« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月30日 (火)

釧路湿原2日目 アイヌのチャシ跡を観る

翌日は8時出発。旅館のご主人が、近くの霧多布岬の海岸にラッコが子育てしているというので見に行った。Kusiro11jpgc 

ラッコは見つからなかったが景勝地だった。

Dscn0654jpgc

ニッコウキスゲやあやめも咲いていた。

Dscn0662jpgc

8時15分頃出発し、一路納沙布岬を目指します。途中、道の駅根室44とかへ1時間位で到着、一寸休憩した。窓から湖が見え、季節により、いろいろな鳥や動物が見られるとか。今は何も居ない時期(笑)。

Dscn0667jpgc

9時30分頃出発し、根室駅前を経由して、太平洋側を通って、納沙布岬到着は10時頃でした。

Dscn0672jpgc

晴れていれば近くに歯舞諸島が見えるはずですが、今日は見えません。15分位居て、出発しました。すぐ近くに北方館という、付近の観光案内や北方四島の資料などが展示されている資料館があるので寄りました。

Dscn0686jpgc

ロシア人との交流の様子も写真に有ります。

Dscn0699jpgc

日本本土四極、最東端到達証明書を貰いました。

Dscn1139jpgc

日本本土四極って何だと思ったら、島を除く、本州・北海道・四国・九州での最東西南北だそうです。東がここ納沙布岬、北が宗谷岬、ミナミが鹿児島県佐多岬、西が長崎県佐世保の神崎鼻だそうです。

Honndoyonnkyoku

そういえば、他の三極は行ってないなあ。ところで今回の北海道旅行の目的は釧路湿原の他にもう一つありました。それはアイヌのチャシ跡を見るということです。チャシとはアイヌ語で砦といった意味だそうです。私は沖縄が好きで、何十回も行っているし、沖縄の城(グスク)址は50ケ所以上行っていて、沖縄の人より詳しい位です。でも北海道のチャシ跡は、過去4回ほどの北海道旅行で一度も見たことが無く、存在さえ知りませんでした。

一昨年だったか、何かのきっかけでチャシ跡を知り、一度は訪ねなければとおもっていました。でも、沖縄の城跡が何カ所も世界遺産に指定され、本土の城より美しいのに対し、アイヌのチャシ跡は石垣も無い土塁なので、観光的価値はありません。

そのチャシ跡の場所を、ここ北方館で教わって、温根元チャシ跡に出かけました。納沙布岬のすぐ近くです。

Kusiro12jpgc

説明が無ければ判らない単なる草地です。チャシは13世紀から18世紀に北海道で500ケ所以上作られています。特に道東が多く、根室市内だけでも32ケ所確認され、いずれもオホーツク海に面した段丘に作られています。

Dscn0709jpgc_20200630141501

そのうち、ここ根室半島にある24ケ所が国の史跡になりました。またこの付近は、チャシより前、7~9世紀頃にオホーツク文化が栄え、その土器などが発掘されています。

Dscn0713jpgc

温根元から10分ほど走ると北方原生花園があり一寸歩いてみました。ハマナスやあやめ、その他いろいろあります(笑)。

Dscn0717jpgc

そのすぐ近くにノッカマフ1・2号チャシ跡があります。

Dscn0731jpgc

チャシの用途としては砦、見張り場、祭祀場、集会場などだったと考えられています。

Dscn0738jpgc

現在この地域で一般に公開されているチャシ跡は、この2ケ所だと、北方館の人は言っていました。アイヌと倭人の戦いや、ロシアとの交易の歴史など、私の知らない北海道の歴史が一杯残っているようでした。

Dscn0737jpgc

根室駅前に戻って昼食にしました。北海道の回転寿司は旨いですねえ。

Dscn0747jpgc

食後、すぐ近くにある北方四島交流館へまずでかけました。ここもいろいろ資料があります。

Dscn0751jpgc

多分ここで教わったと思いますが、ロシアとの国境線は納沙布岬のすぐ先の、貝殻島の手前だと。地図でみると本当に目の前です。

Dscn0755jpgc

そしてその貝殻島近海へ根室の漁師が昆布を採りに行く、そのため年間9千万円を支払っているそうです。北方四島を話し合いで返還させる。そんなうまい話は日本人だけが描く甘い夢でしょうね。戦争で奪った領土は戦争で負けた時以外に返すなんてあり得ない。それが世界の常識ですね。アメリカが沖縄を無血で返したので、日本人に間違った夢を見させてしまいましたね。

交流センターから10分ほど釧路寄りに、風蓮湖・春国岱という、汽水湖と砂州の公園があります。オオハクチョウなども冬には飛来し、行に寄った道の駅から見えます。そのネイチャーセンターへ一寸寄りました。

Dscn0757jpgc

ここから1時間ほどの散策路もありますが、時間切れで割愛しました。一路釧路へ帰って生ビールでも飲みたい所ですが、昨日厚岸を観光していたKさんが、厚岸湾に愛冠岬(アイカップ)があり絶景と言ったので行くことにしました。

Kusiro11jpgaaa

名前からして恋人岬的な感じですね。

Dscn0764jpgc

なかなかの絶景です。

Dscn0770jpgc

ここのエゾシカは逃げませんねえ。

Dscn0767jpgc

16時頃岬を出発、17時過ぎに釧路駅前のホテルに入りました。昨晩と今日の昼で、魚貝類をたっぷり食べたので、今日の夕食はジンギスカンにしました。

Dscn0778jpgc_20200630153401

ジンギスカンでビールは定番ですね。

Dscn0784jpgc

明日は釧路湿原を歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

釧路湿原その1

県外への移動制限も解除された6月24日(水)、北海道の釧路へ向かいました。名古屋からの直行便は無いので、まず新幹線で羽田空港に向かい、羽田から釧路に飛びました。名古屋から千歳経由なら行けますが、時間・お金とも羽田経由が勝ります。

Kusiro00jpgc

羽田から1時間半ほど、たんちょう釧路空港に午後2時半頃着きました。JALも1日3便のうち2便は欠航しています。空港に機影は見えません。まだ一寸寂しいですね。まあこれから徐々に回復するでしょう。

Dscn0620jpgc

空港では関空からピーチで先着していたAさんと合流し、早速レンタカー屋さんへ。すぐ前です。今日は、明日観光する根室半島の先端、納沙布岬までの中ほど浜中町に1日目の宿を取っています。

15時一寸前に出発して、湿原道路を走って、65キロ程先の厚岸駅に16時前に到着しました。1時間一寸かなと思います。北海道は直線道路が多いですから。

Dscn0622jpgc

ここで名古屋港からフェリーで苫小牧に来て、昨日釧路に来ていたKさんと合流しました。これで羽田からの3人と合わせて5人が今回のメンバーです。釧路から根室に向かうJRは花咲線というようです。花咲ガニの花咲港が途中にあります。

Dscn0623jpgc

厚岸から2駅目の茶内駅付近で国道44号線とわかれて右折、北太平洋を目指します。途中、霧多布湿原を通ります。

Dscn0633jpgc

旅館には17時過ぎに到着しました。北海道最初の夜は花咲ガニです。

Dscn0637jpgc

浜中町は花咲港と牡蠣で有名な厚岸湾に挟まれているので、花咲ガニと牡蠣に恵まれています。

Dscn0639jpgc

仲居さんがカニの食べ方を教えてくれます。

Dscn0643jpgc

無事、完食しました。

Dscn0645jpgc

明日は納沙布岬です。

 

 

 

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

最近の写真

  • Dscn1149jpgc
  • Dscn1148jpgc
  • Dscn1145jpgc
  • Dscn1144jpgc_20200713093801
  • Dscn1153jpgc_20200713093801
  • Dscn1170jpgc
  • Dscn1168jpgc
  • Dscn1155jpgc
  • Dscn1159jpgc
  • Dscn1158jpgc
  • Dscn1157jpgc_20200713100701
  • Dscn1152jpgc