« 鯉料理多度大黒屋 | トップページ | 牡蠣を食べる »

2020年1月14日 (火)

バードウォッチング

2020年1月12日(日)

愛知県の弥冨野鳥園でバードウォッチングの初心者講座があったので参加してみました。色々教わって楽しかったですね。やはり野鳥の名前を覚えるのは、やみくもでは無理で、生態を知ることも大事だと悟りました。

私の趣味のスキューバダイビングでは魚の名前が大事ですが、これも同じで、例えばこんなイソギンチャクにはクマノミが住んでいるとか、こんな根にはスカシテンジクダイが居るとか、いう具合ですね。

森では、こんな藪の中にはこういう鳥がいるはずとか、木の梢にはこういう鳥がとまるとかですね。すると同定しやすくなりますね。

Dscn8074jpgc

これは2階ですが、3階に展望室があり、大きな双眼鏡が置いてあります。今回は2階の会議室で30分ほど講義。

Dscn8051jpgc

まず野鳥の大きさを知る。渡りの型、夏鳥・冬鳥・留鳥などの区分を教わりました。それと双眼鏡の選び方や扱い方。そして野外へ実際に見に行きました。

Dscn8070jpgc

Dscn8073jpgc

見た鳥です。カワウとアオサギ。

P1210612jpgc

カモがいろいろ(-_-;)

P1210624jpgc

アオサギは国内で見る最大の鳥かも。

P1210625jpgc

カワウが営巣していました。

P1210632jpgc

タカの仲間ノスリ。一寸遠い。

P1210634jpgc

ハクセキレイとセグロセキレイが居るらしい。

P1210628jpgc

これは鳥じゃないけどヌートリア(笑)。外来種の巨大ねずみ、害獣です。

P1210629jpgc

実は今回1時間半ほどの野外ウオッチングで、声だけ聞いた鳥や、飛んでいく姿だけも含めると22種類居たそうです。それを確認記録して終わるのがバードウオッチングの基本だそうです。ダイビングのログ付と同じですね。

いろいろ勉強になりました。

 

« 鯉料理多度大黒屋 | トップページ | 牡蠣を食べる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鯉料理多度大黒屋 | トップページ | 牡蠣を食べる »

最近の写真

  • Dscn9319jpgc
  • Dscn9328jpgc
  • Dscn9335jpgc
  • Dscn9316jpgc
  • Dscn9358jpgc
  • Dscn9365jpgc
  • Dscn9367jpgc
  • Dscn9381jpgc
  • Dscn9372jpgc
  • Dscn9354jpgc
  • Dscn9393jpgc
  • Dscn9391jpgc