2021年2月28日 (日)

碁盤石山

珍しい名前の山ですね。仙人が村人と碁を打ったという伝説があるそうです。愛知県の東北の端、設楽町に有って、標高1190mとそこそこの山ですが、頂上近くまで車で行けるので、ファミリー登山に最適な山です。それと我々ロートルにも(笑)。

Goban00jpgc

名古屋から猿投グリーンロード、足助から飯田街道で稲武へ、そこからR257かな?で名倉東納庫へ行きますが、道が解りにくかったです。名古屋駅前から2時間余りかかりました。

Goban02jpgc

上図下部の東納庫登山口には駐車場は有りません。近くの道路わきに1~2台置ける程度です。そこから少し行って碁盤石山林道に入ります。5分ほどで10台程度は置けそうなスペースがあります。第2登山口でしょうか。標高も1000mを越えています。

Dscn5865jpgc_20210228150401

登山道はよく整備され、付近のブナ林も素晴らしいです。

Dscn5867jpgc

10時10分過ぎに出発し、すぐ千尋岩です。

Dscn5870jpgc

15~6分で天狗の庭到着です。

Dscn5875jpgc

ここは眺望が良いです。西側です。伊吹山が見えると言っていますが、私には見えません(笑)

Dscn5877jpgc

東側は富士見岩があります。富士山が見えるそうですが、私には見えません(笑)。

Dscn5881jpgc

10時40分に出発して7分の登りで1180mのピークです。碁盤石山かと思いますが違います(笑)。

Dscn5884jpgc_20210228150401

40mほどでしょうか一旦下ります。雪が残っていました。美しい景色です。

Dscn5885jpgc

ピークから12~3分で碁盤石山山頂です。今日のメンバーです。左から2番目が今回のリーダーKさん。

P2270324jpgc

山頂は木々に覆われて眺望は有りませんが、冬枯れの木の間から南アルプスの白い峰が見えます。左端が北岳かな?そうすると右側は塩見とか赤石かな。

Dscn5894jpgc

帰りは同じ道を辿って40分ほどで降りてきました。帰路は稲武から恵那へ出ることにしました。途中、上矢作の道の駅で軽食。

Dscn5906jpgc

岩村城址の近くを通って恵那に出ました。瑞浪から中央道に乗って名古屋駅へ15時20分頃着きました。夜の時間には早いので、ノリタケの森へ。森村グループの勉強をしました。

Dscn5907jpgc_20210228153801

4時半頃から開いて居る串焼き屋さんで反省会。一寸密ですね。

Dscn5923jpgc

Dscn5919jpgc

久しぶりに名古屋駅近辺の夜景を見て癒されました(笑)。

Dscn5932jpgc

Dscn5935jpgc

Kさん有難うございました。

 

 

 

 

 

 

2021年2月12日 (金)

荒神山観音と東海道石薬師宿

鈴鹿市歩き3回目です。今日は山仲間のHさんと、JR加佐登駅周辺を歩きました。個々には訪れたことがあるスポットなのですが、繋げて歩くとまた違った楽しみがありますね。

Koujinyamajpgc

11時一寸前に加佐登駅に降り立ちました。ここは東海道歩きで2回ほど通っていますが、JRで降りたのは初めてかもしれない。

Dscn5502jpgc

まず最初は白鳥湖のほとりにある荒神山観音を目指すのですが、駅前の道がややこしくて一寸判りません。近くの奥さんに浄安寺への道を訊いて歩き始めました。11時8分に到着。ここは木造釈迦如来像があるそうです。

Dscn5503jpgc

一寸お参りして先へ進みます。加佐登駐在所前の交差点が、ややこしい六叉路です。直進して県道に並行して進みます。

Dscn5508jpgc_20210212110201

六叉路から20分少々、11時40分頃、荒神山観音に到着しました。この観音様は眼病に効くとかで、春日局が深く信仰したとか。また、荒神山は浪曲「血煙荒神山」とかで吉良の仁吉などが出てきて有名です。三重四国八十八ヶ所にも入っているので、2年ほど前来て御朱印を頂きました。

Dscn5518jpgc

本堂の奥に吉良の仁吉の石碑があります。石碑の端が欠けているのは一部の参詣者が勝負事のお守りに盗っていったからだそうです。

Dscn5514jpgc_20210212141001

11時50分頃出発しました。5分も歩くと鈴鹿フラワーパークです。広い公園で、多くの家族連れや若者が来て、弁当を食べています。

Dscn5521jpgc_20210212110201

我々もここで弁当を広げることにしました。

Dscn5522jpgc

20分一寸休憩して出発しました。公園を抜けるのに5分以上掛かって12時半頃道に出ました。今度は白鳥湖の縁を歩いて、加佐登神社を目指します。

Dscn5525jpgc

10分ほどで神社の入り口に到着しました、神社の説明を見て初めて気が付きました。神社の裏手にある白鳥塚古墳は、日本武尊の墓所で、日本武尊の魂が死後白鳥となって故郷の大和方面に飛び去った故事にちなんで名づけられています。加佐登神社はその日本武尊をお祀りしているのですね。

Dscn5537jpgc_20210212110201

丁寧にお参りした後、白鳥古墳へも行ってみることにしました。神社の手前に古墳への道が有り、5分ほどで到着します。

Dscn5547jpgc

13時頃、古墳の前を辞しましたが、適当な出口が見つからず、一寸畑の中を通らしてもらって道に出ました。次に向かうのは佐々木信綱記念館です。佐々木信綱は歌人で国学者、また作詞家としても有名で「夏は来ぬ」は代表作です。2~3キロありますが、途中に上田の石段と言うのがあります。謂れはよく知りません。

Dscn5551jpgc_20210212110201

この辺り田圃道で、蒲川の向こうに鈴鹿山脈南部の山々が薄っすら眺められる長閑な道です。

Dscn5553jpgc

記念館と生家は旧東海道、石薬師宿に有ります。13時47分に到着しました。展示室が工事中とかで、生家だけを見学しました。

Dscn5560jpgc_20210212144401

10分ほど見学して、今度は東海道を歩きました。7~8分歩くと国道1号線の上を渡りますが、渡った所が石薬師寺です。弘法大師が岩に刻んだという石薬師がご本尊で、結構有名なお寺です。

Dscn5570jpgc

源頼朝の弟、蒲範頼が戦勝祈願したとかで神社もあります。

Dscn5573jpgc

薬師の薄サクラは天然記念物です。

Dscn5577jpgc

14時18分に出て東海道を歩きます。5分でJR関西線の手前に石薬師の一里塚跡があります。この常夜灯はJRの車内からよく見えるので、私は通るたびに東海道歩きを思い出しています。

Dscn5581jpgc

JRの線路を潜ってすぐ右折して、線路沿いに行くのが旧東海道ですが、この先が街道は消滅しているそうです。2キロ程先に庄野宿がありますが、その手前まで無くなっているそうです。なので適当に道を選んで、出発した加佐登駅へ14時53分に帰ってきました。

ここから再度庄野宿がある方向へ出発し、踏切を渡り、コンクリート電柱の工場横を通って、10分弱で宿場の入り口へ到着しました。庄野宿は45番目の宿場で、広重の庄野の白雨は傑作として有名です。

Dscn5596jpgc

海道にはこのような坂道は無く、平坦な道なので、広重は街道近くの坂道をイメージして描いたらしく、その場所は未定みたいです。

Dscn5599jpgc

入口から5分ほど入った所に庄野宿資料館があります。ここの屋根瓦が桐の紋章で一寸珍しいですね。

Dscn5597jpgc

ここで本日のウオーキングは終了し、加佐登駅へ引き返しました。15時36分の列車に間に合わせるため、最後は走りました。何年振りかで走ったので疲れました。〆は四日市の旧東海道に帰ってきました。

Dscn5601jpgc

昼間から開いている居酒屋は桑名には余り無いのです。Hさん、お疲れ様でした。

Dscn5603jpgc_20210212151701

 

 

 

 

2021年1月30日 (土)

伊勢型紙と大黒屋光太夫

鈴鹿市ウオーキングの2回目です。今回は鈴鹿市でも海岸沿いの白子駅から歩き始めました。

Siroko02jpgc

2021年1月28日(木)

明日から日本中が強風に晒されそうなので、一寸曇り空ですが10時前に白子駅に降り立ちました。実はこの白子駅、降りるのは初めてかもしれません。珍しいので一寸駅表に行って観光案内所にはいってみたりしました。10時7分に駅裏(海側)に戻り歩き始めました。まずは駅から5分の伊勢型紙資料館へ来ました。

Dscn5307jpgc

資料館というので近代的な建物を想像していたので見落としそうになりました。江戸時代末期に建てられた寺尾家という伊勢型紙の製造から販売まで手掛けた屈指の型屋さんの家でした。

伊勢型紙は本来、着物の生地である反物を染めるための型紙です。貰ったパンフレットを一寸載せます。

Dscn5425jpgc

精巧に彫り抜かれた型紙を反物に当てて糊をおいて染めるわけです。小さな型紙なので1反を染め上げるのに何十回も繰り返す必要があります。まあ現在は着物を着る機会も亡くなったので、この型紙の需要も減り、繊細な技術の伝承が存亡の危機なのです。今はむしろ型紙という用途より、美術品の用途で生き残っていくのでしょうか。

Dscn5305jpgc

15分ほど見学して、今度は子安観音へ向かうことにしました。南に向かうとすぐに白子小学校があり、その校庭に白子代官所跡の案内がありました。紀州藩の代官所です。江戸時代白子は、伊勢街道の宿場であり、白子港も有って、重要な土地だったようです。

Dscn5308jpgc

すぐに神社があったので入ってみました。今歩いている道の1本海側が伊勢街道なので、そちらが正門のようでした。久留真神社という式内社です。説明に車総社とありましたが、語呂合わせでしょうか。

Dscn5316jpgc

そしてすぐ三叉路があり、海側から道が入りますが、その角に大きな石の道標があります。ここで伊勢街道が合流し、この先は伊勢街道になります。白子の伊勢街道は曲がり角が多く、旅人が迷うので建てられたそうです。

Dscn5318jpgc

道標から10分一寸歩いて右折すると子安観音があります。その手前のお寺の土塀に石臼が、いくつも埋め込まれているので眺めていると、近所の奥さんが謂れを説明してくれました。またこのお寺には高浜虚子の句碑が有るとも。

Dscn5325jpgc

子安観音は奈良時代の創建で真言宗のお寺です。伊勢街道にあり、三重四国八十八ヶ所にも入っているので何回か来ています。伊勢の浦に鼓の音がして網を打つと白衣の観音様が赤ん坊に背負われて現われた。その白衣観音がご本尊で、安産の神様として信仰されています。

Dscn5329jpgc

境内の不断桜は天然記念物です。近くの海岸は今も鼓ヶ浦と呼ばれ、近鉄の駅も鼓ヶ浦です。寺を出て、その鼓ヶ浦海水浴場にやってきました。今は静かな砂浜です。11時17分。

Dscn5342jpgc

海水浴場から12~3分歩くと白子港です。その一角に漁協直売所「魚魚鈴(ととりん)」があります。何か買おうと立ち寄ったのですが、めぼしいものは無くて買いませんでした。でも平日から、地元の人が買いに来ているので、お値打ちなのかも。

Dscn5350jpgc

Dscn5352jpgc

11時37分、新紅屋橋で堀切川を渡り、伊勢街道へ復帰しました。

Dscn5355jpgc

今度は逆に神戸宿方向に伊勢街道を辿ります。すぐ右手に、白子東町児童公園があり、その中に「旧河芸郡役所跡」の案内があった。明治にできて30年間存続したとか。

Dscn5361jpgc_20210129184801

この辺りの奥さんに伊勢街道のことを訊くと、私達は「塩浜街道」と呼んでいると言っていました。この先で神戸方面と塩浜方面に分れるからでしょう。でも塩浜街道は戦後できた名前だと思いますが。

Dscn5368jpgc

12時06分、江島神社に着きました。海上守護の神様として有名で、白子の廻船業者が奉納した絵馬が1600年頃から残っている。

Dscn5373jpgc

お昼時なので一寸お参りして、近くの江島公園へ弁当を食べに出かけました。すぐ海岸沿いです。

Dscn5380jpgc

20分ほどで弁当を食べて、12時35分に出発し、伊勢街道に復帰しました。江島神社の前に乾物屋さんがあり、一寸覗いて店のご主人と話したりしました。5分も歩くと伊勢街道は近鉄の踏切を渡って神戸宿へ向かいます。その角に六体地蔵さんがあります。

Dscn5384jpgc

地蔵さんの台座に六体の菩薩が刻まれているので六体地蔵と呼ぶようです。12時54分に向かい側の役行者の祠を見て、伊勢街道と別れて岸岡山展望台へ向かいました。

Siroko03jpgc

線路を渡り、岸岡台という団地の中を通って20分一寸で公園に着きました。デイキャンプもできる広場がある、標高50mほどの高台です。展望台があります。

Dscn5402jpgc

伊勢湾が見渡せる絶好の展望台です。市街地のすぐそばに、こんな絶景の展望台があるなんて素晴らしいですね。セントレアから伊良湖岬、神島から二見まで見えるのです。

Dscn5395jpgc

13時23分頃展望台を後にしました。千代崎駅方面に下りたいのですが、案内は無くて適当に下りました。一寸遠回りだったかもしれませんが大過なく、15分ほどで千代崎駅を通過しました。

金沢川に出て、県道6号線の千代崎橋で渡りました。渡ってすぐ右折して、大黒屋光太夫の慰霊碑を見に行きました。海岸の公園の防潮堤に光太夫漂流記の壁画が描かれていました。

Dscn5407jpgc

近くの墓地に光太夫以下、漂流した17人の慰霊碑がありました。

Dscn5410jpgc_20210130111401

外国屋光太夫は白子の廻船問屋の船頭で、1782年、江戸へ荷物を運ぶ途中で遭難し、アリュウシャン列島に流れ着いた。その後、サンクトペテルブルクに行き、ロシア皇帝エカテリーナⅡ世に拝謁し、帰国を許された。その後、日本との貿易を望むロシアの使節に伴われて帰国した。1792年。

慰霊碑から8分ほどの所に、一緒に帰国した小吉の菩提寺があった。

Dscn5413jpgc

菩提寺から更に5分、大黒屋光太夫記念館がある。

Dscn5416jpgc

ここに詳しく10年間の苦労が載っているが、帰国した光太夫は江戸城で将軍に拝謁し、そのご幕府お抱えとして江戸に住んだ。近くに開国曙光碑がある。

Dscn5419jpgc

ここで14時28分だった。ここから20分で伊勢若松駅です。そこにも光太夫の銅像があった。光太夫はここ若松村の生まれだったそうです。

Dscn5423jpgc

今日もなかなか面白い1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年1月22日 (金)

鈴鹿市ウオーク

三重県に住んで40年以上になるが、地元の北勢地区をあまり歩いていない。三重の歴史街道や三重四国八十八ヶ所、神宮125社など歩いたりしているので、結構いろんな所へ行ってはいるが、例えば鈴鹿市を歩こうとか思ったことがない。むしろ尾鷲にいこうとか熊野に行こうとか、南勢の方が多いかもしれない。

今回コロナもあって、近場を探してみた。すると鈴鹿市観光協会のホームページに、鈴鹿市の23ウオーキングコースというのを見つけた。その中の一つを今回歩いてみました。

Map02

地図はこれです。近鉄鈴鹿線の鈴鹿市駅発着のコースです。これを一寸アレンジして、JR関西線河曲(かわの)駅から逆回りで近鉄鈴鹿市駅までとしました。

Map01

2021年1月21日(木)

9時50分過ぎに河曲駅に到着しました。快晴です。鈴鹿山脈の主峰が眼前です。

Dscn5184jpgc

線路を渡って鈴鹿市考古博物館を目指します。地元の人に道を訊きながら歩きます。

Dscn5189jpgc

歩きだして20分ほどで博物館が見えました。良さそうな建物です。

Dscn5190jpgc

入館料200円ですが70歳以上無料ということでタダでした(笑)。コロナでウイークデイということも有ってか、見学者は私一人でした。別室でお母さんたちが集まって、何かやっているようでしたが。

Dscn5197jpgc

土器・埴輪などいろいろ展示されています。

Dscn5198jpgc

驚いたのは鈴鹿市に何百かの遺跡があるということです。また古寺の瓦もいろいろ有るようです。

Dscn5206jpgc

屋上は展望台になっていて、隣の国分寺跡がよくみえます。

Dscn5202jpgc

20分位見学して、隣の国分寺跡へ行ってみました。ここは礎石だけで何もありません(-_-;)

Dscn5209jpgc_20210122151101

10時50分頃、公園を後にしました。ここでも散歩中のご夫婦に道を訊きながら、菅原神社に向かいました。15分ほどで到着しました。

Dscn5217jpgc_20210122151101

菅原道真をお祀りした天満宮です。今年は丑年ですねえ。

Dscn5224jpgc

梅園の整備が進んでいて、三重県でも有数の名所だそうです。見頃は2月下旬から3月上旬とか。

Dscn5226jpgc

11時15分頃、今度は高岡城跡に向かいました。20分弱で高岡台団地の公園に来ました。向こうの丘の上に高岡城が有ったようです。

Dscn5229jpgc

公園から10分ほどで高岡城址登り口です。11時43分。

Dscn5232jpgc_20210122185301

6分登ると城址公園の入り口でした。高岡城は北畠氏の一門、神戸友盛の家老山路弾正が城主であった。弾正は智勇兼備の名将で、織田信長の攻撃をよく防いだなどの歴史がある。

Dscn5235jpgc

城跡としては何も残っていない。

Dscn5244jpgc_20210122185301

ただ、ここからは、これから歩く予定の鈴鹿市街が一望できます。

Dscn5239jpgc

11時50分頃なので、休憩所で昼食としました。今日は珍しく自家製弁当持参です。

Dscn5241jpgc

30分ほど休憩して、12時20分に出発しました。7分で麓の高岡神社に到着しました。

Dscn5248jpgc_20210122185301

主神は京都の貴船神社と同じ高龗の神なので、水の神様でしょうか。式内神社です。

Dscn5250jpgc

下って行って、JR関西線の踏切を渡りますが、ここは十何年か前に歩いた伊勢街道です。

Dscn5254jpgc

四日市の日永追分で東海道と別れた伊勢街道は、ここから神戸宿を経て白子へ行き、伊勢神宮を目指します。今日はこれからその伊勢街道で神戸宿まで歩きます。踏切を渡り、鈴鹿川の堤防に出ます。そして、高岡城址から見下ろしていた高岡橋を渡ります。

Dscn5261jpgc

橋の途中で振り返ると城跡の展望台が見えます。

Dscn5263jpgc

堤防を右折し、常夜燈のある場所で堤防を降りるのが伊勢街道です。12時50分です。

Dscn5268jpgc_20210122192701

堤防を降りて道なりに神戸宿を目指します。しばらく田圃道です。

Dscn5271jpgc

10分ほどで街に入り、更に10分歩くと神戸の見附です。13時14分。

Dscn5276jpgc

見附とはまあ宿場の入り口で、関所ではないが、夜間は門を閉めて出入りを禁じた。梅が咲いていました。

Dscn5280jpgc

ここから神戸宿ですが、やはりその面影は残っているようです。

Dscn5283jpgc

10分ほど町中を歩くと、踏切があります。左折すると鈴鹿市駅で今日はここまでです。

Dscn5287jpgc

近くの焼肉やさんに、時短の案内が貼ってありました。早く、思う存分営業できる日が来ることを祈ります。

Dscn5290jpgc

13時25分頃、鈴鹿市駅に到着しました。

Dscn5292jpgc

駅のコンビニで買った氷結を飲んで、今日は良しとしました。

Dscn5293jpgc

今日歩いた軌跡です。

Suzuka01jpgc

以前、東海道を歩いた時、四日市市や亀山市は街道の案内が親切なのに、鈴鹿市に入ると全く不親切で、鈴鹿市はホンダと鈴鹿サーキットしか頭に無いのかと思いました。でも、今回調べてみて、23のコースマップが有ったり、考古博物館も充実していて、文化にも力を入れていることが解りました。

後、2~3コースは歩いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

2021年1月14日 (木)

亀山 下庄

近場で歩く場所を探していたら亀山ウオーキングマップが目についた。亀山は東海道の宿場町なので何回かは歩いている。

Dscn5151jpgc

写真は多分関宿ですね。亀山駅周辺での東海道は駅の北側を通っています。このマップがそうです。

Idagawa

図の下側、鉄道沿いの道が東海道です。右上の能褒野神社は日本武尊を祀っていて、何回か行っています。私が目を付けたのは、もう1枚のマップ。亀山駅の南側の道です。

Simonosyou

南側は一度も歩いた事は無いし、中央の二つの神社に目がいきました。拡大します。

Simonosyoujpgcc

右上の「江神社、えのじんじゃ」と左上の「石神社」です。なんだか謂れありそうということで、下庄駅から二つの神社を見ながら亀山駅まで歩いてみることにしました。

2021年1月13日(水)

11時半頃下庄駅に着き、駅のベンチでお握りを食べ、11時40分には出発しました。

Dscn5076jpgc

しばらくは線路沿いに歩きます。

Kameyama03jpgc

梅が咲いているのかな。

Dscn5077jpgc

下庄の集落に入ってきました。狭い集落の中の道を歩きます。

Dscn5081jpgc_20210114152501

小さな集落の中に3軒もお寺があるみたいですね。これはその中の一つ、栄仙寺。

Dscn5083jpgc

少し山手に入った所に江神社の鳥居がありました。

Dscn5087jpgc_20210114152501

西暦927年に書かれた延喜式に載っているので、少なくとも1100年以上前から存在していた神社です。

Dscn5090jpgc

その他の謂れはあまり解っていないようですが、雨水や農耕の神様が祀られているようです。

Dscn5091jpgc

Dscn5092jpgc

参拝を終えて山を下り、12時半頃JRの踏切を渡って中庄町に入りました。

Dscn5095jpgc_20210114184201

ここにもお寺が2軒あります。昔はこれでお寺の経営が成り立っていたのでしょうか?

Dscn5100jpgc

中庄町を抜けて、今度は三寺町に向かいます。

Dscn5105jpgc

ここも鄙びた風情ですが、お寺は3軒あります。本当に過密ですね。しかも、真宗高田派の寺院は、各集落に必ずあります。

Dscn5108jpgc

石神社の遥拝所がありました。ここを右折です。

Dscn5111jpgc

石神社も山の中腹にあるようです。

Dscn5112jpgc_20210114184201

遥拝所から7分で入口まで登ってきました。

Dscn5114jpgc_20210114184201

石段が一旦谷に下って、また登っています。橋が架かっていないので雨水が心配ですね。

Dscn5115jpgc

ここも式内社なので1100年以上昔から存在するわけだが、石神社の名前の謂れは良く解らない。

Dscn5116jpgc

社殿の壁に、細かい字で詳しく書かれているのですが、読んでもよく解りませんでした(笑)。

Dscn5120jpgc_20210114190401

裏に廻って一寸本殿を写しました。

Dscn5119jpgc

13時20分頃下に降りてきました。

Dscn5125jpgc

ここから先は、特に見るべきものをマップには書いてありません。淡々と歩くのでしょう。歩道が無い道なのに車の往来が意外に激しく、中ノ川沿いの道に避難したりしながら、20分一寸歩いて県道28号線に出ました。角には田茂池がありました。

Dscn5128jpgc

ここからしばらくは意外にも登り坂でした。でも歩道が有ったので助かりました。

Dscn5130jpgc

途中には庚申塚が有った位で、ひたすら登りました。

Dscn5132jpgc

15分ほど登って14時頃、道はようやく下りになりました。

Dscn5136jpgc

14時18分に鈴鹿川を渡りました。

Dscn5139jpgc

渡るとすぐ踏切があります。これは亀山から津へ行く紀勢線の踏切。そしてすぐ四日市から亀山の関西線の踏切があります。14時22分です。24分に名古屋行が出るのですが、当然間に合いません。

Dscn5142jpgc

コンビニで缶ビールやおつまみを買ったりして、亀山駅到着は14時45分でした。

Dscn5147jpgc_20210114192201

亀山駅前は今、再開発の工事中です。完成は令和4年3月頃とか。楽しみですね。

2blockpers3

今日歩いた全体図です。

Kameyama01jpgc

 

 

 

 

2021年1月 7日 (木)

丹生峠

昨年12月に伊勢本街道を歩いていたとき、下のような石碑を見ました。

Dscn4955jpgc

丹生大師道と刻まれています。17年前に歩いた時も見ていたのですが、その時はそのままでした。今回は一寸気になったので調べてみました。丹生大師というのは神宮寺のことで、地域では有名なお寺です。和歌山別街道が通っていたりするので私も何回かお参りしています。

その丹生大師へ行く道だなと地形図を見ると、下図のようでした。

Nyu08jpgc

上端の丹生大師道石碑から下端の丹生大師まで道を辿ると、途中の丹生峠を越えて昔は道が有ったようです。現在は丹生峠付近で道は消えているようですが、冬場だし雑草も枯れているし、行けるかもしれないと歩いてみることにしました。正月やコロナで鈍った身体を蘇らせるのに良いかもしれません。

2021年1月5日(火)

朝9時半頃JR多気駅に着き、調べておいた多気町の町営バスに乗りました。相可駅やいろいろ経由して10時18分頃目的の丹生大師道石碑の近くの相場バス停に着きました。

Dscn4952jpgc_20210107112501

ここから3~4分で石碑の有る丹生大師道入口です。入口からは良い道があります。

Dscn4956jpgc_20210107112801

この日歩いた軌跡です。

Nyu02jpgc

大師道へ入って5分ほどで道は山に入りました。でもまだ下は舗装されています。

Dscn4959jpgc

更に5分、道が二股に分れましたが、早速ここで間違えました。正解は右ですが、左の舗装路へ入ってしまいました。幸いGPSで現在位置を調べすぐ気付いて引き返しました。

Dscn4962jpgc

5分か6分のロスで右に入ると、すぐ小さな道標石碑があり間違っていないと確信しました。刻まれた文字は一寸読めませんが。

Dscn4966jpgc

石標から6~7分歩くと、今度は大きな土砂崩れで道が無くなっていました。諦めて帰ろうかと思ったとき、中電の鉄塔点検路が下に向かっているのに気が付きました。点検路も土砂崩れのため、谷底へ迂回しているようです。その道で下へ降りて谷底を迂回しました。

Dscn4971jpgc

土砂崩れを下から見上げています。本来の道は上の方に有ったはずです。迂回した道には階段が作られていました。

Dscn4972jpgc

本来の道に復帰しました。少し登って沢も浅くなってきたころ、今度は道が不明瞭になってきました。小さな土砂崩れなどが頻発して、道が消えているようです。でも峠はもうすぐのはずと、道なき道を進みます。

Dscn4978jpgc

迂回した地点から15分位、11時一寸過ぎの状況です。

Dscn4980jpgc

更に7~8分、GPSで見て、この先が峠かなと思う辺りです・

Dscn4983jpgc

角を曲がると峠が見えました。ほっと一息です。

Dscn4986jpgc

11時15分、峠に到着です。相場バス停から1時間弱ですね。

Dscn4987jpgc

峠には小さな案内がありましたが、字が読めませんでした。

Dscn4989jpgc

峠からの降り道は良さそうなのでほっとしました。

Dscn4991jpgc

でもそうは問屋が卸しませんでした(笑)。竹林の道は倒木ならぬ倒竹で一杯でした。

Dscn4994jpgc

でもまあ、竹林は5分で抜けました。

Dscn4996jpgc_20210107140601

峠から15分で東名阪の下を潜りました。

Dscn4998jpgc_20210107140601

潜るとまた小さな案内があり、今度は伊勢本街道と書かれていました。

Dscn5000jpgc

先ほど峠で見た案内も多分同じ伊勢本街道と書かれているのでしょう。でも昨年12月に歩いた伊勢本街道との関係はどうなるんでしょう。一寸地図を開いてみます。

Nyu06jpgc

この地形から見ると、左の津留橋を渡って(昔は渡し船)きた旅人が、丹生大師にお参りして、再度伊勢街道に戻るときに通った街道だったかもしれませんね。

少し下ると視界が開け、丹生の里が見えてきました。

Dscn5002jpgc_20210107142401

丹生下村のバス停辺りに着いたのが11時45分。

Dscn5004jpgc

5分ほどで和歌山別街道の案内があります。熊野街道の野中から分かれて和歌山街道に合流する道ですが、JR佐奈駅前を通って、ここ丹生大師へ来ているのです。

Dscn5012jpgc

3分で丹生大師すなわち神宮寺の山門です。長らく修理で覆われていましたが、新しくきれいになりました。

Dscn5013jpgc

和歌山別街道は、この門前で右折していきます。大きな石標があります。

Dscn5014jpgc_20210107142401

神宮寺は隣接する丹生神社の神宮寺で、奈良時代末期開山の名刹です。丹生神社は奈良時代中期以前に遡る、由緒ある神社です。名前の丹生は水銀を意味します。日本全国、丹生の付く地名は多いですが、すべて水銀の産地です。

その丹生神社にまずお参りしました。

Dscn5017jpgc

Dscn5023jpgc

そして神宮寺本堂へ。弘法大師空海を祀っています。丹生大師も空海をさしています。

Dscn5033jpgc

Dscn5034jpgc

参拝の後、本堂の裏山に登ってみました。高台で丹生大師全景が拝めます。

Dscn5043jpgc_20210107151001

ここで昼食休憩としました。12時40分頃昼食を終え、さてどうするか考えました。門前から多気駅へ向かう町営バスが13時50分に出ます。まだ1時間以上あります。待っていてもしょうがないのでJRの栃原か佐奈駅へ歩く。

栃原へは5キロ弱、佐奈へは5キロ強です。時刻表では佐奈発14時01分です。前述の和歌山別街道を歩いて佐奈へ行くことにしました。一寸引き返して、例の案内があった道へ入ります。

Dscn5012jpgc

先ほど潜ってきた東名阪をまた潜って行く方向です。

Dscn5055jpgc_20210107151001

13時頃、東名阪を潜りました。

Dscn5058jpgc

この辺りには、良いお寺が3ケ所あります。近長谷寺、金剛座寺、普賢寺です。時間があれば寄りたい所です。

Dscn5059jpgc_20210107151001

歩くなら下図の緑の経路が良いでしょう。私も過って歩いたことがあります。

Nyu05jpgc

下の写真は赤線から青線の伊勢別街道を見ています。

Dscn5061jpgc

途中で伊勢別街道と合流します。ここからは佐奈駅まで伊勢別街道を歩きます。

Dscn5063jpgc

情緒ある街道です。

Dscn5065jpgc

佐奈駅の有る平谷の集落へ入ってきました。伊勢別街道と熊野道の分岐の石標です。

Dscn5068jpgc_20210107153801

平谷の集落です。

Dscn5069jpgc

13時48分、神宮寺から1時間10分弱で佐奈駅に到着しました。

Dscn5070jpgc

これ逃がすと次は17時19分。3時間以上無いんです。

Dscn5072jpgc

楽しい山旅でした。

 

 

 

今日は急ぐので赤線の最短距離を歩きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年12月27日 (日)

久しぶりに多度山

本当に何か月振りかに多度山に弁当食べに行ってきました。コロナは関係ないんですが、脊柱管狭窄症で腰への負担を掛けない方が良いかと思って止めていました。でもやっぱり週に一度位は登った方が良いかと思い直して出かけました。

師走も押し迫って駐車場には車少ないです。

Dscn4908jpgc

今日は多度山の一番ポピュラーな展望コースを登って、海の見える展望台で弁当食べて引き返します。

Tadojpgc

駐車場から15分ほどで第二見晴し台。ここで御嶽が見えれば最高です。でも今日は駄目。

Dscn4911jpgc

一寸上に、余り人が気付かない小さな神社があります。一寸お参り。

Dscn4915jpgc

中間点の第三見晴らし台を過ぎ、残り1キロ地点まで50分。

Dscn4917jpgc

頂上直下のパラグライダー施設です。飛び立つのて怖いだろうなあ。

Dscn4922jpgc

402mの展望台には高峰神社があり、千体地蔵が祀られています。

Dscn4924jpgc

いつも何人かは人が居る展望台ですが、今日は人影無し。

Dscn4926jpgc

ここまで若い頃は1時間を切っていたのですが、今日は1時間20分も掛かって登ってきました。でもまあ、登れたらいいか(笑)。

瀬音の森コースに入ります。日陰には雪も残っています。

Dsc_1474jpgc

多度峡から登ってきたと思われる男性が、途中土砂崩れで道が塞がっていると教えてくれた。海の見える展望台までは20分~25分。ここも人影は無かった。

Dsc_1484jpgc

今日の弁当はどん兵衛とお握り。

Dsc_1488jpgc

帰りは同じ道を引き返しました。日当たりの良い道をのんびり下るのは良い気分ですねえ(笑)。

Dscn4937jpgc

また行きましょう。

 

2020年11月23日 (月)

室生古道

3連休の中日に室生古道を歩いてきました。近鉄榛原駅から曽爾村へ向かう途中の高井から、仏隆寺を経て室生寺へ向かう8キロほどの道です。

Murou00jpgc

2020年11月22日(日)

榛原駅発10時35分のバスに乗りました。曽爾村のコミュニティバスみたいですね。高井まで4キロ程、この間は先日伊勢本街道で歩きました。高井のバス停を10時50分に出発しました。

Dscn3982jpgc_20201123131101

すぐに伊勢本街道が右に分れます。先日は右の坂を登って高井の千本杉方面に歩きました。今日は左です。

Dscn3984jpgc

すぐに一丁と刻まれた丁石がありました。

Dscn3985jpgc

高井は標高350mほど、仏隆寺は480mほどなので、道は舗装道路ですが、じわじわ登りです。

Dscn3986jpgc_20201123131101

20分ほどで十丁石を過ぎます。

Dscn3990jpgc

3分ほどで道標があります。右千体仏とありますが、伊勢本街道方面ですね。仏隆寺まで500mです。11時14分。

Dscn3992jpgc

11時23分に仏隆寺直下の駐車場に来ました。茅葺の地蔵堂があります。仏隆寺は長い石段の上ですが、現在は地蔵堂の右から車道を登って行きます。逆方向に室生寺という案内がありますが、それは車道で、室生古道は仏隆寺方向へ登ります。

Dscn3998jpgc

室生古道へ入る手前を100mほど左に入ると仏隆寺です。11時28分。

Dscn4002jpgc

室生寺の末寺で、空海の高弟堅恵の開設とか。その堅恵の墓と伝わる石室が重要文化財です。

Dscn4003jpgc Dscn4007jpgc

石室の内部です。奥に堅恵が座っているとか。

Dscn4010jpgc

20分ほど仏隆寺に居て、11時50分に室生寺への山道に入りました。役行者像がある唐戸峠まで150mほどの登りかなと思います。

Dscn4017jpgc

20分一寸の登りで立派な切通に出ました。もう峠は近そうです。

Dscn4021jpgc

切通から5分、12時16分に峠に出ました。

Dscn4023jpgc

左上に役行者が祀られています。室生寺は役行者の開山だそうです。

Dscn4025jpgc

右上に休憩所があります。ここで昼食休憩としました。

Dscn4029jpgc

ここから車道を左折すると4.5キロで室生寺と案内されていますが、右に一寸行くと展望が開け、晴れた日は大台ケ原まで見えるそうです。今日は一寸霞んでいました。

Dscn4033jpgc_20201123133901

12時40分に出発しました。ここから先は車道です。10分下ると池がありました。カトラ新池とか。

Dscn4039jpgc

更に25分で、ようこそ室生寺へと書かれた、金網の獣避けの扉がありました。

Dscn4045jpgc

入るとすぐ地蔵堂がありました。腰折れ地蔵さん。腰から下の病に功徳が有ると聞き、脊柱管狭窄症の快癒をお願いしました。

Dscn4048jpgc

ここから先が結構素朴な田舎道で風景も楽しめます。

Dscn4053jpgc

腰折れ地蔵さんから10分一寸、13時32分に西光寺の枝垂桜、立派ですねえ。春は見頃でしょうねえ。

Dscn4059jpgc

まだまだ気持ちの良い下りが続きます。

Dscn4066jpgc_20201123135801

道標に従って車道と別れて左折しました。室生公園を通って行く道のようです。紅葉がきれいです。でもパワースポットの龍穴神社へ行くなら右ですね。

Dscn4077jpgc_20201123135801

14時丁度、峠から1時間20分に室生寺の門前に着きました。一気に観光客の中に入り、慌ててマスクを付けました。

Dscn4085jpgc_20201123135801

室生寺はシャクナゲが有名ですが紅葉もきれいですね。

Dscn4094jpgc

でも大変な人出で、金堂にお参りするのも順番待ちです。

Dscn4103jpgc_20201123135801

一寸小ぶりな五重塔も立派に再建されてもう何年になるのかな。あいかわらずきれいです。

Dscn4106jpgc_20201123135801

五重塔の上の奥之院へ行くのは一寸大変です。知ってか知らずか、多勢の人が奥ノ院に向かいます。この石段が大変なんです。

Dscn4112jpgc_20201123135801

もう少しです。

Dscn4116jpgc_20201123135801

五重塔から12~13分の登りで奥ノ院に到着しました。ご褒美の絶景も待っています。皆さん元気ですね。

Dscn4123jpgc_20201123141701

下りの石段は慎重に下りましょう。下ってきて1時間に1本のバスで室生口大野へ向かいます。その道筋の土産物店でよもぎ餅をうっていますが、どこも人気で並んでいますね。

Dscn4138jpgc

多勢の人が室生口大野から近鉄で帰りますが、皆さん、向かい側の大阪行ホームに行ってしまいました。大阪から近いですもんね。

Dscn4145jpgc_20201123141701

我々は名張で降りて反省会、楽しかったですねえ。

Dscn4146jpgc

また行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年10月12日 (月)

弥陀ヶ原トレッキング2日目後半

2020年10月9日(金)

11時45分に弘法を出て、称名滝が見える大観台に向かいました。

Mida03jpgc

12時20分に大観台到着です。木道の場合、コースタイムは1時間10分なので、バス道は半分の時間ですね。

Dscn2757jpgc

今回のトレッキングの目的は、弥陀ヶ原の紅葉と称名滝を見ることだったので一応の目的は果たしました。

Dscn2761jpgc_20201012190201

地図を見ていると、ここから滝見台まで、バス道は曲がりくねって居ますが歩道はほぼ直線です。一寸ショートカットしようかと歩道にはいりました。

Dscn2767jpgc_20201012190201

始めの内好調でしたがひどいアップダウンになりました。バス道は谷を迂回していたのです。美味い話はありません(笑)。コースタイムは50分ですが、1時間一寸かかって滝見台にきました。13時26分です。10分ほど休憩しました。

Dscn2777jpgc

やっぱりショートカットはそれなりの無理があると諦めて、以後バス道を歩くことにしました。少し歩くと辺りにブナの巨木が多くなります。

Dscn2783jpgc

この辺りはブナ平と呼ぶようです。標高は1200m辺りです。滝見台から30分ほどの道端に仙洞杉という巨木があります。この付近最大の杉だそうです。

Dscn2790jpgc

仙洞杉から40分で美女平駅に帰ってきました。近くの石仏に無事完歩のお礼をしています。

Dscn2796jpgc

14時50分到着で、予定より1時間近く早く着きました。バス道に変えた影響ですね。

帰りの電車からは、行きと違って剣岳がよく見えていました。

Dscn2799jpgc

富山駅前のホテルに泊まり、居酒屋で反省会を開きました。お疲れ様でした。

Dscn2802jpgc

〆に富山名物ブラックラーメンを食べてみたのですが、一寸今一でした(笑)

Dscn2807jpgc_20201012192701

2020年10月10日(土)

金沢観光に来ました。金沢と言えば兼六園ですが、皆何回か来ているので、今回は一寸趣向を変えました。まず訪れたのが安江金箔工芸館。これが当たりで、結構勉強になりました。特に紙の重要性を認識しました。

Dscn2827jpgc

もう1軒行きたい資料館が有ったのですが時間切れで近江町市場へ昼食に出かけました。

Dscn2833jpgc

我々も海の幸で昼食です。

Dscn2835jpgc

後はお土産をいろいろ買って帰りました。ますの寿司、かまぼこ、ホタルイカ、昆布まき、甘海老・・・です(笑)

皆さん、お疲れ様でした。

 

 

弥陀ヶ原トレッキング2日目前半

弥陀ヶ原を下るトレッキングは何十年も前から一度歩きたいと思っていました。でもあまり深く調べもせず、単なる下りと考えていました。ところが実施するに当たり調べてみると、天狗平から弥陀ヶ原には新道と旧道があり、新道は景色も良く人気だが厳しい鎖場も有るということが解ってきました。相談の結果、せっかくだから新道を行くことになり、膝を痛めているHさんだけが旧道で、追分で落ち合うことになりました。

Mida02jpgc

2020年10月9日(金)

7時半に出発しました。

Dscn2642jpgc

昨日と同じく木道が整備されています。弥陀ヶ原まで5キロ、2時間半の案内があります。

Dscn2652jpgc

この獅子ヶ鼻コースは湿原を歩きます。池塘らしきものが無数にあるのですが、現地ではガキ田と呼んでいます。

Dscn2654jpgc

30分ほど歩いて振り返っています。立山連峰が見送ってくれます。

Dscn2657jpgc

代りに左手に薬師岳が見えてきます。薬師岳がこんなに近いとは思いませんでした。森林限界を越えて紅葉の世界に入ってきました。ナナカマド、カエデ、ダケカンバなどです。

Dscn2666jpgc

出発から1時間半、天狗平から3キロ辺りが獅子ヶ鼻で、ここから急な鎖場の下りになります。Dscn2679jpgc

Dscn2681jpgc

雨上がりの鎖場は滑って危険です。

Dscn2684jpgc

途中に有るのが獅子ヶ鼻岩のようです。

Dscn2686jpgc

上って来る人との行き違いもあったりして、全員が下りるのに30分近く掛かりました。

Dscn2695jpgc

下った分は登り返さないといけません。もう一つ谷を越えて、休憩所に着いたのは25分後の9時40分でした。小休止です。

Dscn2703jpgc

弥陀ヶ原バス停まで1.6キロの案内がありますが、我々はバス停へは向かわず、直接追分に向かいます。15分ほどでバス停との分岐です。

Dscn2715jpgc

左折せず直進して、追分着は10分後の10時18分でした。

Dscn2723jpgc_20201012145501

車道を横断し、すぐ木道に入ります。途中でHさんと合流して弘法のバス停を目指します。

Dscn2726jpgc_20201012144301

標高は1700m程度でしょうか、木道も樹林帯に入ってきました。紅葉はきれいですが、遠くの風景は見えなくなってきました。

Dscn2734jpgc_20201012144301

ところでこの木道ですが、滑りやすくて全員が何度も転びました。慎重に足を運ぶためスピードがでません。時速2キロが良い所でしょうか。これでは美女平に着く頃には日が暮れてしまいます。少し距離は長くなるが、安全なバス道を降ることにしました。七曲りのあたりです。

Dscn2735jpgc_20201012144301

これでスピードも上がって11時20分過ぎに弘法のバス停に着きました。

Dscn2746jpgc

ここの広場で昼食休憩としました。天狗平山荘さんの弁当はなかなか豪華です。

Dscn2747jpgc

25分ほど休憩して、バス道で大観台を目指します。称名滝が見えるはずです。

後半へ続く。

 

 

 

 

«弥陀ヶ原トレッキング

最近の写真

  • Goban00jpgc
  • P2270324jpgc
  • Goban02jpgc
  • Dscn5875jpgc
  • Dscn5870jpgc
  • Dscn5877jpgc
  • Dscn5885jpgc
  • Dscn5867jpgc
  • Dscn5865jpgc_20210228150401
  • Dscn5884jpgc_20210228150401
  • Dscn5881jpgc
  • Dscn5906jpgc