2022年4月29日 (金)

名古屋市最高峰

山友さんから、一寸だけ歩いて一杯飲もうと誘われて、名古屋市最高峰に登ってきました。名古屋市最高峰とは守山区と瀬戸市の境にある東谷山(とうごくさん)で、標高は198mです。

中央線の高蔵寺駅で愛知環状鉄道に乗り換え、一つ目の中水野駅で降りたのが11時46分です。駅前のローソンでお昼の弁当を買って、歩き始めたのが12時ごろです。

Dscn0658jpgc_20220429153401

ハイキングコースの案内もあります。

Dscn0657jpgc

コースはこんな感じです。

Toukokujpgc

水野川を渡ると、尾張戸神社(おわりべ)の石柱がありました。

Dscn0660jpgc

お地蔵さんの祠が有り、さるぼぼ?も居ました(笑)。

Dscn0663jpgc

12時20分頃、鳥居を潜ると、そこからは森の中の石段になりました。なかなかの自然豊かな参道です。

Dscn0669jpgc

10分ほど登って、急な石段の手前で小休止。

Dscn0670jpgc_20220429152801

5分ほど休んで、3分登ると、フルーツパークからの道が合流します。

Dscn0674jpgc

右折して3分で尾張戸神社到着です。そそてここが東谷山山頂です。

Dscn0676jpgc

境内には二つの展望所があります。瀬戸市側の南アルプスが見えそうな展望台。

Dscn0678jpgc

反対側の庄内川や高蔵寺入タウンが見える展望台です。いずれも雲でよく見えませんでした。

Dscn0682jpgc

ここで昼食、13時20分頃まで休憩しました。

Dscn0687jpgc

帰りはフルーツパーク側へ降りるつもりでしたが、早く反省会がしたいという声に押されて、高蔵寺駅に近い道を選びました(笑)。そこには古墳がありました。

Dscn0689jpgc

車も楽々通れる、良い道でした。

Dscn0692jpgc_20220429160901

20分ほどで団地に降りてきました。高蔵寺ニュータウンが見えます。

Dscn0696jpgc

白鳥古墳を見たりしながら14時頃、東谷橋を渡りました。対岸は春日井市です。

Dscn0699jpgc_20220429160501

振り返ると東谷山が見えます。

Dscn0702jpgc

名古屋市最高峰の旅は、これで尾張です。後はお楽しみの反省会。お疲れ様でした。

Dscn0706jpgc

 

 

 

 

2022年4月20日 (水)

熊野2日目 磯崎・猪ノ鼻の史跡を訪ねて

2022年4月17日(日)

今朝の散歩は贅沢にも七里御浜です。

Dscn0446jpgc_20220420150101

新宮方面に少し歩くと、日本最古の神社と言われる花の窟神社があります。

Dscn0451jpgc_20220420150101

ここで熊野街道伊勢路は浜街道と本宮道に分かれるのですが、神社の前の道標は、浜街道へ行かず本宮道へ行くよう勧めています。

Dscn0455jpgc

浜街道は波に攫われて命を落とす人もいて、危険なので本宮道を勧めたそうです。

さて今日は2年ぶりの紀伊半島みる観る探検隊で、「磯崎・猪ノ鼻の史跡を訪ねて」に参加します。

Isozaki01jpgc

熊野市駅の一つ尾鷲寄りの大泊駅が集合場所です。上の地図でお判りのように、ここは熊野街道伊勢路が通っています。波田須から大吹峠を越え大泊に下り、また松本峠を越えて木ノ本へ降るおなじみの熊野古道ルートです。

また磯崎港の反対側、井内浦は、私のダイビングのホームグラウンドだったので、よく通った場所です。今回行く猪ノ鼻は、どこかで聞いたことがあると思われたと思いますが、それは尾鷲の猪鼻水平道でしょう。馬越峠の巻き道です。今回は熊野の猪ノ鼻です。

9時に大泊駅に集合しました。

Dscn0486jpgc_20220420150101

今回は参加者21人、案内やスタッフの方が6人、27人で歩きます。このルートも昨日の赤倉街道と同じく、熊野あらけ隊の方が整備して頂いたそうです。

Isozaki02jpgc

案内役のMさんは、私と同じ年齢、長く大泊の区長を務められたとか、地域の生き字引みたいな人です。熊野参詣道で善根宿をやっていたとか言われていました。いろいろ手作りの資料で詳しく説明されます。

Dscn0490jpgc

この磯崎も過っては2500人ほど住民が居たそうですが、今は230人とか。時代の流れは凄いですね。9時半頃から歩き始めました。

Dscn0492jpgc

猪ノ鼻岬の方へ入っていくと、丁度対岸が鬼ヶ城で、日ごろは見ない、千畳敷が見えました。

Dscn0499jpgc

このときハプニングが。地元磯崎から参加されていたHさんが、参加者全員に「昆布寿司」を差し入れして頂きました。熊野はサンマ寿司が名物ですが、昆布寿司は初めてです。

Dscn0609jpgc

手間の掛かりそうな細い巻き寿司です。家に持って帰って、家内と食べましたが、美味でした。有難うございます。

道は岬を回る細い地道です。

Dscn0501jpgc

七里御浜を対岸から眺めながら歩きます。

Dscn0505jpgc

10時25分頃、炭焼窯の跡にきました。これは備長炭では無く黒炭だとか。窯の形状から判るそうです。

Dscn0510jpgc

10分後に猪ノ鼻灯台に到着しました。

Dscn0511jpgc

ここで有志だけ、50mほど下の磯へ降りすることになりました。私も急坂を下ってみました。写真の向こう側が、私のダイビングの井内浦です。懐かしい。

Dscn0518jpgc_20220420190101

25分ほどで登ってきました。さらに進むと、そこは猪ノ鼻城の城跡だそうです。ただ今は、第2次世界大戦のとき、陸軍の電波探知機が作られたそうで、城跡も破壊されたそうです。わずかに残った石積みの傍を歩きます。

Dscn0525jpgc_20220420190101

Mさんが、猪ノ鼻城の歴史を教えてくれます。1568年伊勢の北畠の軍が攻め込んで、猪ノ鼻城の合戦があったそうです。そのときの熊野川で猪ノ鼻城の城主であった方の子孫の方が、このツアーに参加されていたのには驚きました。

Dscn0529jpgc

11時45分に、七里御浜の見える絶景の広場に到着、昼食休憩となりました。ここでも「熊野あらけ隊」の女性お二人が、お菓子・果物・飲み物の接待をして頂きました。みんなが座るベンチも、手作りだそうです。

Dscn0536jpgc

ところで、ペリーの浦賀来航は1853年ですが、そのまえ、1791年にもアメリカの商船2隻がこの付近に現れていたそうで、そのときの記録が残っているそうで、その概要をMさんが説明してくれました。

Dscn0539jpgc_20220420192601

ゆっくり休憩して1時ごろ出発、すぐに戦時中に軍が作った道に入ります。この付近にも電波探知機が建設されたそうですが、ここのは空襲で破壊されたそうです。途中に防空壕の跡が残っていました。

Dscn0548jpgc

30分一寸で磯崎集落の近くに戻ってきました。

Dscn0551jpgc

坂を下って13時45分に海恵寺です。戦時中は小学校が軍に摂取され、ここで子供は勉強したとか。

Dscn0555jpgc

この後すぐ解散しました。この探検隊は、観光では判らない、地域の歴史や謂れを、深堀してくれるのでお気に入りです。そのあと私は、あらけ隊のOさんに、鬼ヶ城の入り口まで送ってもらいました。

今度は逆に、鬼ヶ城側から今日歩いた猪ノ鼻を見てみました。

Dscn0563jpgc_20220420193801

そしてそのまま、鬼ヶ城を1周することにしました。

Dscn0566jpgc_20220420193801

Dscn0570jpgc

波が高いと、一寸怖そうな場所もありますね。

Dscn0577jpgc_20220420194701

30分ほどで1周してきました。

Dscn0582jpgc

そこから20分ほどで熊野市駅です。

Dscn0585jpgc_20220420193801

サザエを買って帰ろうと、熊野市駅近くのスーパーを探したのですが、無かったので、紀伊長島で途中下車して買うことにしました。帰りの列車の中は、いつものように小宴を開きます(笑)。

Dscn0605jpgc_20220420193801

お土産のサザエは翌日のご馳走です。

Center_0001_burst20220418171300651_cover

お休みなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年4月19日 (火)

久しぶりの熊野 1日目は赤倉街道

「熊野あらけ隊」のOさんが、フェイスブックに赤倉街道を紹介されたとき、大いに興味を持ちました。紹介された地図がこれです。

Akakura04jpgc

これだけでは一寸判らないと思いますし、赤倉街道って何だろう思いますよね。そもそも〇〇街道と言うのは、〇〇へ行く街道と言う意味です。

例えば奥州街道は奥州へ行くために白河の関を目指す街道。日光街道は日光東照宮へ行く街道と言った具合です。所が赤倉は現在、特に何もありません。養魚場がある位です(笑)。その赤倉へ何のために行くの? と言うわけです。

でも私は12~13年前、下図の茶色のコースを歩きました。

Akakura05jpgcc

熊野市育生町尾川から絶景の大丹倉へ登り、赤倉へ降って、今度は一の水峠を越えて熊野市駅まで。そのとき、丹倉と赤倉の間に穴山関所跡というのがあり、その説明がありました。

P1070848jpgc

それによると、ここは過って熊野本宮へ通じる主要道だったというのです。そうでなければ関所なんて作りませんよね。そのことが頭の片隅に残っていたので、赤倉街道に興味を持ったのです。

現在、この地方の熊野街道は、花の窟神社から産田神社を通り、横垣峠・風伝峠を通る、いわゆる本宮道がガイドブックには紹介されています。でも、この穴山関所を通るのが主要道だったとすれば、どういうルートだったかと考えてみました。その結果が下図です。

Akakura03jpgc

説明には、木ノ本より一の水峠を越え、赤倉・丹倉を経て本宮に至るとあります。多分、丹倉から尾川へ降り、赤木を経て板屋で本宮道と合流したと考えるのが自然ですね。その木ノ本(熊野市駅付近)から一の水峠までの正しいルートが今回の赤倉街道らしいので。興味を持ったわけです。これはガイドブックに載っていない、重要な熊野古道だなと。

という訳で、Oさんにお願いして詳しく教えてもらって出かけることにしました。

2022年4月16日(土) 風は強いものの天気は晴れです。

桑名を8時25分発の南紀1号で、熊野市着は11時13分です。もう1時間早い列車があると良いんですが。

Dscn0259jpgc_20220419133901

オークワで弁当を買って、11時40分頃出発し、井戸川沿いに歩き始めました。

Dscn0263jpgc

まずは一乗寺と言うお寺を目指します。

Akakura02jpgc

15分弱で図のA地点に到着しましたが、折り返す道が細いので躊躇していました。たまたま地元の方が通りかかり、確認できたので助かりました。ここに道案内欲しいです。

Dscn0269jpgc_20220419133901

急な登りを登っていきます。

Dscn0270jpgc

5分で一乗寺らしきお寺の下にでたので登ってみました。

Dscn0272jpgc_20220419133901

でもそこは墓地で、お地蔵さんだけがありました。名前も龍泉寺でした。一条寺は更に上らしいので止めました。熊野市街が見えます。

Dscn0274jpgc_20220419133901

再度、道に戻りました。12時2分です。ここで一寸勘違いしていました。もらったイラストに、一乗寺の横に庚申書かれています。なので、庚申様と書かれています。なので庚申様を過ぎて右折と考えていました。でも実際は右折して山道に入ってから庚申様が有るのでした。危うく通り過ぎる所でした。一乗寺から1分でB地点、右折です。標高は50mほどです。

Dscn0280jpgc_20220419133901

こんな山道です。

Dscn0281jpgc_20220419133901

すぐ右手に庚申様があります。12時06分です。

Dscn0282jpgc_20220419140401

ここからは熊野あらけ隊さんの道案内や赤テープがあるので迷わないでしょう。でも棚田跡なので、水平な道は歩かず、登っていきましょう(笑)。

Dscn0284jpgc_20220419140401

庚申様から6分でC地点、最初の車道に出ました。

Dscn0289jpgc_20220419140401

横断して登りますが、あらけ隊さん、苦労がしのばれます。感謝。

Dscn0292jpgc

更に5分で、二つ目の車道横断、D地点にでます。

Dscn0295jpgc_20220419140401

車道を一寸右手に歩くと展望が開けています。鬼ヶ城や熊野灘が一望でした。

Dscn0297jpgc

登り始めるとすぐ石畳が現れてきました。

Dscn0302jpgc_20220419140401

5分ほど登ると、右手に炭焼き窯があります。完全に近い形で残っているのですね。

Dscn0308jpgc

石畳は更に続きます。

Dscn0309jpgc

炭焼き窯から15分弱、12時41分に第一ベンチに到着しました。標高は200mでしょう。

Dscn0313jpgc

5分ほど休憩して出発しました。ちらほら竹林に掛かるころ。地面にタケノコの皮が落ちています。イノシシが食べたのでしょうか。

Dscn0319jpgc

しばらく竹林が続きます。

Dscn0322jpgc_20220419142901

竹林を抜けると棚田の石垣が目立ちます。この石垣を見るたびに思うのですが、昔の人は小さな水田を作るために、よくこんな手間をかけて石垣を作ったなと。よほどお米は大事だったんだなと。

Dscn0327jpgc

ベンチから15分弱、13時03分にF地点、帰りの分岐点を通過しました。

Dscn0328jpgc

そこから5分でライオン広場です。名前の由来は、道にかぶさる枯れ木がライオンかな。

Dscn0334jpgc_20220419142901

その右奥に四角い石の台座のようなのが見えますね。何か有ったかもしれない。ここからまた、素晴らしい石畳が続きます。他の熊野古道にも、これほどの石畳は少ないですね。

Dscn0337jpgc

でも一寸道幅が狭いので、大名行列どは無くて。庶民だけが通る参詣道だったかも。石畳を5分ほど登ると、右手に桃太郎岩があります。流れてきた桃が二つに割れて、赤ん坊が生まれたのですね。

Dscn0342jpgc_20220419142901

柳生街道に有ったら十兵衛岩だなと思いました。そこから17~18分、13時33分に、今日の最高地点、西ノ峠H地点に着きました。標高は430mでしょう。

Dscn0351jpgc_20220419142901

そこから7分、一寸下り気味の水平な道を歩くと、今日の目的地、作業道広場でした。標高は420mかな。A地点から登り始めて1時間45分でした。

Dscn0355jpgc_20220419142901

ここにも立派なベンチが作られていたので、ゆっくり弁当を頂きました。

Dscn0358jpgc_20220419142901

一の水峠への道のりは、ここで半分位みたいですね。一寸覗いてみました。

Dscn0364jpgc

14時過ぎに出発して引き返しました。30分ほどでF地点・分岐に到着し、右折しました。特に迷う所も、危険な個所もなく、13分ほど歩くと小さな案内がありました。

Dscn0382jpgc_20220419150001

図のM地点だと池川方向へ行ってはいけないので、一寸迷ってkumanotrailの示す方向へ降りかけました。でも道が非常に悪いので、引き返して池川方向に進みました。10分ほどで車道に出ました。J地点だったようですね。14時56分です。

Dscn0386jpgc

Uターンして引き返します。次のK地点で車道から分かれるのですが、ここも一寸判りにくい。小さな案内に一乗寺と書かれていますが、見落としそうです。

Dscn0391jpgc

地道に入って下ると3分で展望台への案内があります。

Dscn0394jpgc

5~6分下ると展望台です。岩の上に苦心の場所が作られていました。

Dscn0397jpgc

絶景です。鬼ヶ城や明日行く予定の猪ノ鼻岬が指呼の間です。

Dscn0399jpgc

15分ほどで往復して引き返しました。20分ほど下ると苔の生えた舗装道路に出ました。15時38分。

Dscn0407jpgc

そこから10分で、行に分かれたB地点に戻ってきました。15時47分です。

Dscn0415jpgc

一乗寺の門札を見ていないので、疲れた足を引きずって見に行きました(笑)。

Dscn0417jpgc

引き返して最初のA地点に戻ってきたのが、15時59分。

Dscn0421jpgc_20220419154701

そこから12分か13分でイオンまで戻ってきました。お疲れさまでした。七里御浜へ出てきました。台風の影響か波が荒いですね。

Dscn0428jpgc_20220419154701

民宿に入ってひと風呂浴びて、またイオンに引き返して、食料を調達しました。獅子岩に月が掛かっています。

Dscn0433jpgc_20220419154701

一人寂しく夕食ですが、この時間もまた楽しい。

Dscn0435jpgc_20220419154701

月明かりに照らされた熊野灘を見ながら、夜は更けていきました。おやすみなさい。

Dscn0442jpgc_20220419154701

明日は紀伊半島みる観る探検隊に参加します。

 

 

 

 

2022年4月 5日 (火)

比叡山麓 坂本歩き後半

13時一寸前に西教寺を出て、日吉大社へ向かいます。ここも有名ですが、私が知っているのは、猿が神様のお使いだ位でした。途中の道端に千体地蔵さんがあります。比叡山に登れない人たちが付近一帯に小さな石仏を建立したのだとか。それが田畑の耕作で出てきたそうです。

Dscn9931jpgc

15分ほどで日吉大社東本宮に着きました。

Sakamoto03jpgc_20220405130301

でも空腹のため遥拝で済ませて昼食に向かいます。

Dscn9939jpgc

坂を下って10分弱で、お目当ての鶴喜そばに着きました。でも満員で並んでいます。人気なんですねえ。

Dscn9950jpgc

創業は1716年だそうで、建物も登録有形文化財です。近くに日吉そばという、ここも良さそうな蕎麦屋さんがあるんですが、ここはそんなに混んでいません。どこが違うか、一度食べ比べしたいものです(笑)。

Dscn0028jpgc_20220405131201

40分も待って、ようやく「おろし天ぷら蕎麦」にありつきました。その横は「そば前」です(笑)。

Dscn9951jpgc_20220405130301

満足して店を出ました。14時35分でした。午後は坂本ケーブルで比叡山に登り、無動寺や紀貫之の墓を見る予定でしたが、時間的にも体力的にも無理だろうということで、もう少し坂本を歩くことになりました。

付近の民家にはお地蔵さんのお堂が併設されています。これは全国的にも珍しいですね。

Dscn9957jpgc

天海大僧正の廟所である慈眼堂を見に行くことになりました。坂本、特に滋賀院の付近は穴太積みと言われる石垣が見事です。

Dscn9961jpgc_20220405130301

天海は家康・秀忠・家光の三代に仕え、信長の焼き討ちで荒廃した延暦寺の復興に力を尽くしました。

Dscn9968jpgc_20220405130301

庭には歴代の天台座主や桓武天皇・慈眼大師の墓碑や供養塔がありました。

Dscn9970jpgc

紫式部、和泉式部、清少納言などの供養塔もありました。ほかにもなにかあるかも。

Dscn9975jpgc

次に先ほど遥拝で済ませた日吉大社に向かいました。10分弱で着きます。西本宮の鳥居が珍しい形ですね。山王鳥居というそうです。

Dscn9986jpgc

先ほども書きましたが「猿がお使いです」。神猿と書いて「まさる」と読むそうです。魔が去る、勝る、ということで大事にされています。

Dscn9992jpgc

西本宮の楼門は重要文化財です。

Dscn9997jpgc_20220405132801

そして、その天井の四隅には神猿さんがおられます。

Dscn0004jpgc_20220405134301

ところで日吉大社には西本宮と東本宮があります。両本宮ともに本殿は国宝です。ご本尊ですが、東本宮が大山昨神で比叡山の山神様です。西本宮は大己貴神で奈良の三輪山の山神様です。

東本宮へ向かう風景

Dscn0006jpgc_20220405134301

東本宮の本殿、日吉造りといわれ国宝です。

Dscn0022jpgc

15時半ごろ日吉大社のお参りは終わりました。皆さん、お疲れでJR比叡坂本駅に向かいます。

Dscn0027jpgc_20220405134301

JRで京都駅に向かい、駅地下の居酒屋で反省会です。

Dscn0036jpgc_20220405134301

皆さんお疲れ様。次回は比叡山頂に向かいましょう。

 

 

2022年4月 4日 (月)

比叡山麓、坂本を歩く

山歩会のAさんの企画で坂本を歩いてきた。我々、京都生まれの人間は、比叡山や延暦寺は京都の山であり寺であると思っている。都の鬼門を守る山であり寺だから当然のことです。でも今回の里歩きで、比叡山や延暦寺は滋賀県だなあと、考えを変えた(笑)。

2022年4月2日(土)

9時半に京都駅に集合し、湖西線に乗った。昔、学生の頃、比良の山小屋に行くため、何回となく乗った線です。10時におごと温泉駅で下車。ここから安楽律院を目指します。総勢8名です。

Sakamoto01jpgc

上半分を拡大します。おごと温泉駅を出て、線路沿いに引き返します。だらだらと上り坂です。

Sakamoto02jpgc

15分ほど登りが続いたでしょうか、右折して湖西道路を高架で超えます。後方には懐かしい比良山脈南部の主峰、蓬莱山が見えます。まだ一寸雪が残っているようです。

Dscn9804jpgc

超えるとすぐ二股になり、左元三大師の文字が読めます。

Dscn9811jpgc_20220403183101

元三大師は延暦寺中興の祖と言われる。良源、慈恵大師とも呼ばれ、おみくじの元祖とも言われます。

375pxryogen1

その良源ゆかりの地千野(乳野)を通ります。

Dscn9814jpgc_20220403183101

この辺りは中部北陸自然歩道になっているようで、時々その道標があります。道は山の中に入っていきます。

Dscn9822jpgc_20220403183101

駅から1時間弱、11時過ぎに安楽律院の入り口に来ました。

平安京の鬼門を延暦寺が守ると言いましたが、その延暦寺の鬼門を守るのが飯室谷不動堂です。その飯室谷の別院が安楽律院で、厳しい戒律を守る僧たちが、ここで生活しました。

Dscn9833jpgc_20220403183101

昭和24年、放火により殆どの建物が焼失しました。最近ではNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」や「るろうに剣心」のロケ地として有名になった。

Dscn9827jpgc_20220403183101

跡地は、今なお1300年前の霊気を漂わせ、叡山のパワースポットとして、最近は訪れる人も多い。

Dscn9835jpgc_20220403183101

Dscn9838jpgc

また藤原定家の碑もある。

Dscn9844jpgc

11時23分に、ここを出た。山門の正面の階段を上ると、近道して飯室谷不動堂へ行けるが、Aさんは、その道はアップダウンがきついからと、元来た道を引き返して、車道で飯室谷へ向かった。11時40分に到着した。

Dscn9853jpgc

ここは叡山三魔所の一つと呼ばれるパワースポットです。横川中堂や元三大師堂へは、ここから登ります。魔所は魔物が出ると言う意味ではなく、清浄な地という意味だと、千日回峰をされた住職の大阿闍梨藤波源信さんが言われています。

ここから西教寺へ向かうのですが、Aさん今度は山道を選びました(笑)。

Dscn9859jpgc_20220404185201

一寸登って、切通しを超えていく、なかなか情緒のある道です。と思っていたら、荒れている部分もあって、一般観光客にはお勧めできない道ですね。

Dscn9867jpgc_20220404184801

15分ほどで車道に出てきました。

Sakamoto03jpgc

西教寺入り口までは10分弱ですが、その間にもたくさんの石仏や地蔵さんがあります。宅地開発の際に出てきたようです。

Dscn9872jpgc_20220404190001

西教寺門前には12時11分でした。

Dscn9874jpgc_20220404184801

西教寺は聖徳太子の創建と伝わりますが、一旦荒廃します。平安時代には天台宗の寺院となり、室町時代に真盛上人が入寺され、天台真盛宗の総本山となり、全国に末寺を持つに至ったそうです。

Dscn9908jpgc

小堀遠州作の客殿庭園

Dscn9917jpgc

境内からは琵琶湖の景色も素晴らしい。

Dscn9926jpgc

信長の叡山焼き討ちで西教寺も焼失したが、その復興に力を尽くしたのが明智光秀であった。

Dscn9919jpgc

したがって、本能寺の変の後、光秀が秀吉に敗れた後も、明智一族の菩提寺として西教寺に祀られている。

Dscn9903jpgc_20220404184801

いままで知らなかったのですが、立派な寺院で、皆感心しきりでした。

13時一寸前に寺を出ました。皆さん、空腹を訴えています。

ここで前半を終わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年3月16日 (水)

信州上田2日目真田の郷

昨日の夕方、上田城公園に行きましたが、今日は上田城ができる前まで真田氏の居城であったと言われる真田氏本城跡へ行きたいと思っています。

Dscn9455jpgc_20220316131301

2022年3月13日(日)

今日は単独行動なので朝7時のバスに乗ることにして早起きしました。上田駅は六文銭一色です。

Dscn9454jpgc

今日行きたい真田氏本城跡はバス停からも遠く、交通の便が悪いところです。自家用車なら簡単ですが。バスの旅人は幸村の郷でバスを降りて、電動アシストのレンタサイクルを借りるのが良いそうです。ただ今はコロナでレンタサイクルは休みだそうです。

Sanada01jpgc

本城跡は標高が890mらしく幸村の郷からだと200m以上登るみたいなので、考えた末、標高750m辺りの真田までバスに乗って、そこから歩くことにしました。7時35分に到着しました。

Dscn9460jpgc

真田バス停のすぐ上に山家神社があります。四阿山に奥宮があり、白山信仰の神社としても崇拝されたようです。

Dscn9463jpgc

また上田城の鬼門を守る神社として真田家代々の藩主に庇護されたようです。

Dscn9471jpgc

ここまでは良かったのですが、ここから真田家の菩提寺長谷寺への道が大変でした。急斜面なのです。

Dscn9475jpgc

真田氏本城は890mにあるので覚悟していたのですが、長谷寺はまだ平地だと勘違いしていました。実は870mに有るのでした。その途中の旗見石です。見晴らしが良く、攻めてくる敵の旗印を確かめたとか。

Dscn9479jpgc

15分ぐらいの登りで参道入り口にたどり着きました。車道に雪はありませんが、参道はこの有様です。滑るんです。

Dscn9483jpgc

入り口の石門が一寸変わっていますね。

Dscn9488jpgc

本堂の裏山に真田家の墓がありました。

Dscn9492jpgc_20220316134401

8時20分頃、長谷寺を後にしました。せっかく登ってきたのに、また下りますが仕方ありません。近道をすると、この有様です。

Dscn9499jpgc

県道4号線に入っても、どんどん下ります。結局100mも下ってしまいました。

Dscn9501jpgc_20220316134401

やっと半分来ました。

Dscn9503jpgc

30分一寸かかって本城への登り口に来ました。後500mです。

Dscn9508jpgc

100m登った所で道が二つに分かれます。

Dscn9509jpgc

とりあえず、展望コースへ。すぐに諏訪神社があります。昔は下の十林寺からこの諏訪神社へ登ってくるたて道という道が有ったようです。

Dscn9510jpgc

遠く上田駅方面でしょうか、眺めはなかなかです。

Dscn9513jpgc

登り口から13分で本城跡に着きました。ここまで乗用車なら入れます。

Dscn9515jpgc_20220316134401

ここが一応本城です。

Dscn9518jpgc_20220316134401

15分ぐらい、休憩したり、トイレに行ったりして、9時20分に出発しました。ちなみにトイレはシャワートイレでした(笑)。

一旦県道4号線に戻り、真田氏歴史館を目指します。9時40分頃県道を右折して、歴史館へ行きます。

Dscn9530jpgc_20220316140901

今日はここから2.5キロほど歩いて真田氏記念公園まで行き、近くの下原バス停で10時48分のバスに乗る予定です。歴史観到着が9時43分なので、まだ時間は充分余裕ありますが、万一を考えて歴史館や御屋敷公園はパスして、記念公園に直行することにしました。

Dscn9533jpgc

左のウオーキングコースを行きました。

Dscn9536jpgc

ウオーキングコースは田んぼの中の見晴らしの良い、気持ちの良い道です。

Dscn9537jpgc_20220316140801

でも街道歩きが好きな私としては一寸物足りない。やはり生活の匂いのする、集落の中を歩きたいので、一寸変更して、集落の中を歩きました。するとすぐ、信州特有の二人道祖神が。こういうのが無いと面白く無いですよね。

Dscn9538jpgc_20220316142301

途中で六角堂というのがあり一寸寄りました。

Dscn9543jpgc

中は見えませんでしたが、周囲にも良さそうな石仏が一杯。

Dscn9545jpgc_20220316140801

記念公園には10時20分に到着しました。

Dscn9549jpgc_20220316140801

でも思ったような公園ではありませんでした。真田氏発祥の地らしいのですが、ただ石碑があるだけで、ベンチも憩いの場もありませんでした。これなら御屋敷公園を見てきても良かったかも。

Dscn9551jpgc_20220316140801

近くに砥石城跡というのがあり、ここも真田氏ゆかりの城らしいのですが、勿論行く余裕はありません。一寸待って、48分のバスで上田駅へ戻りました。

昔、学生の頃、だから57~8年前かな、小諸の懐古園に行き、岸近き宿に登りて、濁り酒を飲んだ覚えがあります(笑)。せっかく上田まで来たので、もう一度懐古園へ行って、千曲川の眺めを見たくなったのです。

で、11時31分上田発のしなの鉄道で小諸に向かいました。小諸までは20分ほどで着きます。

Dscn9558jpgc

駅から懐古園は線路の下を潜ってすぐと覚えていたのですが、今は陸橋が架かっていました。5分で懐古園のシンボルの門です。

Dscn9559jpgc

庭園散策だけの200円券を買って入りました。1時間後の電車で篠ノ井へ向かう積もりです。今回、信州そばを食べそこなっているので、懐古園の手打ちそばは、のどから手が出る状態でしたが、諦めました(笑)。

Dscn9561jpgc

藤村記念館もパスです。

Dscn9565jpgc

水の手展望台までは5分ぐらいです。

Dscn9567jpgc

藤村の千曲川旅情の詩のレリーフもあります。

Dscn9568jpgc_20220316144201

展望台から見る千曲川の景色は懐かしさでいっぱいでした。

Dscn9571jpgc_20220316144201

これで満足して駅へ引き返しましたが、まだ少し時間がある。そこで小諸城の大手門と北国街道小諸宿の街並みを見ることにしました。

Dscn9581jpgc

大手門です。

Dscn9582jpgc

小諸宿の街並みです。

Dscn9589jpgc

小諸駅前の商店街です。

Dscn9596jpgc_20220316145701

歩いた軌跡はこんな風です。

Komoro01jpgc

12時55分小諸発で篠ノ井着が13時48分。

Dscn9599jpgc

14時12分発の特急しなので名古屋着が17時06分。

信州そばも食べられなかったけど、社内で一杯飲みながら帰る時間は、いつやっても楽しいですね。

Dscn9613jpgc

次は北国街道も計画しないといけないですね。

 

2022年3月15日 (火)

信州上田1日目塩田平

山歩会の企画で塩田平散策があり参加した。日帰りの企画で行程がきついので、私は単独で上田に泊まることにして、翌日は真田の郷を訪ねることにした。

2022年3月12日(土)

朝7時発のJR中央線しなの1号に乗る。これで篠ノ井まで行き、しなの鉄道に乗り換え上田へ。上田で上田電鉄に乗り換え塩田町で下車する。到着は11時29分。私は6時過ぎに家を出るので、5時間半ほどの行程です。まあのんびり飲みながら行きましょう。

Dscn9208jpgc

途中、上松付近の名勝「寝覚ノ床」です。

Dscn9204jpgc

塩尻を過ぎると車窓に北アルプスの白い峰が見えてきます。写真は松本を過ぎて、常念岳付近だと思います。

Dscn9217jpgc_20220315110501

篠ノ井線は明科を過ぎるとトンネルに入り北アルプスからは離れていきますが、トンネルを出ると、ほんの少しの間、後立山連峰の鹿島槍ヶ岳の双耳峰が見えます。

Dscn9217jpgc_20220315110501

そして姥捨駅を過ぎると、日本三大車窓の一つで善光寺平に千曲川が流れる大展望があります。写真は一寸ぼけてますけど。

Dscn9225jpgc

そうこうしているうちに篠ノ井に到着しました。しなの鉄道に乗り換えです。10時頃です。

Dscn9229jpgc

30分弱で上田駅到着です。上田城は真田家の居城で有名ですね。ここで乗り換え時間を利用してコンビニ丼で昼食です。信州そばのはずだったのに(笑)。

Dscn9237jpgc

上田電鉄に乗り換えて20分、目的の塩田町に11時29分の到着です。ここから下図のコースは10キロほどのウオーキングコースです。歩くだけなら3時間ぐらいでしょうが、見学を考えると5時間から6時間は欲しいところです。その後、また5時間かけて帰るのはきついですよね。

Siota01jpgc

で、最初の目的地、無言館までの2.5キロはタクシーを利用しました。

Dscn9246jpgc

無言館というのは不勉強で知りませんでしたが、戦没画学生の作品を集めた美術館でした。

Dscn9247jpgc

美術学校における卒業証書や戦地からの手紙など遺作とともにいろいろな展示があり、見どころは充分な美術館でした。

Dscn9251jpgc_20220315113301

無言館は高台にあり、前山寺までの道からも含めて、塩田平を一望する眺めは雄大です。写真は無言館付近から、烏帽子岳から浅間山の山々を眺めています。

Dscn9249jpgc

信濃デッサン館は休館中で、次は前山寺です。前山寺の創建は不明ですが、鎌倉時代には北条氏、戦国時代には武田信玄の庇護を受けた名刹です。その参道のエノキがすごい。樹齢500年以上でしょうか。

Dscn9271jpgc

その三重塔は国の重要文化財で、室町時代前期の建物です。

Dscn9280jpgc

前山寺から7~8分の所に塩田城址があります。鎌倉時代に作られ、武田信玄・真田昌之と変転するが、上田城ができて廃城となった。

Dscn9292jpgc

次の龍光院へ進む道は、まだ日陰に雪が残っていた。

Dscn9298jpgc

龍光院は塩田城の塩田北条氏の菩提寺です。

Dscn9302jpgc

その隣に塩田の館というのがあり、そこで信州そばを食べるのを楽しみにしていましたが、やっていませんでした(泣)。13時半頃です。

Dscn9308jpgc_20220315135301

塩野池というため池のそばを通って塩野神社に向かいます。塩野神社は式内社です。

Dscn9321jpgc

すぐ隣が中禅寺です。薬師堂は重文で、平泉の金色堂と同じ作りだそうです。平安時代の建立か。

Dscn9338jpgc_20220315135301

この辺りで14時頃、ここから次の北向き観音までは5キロ弱、歩いていては温泉に入る時間が無いので、ここもタクシーを呼んだ。北向観音到着は14時30分頃です。北向観音は長野市の善光寺と向かい合うように本堂が北を向いています。

Dscn9340jpgc

別所温泉にあり地の利も良いことから参詣者は多数です。境内からの眺めも素晴らしい。

Dscn9342jpgc

塩田平札所巡りというのが有るそうです。四国八十八札所の仏様を塩田平の21の寺院にお招きして、その21か寺を巡ることにより四国巡礼の代わりをするものです。その21か寺には、今日廻ってきた前山寺・龍光院・中禅寺なども含まれています。これから行く安楽寺には八十八札所のうち9か所の仏様が祀られています。

Dscn9356jpgc

そしてこの八角三重塔は国宝です。ここも参詣者が多いですね。

Dscn9366jpgc_20220315135301

この安楽寺から次の常楽寺へ向かう道は展望が素晴らしい。上信越の山々が素晴らしいです。

Dscn9370jpgc

最後の常楽寺は天台宗のお寺ですね。境内の松が素晴らしい。

Dscn9378jpgc

ここで今日の観光は終わりました。15時20分です。別所温泉駅を16時39分の電車に乗って、名古屋駅到着が9時21分です。それまで一時間一寸あるので温泉に行きます。常楽寺から別所温泉駅まで10分です。

Dscn9382jpgc

そのすぐ先にあいぞめの湯という日帰り温泉があります。

Dscn9383jpgc

ここでゆっくり汗を流しました。そして湯上りの一杯はたまりません。

Dscn9385jpgc_20220315143701

16時39分の電車で上田着が17時10分。ここで私は皆さんと別れました。ホテルに向かおうかと思ったのですが、まだ時間も早いので、駅から近い上田城址公園を見に行くことにしました。

Ueda01jpgc_20220315144201

上田市は真田幸村を観光資源にしています。だからどこへ行っても六文銭です。

Dscn9393jpgc_20220315144501

天神2丁目の交差点で、地元の若い女性に上田城へ行く道を尋ねました。二の丸通りを行くのが良いか、祝町大通りが良いか迷ったからです。彼女はしばらく考えて祝町を推薦したのでそっちへ向かいました。5分ぐらい歩いて駐車場が見えてきたころ、彼女が追いかけてきて、やっぱり二の丸が良いと言いに来ました。親切には感謝しましたが、もうここまで来たので、こっちから行くと断りました。女性は気の毒そうに去っていきました。

Dscn9397jpgc

駐車場からは急な階段を登らなければなりません。なので一寸敬遠されるのかな。

Dscn9404jpgc

5時半を過ぎ、そろそろ夕闇が迫ってくるなか、公園を一周しました。鬼門を意識して内堀の北東角を削っているのが珍しいですね。

Dscn9415jpgc

大手門です。

Dscn9421jpgc

大手門の中には真田神社があります。写真スポットです。

Dscn9430jpgc_20220315145801

Dscn9431jpgc

西櫓から上田駅方面

Dscn9434jpgc

帰りは彼女お勧めの二の丸通りを通って駅へ帰ってきました。18時20分。1時間一寸かかっていますね。

Dscn9439jpgc

ホテルはすぐ目の前です。チェックインして、夕食を考えました。本来、上田辺りは千曲川の川魚や佐久の鯉が名物かと思いますが、一寸季節外れ。かといって信州そばは夕食には向かない。ふと思いついたのが「美味たれ焼き鳥」です(笑)。

Dscn9240jpgc

なんか最近の上田名物だそうです。で、ホテルの地下の飲み屋さんへ。真田十勇士です。

Dscn9445jpgc

そしてうまたれ焼き鳥。これは旨かった(笑)。

Dscn9444jpgc

部屋に帰って、もう一杯飲んで寝ました。

Dscn9448jpgc

明日は真田の郷へ行こうと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年2月13日 (日)

東海道から伊勢街道へ

山仲間のNさんから「歩かないか」と誘われて歩いてきた。「飲まないか」と同意語だと思ったから(笑)。なので街道トレッキングではなくダイバー散歩に書いています。

コースは東海道四日市宿から日永追分で東海道と分かれて伊勢街道へ。神戸宿のあった鈴鹿市駅まで12キロほどです。

Yokkaiti04jpgc

2022年2月11日(金)

朝9時過ぎに近鉄四日市駅に集合しました。Nさんは、近鉄のあみま倶楽部アプリとかを入れて、スタンプを集めているそうです。以前ブームになったポケモンGOみたいなものですね。最近ではマンホールを探す奴もありますね。

近鉄四日市駅を9時18分に出て、旧東海道に入ったつもりが1本間違っていました(-_-;)

Yokkaiti01jpgc

でもまあ、すぐに旧東海道と合流しました。東海道の旗が立っています。

Dscn8890jpgc

近鉄線の下を潜ってあすなろう線に沿って進み始めると、一挙に車が多くなります。この道はいつ歩いても狭い道なのに車が多く苦労します。dでも四日市市は隣の鈴鹿市と違って、東海道の案内が親切です。

Dscn8892jpgc

街並みの感じは街道の面影があります。駅から30分ほどで鹿化川を渡りました。「かばけ川」と読むようですね。すぐに大宮神社があります。天照大御神を祀っている。

Dscn8897jpgc

10時丁度に天白川を渡った。鈴鹿山脈がきれいです。

Dscn8906jpgc_20220212145101

渡ると両聖寺というお寺があるが、その門前につんつく踊りの説明がある。

Dscn8909jpgc

そこからすぐに日永神社がある。たまには参詣することに。最近はおサイフケータイで小銭を使う機会は殆ど無いが、お賽銭だけはそうもいかないので小銭が要る。なんとかならないかなあ(笑)。

Dscn8911jpgc

この境内に追分道標があった。1656年に追分に建てられたが、1849年に現在の大きな道標が建てられた際、不要になって他へ移されたらしい。貴重な道標ですね。

Dscn8914jpgc

すぐ近くに東海道の総合案内図がありました。Nさんは日永一里塚跡のチェックポイントを探しています。

Dscn8920jpgc_20220212145101

日永は江戸時代団扇が有名で、東海道を歩く旅人がお土産に買っていったそうです。近年、需要が減少し、産業としては成り立たなくなっていると思いますが、技術の伝承はされているようです。

Dscn8921jpgc

一里塚跡はすぐ近くにありました。ここでアプリを開くとスタンプが押せるそうです。

Dscn8927jpgc

一里塚跡から5~6分歩くと街道名残の一本松があります。

Dscn8929jpgc_20220212152901

泊駅への入り口を過ぎ、10時35分頃、味噌・醤油の醸造元がありました。以前は販売店の建物も昔ながらで風情があったのですが、現代風の建物になって一寸寂しい。

Dscn8933jpgc

そこから5分で日永追分です。ここで東海道は右へ、伊勢街道は直進します。昔はあの鳥居を潜って伊勢神宮へ向かったそうです。

Dscn8935jpgc

ここで湧水を飲みながら10分ほど休憩しました。ここから伊勢街道に入ります。

Yokkaiti02jpgc

国道1号線の下を潜り、一路南下します。途中、コンビニでトイレ休憩。内部川の手前で右に旧道へ入ります。以前は内部川の旧橋を渡れましたが、今は渡れないので河原田橋を渡ります。渡って堤防を右折、旧道へ戻ります。11時25分です。

Dscn8951jpgc

旧道に入るとすぐ左手に大きな道標があります。宇治山田へ十七里とか刻まれています。

Dscn8953jpgc

道標から5分、11時33分に河原田神社の前に来ました。

Dscn8955jpgc

ここもお参りしていこうかと近づくと、本殿は100段ほどの階段の上にありました。階段の左側に坂道があり、明治の元勲が、そこで伊勢湾を眺めて帰るのを忘れたという「亡歸處」という高台の案内がありました。登ってみました。

Dscn8962jpgc_20220212190301

高台はこの本殿の上にあり、標高は41.6mです。

Dscn8968jpgc

景色も良く、風もなく、うららかなので、一寸持参の酒肴で一休みすることにしました。

Dscn8969jpgc_20220212190301

12時丁度に出発しました。また坂を下り街道に復帰します。15分ほど歩くと県道635号に出て横断し、その先のJRの踏切を渡ります。

Dscn8974jpgc_20220213110401

右折してその先の、先ほどの県道の下を潜ります。潜って右折すると高岡神社ですが、街道は直進して鈴鹿川の堤防に登ります。

Yokkaiti03jpgc

堤防に登り、その先の高岡橋を渡ります。渡って堤防道路を右折して、その先すぐの道を下らず、もう少し先の、常夜灯へ下るのが正解です。

Dscn8984jpgc

12時37分に常夜灯を通過しました。左側は住宅、右側は田んぼの道に入ります。住宅はすぐ途切れ、田んぼの中を進みます。15分ほどでまた集落が始まり、常夜灯があります。

Dscn8991jpgc

ここから7分、神戸の見附があります。神戸宿の入り口で、夜は木戸を閉めたそうです。

Dscn8996jpgc

梅が咲いていました。

Dscn8999jpgc

神戸宿へ入ると右側は宿場を忍ばせる家並みです。旅籠だった家もあるようです。13時03分。

Dscn9001jpgc

5分ほど歩くと近鉄の踏切です。鈴鹿市駅は渡って左ですが、一寸そのまま歩くと大橋という橋があります。

Dscn9004jpgc

渡ってすぐが札ノ辻で、昔は高札場もあったのでしょう。角の旅館も風情があります。

Dscn9007jpgc_20220213112501

ここで伊勢街道と別れて鈴鹿市駅に向かいました。13時12分。鈴鹿市駅はすぐそばです。

Dscn9012jpgc_20220213112501

ここからは若松乗り換えで四日市まで30分ほどです。そこで軽く反省会をして今日のウオーキングは終わりました。

Dscn9016jpgc_20220213112501

Nさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年2月 9日 (水)

蟹江街歩き

しばらく歩いてないので、どこか近場で探していたら、近鉄のあみま倶楽部の地図に蟹江があった。あみま倶楽部のてくてくまっぷでは唯一の愛知県です。我家のある長島と名古屋の中間ですが、近鉄蟹江駅は殆んど降りた記憶がありません。それで歩きにいってみました。マップのタイトルは「歴史と文学の息吹感じる水郷巡りコース」です。

Kaniejpgc

2022年2月8日(火)

今日は風もなくいい天気です。11時過ぎに近鉄蟹江駅に降り立ちました。どうも初めてでは無いかもしれませんが、記憶には全くありません。

Dscn8762jpgc

地下道を潜って線路の南側にでました。

Kaniejpg1

さびれた商店街みたいな通りを歩きます。親鸞聖人の腰掛石があるとまっぷに書かれていたので探しに行きましたが、見つかりませんでした。代わりにダイビングショップを見つけました(笑)。

Dscn8764jpgc

国道1号線を渡り、一寸右折してすぐ左折します。ここも過っての商店街の雰囲気です。お地蔵さんがありました。

Dscn8766jpgc

地名も船入とかで水郷に相応しいですね。

Dscn8768jpgc

右手の秋葉神社を過ぎて右折し、細い路地に入ります。何か大きな石碑が建っています。一つは忠魂碑、一つは河瀬佐太郎翁の碑でした。そばに地蔵堂がありました。

Dscn8773jpgc_20220209135501

蟹江川に出ました。水郷ですね。実際、蟹江には多くの川が流れ込んでいます。日光川、佐屋川、蟹江川、福田川、戸田川などです。公園になっているので弁当食べようかと思いましたが、まだ一寸早いので止めました。11時38分です。

Dscn8776jpgc

すぐ先の橋を渡って、すぐ堤防道路へ左折しました。まっぷの地図が橋を渡って、もう少し直進して左折に見えて、一寸迷いました。堤防を歩いて蟹江川を離れ、佐屋川に出た所を少し引き返すように右折すると、吉川英治句碑がありました。

Dscn8780jpgc

堤防の内側は海面下2m位かな。川の水面よりだいぶ下です。写真の左に見えるのは排水機場です。名古屋市の南側から蟹江・桑名にかけては、ずっと海面下の土地が続きます。過っては地盤沈下も多く、悩まされましたね。

水路に沿って歩きます。桜が植えられています。のんびりした良い道です。鵜が一杯いました。

Dscn8786jpgc_20220209142601

句碑から10分、12時04分頃、対岸にゴルフ練習場がありました。池の中へボールを打つのが珍しく、私もうちに来た覚えがあります。更に5分ほど歩くと鹿嶋神社がありました。ここの神社は参詣者が多いと見えて、境内も社務所も整備され、トイレもきれいに維持されています。

Dscn8790jpgc

お参りして境内で弁当休憩させてもらいました。弁当は例によってカップラーメンです。

Dscn8795jpgc

12時36分頃神社を出ました。すぐに国道1号線に出ますが、ここは下を潜ります。

Dscn8798jpgc

今度はまた蟹江川に出てさかのぼります。12時50分頃、近鉄の踏切を渡りました。手前には地蔵堂がありました。

Dscn8800jpgc_20220209142601

渡ってすぐ左折し、5分ほど歩くと、尾張中央道があります。手前右手に八幡神社があります。

Dscn8790jpgc

尾張中央道は下を潜りました。すると子供の森・文学遊歩道という公園があり、中に入りました。蟹江町というのは名古屋市に隣接し、でも影の薄い印象だったのですが、歩いてみると公園も多く、児童館が有ったり、子育てに力を入れているように感じました。

公園の中の太鼓橋を渡りました。

Dscn8811jpgc

渡って一寸迷いましたが、ともかく北の方角へ公園を出ました。

Kaniejpg2

道なりに歩いていくと、左手に尾張温泉病院があります。この辺り、大相撲ストリートと呼ぶらしく、歩道にお相撲さんの足型がたくさんあります。

Dscn8816jpgc

病院の前には足湯があり、何人か入っていました。無料のようですね。13時24分。

Dscn8820jpgc

もう少し北へ歩いて、尾張温泉の入り口道路を右折しました。尾張中央道の1本手前を右折してUターンのように戻ります。

Dscn8823jpgc_20220209150501

先ほどの足湯あたりまで南下し、尾張中央道を歩道橋で渡ります。渡ってすぐを左折すると学戸公園があり、通り抜けました。

Dscn8825jpgc

左折して、先ほどの尾張温泉口の通りまで戻って右折。すると、まちなか交流センターがありました。この辺で、何年か前、JRさわやかウオーキングか何かで、ここ歩いたなあと思い出しました。

Dscn8826jpgc_20220209150501

ここを左折、県道29号線をに出て右折し、また蟹江川を渡って川沿いを左折しました。13時57分に今度はJR関西線の踏切を渡りました。

Dscn8831jpgc_20220209150501

渡るとすぐ大きな蔵屋敷がありますが、これは山田酒造で、以前のウオーキングで見学・試飲しました。

Dscn8835jpgc_20220209150501

御葭橋という赤い橋があります。この橋は須成祭のときは中央部分が跳ね上がる設計だそうです。須成は地区名です。

Dscn8837jpgc

橋からすぐに須成祭りが行われる八剣社という神社がありました。お参りされていた地元のおばさんに、いろいろ教わりました。

Dscn8844jpgc_20220209150501

隣の常楽寺は重文十一面観音がご本尊で、木曾義仲・巴御前ゆかりの寺だそうです。

Dscn8853jpgc_20220209150501

14時25分頃、ここを出て、次の通りを右折して、JR蟹江駅方面に進みました。14時33分に踏切を渡りました。

Dscn8857jpgc

踏切の向こうに昭和食堂という居酒屋があり、一度来たことがあります(笑)。どんどん下って蟹江城址を目指します。その手前に、産業文化会館があり、この中に歴史資料館がありますが、前回来たこともあるので、今回はパスしました。

Dscn8862jpgc

そこから2~3分歩いた所に蟹江城址があります。室的時代に建てられ、戦国時代まであったそうです。14時45分。

Dscn8864jpgc

また蟹江川に出て南下します。蟹江神明社があります。

Dscn8873jpgc

そのまま川沿いを進むと、甘強酒造があります。みりんが有名です。その建物は有形文化財に指定されています。写真右の洋館です。

Dscn8876jpgc

少し下って、線路の手前を左折します。すると銭洗弁財天があります。富吉神社というそうですが、鎌倉の銭洗弁財天を勧請しているとか。硬貨を笊に入れて洗い、すぐに使うと効果が大きいそうです。蟹江城主の慰霊碑もありました。

Dscn8882jpgc

ここからは5分ほどで近鉄蟹江駅です。15時、7分に到着しました。特に大きな目玉があるわけでもありませんが、なにかと面白い1にちでした。

 

2021年10月17日 (日)

栂池自然園

2021年10月16日(土)

今日は栂池自然園に行きます。ここは標高1850mにある自然公園です。800m辺りの白馬村からゴンドラとロープウエーで登れます。これまで3~4回行っているかなという感じです。白馬岳からの下り、又は登りに利用するし、自然園単独でも楽しめます。

Nagano00

長野駅辺りから白馬へは国道406号線があります。一寸山道で辛いですが、高速で安曇野まで帰ると距離が2倍の110キロになります。運転のSさんにはご苦労ですが、406号線で白馬に向かいました。出発は8時15分です。

Dscn0322jpgc

国道は裾花川を遡り、裾花ダムを越えて鬼無里という里を越えて行きます。

Dscn0323jpgc

鬼無里というのは奈良でそういう名前の居酒屋があり、珍しい名前なので憶えていました。1時間位で峠を越え、多分白馬村側に入りました。白馬駅近くのJRの線路を越えたのは9時25分、そこから15分で栂池のゴンドラ乗り場に着きました。

Dscn0346jpgc_20211017194801

9時50分頃のゴンドラに乗りました。6人乗りです。麓は紅葉が始まったばかりです。標高は800m位でしょう。

Dscn0355jpgc_20211017194801

20分で終点で、5分程先のロープウエーに乗り換えます。

Dscn0358jpgc

ロープウエーは20分間隔ですが70人乗りとか。5分で着きます。標高は1800mです。10分程歩くと栂池自然園で、栂池小屋、栂池ヒュッテ、ビジターセンターなどがあります。

Dscn0366jpgc

入園はロープウエーの乗車券を見せれば無料です。10時40分頃です。

Tugaoke

自然園は4つのゾーンからなっていて、第4まで行くと一周に3時間半~4時間掛かります。第4の展望台からは白馬岳の大雪渓が眼前に見えます。でも今日は時間も無いので第2ゾーンまで。

Dscn0369jpgc

晴れていれば白馬岳や北側の小蓮華山や乗鞍岳が見えるはずですが、今日は雲の中です。

Dscn0377jpgc

第2ゾーンのワタスゲ湿原もシーズンオフで、この有様です。

Dscn0374jpgc

小さな池塘のワタスゲを寫してみました。

Dsc_9540jpgc

Dsc_9541jpgc

Dsc_9542jpgc

これで満足して帰りました(笑)。風穴です。

Dscn0382jpgc_20211017194801

1周して、一寸皆さんが返って来るまでお神酒を頂きました。

Dscn0385jpgc_20211017202001

12時のロープウエーに乗り、駐車場に着いたのは12時35分頃です。名古屋まではまだ4時間位かかるでしょうか。白馬三山が見えています。右端が杓子岳、次が白馬鑓ヶ岳、それと白馬岳を加えて白馬三山です。

Dscn0400jpgc

うその左、しばらくなだらかに続いて切れ落ちているのが不帰鹸です。そして唐松・五竜と後立山連邦が続きます。白馬駅の道路に温水パイプを埋めていました。観光客も安心して歩けますね。

Dscn0402jpgc

安曇野IC近くで昼食、かつ丼とラーメンのセットは一寸、食べ過ぎでした。

Dscn0403jpgc

安曇野ICから高速に乗ったのは14時45分位だったかな。駒ヶ根付近から南アルプスを見ています。

Dscn0405jpgc_20211017202001

恵那峡で小休止して、名古屋駅前に帰ってきたのは丁度6時でした。Sさん、本当にお疲れ様でした。

Dscn0408jpgc_20211017202001

 

 

 

 

«戸隠神社

最近の写真

  • Dscn0660jpgc
  • Dscn0657jpgc
  • Dscn0663jpgc
  • Dscn0669jpgc
  • Dscn0670jpgc_20220429152801
  • Dscn0678jpgc
  • Dscn0674jpgc
  • Dscn0676jpgc
  • Dscn0658jpgc_20220429153401
  • Toukokujpgc
  • Dscn0687jpgc
  • Dscn0689jpgc