« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月13日 (火)

京都トレイル2回目2日

2018年2月11日(日)
今日は大原から叡電二ノ瀬までですが、昨日の17キロ比叡山越に比べると、距離も登りも半分ぐらいです。それでコースからは外れますが、大原散策と鞍馬寺の木の根道を加えることにしました。
Kyoto06
朝8時10分頃民宿を出ました。気持ちよい山里の風景です。
Dscn8599
日曜日だけ開いている朝市に寄りました。いろんなものが売られています。弁当を買い、お土産にしば漬けと鯖寿司を買いました。
Dscn8601
Dscn8602
コーヒーを飲んだりした後三千院に向かいました。三千院は天台宗の寺で1200年の歴史がありますが、寺領や名前はいろいろ変遷して、大原・三千院となったのは明治維新以後のことです。
25分ほどで三千院の門前に着きました。8時50分頃です。開門は9時からで、朝早く来た観光客が並んで居ます。人気ですねえ。我々は門前で記念写真だけ撮って寂光院に向かうことにしました。
Dscn8614
寂光院への道は大原女の小道とか、静かな道です。
Dscn8616
25分ほどで到着しました。ここは拝観することにしました。
Dscn8621
寂光院は清盛の娘で安徳天皇の母である建礼門院が、源平合戦で平家が滅んだ後、余生を送った寺だそうです。幼い安徳天皇を壇ノ浦で失った悲しみの余生が偲ばれる風情です。
Dscn8631
9時45分頃、寂光院を後にしました。
30分ほど山里の道を歩いて、10時18分、戸寺から来るトレイルの道と合流しました。
Dscn8644
江文峠到着は10時38分。一寸霙が降り始めました。すぐあがりました。
Dscn8651
北山杉の林を行きます。
Dscn8653
静原神社到着が11時12分。一寸参拝して休憩しました。静原は名前の通り静かな山里です。車の音も聞こえません。
Dscn8659
15分位休憩して、鞍馬へ向けて薬王坂へ向かいます。
急な登りを25分ほど、12時前に峠に到着しました。
Dscn8672
弁当を食べる雰囲気でもないので、そのまま鞍馬へ下りました。
20分ほどで鞍馬へ降りてきました。ここは木の芽煮が名物です。お土産に買いました。
Dscn8677
トレイルはここから直接二ノ瀬駅に向かいますが、それでは勿体ないので木の根道で貴船に向かうことにします。
Kyoto07
鞍馬寺門前が12時35分。
Dscn8678
ここから本殿まで標高差150mほど有りますが、途中まで100mほど登ってくれるケーブルカーがあります。乗車賃でなくお寺に200円寄付して、乗って見ました。
Dscn8682jpgc
多宝塔駅で降りて、その休憩所で弁当を頂きました。
13時30分頃本殿にお参りしました。
Dscn8686
本殿の広場から比叡山が見えます。あの山のはるか向こうから歩いてきたんだと思うと、よく歩いたなあと感慨無量です。
Dscn8692
13時33分。奥ノ院に向けて登り始めました。10分ほど登ると頂上ですが、そこに木の根道を有名にした根っこがあります。
Dscn8697
10分ほど下ると、牛若丸が天狗と修行した僧正ヶ谷です。
Dscn8702
更に5分で奥ノ院の魔王殿、そこから20分弱下ると貴船の里です。
Dscn8709
一寸疲れたので貴船神社は割愛して、二ノ瀬へ向かうことにしました。
川床料理で有名な貴船ですが、さすがに寒いので、それは無いでしょうね。
25分ほどで貴船口の駅です。14時47分。
Dscn8717
更に16分ほどで叡電二ノ瀬駅到着です。皆さんお疲れ様でした。
Dscn8722
後はお決まりの反省会です。また次回、3月10日に元気で歩きましょう。
Dscn8727

2018年2月12日 (月)

京都一周トレイル2回目初日

2018年2月10日(土)
今回は1泊2日で、1日目は銀閣寺道から比叡山を経て大原泊り、2日目は大原から鞍馬・貴船を経て叡山電鉄の二ノ瀬駅まで歩きました。
Kyoto01
京都へ向かう新幹線の車窓は米原付近で雪景色です。
Dscn8464
8時45分に銀閣寺道を出発しました。遠くに比叡山が見えます。遠いです。
Dscn8465
歩き始めて10分一寸で病院の傍を通って山に入ります。繁華街から15分で、こんな自然になるとは驚きです。
Dscn8468
それでは1枚目の地図です。
Kyoto02
最初のピーク、瓜生山へは9時55分、1時間10分かかりました。
Dscn8485
まだ雪はありません。でも比叡山は、まだまだはるか向こうに霞んでいます。
Dscn8489
瓜生山から1時間で石鳥居です。この一寸前から雪が出始めました。
Dscn8498
ここからトレイルは左折して沢に下ります。ところがその降り道が凍っていました。
Dscn8500
怖いのでここでアイゼンを付けました。慣れない人も居て時間がかかります。
私は先日買った4本爪アイゼンで装着も20秒です。
Dscn8499
その後も雪は有ったり無かったりです。沢を渡って登り返すと、水飲対陣跡碑です。
謂れはよく知りません。11時30分です。
Dscn8503
12時10分頃まで登ると雪が完全に道を覆い、凍結してきたので、一寸手前の雪の無い場所で昼食にしました。皆寒いので、早々に弁当を食べて、12時半には出発しました。
Dscn8507
15分で坂を登り切るとやどり地蔵さんがあり、更に5分でケーブル比叡駅です。
ここから地図は北山に変わります。
Dscn8516
Kyoto03
比叡山は標高848mですが、トレイルはその下の720~30m辺りを巻いて行きます。
昔のスキー場跡です。子供の頃に遊びに来ました。
Dscn8518
トレイル最高地点は、これから行く水井山794mです。はるか彼方に霞んでいます。
Dscn8519
ケーブル比叡駅から30分一寸、13時25分頃、ドライブウエーの上を橋で渡りました。
Dscn8526
左折して階段を下り、浄土院の前を左折して釈迦堂に向かいます。もう一度石段を下ると釈迦堂で、その右手を抜けて横川中堂へ向かいます。13時45分でした。
Dscn8536
この辺りは車道と並行しているようですが、雪道です。
Dscn8548
14時30分に玉体杉という、御所が見える場所に着き、小休止です。
千日回峰の行者は、ここで御所に向かい、玉体加持を行います。
Dscn8550
15分ほどで横高山の登り口に来ました。ここを右折すると横川中堂です。
Kyoto04
 
我々は直進して横高山767mに登ります。70~80mの登りですが傾斜がきつい。
Dscn8553
15分ほどで何とか登り切ると、一寸下って、今度は水井山の登りです。
水井山は794mで80m~90mの登りですが、これがまた急傾斜です。一寸バテ気味で20分近く掛かって、ようやく登りました。15時30分です。今回のメンバーは8人です。
Dscn8564
ここから大原の民宿は1時間はんでしょうか。なにせ600mほど下らなければなりません。
雪が深く、倒木も多くて、道ははかどりません。
Dscn8570
仰木峠到着は16時25分です。雪の状態の情報が不十分で、アイゼンでなく滑り止めを持ってきた人も居て、慎重に下っています。
Dscn8579
この後、19番の案内で道を間違えました。ここは左折してボーイスカウト道へ入るのがトレイルですが、直進して東海自然歩道へ入ってしまいました。
Dscn8584
そのまま大原の里へ着いたのは17時半になってしまいました。
Dscn8591
まあともかく、皆さん無事で、お風呂に入って、お鍋をつついて、明日に備えました。
お疲れ様でした。
Dscn8595

2018年2月 5日 (月)

石津御嶽

2018年2月5日(月)
4本爪の軽アイゼンを買ったので、そのテストがてら養老山脈の石津御嶽に登ってきました。
Isizuontake
9時前に駐車場に到着、9時5分に登り始めました。
Dscn8387
振り返ると揖斐川や遠く名古屋駅の高層ビル群も見えます。標高は80m位か。
Dscn8389
急坂を登って鳥居を潜り、更に100m登った所に網戸があり、そこが登山口。
Dscn8392
このルートは、これまで2.3回登っていますが、一人は初めて。冬も初めてです。
コースの記憶も微かです。
登り始めは感じの良い道です。雪はまだ無い。
Dscn8394
1合目が9時15分。2合目からすべて看板や石標があります。
3号目が9時35分。10分で1号の感じですね。雪が薄っすら。
Dscn8401
4合目は展望台になっています。9時40分です。
Dscn8407
場所により雪が出てきたのでアイゼンを付けました。
これまで6本爪ですが、もっと簡単な滑り止めは無いかと探していたら、なんとモンベルに有りました。街歩きの滑り止めでは強度的に心配ですが、モンベルならいいでしょうと思って買ってみました。
Dscn8409
装着も簡単です。これはグッドです。
Dscn8410
5合目からは雪が増え、7合目に着く頃はアイゼンの世界になりました。10時20分。
Dscn8423
10時50分に629mの三角点に来ました。
Dscn8432
2分で多度からの縦走路に合流し、そこから3分で御嶽神社です。
Dscn8437
参拝して5分ほど休憩しました。昼食と思いましたが、一寸時間も早いので、奥ノ院まで行くことにしました。夏場は20分の道のりです。
Dscn8439
やはり20分で到着しました。11時20分です。
Dscn8441
恋姫山はまだ40分ほど掛かるでしょう。ここで引き返すことにしました。
御嶽神社の近くまで帰ってきて、弁当を広げました。
Dscn8444
12時10分過ぎに出発して、30分一寸で5合目まで降りてきました。
ここでアイゼンを外して小休止しました。
Dscn8450
伊勢湾方向はなかなかの眺望です。
Dscn8453
13時30分に駐車場に降りてきました。
4本爪アイゼンの感想は、非常に良いです。滑り止めも十分だし、靴から外れることもありません。里山ならこれで充分だと思います。
帰り道に振り返ると、もう雪雲が覆っていました。山の天気は変わりやすいですねえ。
Dscn8462

« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »

最近の写真

  • Dscn0347jpgc_20240218131601
  • Dscn0358jpgc_20240218131601
  • Dscn0355jpgc_20240218131601
  • Dscn0376jpgc
  • Dscn0374jpgc_20240218131601
  • Dscn0377jpgc_20240218131601
  • Dscn0388jpgc
  • Gokasyoujpgc
  • Dscn0380jpgc
  • Oumijpgc
  • Dscn0414jpgc_20240218140401
  • Dscn0440jpgc