« 2021年5月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年6月19日 (土)

沖縄5日目 グスク巡り

2021年6月12日(土)

今日、最初の予定では午後3時頃のフライトで帰るはずだった。それがコロナで減便となり、午後8時の便に振り替えた。なので時間がたっぷりでき、レンタカーを借りて1日遊ぶことにした。ただ緊急事態宣言の関係で大型テーマパークや県立の施設や公園は全て閉鎖されている。行き場所に悩むところです。

まず「ペリーの旗立て岩」に行くことにしました。ペリーが浦賀へ来る前に沖縄に立ち寄った話は前に書きましたが、国王と面会しただけでなく沖縄本島の一部を巡回調査しています。首里から中頭方東海道を通って金武辺りまで行き、島を横断して西海岸に出て、中頭方西海道で首里へ帰ったそうです。

Gusukujpgcc

その途中、多分ペリーが休憩した場所でしょう。上図下部中央で中城城跡の近くです。美栄橋から30分位ですが、途中道路工事で廻り道したりして9時20分頃到着しました。

Dscn8542jpgc

近くに展望台が作られていますが、当時はここが景色も良く、ペリー一行が休憩したのでしょう。

Dscn8535jpgc

Dscn8549jpgc

中頭方西海道の説明がありました。宿道と言って、今の国道に当たります。ハンタ道とは崖の上の道といった意味です。

Dscn8537jpgc

Dscn8536jpgc

何年か前、琉球の宿道に興味を持った私は、その旧道を探して何回か歩きに来たことがあります。興味のある方はホームページをご覧ください。

上の地図を見ていると、近くに新垣グスクという表示があるのに気づきました。一寸探してみることにしました。グスクというのは漢字では城と書きます。なので日本の城を思い浮かべますが、琉球の城は戦いの城だけでなく、集落の人達が集まって祈る拝所みたいなものも含まれるようです。

この辺りは例の中頭方東海道が通っていました。いま、歴史の道として残っています。

Dscn8552jpgc

その道を辿ります。

Dscn8563jpgc

これが新垣グスク跡です。

Dscn8566jpgc

この辺りでは世界遺産の一つ中城城跡が有名です。多分、閉鎖されていると思いますが行ってみることにしました。中城村に入ると「アガリヌカー」という湧水があります。集落の飲料水でした。

Dscn8580jpgc_20210619132701

その近くから中城城址がよく見えます。大きな戦いのための城です。

Dscn8585jpgc

場内をじっくり巡ると、相当見応えがあり眺望も素晴らしいですが、今日は閉鎖されて入れません。次は、これも世界遺産の座喜味城址へ行くことにしました。

その手前にダイビングで何回も通った砂辺海岸があるので寄ってみました。今日は土曜日なので駐車場は満杯でした。

Dscn8588jpgc

手前の宮城海岸です。沖縄のビーチポイントとしては、那覇から近いので大人気です。

Dscn8589jpgc

読谷村の座喜味城址へ向かう途中、喜名番所があります。昔の日本の関所のようなものでしょうか。

Dscn8594jpgc_20210619133701

そこを左折して座喜味グスクへ向かいます。12時頃到着しました。ここも有料の博物館などは閉鎖されていましたが、無料の城跡や駐車場は開いて居ました。

Dscn8599jpgc

早速入ろうかと思いましたが、松林のベンチでお握りを食べることにしました。沖縄のお握りでは「ポーク卵」というのがお気に入りです(笑)。ボリュームもあります。それと「みそ」というのが珍しいので買っていました。

Dscn8603jpgc

座喜味城は15世紀の初頭、築城の名手と言われた護佐丸によって建てられました。当時の日本は室町時代の中期ですが、城はまだ土塁の時代で、このような石垣積みの城が出現するのは200年ほど後の戦国時代からと言われています。

Dscn8619jpgc

Dscn8612jpgc

特にこの座喜味城は石垣のカーブとアーチ型門の美しさで知られています。城の規模としては中規模です。

Dscn8631jpgc

12時40分頃出発して、今度はまたダイビングで通った真栄田岬へ行ってみることにしました。13時頃到着してみると、ここは駐車場も含めて完全閉鎖されていました。道端に駐車して一寸入って見ました。

Dscn8635jpgc

20年前に初めて来たときはダイバーだけでしたが、青の洞窟というのが人気になり、シュノーケラーがその10倍訪れるようになりました。その密を嫌われたかもしれません。崖から覗くと、他からボートで来ていました。

Dsc_1877jpgc

さて次はと思ったのですが、この近くに観光地として有名な残波岬があるのを思い出しました。真栄田岬は何回も来ているのに残波岬は行っていない。ということで一寸覗くことにしました。5キロほどです。

Dscn8642jpgc

Dscn8648jpgc

13時45分頃出発し、今度はもう一つの世界遺産勝連城跡へ行くことにしました。城跡の世界遺産としては、前に行った首里城、浦添城跡、中城城址、座喜味城址そしてこれから行く勝連城址。それと本部半島にある今帰仁城址の6っカ所だと思います。その他にもなかなかのグスクが沖縄本島だけでも100ヶ所以上有るでしょうね。

そのうち50ケ所位は廻っているので、興味ある方はホームページをご覧ください。

勝連城址へ行く途中、面白いグスクが有ったのを思い出しました。闘牛場が併設されているのです。沖縄は闘牛も盛んで、闘牛場は何カ所かあるみたいです。安慶名グスクと言います。行ってみました。

Dscn8654jpgc_20210619141301

Dscn8653jpgc

勝連城址に着いたのは15時頃です。ここは完全閉鎖されていました。外から1枚だけ写真を写しました。

Dscn8656jpgc

経の予定はここで終了して、那覇へ帰ることにしました。途中、安里駅近くの栄町公設市場に寄ってみました。

Dscn8664jpgc

ここは牧志公設市場と違って、小規模ですがディープな世界です(笑)。

Dscn8662jpgc

さて今日の夕食をどうするかですが、最後の名残に泡盛を飲みながら食べたいのですが、この環境下では思い当たりません。空港の食堂では酒は出ないでしょうし、かといって要請を無視して酒を出している店にも行きにくいですね。

結局またスーパーでお惣菜を買って、空港の待合室で食べることにしました。空港も空いていますね。

Dscn8666jpgc_20210619141201

泡盛とオリオンは欠かせませんね。

Dscn8668jpgc

羽田行きの最終便が出た後の8時にもなると待合室も閑散としてきました。

Dscn8681jpgc_20210619141201

コロナが収まったらまた来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年6月18日 (金)

沖縄4日目 首里城編

2021年6月11日(金)

今日は朝10時20分のクイーンで那覇に向かいます。準備は全て終わっているので朝食前の散歩にも出かけました。Dscn8321jpgc

阿嘉大橋の上からボート乗り場、そしてサクバル奇岩が見えます。今日も良い天気みたいですね。阿嘉大橋を渡って慶留間島から見ています。

Dscn8331jpgc

崖の穴に説明がありました。ここは沖縄戦のとき「マルレ」というベニヤ板製の特攻艇が隠されたそうで。座間味・阿嘉・慶留間で200艇あったそうです。でも出撃することなく破壊されたとか。

Dscn8329jpgc

10時20分、民宿の女将さんに見送られて阿嘉を離れました。

Dscn8339jpgc

11時10分頃船を降りて、一寸ペリーの上陸碑を見に行きました。黒船を率いて浦賀に現れた話は日本人が皆知っていますが、その前に沖縄へ立ち寄って琉球王朝の国王と面談していることは、余り知られていないようです。

Dscn8350jpgc

これから首里城に行こうと思いますが、その前に弁当を買いました。沖縄の弁当は300円~400円で、結構ボリュームがあります。

Dscn8353jpgc

美栄橋駅まで歩いてゆいレールに乗り、首里駅で下車、すぐの首里城公園東入口に着いたのは12時20分過ぎでした。

Dscn8359jpgc

いつもはここから首里城の北側を通って守礼門の方へ歩くのですが、今日はまだ行ったことが無い南側の雨乞嶽展望台へ行って、那覇市街を見下ろしながら弁当を食べようと思っています。

Syuri02jpgc

首里城の南側に沿って歩くとすぐ達磨寺があります。沖縄には古来の宗教があるので仏教寺院は珍しいですね。

Dscn8364jpgc

すぐに首里城に入る継世門がありました。

Dscn8377jpgc

でも弁当が先なので通り過ぎました。すぐに泡盛の瑞泉酒造がありました。

Dscn8378jpgc

ここも後回しにして、雨乞嶽を探しました。地元の方に教わると、すぐ近くでした。崎山公園の前の階段を一寸登ります。

Dscn8380jpgc

首里城へは10回以上来ていると思いますが、この公園を知ったのはつい最近で、楽しみにしていました。

Dscn8381jpgc

すぐに広場に出ました。

Dscn8382jpgc

簡単な展望台があります。

Dscn8385jpgc

那覇市街を一望し、慶良間諸島も手に取るようです。

Dscn8386jpgc

ここで待望の弁当を頂きました。缶ビール無しですね(笑)。

Dscn8393jpgc

食べ終わったのは12時55分。一寸公園を一回りしてみました。石造獅子がありました。

Dscn8406jpgc

引き返して崎山公園に入りました。

Dscn8413jpgc

首里城のすぐ南側で谷を隔てて良く石垣がみえます。本殿が有った辺りに大きなクレーンが立っています。復旧工事が進んでいるのでしょうか。

Dscn8416jpgc

先ほど通り過ぎた瑞泉酒造へ行くことにしました。時節柄、工場見学や試飲はやってないでしょうが、売店は開いているでしょう。

Dscn8426jpgc

泡盛は元々琉球王朝の厳しい管理下におかれ、首里城下以外では作れなかったそうです。

Dscn8430jpgc

今回、ダイビングを途中で止めたので、予算も余っているので、その分泡盛を買うことにしました(笑)。

Dscn8703jpgc

継世門に帰り、首里城に入りました。門番の人に尋ねると、入れるのは無料区域のみで、正殿の工事現場などは見れないとのことでした。

Dscn8437jpgc

東のあざなの方に行きます。

Dscn8439jpgc

先ほど行った瑞泉など見えます。

Dscn8444jpgc_20210618144201

ご存知のように首里城は2019年10月31日に火災により8棟が全焼しました。現在はまだ普及工事の準備段階だそうです。

Dscn8448jpgc

復興資金の寄付を募って、5月末現在で2億6千万円ほど集まっているようですが、総工事費がどの程度になるのかなど、詳しいことは知りません。

Dscn8454jpgc

ぐるっと半周して、いつもの出口にでてきました。

Dscn8469jpgc

でるとすぐ、これも世界遺産の園比屋武御嶽石門があります。

Dscn8471jpgc

通り過ぎて守礼門を見に行きました。人気ありません。

Dscn8476jpgc

ゆいレールの儀保駅へ行こうと、先ほどの園比屋武御嶽石門まで帰り、階段を下りました。これが琉球王朝時代の中頭方西街道です。弁天堂の傍を通ります。

Dscn8484jpgc

円覚寺跡があります。琉球王朝第二尚氏の菩提寺で、臨済宗のお寺でしたが、大戦で全て焼失したそうです。

Dscn8487jpgc

龍譚池から首里城の眺めは一幅の絵でしたが、やはり正殿が無いと寂しいですね。

Dscn8492jpgc

儀保駅まで下る途中、手作り味噌屋さんがあります。相当古そうですね。

Dscn8498jpgc

儀保駅からゆいレールに乗り、美栄橋で降りて、とまりん近くのホテルへチェックインしました。シャワー浴びて一休みして、5時頃からまた出かけました。

国際通りまで20分位ですね。市場本通りへ来ました。時間も遅いのですが、閑散としていますね。

Dscn8502jpgc_20210618150501

牧志公設市場は建て替え工事中です。

Dscn8503jpgc

仮店舗は200mほど離れています。時間の性もありますが、やはり元の客足ではありません。

Dscn8505jpgc

Dscn8508jpgc

いつもの店で「しまらっきょう」を買いました。このためだけに来たのです。おじさんが、やはりコロナの性だけでなく、仮店舗ではお客が少ないと言っていました。2階の食堂も閉じている店もありました。

Dscn8512jpgc_20210618152601

そろそろ夕食ですが、沖縄は今、飲食店に酒類提供禁止を要請しています。酒無しの夕食は考えられません。困ったものです。有名な花笠食堂も休業しているようです。

Dscn8518jpgc

国際通りでステーキハウスはやっていますね。でも、酒無しか。

Dscn8522jpgc_20210618152601

酒出してる店もあるみたいですね。

Dscn8523jpgc

Dscn8524jpgc_20210618152601

いきつけのおでん屋さんが松山にあるので行ってみたら開いていました。入ったら女将さんが、今日は店のかたづけに来ただけで、緊急事態宣言が解除になるまで休むと言っていました。一寸世間話して引き上げました。

まあいいかと、近くのスーパーでお惣菜を買って、ホテルの部屋で飲んで寝ました。

Dscn8530jpgc

明日はレンタカーで1日観光します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年6月16日 (水)

沖縄3日目 展望台編

2021年6月10日(木)

予定では明日までダイビングの積りだったが、昨日の脚の状況から、今回のダイビングは諦めることにした。もう少し水温が高かったり、中層を泳ぎ回らない短時間のダイビングとか、極端なら4畳半ダイビングに徹すればできるかもしれないが、ここBPのダイビングスタイルでは無理のようです。

8時25分の出航に合わせてボート乗り場に行き、その旨話して機材を受け取ってきた。宿に帰って機材を洗い、物干しに干して送り返す準備を整えた。

Dsc_1859jpgc

さて阿嘉島の滞在を1日短縮することにして、民宿の奥さんに了解してもらい、那覇のホテルの予約をして、レンタカーの手配も終了して、スケジュール変更は順調に進みました。

今日はこれから島の中央、山の上にある展望台へ行ってビールを飲みながら景色を楽しむことにした。一寸ここで座間味村の地図を見ましょうか。阿嘉大橋のマンホールカバーの地図です。

Dscn8257jpgc

有人の島としては一番北が座間味島、次に今私が居る阿嘉島。この間は橋が無く、船で往来します。慶留間島と外地島へは橋でつながっています。それで阿嘉島を拡大です。

Akajpgc

島の南側、⛩マーク辺りに民宿があり、朝の散歩は左下の天城展望台や右下のボート乗り場や阿嘉港、そして阿嘉大橋を渡って慶留間島に入ったりします。展望台は天城の他に中央の嶽原、左端の後原があります。いずれも1回か2回は行ったことがあります。今日は嶽原展望台の予定です。

林道の入り口に案内板が新しく出来ていました。9時40分頃です。

Dscn8316jpgc

嶽原の標高は165mです。まあ1時間位かなと思います。道はいいです。

Dscn8279jpgc

すぐ左側に村民のプライベートビーチがあります。

Dscn8280jpgc

15分ほどで車両通行止めになっています。

Dscn8283jpgc_20210616092701

静かな入り江があります。

Dscn8284jpgc

車両止めから10分一寸でアグの浜への分岐があります。

Dscn8285jpgc

慶良間鹿も時々居ます。

Dscn8286jpgc

10時15分頃、右に車道が分れる辺りの日陰で休憩し、那覇行の船の予約変更の電話を入れました。

Dscn8289jpgc

標高140m辺りが林道のピークで、最高峰の大岳184mが見えます。

Dscn8290jpgc_20210616092701

そこから少し下った124m辺りが嶽原への登り口でトイレがあります。

Dscn8291jpgc

10時半に右手の細い道を登り始めました。

Dscn8292jpgc

雑草や蜘蛛の巣を払いながら、所々階段の有る道を登って行きます。

Dscn8296jpgc_20210616150201

10分ほどで展望台に到着です。

Dscn8297jpgc

Dscn8298jpgc

天気も良く、最高のダイビング日和ですが、展望台も最高です。南東側、阿嘉大橋が右端に見える景色です。

Dscn8300jpgc

その右側、南南西側の景色です。サクバル奇岩の手前が天城展望台です。

Dscn8302jpgc

さらに右へ、南西側の景色です。ダイビングポイントの多い久場島です。

Dscn8306jpgc

振り返って北側の景色。最高峰大岳方面です。

Dscn8305jpgc

缶ビールが暖まっていないかご心配と思いますが、保冷バッグに入れてきているので、心配はいりません(笑)。最高の一杯を頂きながら11時頃まで休憩しました。

沖縄の県蝶オオゴマダラが時々飛んでいます。

Dscn8311jpgc

帰り際にアグの浜に行きかけましたが、お腹が空いてきたので止めました。やはり弁当が要りますね。

Dscn8314jpgc

11時50分頃には例の案内板の所へ戻ってきました。今日の昼食はパスタにしました。

Dsc_1853jpgc

前浜の近くにもシカが住んでいるみたいです。

Dsc_1855jpgc

良く乾いた機材やスーツをスーツケースに詰めて、郵便局に持って行きました。

夜は阿嘉島最後の夜を楽しんだはずですが写真はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

2021年6月15日 (火)

沖縄2日目 ダイビング編

2021年6月9日(水)

朝起きて散歩に行きました。朝、散歩しないと朝食が美味しくないですね(笑)。宿を出ると早速鹿に出会いました。最初来た頃は、慶良間シカに出会いたくて山の中まで探しに行ったものですが、最近はあちこちで見ます。

Dscn8110jpgc

宿から10分ほどの天城展望台に来ました。個々から見る「サクバル奇岩」の景色が大好きで、何回も来てしまいます。

Dscn8114jpgc

朝食の後、早速1本目のボートダイビングにでかけました。ポイントはウナン崎。ダイビングコンピューターが電池切れで無しで潜りました。水温は26度位かな、一寸寒めです。元気なサンゴの上に無数の小魚が群れています。慶良間の海ですねえ。

Dscn8145jpgc

カクレクマノミ。ネモですね。

Dscn8155jpgc

洞窟に入ったり

Dscn8176jpgc

サンゴの上を泳ぎ回ったりして70分近く潜ったでしょうか。

Dscn8186jpgc

港へ帰ってトイレ休憩します。

Dscn8195jpgc

港の近くにシロの像があります。恋人のマリリンだったかを訪ねて、座間味島まで泳いで通っていた犬だそうです。

Dscn8197jpgc

続いて2本目は安室東。ホンソメワケベラがクリーニング。

Dscn8199jpgc

タテキン幼魚とアカシマシラヒゲエビ

Dscn8210jpgc

ガーデンイール

Dscn8226jpgc

大変珍しいアゴハタ

Dscn8237jpgc

オオモンカエルアンコウ

Dscn8240jpgc

このダイビングはそれほど泳いでも居ないのですが、一寸冷たい水に長く使っている性か、太もものハムストリング辺りが痙攣してきました。フィンを使わないように腕力で泳いだり岩を掴んだりして帰ってきました。

昼食は漁協がやっている漬け丼を食べました。カジキとセイイカのハーフハーフです。

Dscn8246jpgc

筋肉の痙攣が心配なので3本目はキャンセルしました。暇になった時間でまた天城展望台に散歩に行きました。ここでの一杯は最高です(笑)。

Dscn8260jpgc_20210615144001

夕食では泡盛を飲み

Dscn8268jpgc

同宿の東京の女性からワインを頂いたり

Dscn8270jpgc

北ばかりのお客さんと意気投合したりして

Dscn8276jpgc

今日は一寸飲みすぎました(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

2021年6月14日 (月)

沖縄初日 浦添城跡

2021年6月8日(火)

朝8時35分のスカイマークでセントレアから那覇に向かいました。去年はコロナで断念したので、2年振りの沖縄ダイビングです。沖縄着陸寸前に慶良間諸島が見えます。手前の浅瀬はチービシかな。

Dscn7959jpgc_20210614140901

ご存知のように今沖縄は非常事態宣言中で、訪沖にはPCR検査が条件です。ただ自費でやると3~4万円掛かります。那覇空港でやると5千円なので予約しました。到着ロビーの一番奥にありました。11時過ぎです。

Dscn7965jpgc

こんな容器に自分の唾液を結構大量に入れて渡します。時間は10分ほどで終わります。

Dscn7968jpgc_20210614140901

午前中に渡すと、その日の午後10時頃に結果がメールで届きます。陰性でした。

午後4時のクイーンで阿嘉島に渡るので、午後2時頃着のフライトを予約していたのですが、欠航になって早朝便に振り替えたのでした。それで時間もあるので、新しく延長されたゆいレールの終着駅まで乗って、これも最近世界遺産に追加された浦添城跡を訪ねることにしました。

Dscn7986jpgc

上の写真で、以前は首里が終点だったのですが、今回てだこ浦西まで4駅追加になりました。浦添城は終点の一つ手前「浦添前田」降りるのですが、折角なので終点まで行こうと思ったのでした。浦添前田から少しすると地下に潜ったのはびっくりしました。

てだこ浦西駅付近は現在何もありません。線路沿いに浦添前田へ引き返すつもりが、トンネルに阻まれて道がありません。周囲は工事中で正規の道は無いので、マップも役に立ちません。タクシーの運転手さんに尋ねて、廻り道を歩きました。12時15分頃です。

Dscn7992jpgc

Urazoejpgc

20分位歩いて、ようやくゆいレールの近くへ登ってきました。丁度、地下へ潜るあたりです。

Dscn7995jpgc

石畳の下が南入口で、そこから入るのが正規ですが、近道して直接ワカリジーという岩へ登る道を探しました。お墓への道があり、そこから行けそうと登りました。

Dscn7997jpgc

でも道は消えていました。前方に岩が見えます。

Dscn8002jpgc_20210614140901

強引に登って、辿りつきました。ハブが居なくて良かったですね。ワカリジーは浦添城跡の東の端に聳える岩で、為朝岩とかニードルロックとかも呼ばれます。前田集落の信仰の岩だそうです。

Dscn8009jpgc

時刻は12時55分。弁当を買う店が無かったので、空腹ですが仕方ありません。辺りをウロウロしましたが、浦添城跡へ行く道が見つかりません。霊園の中を通る道を歩いてみました。景色は良いですね。

Dscn8015jpgc

13時08分、ようやく公園へ入る前田高地平和の碑へ出ました。沖縄戦の激戦地で多くの犠牲者をだした場所だそうです。その横の階段を登ります。

Dscn8018jpgc_20210614144501

登ると城跡の広場です。ここは14年前に尋ねています。その時は沖縄の城跡に興味を持っていて、何日もかけて50ケ所ほどの城跡を巡りました。その時はまだ浦添城跡は世界遺産に含まれていませんでした。

Dscn8020jpgc

疲れたので一寸休憩しました。景色はいいです。休憩後浦添よーどれに向かいました。よーどれと言うのは夕凪という意味だそうですが、ここでは琉球王国の国王の墓を指しています。

Dscn8038jpgc

13世紀の英祖王、17世紀の尚寧王が祀られています。大戦で大きく破壊され、修復されたものです。

Dscn8041jpgc

引き返して、地元の思想家「伊波普猷」の墓を見ました。

Dscn8051jpgc_20210614144501

南入口の手前に1597年の碑があります。首里城と浦添城間の道路完成記念碑だそうです。これが後の中頭方西街道でしょうね。

Dscn8063jpgc

そこから石畳の道を下ります。これは復元だそうですが。

Dscn8068jpgc

下ると南エントランスで管理事務所があります。近くに有る、今から11年前に歩いた中頭方西街道の安波茶橋を見に行くことにしました。

Dscn8077jpgc

Dscn8084jpgc

懐かしい風景です。浦添前田駅へ引き返す途中、弁当屋さんが有ったので、ようやく弁当を購入しました。横のベンチで食べると言うと、350円を300円にしてスープを付けてくれました。14時20分頃です。

Dscn8087jpgc

食べ終わると雨が降ってきました。急いでゆいレールへ。

Dscn8088jpgc

美栄橋で降りてとまりんへは土砂降りの中を歩きました。時間も午後なのでお客はまばらです。

Dscn8091jpgc

北岸への道はアーケードが出来ていて助かりました。

Dscn8095jpgc

乗船口には乗客の体温を計る人が居ました。

Dscn8097jpgc

クイーンの2便はガラガラでした。

Dscn8103jpgc

50分ほどで阿嘉港に入港する頃には雨も上がりました。明日はお天気になるでしょうか。

Dscn8106jpgcc

夜は民宿の美味しい料理を頂いて、先客の2名の方ともすぐ打ち解けて、楽しい時間を過ごして寝ました。

Dsc_1848jpgc

明日の2日目ダイビングへ続きます。

 

 

« 2021年5月 | トップページ | 2021年9月 »

最近の写真

  • Nagano00
  • Tugaoke
  • Dscn0323jpgc
  • Dscn0358jpgc
  • Dscn0355jpgc_20211017194801
  • Dscn0346jpgc_20211017194801
  • Dscn0322jpgc
  • Dscn0369jpgc
  • Dscn0374jpgc
  • Dscn0377jpgc
  • Dscn0382jpgc_20211017194801
  • Dscn0366jpgc