« 久しぶりに多度山 | トップページ | 亀山 下庄 »

2021年1月 7日 (木)

丹生峠

昨年12月に伊勢本街道を歩いていたとき、下のような石碑を見ました。

Dscn4955jpgc

丹生大師道と刻まれています。17年前に歩いた時も見ていたのですが、その時はそのままでした。今回は一寸気になったので調べてみました。丹生大師というのは神宮寺のことで、地域では有名なお寺です。和歌山別街道が通っていたりするので私も何回かお参りしています。

その丹生大師へ行く道だなと地形図を見ると、下図のようでした。

Nyu08jpgc

上端の丹生大師道石碑から下端の丹生大師まで道を辿ると、途中の丹生峠を越えて昔は道が有ったようです。現在は丹生峠付近で道は消えているようですが、冬場だし雑草も枯れているし、行けるかもしれないと歩いてみることにしました。正月やコロナで鈍った身体を蘇らせるのに良いかもしれません。

2021年1月5日(火)

朝9時半頃JR多気駅に着き、調べておいた多気町の町営バスに乗りました。相可駅やいろいろ経由して10時18分頃目的の丹生大師道石碑の近くの相場バス停に着きました。

Dscn4952jpgc_20210107112501

ここから3~4分で石碑の有る丹生大師道入口です。入口からは良い道があります。

Dscn4956jpgc_20210107112801

この日歩いた軌跡です。

Nyu02jpgc

大師道へ入って5分ほどで道は山に入りました。でもまだ下は舗装されています。

Dscn4959jpgc

更に5分、道が二股に分れましたが、早速ここで間違えました。正解は右ですが、左の舗装路へ入ってしまいました。幸いGPSで現在位置を調べすぐ気付いて引き返しました。

Dscn4962jpgc

5分か6分のロスで右に入ると、すぐ小さな道標石碑があり間違っていないと確信しました。刻まれた文字は一寸読めませんが。

Dscn4966jpgc

石標から6~7分歩くと、今度は大きな土砂崩れで道が無くなっていました。諦めて帰ろうかと思ったとき、中電の鉄塔点検路が下に向かっているのに気が付きました。点検路も土砂崩れのため、谷底へ迂回しているようです。その道で下へ降りて谷底を迂回しました。

Dscn4971jpgc

土砂崩れを下から見上げています。本来の道は上の方に有ったはずです。迂回した道には階段が作られていました。

Dscn4972jpgc

本来の道に復帰しました。少し登って沢も浅くなってきたころ、今度は道が不明瞭になってきました。小さな土砂崩れなどが頻発して、道が消えているようです。でも峠はもうすぐのはずと、道なき道を進みます。

Dscn4978jpgc

迂回した地点から15分位、11時一寸過ぎの状況です。

Dscn4980jpgc

更に7~8分、GPSで見て、この先が峠かなと思う辺りです・

Dscn4983jpgc

角を曲がると峠が見えました。ほっと一息です。

Dscn4986jpgc

11時15分、峠に到着です。相場バス停から1時間弱ですね。

Dscn4987jpgc

峠には小さな案内がありましたが、字が読めませんでした。

Dscn4989jpgc

峠からの降り道は良さそうなのでほっとしました。

Dscn4991jpgc

でもそうは問屋が卸しませんでした(笑)。竹林の道は倒木ならぬ倒竹で一杯でした。

Dscn4994jpgc

でもまあ、竹林は5分で抜けました。

Dscn4996jpgc_20210107140601

峠から15分で東名阪の下を潜りました。

Dscn4998jpgc_20210107140601

潜るとまた小さな案内があり、今度は伊勢本街道と書かれていました。

Dscn5000jpgc

先ほど峠で見た案内も多分同じ伊勢本街道と書かれているのでしょう。でも昨年12月に歩いた伊勢本街道との関係はどうなるんでしょう。一寸地図を開いてみます。

Nyu06jpgc

この地形から見ると、左の津留橋を渡って(昔は渡し船)きた旅人が、丹生大師にお参りして、再度伊勢街道に戻るときに通った街道だったかもしれませんね。

少し下ると視界が開け、丹生の里が見えてきました。

Dscn5002jpgc_20210107142401

丹生下村のバス停辺りに着いたのが11時45分。

Dscn5004jpgc

5分ほどで和歌山別街道の案内があります。熊野街道の野中から分かれて和歌山街道に合流する道ですが、JR佐奈駅前を通って、ここ丹生大師へ来ているのです。

Dscn5012jpgc

3分で丹生大師すなわち神宮寺の山門です。長らく修理で覆われていましたが、新しくきれいになりました。

Dscn5013jpgc

和歌山別街道は、この門前で右折していきます。大きな石標があります。

Dscn5014jpgc_20210107142401

神宮寺は隣接する丹生神社の神宮寺で、奈良時代末期開山の名刹です。丹生神社は奈良時代中期以前に遡る、由緒ある神社です。名前の丹生は水銀を意味します。日本全国、丹生の付く地名は多いですが、すべて水銀の産地です。

その丹生神社にまずお参りしました。

Dscn5017jpgc

Dscn5023jpgc

そして神宮寺本堂へ。弘法大師空海を祀っています。丹生大師も空海をさしています。

Dscn5033jpgc

Dscn5034jpgc

参拝の後、本堂の裏山に登ってみました。高台で丹生大師全景が拝めます。

Dscn5043jpgc_20210107151001

ここで昼食休憩としました。12時40分頃昼食を終え、さてどうするか考えました。門前から多気駅へ向かう町営バスが13時50分に出ます。まだ1時間以上あります。待っていてもしょうがないのでJRの栃原か佐奈駅へ歩く。

栃原へは5キロ弱、佐奈へは5キロ強です。時刻表では佐奈発14時01分です。前述の和歌山別街道を歩いて佐奈へ行くことにしました。一寸引き返して、例の案内があった道へ入ります。

Dscn5012jpgc

先ほど潜ってきた東名阪をまた潜って行く方向です。

Dscn5055jpgc_20210107151001

13時頃、東名阪を潜りました。

Dscn5058jpgc

この辺りには、良いお寺が3ケ所あります。近長谷寺、金剛座寺、普賢寺です。時間があれば寄りたい所です。

Dscn5059jpgc_20210107151001

歩くなら下図の緑の経路が良いでしょう。私も過って歩いたことがあります。

Nyu05jpgc

下の写真は赤線から青線の伊勢別街道を見ています。

Dscn5061jpgc

途中で伊勢別街道と合流します。ここからは佐奈駅まで伊勢別街道を歩きます。

Dscn5063jpgc

情緒ある街道です。

Dscn5065jpgc

佐奈駅の有る平谷の集落へ入ってきました。伊勢別街道と熊野道の分岐の石標です。

Dscn5068jpgc_20210107153801

平谷の集落です。

Dscn5069jpgc

13時48分、神宮寺から1時間10分弱で佐奈駅に到着しました。

Dscn5070jpgc

これ逃がすと次は17時19分。3時間以上無いんです。

Dscn5072jpgc

楽しい山旅でした。

 

 

 

今日は急ぐので赤線の最短距離を歩きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 久しぶりに多度山 | トップページ | 亀山 下庄 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりに多度山 | トップページ | 亀山 下庄 »

最近の写真

  • Goban00jpgc
  • P2270324jpgc
  • Goban02jpgc
  • Dscn5875jpgc
  • Dscn5870jpgc
  • Dscn5877jpgc
  • Dscn5885jpgc
  • Dscn5867jpgc
  • Dscn5865jpgc_20210228150401
  • Dscn5884jpgc_20210228150401
  • Dscn5881jpgc
  • Dscn5906jpgc