« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月13日 (火)

京都一周トレイル3回目最終日-2

峠から5分ほど下ると左手に嵯峨天皇の皇后の陵への参道があります。
そこの一角をお借りして弁当を食べることにしました。
Dscn9543
20分ほど休憩して、12時15分には出発しました。5分で鳥居本です。
ここは愛宕神社の参道で、一の鳥居があり、そのそばの鮎茶屋平野屋は400年の歴史だそうです。
Dscn9546
いずれにせよ、この辺りからは伝統的建物保存地区だそうです。
Dscn9547
トレイルはここから嵯峨野を抜け、天龍寺から渡月橋へ向かいます。
Takao02
6分ほどで化野念仏寺付近を通ります。
Dscn9556
祇王寺の門前を過ぎ、鳥居本から20分ほどで二尊院の門前です。
Dscn9566
落柿舎、常寂光寺と過ぎるあたりでは観光客も増えてきますが、まだまだこの辺りは静かな方です。ここでこれまで伏見稲荷大社から一緒だったAさんが、所用でリタイアしました。
完歩まで後2時間、後日歩いてください。
Dscn9570
12時50分過ぎにトロッコ嵐山駅付近に来ましたが、ここから一気に人が増えます。
12時55分、野々宮の竹林に来ましたが、もうここでは人混みになっています。
Dscn9581
日本人より外国人が多いようで、白人・黒人・黄色人種さまざまです。
野々宮神社の黒い鳥居も参拝客で一杯でした。
Dscn9589
13時12分、嵐電嵐山駅を通過。こんなに大勢の人どこから来るのだろうという感じです。
Dscn9599
13時18分、渡月橋を渡ってトイレ休憩しました。
Dscn9606
10分ほど休憩して出発、河原を通って阪急嵐山駅の前を13時32分に通過しました。
Dscn9611
一寸判り難いですが、5分で松尾山への登り口に着きます。細い道です。
Dscn9613
ここから200mの登りになります。これまで通ってきた道に比べれば、大したことの無い登りですが、一旦嵐山の観光に慣らされた身体には厳しい登りです。
Dscn9615
14時08分、登山口から30分で32番の巡回路分岐に到着し、一寸一息入れます。
Dscn9623
休んでいるとOさんが、ゆっくり先に歩いていると、一人で出発しました。
休憩後10分ほどで渡月橋が見えるベンチがあります。絶景です。
Dscn9624
Dscn9627
 
Dscn9629jpgc
その近くでトレイルはUターンして松尾山の頂上を経由して分岐へ戻ります。
Dscn9631
14時38分、もとの分岐へ戻ってきましたがAさんが居ません。
携帯へ電話しましたが電源が入っていない。
まあ、懇切丁寧な道標がいくつもあるので迷うはずもないし、先へ進んだのだろうと、我々も出かけることにしました。
一寸アップダウンのある道を西方寺に向けて進みます。
Dscn9642
25分ほど歩いて42番に来たとき、再度電話したら通じました。道標を見落として、Uターンせず、先に進んでしまったとか。急いで追いつくからとのこと、我々も休みながら少しづつ進むことにする。
 
43番と44番の間は展望が開けベンチもあります。
Dscn9652
15時52分に西方寺近くの車道に降りてきました。51番です。
分岐から1時間15分ほど掛かっていますが、実質では45分ほどの行程でしょう。
Dscn9663
すぐに西方寺の入り口ですが、当然締まっています。今は往復はがきで申し込まないと拝観できないお寺です。でも外の苔もきれいですね。
Dscn9671
鈴虫寺への道を過ぎ、松尾谷の椋木辺りでAさんが追い付いてきました。
Dscn9672
16時21分、阪急上桂駅に到着し、めでたく京都一周トレイルが終了しました。
皆さん、お疲れ様でした。
Dscn9673
後はお決まりの反省会を残すのみですが、今回は阪急で四条へ出るので、錦市場でお土産を買うことにしました。でもえらい人でした。
Dscn9676
皆さん、だし巻きや奈良漬けなどを買って、近くの居酒屋に入りました。
今日のビールは格別に美味いですね。
Dscn9681
 

京都一周トレイル3回目最終日

2018年3月11日(日)
今日は京都一周トレイル最終日で、高尾から清滝・嵐山を経て阪急上桂駅まで歩きます。
距離は15キロほどで、比較的楽な行程です。
Takao00
朝は7時半にユースホステルを出て、福王子のコンビニで弁当を買いました。
Dscn9449
今日から参加するメンバーが一人あり、JRバスで落ち合って8時40分頃槇の尾に着きました。
Dscn9452
槇の尾から京都一周トレイルに入り、清滝川へくだります。
Takao01
10分ほど川に沿って下ると神護寺の入り口があります。
Dscn9456
今日は急ぐ旅でもないので参詣することにします。神護寺は和気清麻呂が開設し、後に空海が入山した真言宗のお寺です。400段の石段を登るとようやく山門です。
Dscn9460
拝観料600円とかわらけ3枚を200円で買って入りました。子供の頃から良く来ていますが、その頃は無料だったような。
今日は金堂でご本尊の薬師如来を見ていると、お寺の方が説明にみえました。
Dscn9466
私は金堂から見た五大堂や毘沙門堂の銅板屋根の美しい景色が、子供の頃から好きでした。
Dscn9463
その後皆でかわらけ投げに行きました。
Dscn9471
子供の頃はもっと上手かったのですが、もうスナップが利かず駄目でした。
ここからは、これから歩く錦雲渓の眺望が素敵です。
Dscn9470
結局神護寺の参詣に1時間近く費やして、戻ってきたのは9時45分頃でした。
そこから5分ほどで橋を渡ります。清流が踊っています。
Dscn9480
川沿いの遊歩道をのんびり歩きます。北山杉もきれいです。
Dscn9483
20分弱で川を渡ると明るい広場があり、弁当に最適ですが今日はまだ時間的に早いので通り過ぎました。
Dscn9488
10時25分頃、川を離れて上に登り、舗装道路に合流しました。この道は、東海自然歩道・京都一周トレイル・丹波散策の道が重なっているようです。
Dscn9497
そこから10分ほどで清滝に到着し、10分ほど休憩しました。清滝は京都の避暑地で、愛宕神社の参道として栄えたそうです。今は寒村ですが。
Dscn9503
すぐに渡猿橋があり、渡ってすぐ河原に降りて、すぐの小さな橋でまた対岸に渡るのがトレイルです。
Dscn9505
でも、うっかりして河原に降りず、坂を登って清滝トンネルへ来てしまいました。そこでおかしいと気付いて引き返しました。15分の損失でした。
Dscn9514
この高雄から清滝を経て落合へ至る道は、子供の頃のハイキングコースで、当時は落合から山陰線の保津峡駅へ行って帰りました。
その保津峡駅は現在トロッコ保津峡駅になっています。
Dscn9518
30分弱で落合に到着しました。ここは保津川に清滝川が合流する、つまり2本の川が落ち合うので落合という地名です。11時26分です。
Dscn9528
トレイルはここから六丁峠を越えて嵯峨野へ向かいます。
登るにつれて保津川の景色がちらほら見えてきますが、15分ほど登ると絶景です。
Dscn9533
ズームにするとトロッコ保津峡駅が見え、トロッコ列車も来ていました。
Dscn9534
更に7分、落合から22分で六丁峠でした。標高は171m、落合からの標高差は100m一寸です。上をパークウエーが通っています。
Dscn9539
現在11時50分、午後へ続きます。
 

2018年3月12日 (月)

京都一周トレイル3回目初日-2

Ninose02_2
結局レストランに50分ほど居て、14時10分にレストランの前を通って出発しました。
この時点で足が吊ったメンバーはリタイアして、今夜の宿に向かいました。
10分ほど歩くと、京見峠からの道と合流しました。展望も良いです。70番。
Dscn9385_2
ここから、上の水峠を経て沢ノ池に向かいます。子供の頃何回か来た場所ですが、記憶は微かで、その頃は沢池と呼んでいました。
上の水峠を過ぎると、一瞬展望が開けますが、その辺りに単車の人が居ました。悪路大変ですね。14時50分頃です。
Dscn9396jpgcc_2
15時10分に沢池です。小休止して池の左側を進みます。
Dscn9406_2
もうここからは下りのみだよと言ったら登りがあって白い目で見られました。
インドの若者が二人歩いていました。
Dscn9407_2
台風で倒されたのでしょうか、倒木が目につきます。根がしっかり張れないのですね。
Dscn9410_2
15時45分、高尾に近づいてくると、きれいな北山杉の林が多くなり、目も楽しくなります。
Dscn9418
16時05分、高尾の槇の尾付近に出てきました。
Dscn9425
丁度うまい具合にバスが来て、宇多野ユースホステルがある福王子に向かいました。
宇多野ユースホステルはホテル並み以上に立派な施設です。
Dscn9430
また、堅苦しい制約も少なく、飲酒も食堂なら自由です。
特別食も注文出来て、皆さん大満足の様子でした。
Dscn9433
明日も元気に出発しましょう。
 

京都一周トレイル3回目初日-1

2018年3月10日(土)
京都一周トレイルの最終回、3回目の初日です。
今回は叡電二ノ瀬駅を出発して1日目は高雄まで16キロ、2日目は嵐山を経て阪急上桂駅まで15キロ、これで京都一周を完成します。
まず1日目です。
Ninose00
天気予報が二転三転して心配しましたが、行の新幹線の中から見た伊吹山は快晴です。
Dscn9300
9時25分に叡電二ノ瀬駅を出発しました。
Ninose01
駅を出て川沿いに歩き、踏切を渡って夜泣峠への登りに入ります。
Dscn9305
9時半頃踏切を渡り、30分の急登に一汗掻くと夜泣峠です。200mの登りです。
Dscn9310
眺望も無く向山に向かいます。20分で標高420mの向山山頂です。一寸休憩しました。
Dscn9317
今回の参加者は8名です。そのうち第1回から連続しての参加は私を含めて4名です。
5日間をフル参加するのは、なかなか難しいようです。本人または周囲の家族や親せきに、何かしらトラブルが起きて、参加できなくなります。
最近多いのは、孫を抱っこして腰を痛めるという事故です。この歳になると、自分は徐々に衰えるし、孫の体重はすぐ重くなります。それをわきまえずに、以前と同じように抱っこするとてき面に腰を痛めます。皆さん、注意しましょう。
向山から30分弱、10時50分頃、道標の52-3辺りにベンチがあり、展望も一寸開けます。
Dscn9326
そして山幸橋へ下りて来たのは、更に20分、11時10分頃です。
Dscn9333
ここで小休止して、車道に出ると、すぐ盗人谷への登り口です。11時20分。
Dscn9334
11時45分頃、59番付近の沢を渡ります。
Dscn9345
12時半頃人里に出ます。多分氷室の集落でしょう。一応64番の現在地に氷室と書かれています。
Dscn9359
氷室神社は12時40分頃、遥拝で済ませました。
Dscn9363
病み上がりで参加したメンバーが、この辺りで足が吊ったと薬を飲んでいます。
13時15分、京見峠と山の家はせがわの分岐に来ました。今回は山の家はせがわで昼食にしているので、京見峠には行かず、はせがわに向かいました。
途中大きなお地蔵さんがありました。
Dscn9375
13時20分、山の家はせがわに到着しました。こんな山の中なのに、よく流行っているレストランです。
Dscn9383
メニューはハンバーグセットが1200円、ビーフカレーが1000円とかです。
オーナーが焼き芋をくれたりして、アットホームな店です。
Dscn9380

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

最近の写真

  • Dscn0347jpgc_20240218131601
  • Dscn0358jpgc_20240218131601
  • Dscn0355jpgc_20240218131601
  • Dscn0376jpgc
  • Dscn0374jpgc_20240218131601
  • Dscn0377jpgc_20240218131601
  • Dscn0388jpgc
  • Gokasyoujpgc
  • Dscn0380jpgc
  • Oumijpgc
  • Dscn0414jpgc_20240218140401
  • Dscn0440jpgc