« 日本武尊は三重で亡くなった | トップページ | 弥陀ヶ原トレッキング2日目前半 »

2020年10月12日 (月)

弥陀ヶ原トレッキング

今回は立山の室堂2430mから美女平970mまで下りのトレッキングを計画しました。ざっと1500mの下りですが、槍ヶ岳から上高地への下りと同じですね。最近では珍しい長丁場の下りなので一寸心配です。

Tateyama

初日は室堂までケーブルとバスを乗り継ぎ、天狗平まで40分ほど下って天狗平山荘で1泊。翌日、天狗平から美女平駅まで弥陀ヶ原を7時間~8時間下る予定です。膝と腰が心配ですね。

2020年10月8日(木)

台風14号が沖縄付近にあって、東海地区へは10日に最接近します。接近前から大雨に注意と盛んにテレビで言っています。でも日本海側の富山地区はなんとかなるんじゃないかと淡い期待です。名古屋を7時50分のしらさぎ1号で金沢へ、北陸新幹線に乗り換えて富山着が11時20分頃。富山駅で早速富山湾の海の幸を。

Dscn2498jpgc

12時12分の富山地鉄で立山駅へ向かいます。レトロな感じで1時間一寸。途中の岩峅寺は歩荷の里と聞きました。

Dscn2503jpgc

立山駅400mからはケーブルで美女平へ7分で登ります。

Dscn2517jpgc

美女平から室堂はバスで1時間ほど掛かります。標高2000mほどの弥陀ヶ原では濃いガスに覆われています。前途多難です。

Dscn2535jpgc

ところが室堂に着くと雲の上に出て視界良好です。早速、立山連邦をバックに記念写真です。

Dscn2549jpgc

室堂では登山者に登山計画書を出すように勧めています。我々も必要かと尋ねたら「美女平まで歩いて下るんですか? 23キロも有りますよ」と呆れられました。下山計画書は必要無いようです(笑)。

Mida01jpgc

15時5分頃出発しました。道は遊歩道で幸い雨はあがっています。でも濡れた木道はやっぱり滑るので気が抜けません。

Dscn2567jpgc

剣岳も雄姿を見せてくれました。

Dscn2578jpgc

ゆっくり歩いて50分ほどで天狗平山荘に到着しました。

Dscn2593jpgc_20201012130601

天狗平山荘は映画「剣岳・点の記」に登場し、ご主人も出たとか。

Dscn2632jpgc

部屋は個室でした。

Dscn2633jpgc

夕食前に外に出ると、真っ赤な夕焼けが最高でした。

Dscn2600jpgc

皆見とれています。

Dscn2608jpgc

食事も豪華で、明日の健闘を祈りました。

Dscn2621jpgc

 

« 日本武尊は三重で亡くなった | トップページ | 弥陀ヶ原トレッキング2日目前半 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本武尊は三重で亡くなった | トップページ | 弥陀ヶ原トレッキング2日目前半 »

最近の写真

  • Murou00jpgc
  • Dscn3982jpgc_20201123131101
  • Dscn3984jpgc
  • Dscn3985jpgc
  • Dscn3992jpgc
  • Dscn3990jpgc
  • Dscn3998jpgc
  • Dscn3986jpgc_20201123131101
  • Dscn4003jpgc
  • Dscn4002jpgc
  • Dscn4007jpgc
  • Dscn4010jpgc