« 比叡山麓 坂本歩き後半 | トップページ | 熊野2日目 磯崎・猪ノ鼻の史跡を訪ねて »

2022年4月19日 (火)

久しぶりの熊野 1日目は赤倉街道

「熊野あらけ隊」のOさんが、フェイスブックに赤倉街道を紹介されたとき、大いに興味を持ちました。紹介された地図がこれです。

Akakura04jpgc

これだけでは一寸判らないと思いますし、赤倉街道って何だろう思いますよね。そもそも〇〇街道と言うのは、〇〇へ行く街道と言う意味です。

例えば奥州街道は奥州へ行くために白河の関を目指す街道。日光街道は日光東照宮へ行く街道と言った具合です。所が赤倉は現在、特に何もありません。養魚場がある位です(笑)。その赤倉へ何のために行くの? と言うわけです。

でも私は12~13年前、下図の茶色のコースを歩きました。

Akakura05jpgcc

熊野市育生町尾川から絶景の大丹倉へ登り、赤倉へ降って、今度は一の水峠を越えて熊野市駅まで。そのとき、丹倉と赤倉の間に穴山関所跡というのがあり、その説明がありました。

P1070848jpgc

それによると、ここは過って熊野本宮へ通じる主要道だったというのです。そうでなければ関所なんて作りませんよね。そのことが頭の片隅に残っていたので、赤倉街道に興味を持ったのです。

現在、この地方の熊野街道は、花の窟神社から産田神社を通り、横垣峠・風伝峠を通る、いわゆる本宮道がガイドブックには紹介されています。でも、この穴山関所を通るのが主要道だったとすれば、どういうルートだったかと考えてみました。その結果が下図です。

Akakura03jpgc

説明には、木ノ本より一の水峠を越え、赤倉・丹倉を経て本宮に至るとあります。多分、丹倉から尾川へ降り、赤木を経て板屋で本宮道と合流したと考えるのが自然ですね。その木ノ本(熊野市駅付近)から一の水峠までの正しいルートが今回の赤倉街道らしいので。興味を持ったわけです。これはガイドブックに載っていない、重要な熊野古道だなと。

という訳で、Oさんにお願いして詳しく教えてもらって出かけることにしました。

2022年4月16日(土) 風は強いものの天気は晴れです。

桑名を8時25分発の南紀1号で、熊野市着は11時13分です。もう1時間早い列車があると良いんですが。

Dscn0259jpgc_20220419133901

オークワで弁当を買って、11時40分頃出発し、井戸川沿いに歩き始めました。

Dscn0263jpgc

まずは一乗寺と言うお寺を目指します。

Akakura02jpgc

15分弱で図のA地点に到着しましたが、折り返す道が細いので躊躇していました。たまたま地元の方が通りかかり、確認できたので助かりました。ここに道案内欲しいです。

Dscn0269jpgc_20220419133901

急な登りを登っていきます。

Dscn0270jpgc

5分で一乗寺らしきお寺の下にでたので登ってみました。

Dscn0272jpgc_20220419133901

でもそこは墓地で、お地蔵さんだけがありました。名前も龍泉寺でした。一条寺は更に上らしいので止めました。熊野市街が見えます。

Dscn0274jpgc_20220419133901

再度、道に戻りました。12時2分です。ここで一寸勘違いしていました。もらったイラストに、一乗寺の横に庚申書かれています。なので、庚申様と書かれています。なので庚申様を過ぎて右折と考えていました。でも実際は右折して山道に入ってから庚申様が有るのでした。危うく通り過ぎる所でした。一乗寺から1分でB地点、右折です。標高は50mほどです。

Dscn0280jpgc_20220419133901

こんな山道です。

Dscn0281jpgc_20220419133901

すぐ右手に庚申様があります。12時06分です。

Dscn0282jpgc_20220419140401

ここからは熊野あらけ隊さんの道案内や赤テープがあるので迷わないでしょう。でも棚田跡なので、水平な道は歩かず、登っていきましょう(笑)。

Dscn0284jpgc_20220419140401

庚申様から6分でC地点、最初の車道に出ました。

Dscn0289jpgc_20220419140401

横断して登りますが、あらけ隊さん、苦労がしのばれます。感謝。

Dscn0292jpgc

更に5分で、二つ目の車道横断、D地点にでます。

Dscn0295jpgc_20220419140401

車道を一寸右手に歩くと展望が開けています。鬼ヶ城や熊野灘が一望でした。

Dscn0297jpgc

登り始めるとすぐ石畳が現れてきました。

Dscn0302jpgc_20220419140401

5分ほど登ると、右手に炭焼き窯があります。完全に近い形で残っているのですね。

Dscn0308jpgc

石畳は更に続きます。

Dscn0309jpgc

炭焼き窯から15分弱、12時41分に第一ベンチに到着しました。標高は200mでしょう。

Dscn0313jpgc

5分ほど休憩して出発しました。ちらほら竹林に掛かるころ。地面にタケノコの皮が落ちています。イノシシが食べたのでしょうか。

Dscn0319jpgc

しばらく竹林が続きます。

Dscn0322jpgc_20220419142901

竹林を抜けると棚田の石垣が目立ちます。この石垣を見るたびに思うのですが、昔の人は小さな水田を作るために、よくこんな手間をかけて石垣を作ったなと。よほどお米は大事だったんだなと。

Dscn0327jpgc

ベンチから15分弱、13時03分にF地点、帰りの分岐点を通過しました。

Dscn0328jpgc

そこから5分でライオン広場です。名前の由来は、道にかぶさる枯れ木がライオンかな。

Dscn0334jpgc_20220419142901

その右奥に四角い石の台座のようなのが見えますね。何か有ったかもしれない。ここからまた、素晴らしい石畳が続きます。他の熊野古道にも、これほどの石畳は少ないですね。

Dscn0337jpgc

でも一寸道幅が狭いので、大名行列どは無くて。庶民だけが通る参詣道だったかも。石畳を5分ほど登ると、右手に桃太郎岩があります。流れてきた桃が二つに割れて、赤ん坊が生まれたのですね。

Dscn0342jpgc_20220419142901

柳生街道に有ったら十兵衛岩だなと思いました。そこから17~18分、13時33分に、今日の最高地点、西ノ峠H地点に着きました。標高は430mでしょう。

Dscn0351jpgc_20220419142901

そこから7分、一寸下り気味の水平な道を歩くと、今日の目的地、作業道広場でした。標高は420mかな。A地点から登り始めて1時間45分でした。

Dscn0355jpgc_20220419142901

ここにも立派なベンチが作られていたので、ゆっくり弁当を頂きました。

Dscn0358jpgc_20220419142901

一の水峠への道のりは、ここで半分位みたいですね。一寸覗いてみました。

Dscn0364jpgc

14時過ぎに出発して引き返しました。30分ほどでF地点・分岐に到着し、右折しました。特に迷う所も、危険な個所もなく、13分ほど歩くと小さな案内がありました。

Dscn0382jpgc_20220419150001

図のM地点だと池川方向へ行ってはいけないので、一寸迷ってkumanotrailの示す方向へ降りかけました。でも道が非常に悪いので、引き返して池川方向に進みました。10分ほどで車道に出ました。J地点だったようですね。14時56分です。

Dscn0386jpgc

Uターンして引き返します。次のK地点で車道から分かれるのですが、ここも一寸判りにくい。小さな案内に一乗寺と書かれていますが、見落としそうです。

Dscn0391jpgc

地道に入って下ると3分で展望台への案内があります。

Dscn0394jpgc

5~6分下ると展望台です。岩の上に苦心の場所が作られていました。

Dscn0397jpgc

絶景です。鬼ヶ城や明日行く予定の猪ノ鼻岬が指呼の間です。

Dscn0399jpgc

15分ほどで往復して引き返しました。20分ほど下ると苔の生えた舗装道路に出ました。15時38分。

Dscn0407jpgc

そこから10分で、行に分かれたB地点に戻ってきました。15時47分です。

Dscn0415jpgc

一乗寺の門札を見ていないので、疲れた足を引きずって見に行きました(笑)。

Dscn0417jpgc

引き返して最初のA地点に戻ってきたのが、15時59分。

Dscn0421jpgc_20220419154701

そこから12分か13分でイオンまで戻ってきました。お疲れさまでした。七里御浜へ出てきました。台風の影響か波が荒いですね。

Dscn0428jpgc_20220419154701

民宿に入ってひと風呂浴びて、またイオンに引き返して、食料を調達しました。獅子岩に月が掛かっています。

Dscn0433jpgc_20220419154701

一人寂しく夕食ですが、この時間もまた楽しい。

Dscn0435jpgc_20220419154701

月明かりに照らされた熊野灘を見ながら、夜は更けていきました。おやすみなさい。

Dscn0442jpgc_20220419154701

明日は紀伊半島みる観る探検隊に参加します。

 

 

 

 

« 比叡山麓 坂本歩き後半 | トップページ | 熊野2日目 磯崎・猪ノ鼻の史跡を訪ねて »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 比叡山麓 坂本歩き後半 | トップページ | 熊野2日目 磯崎・猪ノ鼻の史跡を訪ねて »

最近の写真

  • Simati00jpgc
  • Dscn1701jpgc_20220627130501
  • Dscn1687jpgc
  • Dscn1690jpgc
  • Dscn1696jpgc
  • Dscn1681jpgc
  • Dscn1711jpgc_20220627130901
  • Dscn1708jpgc
  • Dscn1706jpgc
  • Dscn1717jpgc
  • Simati01jpgc
  • Dscn1726jpgc