« 2023年5月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年6月25日 (日)

長良川河口堰から七里の渡し

2023年6月24日(土)

地元老人会の歩こう会です。10時15分に長良川河口堰の駐車場に来ました。河口堰は塩水の遡上を防ぎながら洪水対策をする目的で何十年か前に建設されました。

Dscn6081jpgc

ただ長良川本流は上流にダムの無い珍しい川だったため、鮎の遡上を止めるとか、自然破壊だと反対運動も広がりました。その性か、いろいろな魚道が作られ、工夫もされているようです。

Dscn6083jpgc

河口堰は国道1号線の少し下流にあります。河口から6~7キロかなと思います。今日は河口堰を渡り、長良川と揖斐川の中堤に行き、国道1号線に出て揖斐川を渡り、左折して揖斐川堤防で桑名の七里の渡跡に行きます。

Kuwana01jpgc

仲堤の公園で一寸休憩して、伊勢大橋に着いたのが10時55分。

Dscn6085jpgc

揖斐川を渡って、堤防道路で七里の渡し跡を目指します。今、渡ってきた伊勢大橋と長良川河口堰です。

Dscn6087jpgc

右手にレトロな洋館がありますが、森林王の諸戸邸です。鹿鳴館などを設計した外国人建築家の設計だそうで、国指定の建物で、映画のロケなんかも行われます。

Dscn6089jpgc

桑名は東海道七里の渡しと蛤で有名ですが、伊勢湾と木曾三川の水運を利用して、港町として栄えたのが実情のようです。社殿は新しいですが、歴史ある住吉神社です。

Dscn6096jpgc

七里の渡跡に着いたのは、11時50分です。

Dscn6099jpgc_20230625150801

ここは東海道ですが、伊勢参りの入口、すなわち、ここから伊勢の国で、その面でも栄えたようです。

Dscn6101jpgc_20230625150801

船着き場には大きな鳥居があり、旅人はその鳥居を潜って伊勢参りに向かったようです。近くの広場で昼食休憩しました。スズメが餌をねだりに集まってきます。

Dscn6110jpgc

食後、九華公園を散策しました。

Dscn6114jpgc

桑名城の跡です。桑名藩主松平定敬は幕末の京都所司代を務め一会桑政権と言われた。大砲も置かれているが、謂れは不明とのこと。

Dscn6117jpgc_20230625154101

帰りは元の道を帰りました。伊勢大橋は現在架け替え工事中です。いつ完成するのかな。

Dscn6131jpgc

今日は8キロ~9キロ。桑名市内にはまだまだ見るべきものは、いっぱいあります。

 

 

 

2023年6月11日 (日)

奈良桜井の古刹巡り

山歩会の仲間、男女6人で飛鳥時代創建の寺院や神社を巡ってきました。

2023年6月9日(金)

朝8時に名駅前に集合し、車で桜井に向かいました。針で休憩して10時半ごろに桜井へ着きました。まず最初は安倍文殊院です。

Tanzan00jpgc

有名な寺院ですが、私は初めての訪問でした。

Dscn5783jpgc_20230611135501

安倍は地名で阿倍仲麻呂や安倍晴明とゆかりあるそうです。ご本尊は三人寄れば文殊の知恵で有名な、文殊菩薩です。受付のすぐ奥、池に浮かぶのが金閣浮御堂です。宝物殿ですが今回は入館しませんでした。

本堂へ向かう手前右に西古墳があります。飛鳥時代に作られた石窟で、国の特別史跡に指定されています。飛鳥の石舞台によく似た造りです。

Dscn5789jpgc_20230611135501

すぐ本堂ですが、中は撮影禁止です。表はこんな感じで、素朴な良い雰囲気です。

Dscn5798jpgc

ご本尊の文殊菩薩は獅子に乗っています。中は写せないのでカタログ写真を見てください。

Dscn5908jpgc

非常に見ごたえがあり、皆感嘆しきりでした。その右横に善財童子の小さな像がありますが、可愛いと言うことで女性に人気があるそうです。

Dscn5909jpgc_20230611135501

いずれも快慶作の国宝だそうですが、雰囲気は異なります。快慶のレパートリーの広さに感心します。

次にメスリ山古墳と言う前方後円墳に行きましたが、駐車場も見当たらなかったのでパスしました。桜井駅から多武峰へ向かう街道に出て、聖林寺へ向かいました。

一寸高台にあり、奈良盆地方面が開けて絶景でした。

Dscn5815jpgc

ここも本堂内は撮影禁止ですが、外部はこんな感じです。

Dscn5818jpgc_20230611135501

ご本尊は子安延命地蔵菩薩坐像で、巨大な石仏です。これもカタログでどうぞ。

Dscn5912jpgc_20230611135501

でも聖林寺を有名にしているのは、本堂の上に有る観音堂に祀られた十一面観音菩薩立像です。この階段を登ります。

Dscn5829jpgc

観音堂の内部もカタログでどうぞ。

Dscn5915jpgc

この高さ2m10cmの像は日本の彫刻史上指折りの美しさと言われ、白州正子も感動しているそうです。本堂地蔵尊の横に、西陣織で表わされた十一面観音像が安置されていて、撮影可だったので紹介します。

Dscn5828jpgc

よく出来ていると思います。ここからの奈良盆地の景色もなかなかです。

Dscn5826jpgc

12時に出て多武峰街道に戻り、談山神社に向かいました。12時25分に到着、境内の食堂で、三輪そうめんを頂きました。

Dscn5837jpgc_20230611142801

談山神社は大化の改新ゆかりの神社です。中大兄皇子と中臣鎌足が、ここで談合し、蘇我氏を打倒したとの故事から、この名前が付いています。一寸石段を登ります。

Dscn5839jpgc

登ると拝殿があります。

Dscn5844jpgc_20230611142801

拝殿の内部です。ここから本殿を拝みます。

Dscn5856jpgc_20230611142801

本殿です。藤原鎌足を祀っているはずです。

Dscn5858jpgc

この日は観音堂の特別拝観をしていました。神社に観音堂もおかしな話ですが、桜井市のボランティアガイドさんが説明してくれました。

Dscn5860jpgc_20230611145701

境内に妙楽寺という神宮寺が有ったが、明治の神仏分離令で棄却されそうになった弥勒菩薩を秘匿して残したものだそうです。その妙楽寺の十三重塔が、これも仏舎利でなく鏡を入れて残されていました。

Dscn5867jpgc_20230611145701

最後に日本書紀の神武東征などに出てくる忍坂にある石位寺を尋ねました。ここは薬師三尊石像で有名です。でも我々の調査不足だったようです。無住寺なので、事前見学申し込みが必要だし、周囲に駐車場も見つからず、ここもパスしました。

後は一路名古屋に向かって反省会に臨みました。駅前の人気の串カツ屋さんに一番乗りで並びました(笑)。

Dscn5883jpgc

安くて美味い串カツです。

Dscn5890jpgc

お疲れさまでした。

 

 

 

« 2023年5月 | トップページ | 2023年8月 »

最近の写真

  • Sekigaharajpgc
  • Dscn0477jpgc
  • Dscn0481jpgc
  • Dscn0471jpgc_20240225142801
  • Dscn0468jpgc
  • Dscn0474jpgc
  • Dscn0488jpgc_20240225142801
  • Dscn0475jpgc
  • Dscn0473jpgc_20240225142801
  • Dscn0472jpgc
  • Dscn0496jpgc
  • Dscn0523jpgc_20240225145001