« お千代保稲荷へポタリング | トップページ | 赤沢自然休養林 »

2019年11月13日 (水)

京都洛北散歩

2019年11月12日(火)

京都へ行ったら北野神社の近くにある豆腐屋で「お揚げ」を買ってくるようにとの要請を受けていたので、朝7時半頃には指定の豆腐屋さんに来ていました。豆腐屋は昔から朝が早いですね。

Dscn6386jpgc

買い物の後、近くの北野天満宮へお参りしました。天満宮では牛が神様の使いですね。私も腰痛が直るように牛の腰を撫ぜてきました。

Dscn6397jpgc

本殿に来ました。日頃は学問の神様にお参りする修学旅行生などで賑わう本殿も、さすがに時間が早いので誰も居ません。

Dscn6399jpgc

北野神社は我家から遠くなかったので子供の頃はよく遊びに来た思い出があります。次に神社の北門を出て平野神社に行きました。ここは桜の名所で、花見頃は行きつけの居酒屋さんが境内に店を出すので、学生時代はいろいろ思い出があります。

Dscn6403jpgc

平野神社を通り抜けた西大路通りからバスに乗って、北大路バスターミナルに来ました。ここから今日の洛北散歩をスタートします。

Rakuhokujpgc

京は比叡山の麓、修学院離宮や詩仙堂の辺りを歩こうと地図を眺めていたら、深泥池が目に留まり、無性に行きたくなったので、ここをスタートに選んだのでした。まず鴨川に出ました。もしこれから京都に住むなら、鴨川の近くにして、朝夕の散歩コースにしたいなと思います。

Dscn6406jpgc

一寸上流に歩くと、向こう岸に渡る飛び石があったので渡ってみました。8時35分頃です。

Dscn6408jpgc

北山通りを東に向かいます。右側は植物園です。

Dscn6416jpgc

植物園を過ぎて、鞍馬街道を左折、深泥池に着いたのは9時15分頃です。深泥池は子供の頃、何回か遊びに来たように思います。ただその頃は「じゅんさい」が採れる自然豊かな場所としてですが。

Dscn6418jpgc

最近と言うか十何年か前から、タクシーの女性客が消えるという話が多発して、心霊スポットとして有名になりましたが、今はどうなんでしょう。まあ、室町時代には八大竜王が棲むと言われた池ですから、多くの伝説があるとは思いますが。現在では生物多様性で天然記念物に指定されているみたいですね。

Dscn6421jpgc

昔、ここから宝ヶ池へ抜けられたはずだと思って、池の傍の道なき道を進みました。でも結局道が無くなっていたのか見逃したのか、北東側の病院の敷地へ出てしまいました。

Dscn6429jpgc

でもまあ目的の深泥池を半周できたので満足です。で、今度は地下鉄の終点、国際会館駅を目指しました。愛染堂の前を通って歩いて行くと、高野川へ流れ込む支流に出ました。この川沿いの道がなかなか良かったです。

Dscn6433jpgc

紅葉も鮮やかでした。

Dscn6437jpgc

国際会館の入り口付近が10時一寸過ぎ、地下鉄の駅を右折して、叡山電鉄の宝が池駅を目指します。途中。宝ヶ池付近は公園なので、一寸入って見て紅葉を楽しみました。

Dscn6442jpgc

比叡山もくっきりです。

Dscn6449jpgc

国際会館はいつ出来たか覚えていませんが、子供の頃は京都で一番近代的な会議場で、デザインは弥生時代の家だったような。

Dscn6447jpgc

宝が池駅の手前で高野川を渡りました。川面がきらきらと輝いていました。

Dscn6456jpgc

宝が池駅を通ったのが10時40分です。ここで八瀬と鞍馬に分れるのだったかな。

Dscn6458jpgc

駅から20分弱歩いて赤山禅院です。以前はあまり有名で無かったように思いますが、最近知られるようになってきました。禅院ですが禅宗ではなく、比叡山延暦寺の末寺です。赤山明神の縁日が毎月5日で、この日にお参りすると掛金の集金が上手く行くそうで、5日払いの風習がここから生まれたとか。

Dscn6462jpgc

特に拝観料は無く、紅葉の季節には大賑わいでしょう。ご本尊は毘沙門天によく似た武将だそうです。

Dscn6473jpgc

すぐ傍に修学院離宮があります。参観には事前申し込みが必要なのは知っていましたが、当日受付枠もあるというので、とりあえず行ってみました。11時半です。当然、無くなっていましたが、11時頃に行くと良いらしいです。

Dscn6489jpgc

曼殊院の方へ歩いて行くと、比叡山への登山道の一つ雲母坂があります。ここを一寸登ると離宮の一部が見えます。子供の頃、山をうろうろ歩いていて、降って来たらひどくきれいな庭にでました。それが修学院離宮の庭だったのです。70年位前は、そんな長閑な時代でした。

Dscn6495jpgc

11時55分頃、曼殊院に到着しました。曼殊院はだいぶ標高が高く、結構登りました。なのでお腹が減っていたので、すぐ前の「曼殊院天満宮」の境内でお握りを食べました。曼殊院は観光客で賑わっていますが、ここは静かです。20分位で曼殊院に向かいました。

Dscn6499jpgc

室内は撮影禁止なので庭だけ写します。室内から庭を撮るのも禁止です。

Dscn6501jpgc

曼殊院も天台宗の寺で、代々天皇家の姻戚が門主を務める門跡の一つです。30分も瞑想に耽って、外に出ました。苔がきれいですね。

Dscn6515jpgc

最後に詩仙堂へ向かいます。道は一寸ややこしいのですが、道案内を注意深く見ていれば、最短コースで歩けます。途中圓光寺というお寺が有り、そこも最近は人気のようです。ここは南禅寺の末寺、禅宗です。

曼殊院から25分弱、13時06分に詩仙堂に到着しました。ここは現在曹洞宗の寺院ですが、寺院になったのは昭和41年だそうで、私が大学を卒業してからですね。元は江戸初期の文人、石川丈山の山荘でした。

Dscn6528jpgc

詩仙堂という名前の由来は、36人の中国の詩人の絵を狩野探幽らが描き、それに石川丈山自身が誌を書いて、四方の天井下の壁に9枚ずつ張っています。その詩仙の部屋から詩仙堂が生まれたそうです。絵は撮影禁止でお見せできません。

それを知ってか知らずか、詩仙の絵には見向きもせず、皆庭に向かって瞑想しています。

Dscn6534jpgc

ここでは、室内を見学した後、外に出て庭を見学します。トータルで30分弱居たでしょうか。

隣に八大神社というのがあります。これが宮本武蔵の一条寺下り松の決闘に大きな役割を果たしたそうです。

Dscn6556jpgc

吉岡一門との決闘に一条寺下り松に行く途中、この神社にお参りしようとして武蔵は、神は敬うものであって頼むものではないと悟って、お参りせずに決闘に臨んだそうです。

Dscn6565jpgc

その下り松はすぐ近くですが、当時の松は枯れたそうで、この神社に保存されています。

Dscn6559jpgc

決闘の場所は、ここから叡電一条寺へ向かう途中にありました。

Dscn6567jpgc

叡電一条寺の駅に着いたのは13時50分頃で、丁度電車が来ました。出町柳の近くに「桝形」商店街という、今時珍しく活気のある商店街があります。ここで一寸買い物をしました。

Dscn6572jpgc

それから、鴨川と高野川の合流地点の三角州に来ました。大文字山がきれいでした。

Dscn6575jpgc

今日は1日で3万歩歩いたので、そのご褒美に、東山を見ながら一寸休憩しました。

Dscn6576jpgc

それから京阪電車で四条まで乗り、一寸五条まで歩くことにしました。花見小路は観光客で一杯でした。着物はもう少し上手に着せてもらいたいですね。あちこちに出来たレンタルきもの屋さんには、着付けの資格者を置くとか必要ですね。

Dscn6581jpgc

建仁寺の境内にも観光客は居ました。以前は誰も居ない空間でしたが(笑)。

Dscn6584jpgc

六波羅密寺。さすがにここまで来ると、一般の観光客は居ないですね。でも白人観光客は、良く調べて、日本人の行かない場所にも居ますね。街道歩きしていても、こんな所、どうやって調べたのかと思う所も単独で歩いていたりします。

Dscn6589jpgc

久しぶりに、ゆっくり京都の郊外を歩いて、楽しい1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

« お千代保稲荷へポタリング | トップページ | 赤沢自然休養林 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お千代保稲荷へポタリング | トップページ | 赤沢自然休養林 »

最近の写真

  • Ikeda02jpgc
  • Dscn8278jpgc
  • Dscn8253jpgc
  • Dscn8262jpgc
  • Dscn8256jpgc
  • Dscn8273jpgc
  • Dscn8267jpgc
  • Dscn8260jpgc
  • Dscn8290jpgc
  • Dscn8283jpgc
  • Dscn8294jpgc
  • Dscn8296jpgc