« 弥陀ヶ原トレッキング | トップページ | 弥陀ヶ原トレッキング2日目後半 »

2020年10月12日 (月)

弥陀ヶ原トレッキング2日目前半

弥陀ヶ原を下るトレッキングは何十年も前から一度歩きたいと思っていました。でもあまり深く調べもせず、単なる下りと考えていました。ところが実施するに当たり調べてみると、天狗平から弥陀ヶ原には新道と旧道があり、新道は景色も良く人気だが厳しい鎖場も有るということが解ってきました。相談の結果、せっかくだから新道を行くことになり、膝を痛めているHさんだけが旧道で、追分で落ち合うことになりました。

Mida02jpgc

2020年10月9日(金)

7時半に出発しました。

Dscn2642jpgc

昨日と同じく木道が整備されています。弥陀ヶ原まで5キロ、2時間半の案内があります。

Dscn2652jpgc

この獅子ヶ鼻コースは湿原を歩きます。池塘らしきものが無数にあるのですが、現地ではガキ田と呼んでいます。

Dscn2654jpgc

30分ほど歩いて振り返っています。立山連峰が見送ってくれます。

Dscn2657jpgc

代りに左手に薬師岳が見えてきます。薬師岳がこんなに近いとは思いませんでした。森林限界を越えて紅葉の世界に入ってきました。ナナカマド、カエデ、ダケカンバなどです。

Dscn2666jpgc

出発から1時間半、天狗平から3キロ辺りが獅子ヶ鼻で、ここから急な鎖場の下りになります。Dscn2679jpgc

Dscn2681jpgc

雨上がりの鎖場は滑って危険です。

Dscn2684jpgc

途中に有るのが獅子ヶ鼻岩のようです。

Dscn2686jpgc

上って来る人との行き違いもあったりして、全員が下りるのに30分近く掛かりました。

Dscn2695jpgc

下った分は登り返さないといけません。もう一つ谷を越えて、休憩所に着いたのは25分後の9時40分でした。小休止です。

Dscn2703jpgc

弥陀ヶ原バス停まで1.6キロの案内がありますが、我々はバス停へは向かわず、直接追分に向かいます。15分ほどでバス停との分岐です。

Dscn2715jpgc

左折せず直進して、追分着は10分後の10時18分でした。

Dscn2723jpgc_20201012145501

車道を横断し、すぐ木道に入ります。途中でHさんと合流して弘法のバス停を目指します。

Dscn2726jpgc_20201012144301

標高は1700m程度でしょうか、木道も樹林帯に入ってきました。紅葉はきれいですが、遠くの風景は見えなくなってきました。

Dscn2734jpgc_20201012144301

ところでこの木道ですが、滑りやすくて全員が何度も転びました。慎重に足を運ぶためスピードがでません。時速2キロが良い所でしょうか。これでは美女平に着く頃には日が暮れてしまいます。少し距離は長くなるが、安全なバス道を降ることにしました。七曲りのあたりです。

Dscn2735jpgc_20201012144301

これでスピードも上がって11時20分過ぎに弘法のバス停に着きました。

Dscn2746jpgc

ここの広場で昼食休憩としました。天狗平山荘さんの弁当はなかなか豪華です。

Dscn2747jpgc

25分ほど休憩して、バス道で大観台を目指します。称名滝が見えるはずです。

後半へ続く。

 

 

 

 

« 弥陀ヶ原トレッキング | トップページ | 弥陀ヶ原トレッキング2日目後半 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弥陀ヶ原トレッキング | トップページ | 弥陀ヶ原トレッキング2日目後半 »

最近の写真

  • Murou00jpgc
  • Dscn3982jpgc_20201123131101
  • Dscn3984jpgc
  • Dscn3985jpgc
  • Dscn3992jpgc
  • Dscn3990jpgc
  • Dscn3998jpgc
  • Dscn3986jpgc_20201123131101
  • Dscn4003jpgc
  • Dscn4002jpgc
  • Dscn4007jpgc
  • Dscn4010jpgc