« 帰国そして京都錦市場 | トップページ | 京都洛北散歩 »

2019年10月21日 (月)

お千代保稲荷へポタリング

2019年10月20日(日)

久しぶりに自転車を持ちだして、ポタリングしてきました。コースは我家から一寸北上して、木曽三川の立田大橋西詰がスタートです。木曽川と長良川の中堤です。そこから長良川を渡り、治水神社に参拝、木曽三川公園をちらっと見て、お千代保さんへ向かいます。距離は全体で50キロほどです。

Otyobo01jpgc

長良川を渡る橋です。三川公園の展望タワーの後方は多度山です。

Dscn5192jpgc

その袂にこんな地図があります。ここは愛知・岐阜・三重の接点なのです。

Dscn5193jpgc

治水神社です。幕府の命を受け宝暦の治水をおこなった、薩摩藩士をまつっています。多くの犠牲者を出し、莫大な費用を費やした責任を取って、責任者の平田靱負が切腹した話は有名です。

Dscn5194jpgc

Dscn5195jpgc

木曽三川公園は30万本のコスモスが咲いているはずでしたが、刈り取られていました。

Dscn5196jpgc

20分ほど走ってアクアワールドへ来ました。ここも木曽三川公園の一つです。木曽三川公園は、この流域に10ケ所以上あるようです。手作りクラフト市をやってました。

Dscn5199jpgc

更に北上します。途中、御岳山が久しぶりにきれいに見えていました。

Dscn5203jpgc

アクアワールドから1時間一寸、ようやくお千代保稲荷に着きました。今日は日曜日、相変わらずの賑わいです。

Dscn5212jpgc

お揚げのお供えもすごいですね。この購入費用は神社の収入になるのか、売っているオバサン達の収入になるのか、一寸気になりました(笑)。

Dscn5213jpgc

東海地区で縁日以外でこれだけ人が集まる神社は私は知りません。よほどご利益があるのでしょうか?

Dscn5215jpgc

それとも串カツが目当てでしょうか(笑)。

Dscn5209jpgc

川魚料理やナマズでは、そんなに人が集まると思えませんよね。鯰、高くなりましたね。

Dscn5217jpgc

近くの喫茶店に入ってランチしました。ここビール置いてなかったなあ。

Dscn5219jpgc

帰りは木曽川と長良川の中堤を走ることにしました。ここは一般車が通らないので、サイクリストの聖地みたいです。その入口付近に、木曽三川分流の碑があります。説明では、江戸時代まで木曽三川はこの付近一帯でで合流し、しかも降雨からこの付近での増水までの時間が異なるため、つねに氾濫していた。宝暦の治水でもそれは解消されなかった。

Dscn5227jpgc

明治政府はオランダの土木技師デ・レーケを招聘して、三川が河口まで合流しない分流を行ったそうです。その一つの工事がこの中堤です。

伊吹山が見えています。

Dscn5220jpgc

快適に下って東海大橋の下を潜ります。すると、グライダーの滑空場があります。1キロ程でしょうか、車のエンジンでグライダーの紐を巻き取って飛ばすようです。

Dscn5232jpgc

今日は大阪工業大学の航空部とかが来ていました。

Dscn5240jpgc

その下流に、今度は模型飛行機の飛行場がありました。

Dscn5248jpgc

この付近の木曽川はケレップと言って川の流れを妨げる施設が作られていて、堤防に加わる水圧を下げています。その施設が土木遺産に認定されています。これもデ・レーケの設計ですね。

Dscn5251jpgc

一寸判り難いかもしれませんが、この付近は10キロに渡って、中堤1本で木曽川と長良川が分流されています。上流を向いた写真で、左が長良川、右が木曽川です。

Dscn5258jpgc

木曽川には水鳥がきていました。

Dscn5264jpgc

渡し場跡

Dscn5244jpgc

名古屋駅の高層ビル群です。

Dscn5268jpgc

木曽三川公園が見えてきました。後方は鈴鹿山脈です。ゴールも近いですね。

Dscn5273jpgc

54キロ走って帰宅すると、足の筋肉が吊ってきました。情けない(泣)

 

 

« 帰国そして京都錦市場 | トップページ | 京都洛北散歩 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰国そして京都錦市場 | トップページ | 京都洛北散歩 »

最近の写真

  • Dscn1149jpgc
  • Dscn1148jpgc
  • Dscn1145jpgc
  • Dscn1144jpgc_20200713093801
  • Dscn1153jpgc_20200713093801
  • Dscn1170jpgc
  • Dscn1168jpgc
  • Dscn1155jpgc
  • Dscn1159jpgc
  • Dscn1158jpgc
  • Dscn1157jpgc_20200713100701
  • Dscn1152jpgc