« 沖縄へ | トップページ | 慶良間2日目 »

2018年6月 6日 (水)

慶良間ダイビング初日

2018年5月30日(水)
朝食はカップ麺とジュースです。
Dscn1946とまりんへ行くとお笑いの「よしもと」が入居していました。
Dscn1949  10時発のフェリーは豪華客船のような新品でした。
Dscn1961 11時頃、慶良間に近づいたので、昼食弁当を食べました。着いたらすぐ潜る準備です。
Dscn1967 ほぼ1年ぶりの阿嘉島です。やっぱり海がきれい。11時半の入港です。
Dscn1969 12時半には1本目に出航しました。ポイントはコーラルウエー。
Dscn1972 ここはイソバナと水面すれすれのサンゴを見るポイントです。
Dscn1977
Dscn1978浅場の風景を眺めていたら、ネムリブカが出てきました。慌てて写真を撮りましたが、他の皆さんは気付かなかったようです。
Dscn1981Dscn1982小型ですがサメはサメ。かっこいいですねえ。私はもう老眼で細かいものは見えないし、やっぱり大きなもの、できれば自分より大きなものが見たいですねえ。
でも水面に揺らぐ、浅場のサンゴもきれいです。
Dscn1988  1本目はこの後、オニハタタテダイやアカヒメジの群れを見ながら終了。65分ほど潜りました。吉村さんのガイドは長いんです。他の短いショップの2倍くらい潜ります。
港に返って小休止後、2本目に出航しました。
コーラルウエイだったかな、一寸流れているポイントです。
ギンユゴイの群れを眺めています。
Dscn2028 Dscn2032 この後アカモンガラやカスミチョウチョウオが群れる水路を横断したのですが、一寸流れていたので元気よくキックしました。すると左太もも内側の筋肉が痙攣しかけました。
慌ててキックを止め、右足1本のキックで辿りつきました。
Dscn2044この筋肉は岩登りや水泳でも使うんですが、痙攣する癖が付いてしまったようです。
最近、どこの筋肉も、一寸通常と違う使い方をすると、すぐ痙攣するようになってきました。
歳の性ですかね。これではダイビングをしても、大物のポイントには行けませんねえ。
アラレフグ。非常に珍しいそうです。
Dscn2049  イソバナに群れるハナゴイの仲間たち。きれいですね。
Dscn2059他に見た魚はタテキン、グルクンの群れ、洞窟でアカマツカサ、上がり際にツバメウオでしょうか。そうそう、ウミウシも見たな。今回も60分越です。港へ帰って来たら4時半を廻っていたような。
シャワーを浴びて楽しい夕食。最近、那覇で修行していた息子さんが帰ってきて、食卓は料亭のような料理が並びます。
Dscn20842日目に続きます。
 
 

« 沖縄へ | トップページ | 慶良間2日目 »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄へ | トップページ | 慶良間2日目 »

最近の写真

  • Ikeda02jpgc
  • Dscn8278jpgc
  • Dscn8253jpgc
  • Dscn8262jpgc
  • Dscn8256jpgc
  • Dscn8273jpgc
  • Dscn8267jpgc
  • Dscn8260jpgc
  • Dscn8290jpgc
  • Dscn8283jpgc
  • Dscn8294jpgc
  • Dscn8296jpgc