« 釧路湿原3日目 湿原を歩く | トップページ | 釧路湿原 最終日 »

2020年7月 2日 (木)

釧路湿原4日目 釧路川を下る

2020年6月27日(土)

今日はゴムボートで釧路川下りを予定しています。最寄りの塘路駅にショップの迎えが来ているはずです。なので今日はレンタカーを返してJRです。

Dscn0959jpgc

釧路湿原というと「ノロッコ号」が有名で、それに乗ろうと思ったのですが、この時期1日1往復で時間が合いません。JR北海道産も商売気が無いかな。このルパン三世が我々の列車です。

Dscn0960jpgc

ノロッコ号は別のホームに停まっていました。

Dscn0962jpgc

30分ほどで塘路駅に到着しました。一寸地図で位置を確認しましょう。昨日歩いた温根内とは湿原を挟んで反対側の北にあります。

Kusiro05jpgc

ここで塘路湖ネイチャーセンターへ行き受付を済ませ、ショップの車で更に北へ。標茶駅に近い五十石辺りで釧路川に入るよていです。Dscn0969jpgc

ホームの裏にはエゾシカが居ました。

Dscn0970jpgc

受付を済ませて、五十石の船着場へ10時頃到着。当初カヌーを考えましたが、両手が塞がると風景写真が撮れないので、ゴムボートに変更しました(笑)。

Dscn0980jpgc_20200702143101

いざ出発です。

Dscn0981jpgc

昨晩の雨で水かさも多く、流れもあるそうです。これなら楽ですね。オールは全員に渡されるので漕いでもいいんですけど(笑)。

Dscn0983jpgc_20200702143101

周辺には野生の生物が居るでしょうが、見当たりません。水辺に鴨の仲間が泳いでいる程度です。

Dscn0988jpgc_20200702143101

水中には幻の魚「イトー」が居るそうですが。急に飛び立つオジロワシとはいかず、アオサギかな?

Dscn0995jpgc_20200702143101

今度は鶴か鷲か、やっぱりサギかな。

Dscn0996jpgc

と言っているうちに1時間ほど経って、茅野辺りに上陸しました。

Dscn1001jpgc

センターへ帰って、エゾシカのハンバーグを食べました。料理は特に難しくないそうですが、匂いの気になる人が居るので、香料を多くするとか。味はまあまあです。

Dscn1005jpgc_20200702143101

塘路駅付近は食堂もなにも無い、長閑な駅です。冬はワカサギ釣りでもやるんでしょうか。

Dscn1006jpgc

13時40分頃釧路駅に帰ってきました。午後は一寸勉強しようと釧路市博物館にいきました。駅からバスで20分位かな。

Dscn1022jpgc_20200702145901

エントランスにマンモス。この辺に居たのかな。

Dscn1023jpgc

4階にアイヌの資料が詳しい。

Dscn1033jpgc

軽便鉄道や炭鉱関係の展示もあるが、動物の標本も充実している。

Dscn1057jpgc

湿原の下に居るイトーも

Dscn1051jpgc

釧路湿原ができた過程も解るかも。

Dscn1048jpgc

まあ、いろいろ遊びに行く前に、ここに来て勉強してから行けば、もっと身につくかも。

最後の夜は居酒屋で好きなものを食べて飲むことに。

Dscn1063jpgc_20200702145901

私はまだ食べてない、鮭のちゃんちゃん焼きやホッケの開きを。

Dscn1067jpgc

Dscn1066jpgc

皆さん、思い思いに食べて、おやすみなさい。

 

 

 

« 釧路湿原3日目 湿原を歩く | トップページ | 釧路湿原 最終日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 釧路湿原3日目 湿原を歩く | トップページ | 釧路湿原 最終日 »

最近の写真

  • Dscn1149jpgc
  • Dscn1148jpgc
  • Dscn1145jpgc
  • Dscn1144jpgc_20200713093801
  • Dscn1153jpgc_20200713093801
  • Dscn1170jpgc
  • Dscn1168jpgc
  • Dscn1155jpgc
  • Dscn1159jpgc
  • Dscn1158jpgc
  • Dscn1157jpgc_20200713100701
  • Dscn1152jpgc