« 上高地 | トップページ | 吉野山 »

2018年4月29日 (日)

八百津町五宝滝

先日タケノコ掘りに連れて貰ったとき、八百津町の街並みと五宝滝というのに心惹かれました。それで今回、一寸歩きにいってきました。
私は過って若い頃、愛知県の江南市に3年ほど住んでいました。その頃名鉄犬山線で通勤していましたが、帰りに乗り過ごして御嵩まで行くことがありました。
Yaotsu02_2その頃は広見線の明智駅から支線が出ていて八百津駅がありました。
現在は広見駅が新可児駅と名前が変わり、八百津線は廃線となりました。
2018年4月28日(土)
朝7時40分頃、名鉄名古屋駅から御嵩行きの準急に乗りました。
新可児駅で乗り換えますが、その際ICカードは、行先を告げて精算されます。
明智駅に8時49分に着くとバスが待っていました。八百津のファミリーセンターまで30分弱で結んでいます。旧八百津線の線路跡に沿って走っているようです。
Dscn2287
9時20分頃、ファミリーセンターに着きました。旧八百津駅は木曽川の対岸に有ったのですが、バスは八百津の中心部まで乗り入れています。
Yaotsu01
9時18分頃、ファミリーセンターを出発して役場方向へ。役場の手前を右折して北へ向かいます。国道418号線を横断して少し行くと大仙寺にぶつかります。
Dscn2296
大仙寺は鎌倉時代創建の禅宗のお寺で、剣聖宮本武蔵が修行したとも伝えられています。
Dscn2304
一寸お寺を拝見して、その手前を左折していくのが五宝滝への道です。9時32分頃です。
5分ほど歩くと、トンネルがありました。この上に大船神社があるようですが、パスしてトンネルを潜りました。
Dscn2307
この道は中部北陸自然歩道になっているようです。
15分ほど歩くと、県道83号線に合流して右折しますが、すぐまた左折して別れます。
五宝滝まで2キロの案内です。
Dscn2312
この辺り、先日タケノコ掘りの祭、車で通ったことを思い出しました。
5分ほどで、コミュニティバスの五宝滝入口のバス停がありますが、直進します。
Dscn2315
更に3分、9時55分に五宝滝の案内があり右折します。
Dscn2317
竹藪を抜けて5分ほど歩くと、先日きた五宝平自然園の入り口でした。
ここは素通りして直進します。
Dscn2320
10分ほど歩くと、五宝滝公園まで500mの案内です。
Dscn2324
更に5~6分、10時10分頃に五宝滝公園駐車場に到着しました。歩き始めて50分強でしょうか。公園や滝は、もう少し先のようです。
Dscn2327
近くに民宿があり、食堂もやっていました。ジビエ料理やまったけ料理などもメニューにありました。
Dscn2331
駐車場から10分ほどで、五宝滝めぐりの入り口に着きました。10時23分です。
Dscn2336
入って3分で案内があります。5箇所の滝を巡るようです。
Dscn2340
三の滝は小さかったのか目に入りませんでした。
これが目に入ってしまうのです。上が一の滝、下が二の滝でした。
Dscn2346
登途中に東屋があり、足の悪い人でも、ここまでなら、なんとか来られそうです。
Dscn2348
ここで弁当食べて引き返そうかと思いましたが、せっかくなので登ることにしました。
こんな感じです。
Dscn2353
滝つぼから見た二の滝と一の滝です。
Dscn2356
一の滝の上まで登ったのは10時45分頃です。赤い手すりの間から東屋が見えています。
Dscn2360
6~7分下って、武蔵が修行した円明の滝です。
Dscn2363
その一寸したが二天の滝です。武蔵の剣法は円明流とか二天一流とか言いますからね。
Dscn2366
滝巡りはここまでで、ここからは遊歩道で元に帰ります。
Dscn2371
11時08分に入口に戻ってきました。滝巡りに要した時間は45分ということになります。
もう少し時間がかかるかなと思っていたので、時間が余りました。
とりあえず公園のあづまやで休憩してお握りを食べました。
Dscn2377
でも10分ほどで出発して帰途に着きました。
Dscn2379
30分ほどで県道との分岐に帰ってきましたが、帰りはそのまま県道を歩いて八百津に向かうことにしました。
Dscn2384
県道沿いの味噌・醤油屋さんです。入口から奥まで線路が敷かれていました。
Dscn2385
この県道も昔は○○街道とか呼ばれたのでしょうね。一寸ネットで調べたのですが、八百津を通る街道というのは見当たりませんでした。八百津の黒瀬港は木曽川の海運では重要な港だったそうです。
川の街道は有っても、陸の街道には繋がっていないのかな(笑)。
12時ちょっと前、大船神社の県道側入口に帰ってきました。
Dscn2386
今度はお賽銭もあげて、きちんとお参りしました。
写真は神殿の前から参道側を見ています。
Dscn2392
八百津の街中に入ってきました。道端の不動明王です。
Dscn2395
造り酒屋さんは2軒あるようです。
Dscn2399
栗きんとんのお店は10軒近くあるようです。でも、季節外れかなと思って入りませんでした。
Dscn2406
港町のほうへ来てみました。神社と灯台があるようでした。蘇水峡は、もう少し上流らしい。
Dscn2403
もう一軒の造り酒屋さんで、濁り酒を買いました。
Dscn2408
大黒屋という食堂で一寸一休み。
Dscn2411
そうそう、八百津町はユダヤ人をナチスの迫害から守った有名な外交官、杉原千畝の生誕地だそうです。人道の町として宣伝しています。
Dscn2412
今回行きませんでしたが人道の丘という場所に記念館もあるようです。
またバスに乗って帰りました。今回のウオーキングは17000歩ほどでした。
楽しかったです。
 
 

« 上高地 | トップページ | 吉野山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上高地 | トップページ | 吉野山 »

最近の写真

  • C
  • Dscn0955jpgc
  • Dscn0938jpgc_20240330153701
  • Dscn0951jpgc
  • Dscn0943jpgc_20240330153701
  • Dscn0946jpgc_20240330153701
  • Dscn0957jpgc
  • Dscn0960jpgc_20240330153701
  • Komonojpgc
  • Dscn0939jpgc
  • Dscn0963jpgc
  • Dscn0976jpgc