« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月21日 (月)

お千代保稲荷へポタリング

2019年10月20日(日)

久しぶりに自転車を持ちだして、ポタリングしてきました。コースは我家から一寸北上して、木曽三川の立田大橋西詰がスタートです。木曽川と長良川の中堤です。そこから長良川を渡り、治水神社に参拝、木曽三川公園をちらっと見て、お千代保さんへ向かいます。距離は全体で50キロほどです。

Otyobo01jpgc

長良川を渡る橋です。三川公園の展望タワーの後方は多度山です。

Dscn5192jpgc

その袂にこんな地図があります。ここは愛知・岐阜・三重の接点なのです。

Dscn5193jpgc

治水神社です。幕府の命を受け宝暦の治水をおこなった、薩摩藩士をまつっています。多くの犠牲者を出し、莫大な費用を費やした責任を取って、責任者の平田靱負が切腹した話は有名です。

Dscn5194jpgc

Dscn5195jpgc

木曽三川公園は30万本のコスモスが咲いているはずでしたが、刈り取られていました。

Dscn5196jpgc

20分ほど走ってアクアワールドへ来ました。ここも木曽三川公園の一つです。木曽三川公園は、この流域に10ケ所以上あるようです。手作りクラフト市をやってました。

Dscn5199jpgc

更に北上します。途中、御岳山が久しぶりにきれいに見えていました。

Dscn5203jpgc

アクアワールドから1時間一寸、ようやくお千代保稲荷に着きました。今日は日曜日、相変わらずの賑わいです。

Dscn5212jpgc

お揚げのお供えもすごいですね。この購入費用は神社の収入になるのか、売っているオバサン達の収入になるのか、一寸気になりました(笑)。

Dscn5213jpgc

東海地区で縁日以外でこれだけ人が集まる神社は私は知りません。よほどご利益があるのでしょうか?

Dscn5215jpgc

それとも串カツが目当てでしょうか(笑)。

Dscn5209jpgc

川魚料理やナマズでは、そんなに人が集まると思えませんよね。鯰、高くなりましたね。

Dscn5217jpgc

近くの喫茶店に入ってランチしました。ここビール置いてなかったなあ。

Dscn5219jpgc

帰りは木曽川と長良川の中堤を走ることにしました。ここは一般車が通らないので、サイクリストの聖地みたいです。その入口付近に、木曽三川分流の碑があります。説明では、江戸時代まで木曽三川はこの付近一帯でで合流し、しかも降雨からこの付近での増水までの時間が異なるため、つねに氾濫していた。宝暦の治水でもそれは解消されなかった。

Dscn5227jpgc

明治政府はオランダの土木技師デ・レーケを招聘して、三川が河口まで合流しない分流を行ったそうです。その一つの工事がこの中堤です。

伊吹山が見えています。

Dscn5220jpgc

快適に下って東海大橋の下を潜ります。すると、グライダーの滑空場があります。1キロ程でしょうか、車のエンジンでグライダーの紐を巻き取って飛ばすようです。

Dscn5232jpgc

今日は大阪工業大学の航空部とかが来ていました。

Dscn5240jpgc

その下流に、今度は模型飛行機の飛行場がありました。

Dscn5248jpgc

この付近の木曽川はケレップと言って川の流れを妨げる施設が作られていて、堤防に加わる水圧を下げています。その施設が土木遺産に認定されています。これもデ・レーケの設計ですね。

Dscn5251jpgc

一寸判り難いかもしれませんが、この付近は10キロに渡って、中堤1本で木曽川と長良川が分流されています。上流を向いた写真で、左が長良川、右が木曽川です。

Dscn5258jpgc

木曽川には水鳥がきていました。

Dscn5264jpgc

渡し場跡

Dscn5244jpgc

名古屋駅の高層ビル群です。

Dscn5268jpgc

木曽三川公園が見えてきました。後方は鈴鹿山脈です。ゴールも近いですね。

Dscn5273jpgc

54キロ走って帰宅すると、足の筋肉が吊ってきました。情けない(泣)

 

 

2019年10月12日 (土)

帰国そして京都錦市場

2019年10月10日(木)

今日は朝飯抜きで帰国の準備です。フライトは15時40分位ですが、13時20分に迎えが来ます。それまでにダイビング機材などのパッキングを終えて、タイ料理のランチブッフェに行くつもりです(笑)。地元に人気の店だそうです。ホテルから徒歩5分です。

Dscn5153jpgc

ベトナム、チャモロ、中国、タイと食べましたが、皆同じようなものですね(-_-;)。

Dscn5152jpgc

グアムの空港からホテル街が見えます。遠くの岬は有名な恋人岬です。

Dscn5155jpgc

台風19号の上を飛んだ性か、飛行機は一寸揺れました。午後7時に関空に到着、Kさんの家には9時過ぎに帰りつきました。またKさん宅でご馳走になり、一泊させてもらいました。有難うございます。

2019年10月11日(金)

今日は京都へ寄って、錦市場で鱧を買おうと思いました。グアムで変なお土産を買っても喜ばれないので、この方が良いかなと。

日本橋から淡路乗り換えで阪急の烏丸駅へ着いたのが10時頃です。早速錦市場へ。

Dscn5157jpgc

私の住んでいる名古屋圏では、なかなか鱧を食べる習慣はありません。昔京都では鰻は高いので、鱧の照り焼きをご飯にまぶした「鱧まむし」が食べられていました。その鱧も今は鰻より高級魚かもしれませんが。その骨切りと共に、最近では有名になりましたね。

Dscn5176jpgc

鱧の照り焼き専門店でその照り焼きを買いました。

Dscn5175jpgc

そして、もう一品、だし巻きです。これも名古屋ではあまり無くて、玉子焼きになりますねえ。

Dscn5158jpgc

最近、新京極も外国人観光客で一杯です。特に中国人は目立ちますねえ。ここ錦天神でも、派手な衣装の若者たちが、写真を撮り合っていました。

Dscn5162jpgc

そんな彼らに食べ歩きで、お金を落としてもらおうと、ここも築地や黒門市場と同じく、食べ歩き賞品を並べています。

Dscn5177jpgc

京都人がびっくりするような新商品も開発されています。

Dscn5172jpgc

でもまだまだ新京極や錦は雰囲気ありますねえ。

Dscn5163jpgc

錦天満宮の鳥居は建物を貫いています。

Dscn5167jpgc

京揚げと鱧の子を買って、トンカツ食べて帰りました(笑)。

Dscn5178jpgc

お疲れ様でした。

 

 

グアム ダイビング再開

2019年10月9日(水)

今日は台風も離れたらしくダイビング再開です。でも外海は波荒く湾内のポイントです。まあ、外海に比べて湾内は透明度悪く、大きな魚も居ないでしょうが潜れないよりましです。

1本目はギャブギャブ2です。写真は南洋ツバメウオの群れ

Dscn5087jpgc

このポイントは昔来たとき、水中観光船の会社が餌付けをしていて、それ目当てにローニンアジなど大物が来ていました。でも今日は何もいません。聞けば、会社の経営状態が悪く餌付けしてないとか。ハナビラクマノミの親子。

Dscn5095jpgc

2本目はフィンガーリーフだったか。セグロチョウチョウオ。

Dscn5114jpgc

グアムの海洋大学がサンゴの再生実験をしていました。サンゴは水温が30度を超えると、共生する褐虫藻が逃げ出すため、光合成による栄養補給ができないとかで死滅するそうです。そういえばここは水温30度ですね。

Dscn5112jpgc

Dscn5123jpgc

上はアネモネフィッシュ、下はタテジマキンチャクダイです。

Dscn5120jpgc

帰りに変な船が居ました。イージス艦?

Dscn5131jpgc

夕食は近くの別の中華料理店に行きました。ベトナム料理店の隣です。

Dscn5078jpgc

ここは1品10ドル以下が多く、いろいろ頼めるので気に入りました。

Dscn5137jpgc

でも結局頼みすぎて余ってしまいます(笑)。でもこの店は残りの持ち帰りを快くやってくれて、ホテルの部屋でゆっくり食べました。今度グアムへ来たらまた行きたいですね。

Dscn5147jpgc

明日はいよいよ帰国です。

 

 

 

グアムの休日

2019年10月8日(火)

今日は台風19号の影響でダイビングが中止です。朝、のんびり起きて朝食です。昨日はレストランの朝食が食べきれなかったので、またABCストアでカップ麺を買ってきました。

Dscn5028jpgc

韓国製のカップ麺が2ドル50と安いので買いましたが、スープがピリ辛で私の口には一寸合わない。日本製のカップ麺は5ドルもするのです。何故、日本製は高いのでしょうか?焼酎も高い。韓国のジンロは世界各国で安いのにね。

海で魚が見れないので、近くの水族館へ見に行きました。23ドルです。

Dscn5030jpgc

Dscn5032jpgc

Dscn5043jpgc

Dscn5040jpgc_20191012144601

こんな風に実際の海でも見れると良いんですが、みられませんねえ。

次にホテルとショップの中間ぐらいに有るグアムミュウジアムに行くことにしました。ガイドマップによると、バスを乗り継いで行けるようですが、1回一人4ドル、二人で乗り継ぐと16ドルです。タクシーでもそんなに変わらないだろうと思ってタクシーにしたら40ドルもかかってしまいました(泣)。チップも払ったからです。

Dscn5044jpgc

ここは何千年か前のチャモロの歴史が展示されているとか。入場料は15ドルでしたが、シニアシチズンは10ドルを見つけて二人で10ドル節約できました。立派な設備の割りに、見学者は殆ど居ません。でも、フィルムが終わるまで次の人は入れないそうで待たされました。

Dscn5049jpgc

10分ほどチャモロがグアム島に来るまでの映像を見た後展示物を観ます。良く解りません(笑)。

Dscn5051jpgc

最後は太平洋戦争の展示が少しありますが、日本軍という言葉は一切説明にありません。何故でしょう?サイパンではバンザイクリフ辺りの戦跡には一杯日本軍がでてきますが。

Dscn5055jpgc

出て、帰りはバスを使おうと、バス停のあるチャモロビレッジに来ました。写真は馬鹿でかいBBQ施設です。でも時刻になってもバスが来ませんでした。

Dscn5059jpgc

流しのタクシーなんか来そうにも無いので、地図で探して、近くのショッピングセンターまで15分ほど歩きました。そこにはチケット売り場があり、売り子の小母さんがホテルまでの乗り継ぎも教えてくれます。節約と運動のため、最初のバスでKマートまで行って歩くと言うと、15分~20分で歩けるよと言ってくれました。

Dscn5064jpgc

歩いています。

Dscn5067jpgc

今日は昼食を抜いて、夕食のチャモロ料理に備えました。料理コンクールで何度も入賞した料理人が作る、チャモロの創作料理とか。

Dscn5084jpgc

チャモロプレートを頼みましたが食べきれませんでした。

Dscn5081jpgc_20191012151401

明日は潜れそうですね。

 

 

 

グアム到着とダイビング初日

2019年10月6日(日)

チェジュ航空と言う韓国のLCCで10時10分のフライトです。LCCは第1ターミナルからバスで10分の第2ターミナルから出発です。10月のこの時期、グアムなんて空いているだろうと思ったら大間違い。若い男女や家族連れで満席でした。まあ一寸一杯飲んで出発です。

Dscn4981jpgc

グアム島は日本から南へ4時間のフライトで、時差は1時間。日本の14時はグアムで15時です。大きさは淡路島ほど。アメリカ合衆国の準州です。レンタカーで廻れば、半日で1周でします。

Guamjpgc

上の図で中央の空港へ午後3時頃着きますが、入国検査は厳しく、混んでいるので時間が掛かります。ESTAを取得していれば早いですが、ツアーだと最後の客が出て来るまで待つので、同じですね(笑)。

外に出ると、現地案内人が「台風が来ています。」という。台風19号発生と言うニュースは聞いていたが、自分に関係あるとは思っていなかった(-_-;)。サイパンの北50キロ辺りに居て、明日の夜辺りに最接近するという。ダイビングが心配。

夕食はホテル近くのベトナム料理。値段もリーズナブルで美味しいですが、量が多くて残しました。

Dscn4984jpgc

2019年10月7日(月)

ホテルはグランドプラザ。高級ホテルではないが、立地が良いので気に入っています。空は台風の接近を予言しています。

Dsc_0421jpgc

朝食はホテル1階の有名チャモロ料理店へ。アイランドを頼んだら、ホットケーキだった。大きくて食べきれない。

Dsc_0422jpgc

8時20分頃ショップが迎えに来て、車で30分ほどの港へ。下図左下の湾内がショップで港です。

Guamjpgc

30人位乗れそうなボートで出航。湾内は波静かです。

Dscn4990jpgc

外洋に出ると波が高くなりますが、なんとか外洋へ。そして図のタートルロックで1本目です。

Dscn4992jpgc

ウミガメも居ましたが、遠くて写真には写りません。カクレクマノミとアネモネフィッシュかな。

Dscn4996jpgc

ここは終わると船が迎えに来ます。荒れていると無理ですね。

Dscn4998jpgc

2本目は湾内です。帰りは波が高くなり、湾内に入るとほっとしました。

Dscn5009jpgc

Dscn5002jpgc

Dscn5006jpgc

上からスダレチョウチョウオ、スズメダイの仲間、ハナビラクマノミ。まあ、グアムの海はサイパンに一寸劣るような気がしますね。

1時半頃港に帰ってきて、簡単にログ付。お握りを一つ、ショップが準備してくれ、結局ホテルに帰ってきたのは3時過ぎかな。シャワーを浴びて、1階のABCストアで買った地元のお握りを肴に待望のビールを一杯。

Dscn5014jpgc

缶ビールは350ミリでは無く330ミリです。欧米はそうなのかな?6缶で6~7ドルと安いです。税金が安いのかな。現地のお握りはご飯がぱさぱさで不味いです。日本風お握りは1ヶ280円と高いです。

夕刻、ショップから明日のダイビングは中止との電話が入る。夕食は近くの中華料理店へ。ブッフェ方式だった。

Dscn5015jpgc

いろいろ食べた後、久しぶりにアイスクリームも腹いっぱい食べてみました(笑)。

Dscn5022jpgc

明日はどうしよう。

 

 

奈良公園から黒門市場

2019年10月5日(土)

明日、関西空港からグアムへ行くのですが、当日桑名を出ていては集合時間に合わないので、今日は大阪のKさん宅に泊めてもらいます。その前に一寸奈良へ。昼頃JR奈良駅に着きました。

Dscn4942jpgc

奈良も京都と同じく観光客多いですね。外国人も多いです。これは三条通。

Dscn4944jpgc

草鍋という料理が名物の店に入って、鶏の吸い物定食で昼食。

Dscn4945jpgc

食後、猿沢池へ。この辺りは、いつ見ても良い感じですね。

Dscn4949jpgc

奈良公園に入ると、鹿の様子が何か変。いつもは鹿せんべいをねだって、観光客の後を追いかけているのに、今日は寝ています。

Dscn4952jpgc

足元にはせんべいがころがっているのに見向きもしない。観光客が、口元までせんべいを持っていくが、そっぽを向いてしまう。中国人観光客が皆買ってやるので、もうお腹一杯なのです(笑)。せんべい売りの小母さんも笑っていました。鹿の主食は、木の芽や草で、せんべいはおやつですから。

国立博物館の仏像館に入りました。

Dscn4956jpgc

丁度、解説ボランティアのミニツアーがあり、40分ほど説明が聞けて、勉強になりました。この仏像館も、明治の有名な建築家片山東熊の作で奈良最初の洋風建築だそうです。京都国立博物館も設計しています。

Dscn4960jpgc

鹿の角切りが12日~ですが、今日です。台風で中止でしょうね。

Dscn4961jpgc

大阪へ来て、一寸、黒門市場を覗いて見ました。

Dscn4968jpgc

ここもすごい人ですね。でも市場ではなく、食べ歩き客のメッカになってますね。東京の築地もそうでしたね。

Dscn4969jpgc

明日はグアムに行きます。

 

 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

最近の写真

  • Ikeda02jpgc
  • Dscn8278jpgc
  • Dscn8253jpgc
  • Dscn8262jpgc
  • Dscn8256jpgc
  • Dscn8273jpgc
  • Dscn8267jpgc
  • Dscn8260jpgc
  • Dscn8290jpgc
  • Dscn8283jpgc
  • Dscn8294jpgc
  • Dscn8296jpgc