« 2019年12月 | トップページ

2020年1月28日 (火)

岐阜 池田山

2020年1月25日(土)

岐阜県の大垣の一寸北に有る池田町、そこの池田山924mに登ってきました。

Ikeda02jpgc

上図、霞間ヶ渓(かまがたに)の駐車場に車を置き、池田山の手前池田の森まで行って引き返してきました。メンバーはHさんと女性のYさん。前方、なだらかな山が池田山です。

Dscn8253jpgc

9時半頃霞間ヶ渓の駐車場を出発しました。ここは多分桜の名所ですね。設備も整った公園です。標高は80mほど。

Dscn8256jpgc

池田の森3.8キロ、池田山5.8キロの案内があります。最初は公園の中を登ります。

Dscn8260jpgc

すぐに山道になりますが、落葉を踏みしめて進む、登りやすい良い道です。30分一寸でベンチがあります。我々は30分ピッチでゆっくり登ります。

Dscn8262jpgc

途中から案内は焼石神社に代ります。

Dscn8267jpgc

ずっと緩やかな良い道で、1時間40分ほど、四阿のある車道に出ました。11時10分です。

Dscn8273jpgc

ここから車道に沿って焼石神社に向かうと、途中絶景でした。

Dscn8278jpgc

焼石神社到着は11時43分。一寸お参りしました。竜神様をお祀りしているとか。

Dscn8283jpgc

11時50分に池田の森に到着しました。

Dscn8290jpgc

ここは六合目だそうで、池田山の山頂までは、まだ40分位かかりそうです。ここはまたハングライダーの基地みたいですね。

Dscn8294jpgc

今日は下山後池田温泉に入り、桑名へ帰って反省会をするのが楽しみです。ここで弁当を食べて、池田山を往復していると温泉入浴時間が無くなりそうです。本末を転倒してもいけないので、今日はここで帰ることにしました(笑)。

Dscn8295jpgc

ここはハングライダーの基地だけあって絶景です。ここより上は、これほどの眺めは期待できないでしょう。御岳です。

Dscn8296jpgc

能郷白山か荒島岳かなと思いながら見ていたのですが、やはっり白山のようですね。

Dscn8299jpgc

池田温泉は霞間ヶ渓からすぐ近くです。隣に道の駅もあります。料金も500円とリーズナブルです。

Dscn8312jpgc

桑名へ帰って待望の反省会です。

Dscn8313jpgc

お疲れ様でした。

 

 

2020年1月19日 (日)

牡蠣を食べる

2020年1月18日(土)

山歩会仲間と三重県鳥羽市へ牡蠣食べ放題に行きました。鳥羽は海の幸の宝庫です。近くの島々へ行って食べるのもお勧めです。

Toba02jpgc

上の地図で鳥羽と愛知県の伊良湖岬の間に有る答志島・菅島・神島がそうです。神島なんかは伊良湖からの方が近いですね。今回行ったのは島でなく、中央下の石鏡と書いた辺りです。

鳥羽からバスで石鏡港まで行き、そこから少しウオーキングをしながら浦村町の焼ガキ食べ放題の店に行きました。

Toba01jpgc_20200119100001

石鏡漁港です。

Dscn8105jpgc

そこから漁師町特有の細い道を登って県道に出ました。

Dscn8113jpgc

県道付近から石鏡集落を眺めています。右端の鉄筋の家が鳥羽一郎さんの実家だと地元のお爺さんが言っていたような。

Dscn8117jpgc

県道はパールロードの下を2回潜りながら30分ほどで本浦港へ下ってきます。

Dscn8119jpgc

時間が有るので海の博物館へ寄り道しました。ここは余り知られていませんが、建物は建築学会賞、所蔵民具は6万点、うち重要文化財が何千点もあるそうで、口コミはなかなか良いです。我々は時間が無いので、外だけ見て帰りました。いずれじっくり見たい博物館です。

Dscn8124jpgc

博物館から15分~16分で今日予約していた「かき丸」さんです。浦村には多分20~30軒の食べ放題の店があると思います。シーズンは11月末から3月ですが、1月2月が牡蠣の状態が一番良いそうです。

Dscn8134jpgc

ご飯、みそ汁、牡蠣フライなどが付いて、焼ガキは90分食べ放題です。2700円。

Dscn8152jpgc

店の従業員さんは5個食べたら元がとれますよと言っていましたが、100個食べる人も居るそうです。

Dscn8150jpgc

私は多分20個ぐらいで辞めたと思いますが、メンバーの中には50個位食べた人も。

Dscn8154jpgc

皆さん、お疲れ様でした。

 

 

2020年1月14日 (火)

バードウォッチング

2020年1月12日(日)

愛知県の弥冨野鳥園でバードウォッチングの初心者講座があったので参加してみました。色々教わって楽しかったですね。やはり野鳥の名前を覚えるのは、やみくもでは無理で、生態を知ることも大事だと悟りました。

私の趣味のスキューバダイビングでは魚の名前が大事ですが、これも同じで、例えばこんなイソギンチャクにはクマノミが住んでいるとか、こんな根にはスカシテンジクダイが居るとか、いう具合ですね。

森では、こんな藪の中にはこういう鳥がいるはずとか、木の梢にはこういう鳥がとまるとかですね。すると同定しやすくなりますね。

Dscn8074jpgc

これは2階ですが、3階に展望室があり、大きな双眼鏡が置いてあります。今回は2階の会議室で30分ほど講義。

Dscn8051jpgc

まず野鳥の大きさを知る。渡りの型、夏鳥・冬鳥・留鳥などの区分を教わりました。それと双眼鏡の選び方や扱い方。そして野外へ実際に見に行きました。

Dscn8070jpgc

Dscn8073jpgc

見た鳥です。カワウとアオサギ。

P1210612jpgc

カモがいろいろ(-_-;)

P1210624jpgc

アオサギは国内で見る最大の鳥かも。

P1210625jpgc

カワウが営巣していました。

P1210632jpgc

タカの仲間ノスリ。一寸遠い。

P1210634jpgc

ハクセキレイとセグロセキレイが居るらしい。

P1210628jpgc

これは鳥じゃないけどヌートリア(笑)。外来種の巨大ねずみ、害獣です。

P1210629jpgc

実は今回1時間半ほどの野外ウオッチングで、声だけ聞いた鳥や、飛んでいく姿だけも含めると22種類居たそうです。それを確認記録して終わるのがバードウオッチングの基本だそうです。ダイビングのログ付と同じですね。

いろいろ勉強になりました。

 

« 2019年12月 | トップページ

最近の写真

  • Ikeda02jpgc
  • Dscn8278jpgc
  • Dscn8253jpgc
  • Dscn8262jpgc
  • Dscn8256jpgc
  • Dscn8273jpgc
  • Dscn8267jpgc
  • Dscn8260jpgc
  • Dscn8290jpgc
  • Dscn8283jpgc
  • Dscn8294jpgc
  • Dscn8296jpgc