました。27貫目、約100キロだそうです。

Dscn0848jpgc_20240312104901

四日市市は三重県で最大の都市ですが、意外に東海道を大事にしています。隣の鈴鹿市はあまり力が入っていないように、歩いていて感じます。

Dscn0852jpgc_20240312104901

小公園から5分、13時28分、街道の左奥に酒蔵が見えました。

Dscn0857jpgc_20240312104901

その先に松寺の立場跡の案内がありました。

Dscn0859jpgc

その奥の碑は輝子という女性の碑で、3千人もの子弟の教育にあたったそうです。そこから7~8分、13時37分に28番宝性寺の前に来ました。御厨神明神社と同じ境内のようです。神仏習合ですね。

Dscn0864jpgc_20240312111001

江戸時代、富田は桑名藩の領地でした。なので宝性寺の本堂の再建は桑名藩主が寄贈したようです。現在、住職は不在で、地域住民がお世話しているとか。

Dscn0869jpgc_20240312125301

なので御朱印は自分で押します。

Dscn0873jpgc

神明社は天照大御神をお祀りします。御厨とは伊勢神宮に収めるお米の水田のことだそうです。

Dscn0879jpgc

13時52分にお寺を出ました。

Tomita02jpgc

5~6分でJRの踏切がありますが、その上を三岐鉄道が通っています。

Dscn0891jpgc

富田の市街地に入ってきます。踏切から10分ほどで、今度は近鉄の下を潜ります。

Dscn0895jpgc

潜るとすぐ、富田の一里塚跡の石碑があります。

Dscn0896jpgc

さらに5分、14時10分に、八幡神社の前に来ました。応神天皇をお祀りし、源氏の守護神ですね。

Dscn0901jpgc

ここにも力石がおいてありました。

Dscn0904jpgc

すぐ近くに、行敬記念道路という石碑がありました。大正天皇が皇太子時代に富田中学を視察されたそうです。田舎の中学を視察なんて異例ですから、当時は大騒ぎだったでしょうね。

Dscn0906jpgc

少し先で東海道は右折します。判り難いのですが、電柱に案内がありました。

Dscn0908jpgc

右折して2分、近鉄富田駅の近くになりますが、ここを左折して東海道と分かれ、27番長興寺に向かいました。すぐです。

Dscn0913jpgc_20240312130701

東寺は真言宗から曹洞宗に変わって現在に至る。ご本尊は大日如来さま。近代的な建物です。

Dscn0915jpgc_20240312130701

ここも御朱印は自分で押しますが、本堂の中を覗けないのは寂しかった。また、鯨供養が行われる寺とかで、往時はこの浜でも捕鯨が行われていたのですね。紀州の大地だけじゃないんだ。

Dscn0916jpgc_20240312130701

14時26分に出て、12~3分でJR富田駅に着きました。無人駅です。

Dscn0919jpgc

今日は歩いた距離も4キロほど、長島までの乗車時間も15分もありませんが、ご褒美だけは欠かせませんね(笑)。

Dscn0927jpgc_20240312132501

お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

« 2024年2月 | トップページ | 2024年5月 »

最近の写真

  • Nara00jpgc_20240525133401
  • Dscn4367jpgc_20240525133801
  • Dscn4366jpgc_20240525133801
  • Dscn4374jpgc
  • Dscn4413jpgc
  • Dscn4397jpgc_20240525133801
  • Dscn4380jpgc
  • Dscn4429jpgc_20240525133801
  • Dscn4435jpgc_20240525133801
  • Dscn4415jpgc_20240525133801
  • Dscn4377jpgc_20240525134901
  • Dscn4463jpgc_20240525140801