2020年9月13日 (日)

京都国立博物館

西国三十三所草創1300年記念「聖地をたずねて」- 西国三十三所の信仰と至宝 -

という特別展を見に京都へ行ってきました。ついでに東山南部にある今熊野観音・泉涌寺・東福寺を見てきました。

高速バスで京都の清水五条駅に10時頃着き、そこから徒歩で東山七条にある博物館へ向かいました。

Kyoutojpgc

京都へ来たなあと思わせるのは、こんな食堂の暖簾を見るときです。にしんそば、鍋焼きうどん、京都ですねえ(笑)

Dscn2080jpgc

方広寺の大仏殿の近くに有る耳塚です。秀吉の朝鮮出兵の名残です。

Dscn2083jpgc

博物館へは、ここを曲がります。

Dscn2098jpgc

博物館の中は撮影禁止です。いつもの事ですが。でも外国の博物館へ行くと有料で撮影できます。今回のような借り物は別かもしれませんねえ。それと木と紙で作られた日本の展示物は劣化しやすいこともあるでしょうね。

Dscn2092jpgc

今回の展示物は仏像、地獄絵、各寺の縁起絵巻、曼陀羅図、寺宝など盛りだくさんでした。展示図鑑が無いのですぐ記憶から消えますが、一幅の掛け軸に2体の菩薩が描かれた図が、すごく印象に残りました。名前忘れました(笑)。

1時間半位見て疲れました。西国三十三所は5年ほど前に一応すべて廻って御朱印を頂きました。京都府には10ヶ所有って、そのうち半分はこの東山近辺と市街にあります。

そのうちの一つ十五番の今熊野観音寺を午後から訪ねてみることにしました。博物館から南へ三十三間堂の前を通ります。通し矢で有名ですね。

Dscn2099jpgc

三十三間堂の向かいには関ヶ原合戦ゆかりの血天井で有名な養源院があります。

Dscn2101jpgc

今熊野辺りの中華食堂に入って昼食。昼食と言えば、なんとかの一つ覚えで、かつ丼か牛丼・焼きそばのどれかですね(笑)。

Dscn2102jpgc

新熊野神社の前を通って、泉涌寺道を入って行きます。

Dscn2104jpgc

泉涌寺は皇室ゆかりの寺で、歴代天皇が即位の報告に来られていますね。この門から先はすべて境内で、塔頭が数多くあります。

Dscn2105jpgc

今熊野観音寺もその塔頭の一つです。

Dscn2111jpgc

5年前に御朱印を貰いに来ているはずなんですが、どうも記憶がぼやけています。

Dscn2115jpgc_20200913131801

それより、ここは地図の青線が京都一周トレイルなので、去年も通っているのが印象深いですね。

Kyoutojpgc

泉涌寺は御寺と呼ばれる皇室ゆかりの真言宗の寺です。歴代天皇の葬儀も行われたそうです。この仏殿には運慶作の三如来が祀られ、探幽の天井絵などがあり見応え充分です。

Dscn2124jpgc

舎利殿と仏殿

Dscn2140jpgc

皇室縁の寺なので瓦や金具など至る所に菊のご紋章があります。

Dscn2137jpgc

近くには様々な御陵や墓所があります。

Dscn2143jpgc

勝手知ったトレイルの道を歩いて東福寺に向かいました。ここから東福寺の境内みたいです。

Dscn2146jpgc

東福寺は通天橋から見る紅葉で有名ですね。歩いていると明暗寺という塔頭を見つけました。虚無僧で「明暗」というのはここだったのですね。尺八の家元となっていました。

Dscn2148jpgc

東福寺へはこの橋を渡ります。趣ある木造建築のようです。臥雲橋だったかな?

Dscn2152jpgc

この橋から通天橋が見えます。紅葉の頃には素晴らしいでしょうね。

Dscn2153jpgc

東福寺は臨済宗の総本山ですが、その三門は国宝だそうです。

Dscn2163jpgc

三門の上には上がったことありませんが、こんな世界だそうです。

Dscn2167jpgc_20200913134401

そろそろバスの時間なので、JR東福寺駅に戻り、京都駅でお土産を買って帰りました。途中、東福寺駅の近くに伏見街道の橋げたという石がありました。

Dscn2179jpgc

今日の歩数は2万歩ぐらいでした。

 

 

2020年8月30日 (日)

四国ダイビング旅行 ダイビング編その2

2日目です。まずハナヒゲウツボ。

Dscn1566jpgc

その幼魚。色が黒いんだね。

Dscn1569jpgc

一寸ピンボケだけどエビとネジリンボウの共生を撮ってるんです(泣)

Dscn1617jpgc

これはヒレナガネジリンボウ。

Dscn1602jpgc

ハナシャコ

Dscn1653jpgc

ダテハゼ

Dscn1634jpgc

ヤシャハゼかな

Dscn1598jpgc

再びクマドリカエルアンコウ

Dscn1639jpgc

同じくカマス

Dscn1579jpgc

民家下あたりの風景です。2日目は終わり。

Dscn1657jpgc

続いて3日目です。まずはクダゴンベ。

Dscn1674jpgc

結構レア物のホタテツノハゼ。黒くてよく見えないけど。

Dscn1686jpgc

タツノオトシゴ

Dscn1701jpgc

モヨウフグかな、結構大きい。

Dscn1711jpgc_20200830151701

何かの幼魚なんだけど、判らない。

Dscn1715jpgc

どこにでも居るチョウチョウウオ。

Dscn1722jpgc

ヘラヤガラなど

Dscn1743jpgc

ワニゴチ、これも大きい。

Dscn1735jpgc

ミギマキ。久しぶりに熊野の魚を見た。

Dscn1745jpgc_20200830151701

ツユベラ幼魚

Dscn1749jpgc

まだまだ居たけど、切無いからこの辺で止めます。

アケボノハゼが居なくなってますね。勤崎の水深40m付近には居るらしい。

お疲れ様。

 

 

 

 

四国ダイビング旅行 ダイビング編

四国の地図を再掲します。

Henromapjpg1jpgc_20200830090401

左下、大月町の柏島はこんな感じです。

Dscn1771jpgc

手前が四国本島側で、方向としては西を向いて写している感じです。ポイントは後浜がメインで1番から7番位までブイがあります。その間に1.5とか2.5とかも有ります。手前の本島側にもいくつかポイントがあって、民家下とか呼ばれています。

今回は1日3本ずつ3日間、9本潜りましたが、大半は後浜です。台風8号が九州の西を通過していきましたが、特に問題なく潜れました。台風には強いですね。

柏島は近くを通る黒潮の影響をうけ、サンゴもあり、魚種も多く、またハゼ好きにはたまらないスポットですね。とりあえず見た魚を順不同で1日ごとに並べてみます。

ツバメウオ

Dscn1470jpgc_20200830135501

ホンソメワケベラにクリーニングされるコロダイ

Dscn1478jpgc

カンムリブダイ

Dscn1484jpgc

カマスの群れ

Dscn1492jpgc

ハナダイなど

Dscn1494jpgc_20200830135501

ウメイロモドキやクマザサハナムロ

Dscn1504jpgc_20200830135501

オオモンカエルアンコウ

Dscn1522jpgc

クマドリカエルアンコウ

Dscn1539jpgc

土佐の高知の播磨屋橋で簪を買ったと言われる僧慶禅の墓があります。

Dscn1545jpgc

1日目は終了です。2日目に続きます。

四国ダイビング旅行 ミニお遍路と観光編

2020年8月23日(日)から29日(土)まで四国旅行をしました。メインは25.26.27日の柏島ダイビングです。残りは行き帰りで四国観光です。

大阪でダイビング仲間のKさんをピックアップ。淡路島経由で四国の徳島へ入ります。途中、淡路島の洲本辺りでシラス丼の昼食を食べました。好物なんです(笑)。

Dsc_1162jpgc_20200830090401

淡路島から四国へ入ると鳴門北ICがありますが、そこを出て5分で鳴門公園があります。鳴門の渦潮が見えます。

Dscn1803

Dscn1798jpgc

Dscn1800jpgc

今回のダイビングは下図の左下、足摺岬の近く大月町の柏島です。

Henromapjpg1jpgc_20200830090401

5年前、私は四国八十八ヶ所を歩き巡礼したことがあります。1200キロを4回に分けて、延べ40日ほどで廻りました。今回、その巡礼道を思い出しながら、柏島まで高速を使わず、室戸岬経由で海岸線を走ることにしました。途中、幾つかの札所にも寄ってみようということで、まず1番札所の霊山寺です。

Dscn1307jpgc_20200830103101

大半の巡礼者は1番から順に廻ります。なので1番霊山寺は白衣・杖・朱印帖などの巡礼グッズが一番売れて、この順番を決めてくれた江戸時代の旅行作家真稔様様だと思います。

Dscn1308jpgc

無論、途中からでも逆回りでも構いません。でも逆打ちは道案内が見にくいので3倍ご利益があると言います。初心者は順打ちが安全でしょう。札所は吉野川に沿って内陸へ入りますが。そこはすべて割愛して23番薬王寺へ。

Dscn1325jpgc_20200830104101

ここは徳島県最後の札所で、次は高知県室戸岬まで90キロも札所がありません。境内は高台にあって、遠くからでも赤い塔が見えます。境内からの眺めも素晴らしいです。

Dscn1324jpgc_20200830104101

5年前は日和佐町だったのが、今回は美波町に変わっていてびっくりしました。ここから90キロ室戸岬まで3日間、ひたすら歩き続けて次の24番最御崎寺(ほつみさきじ)へ向かいます。室戸岬まで15キロ位かな夫婦岩付近。

Dscn1329jpgc_20200830104101

24番最御崎寺

Dscn1332jpgc_20200830104101

室戸岬灯台です。

Dscn1339jpgc_20200830104101

最御崎寺も高台にあります。

Dscn1346jpgc_20200830104101

26番金剛頂寺付近の民宿で1泊しました。お遍路さんの夕食です。遍路宿の民宿は安くてボリュームもあり、お値打ちです。

Dscn1347jpgc_20200830104101

翌日は仁淀川の沈下橋を巡ることにしました。四万十川は日本一の清流として有名で、沈下橋も数多く掛かっています。その風景は日本の原風景として数多く紹介されていますね。その四万十川よりきれいなのがお隣を流れる仁淀川で、仁淀ブルーと呼ばれる清流だそうです。

高知市へ行く途中に奈半利という町がありますが、その付近の民家です。土佐漆喰という壁だそうです。

Dscn1366jpgc

自転車道路の休憩所からの土佐湾の景色です。

Dscn1367jpgc

高知市を越えて仁淀川に入りました。仁淀ブルーですね。ここから上流へ登って行きます。

Dscn1371jpgc

高知市内から一番近い名越屋沈下橋。

Dscn1386jpgc

Dscn1387jpgc

更に上流で県道沿いの片岡沈下橋です。

Dscn1401jpgc

ここから顔を出して記念写真です。

Dscn1403jpgc

もう少し上流で、県道からも外れた浅尾沈下橋。絵になりますね。

Dscn1409jpgc

ここは車で渡ってみました。

Dscn1419jpgc

ここで仁淀川と別れて足摺岬へ向かいますが、中土佐町の七子峠が景色良かったなと思って寄ってみました。高速道路が下に見えます。

Dscn1423jpgc

近くの37番岩本寺へ寄ってみました。

Dscn1430jpgc

入口の石碑にペギー葉山の名前がありました。「南国土佐を後にして」よく流行りましたねえ。

Dscn1434jpgc

観光の最後は足摺岬の38番金剛福寺です。

Dscn1780jpgc_20200830131301

この景色はいつ見ても素晴らしいですね。

Dscn1786jpgc

ダイビング編に続きます。

 

 

2020年8月11日 (火)

上高地避暑最終日

2020年8月8日(土)

上高地最後の朝は梓川に朝霧が立ち込めていました。

P1220017jpgc_20200811101101

朝8時20分頃、宿を出発。

P1220018jpgc_20200811101101

河童橋も見納めです。今日は岳沢も吊尾根も見えない。

P1220022jpgc_20200811101101

8時半のバスに間に合って、30分でアカンダナ駐車場へ。車に乗り換えて、再度安房トンネルを潜って松本方面へ。沢渡を過ぎ、前川渡で右折すると乗鞍高原ですが、右折禁止なので一旦トンネルを潜り、Uターンして再度前川渡を左折します。

Norikura01jpgc_20200811101101

前川渡から5キロ程で番所大滝駐車場があります。200円。トイレもあります。乗鞍高原三滝巡りの始まりです。

P1220026jpgc_20200811101101

そこから展望台まで下ります。ずっと下るように見えますが3分で展望台の東屋に着きます。

P1220027jpgc_20200811101101

落差40mの立派な滝です。

P1220029jpgc_20200811101101

10時過ぎに出発しました。10分ほどで今度は善五郎の滝駐車場です。10台位は停められます。今度は無料。

P1220038jpgc_20200811101101

滝までは600mほど、15分位掛かるかな。一寸アップダウンがあります。

P1220047jpgc_20200811101101

滝は水の浸食で後退を続けているそうで、手前の淵は昔の滝つぼだとか。10時45分頃に駐車場を出発しました。

P1220052jpgc_20200811103501

11時前にスキー場のレストハウスに着きました。三本滝はここから歩きます。

P1220053jpgc_20200811103501

乗鞍岳への登山道を歩きますが、三本滝の先は通行止めのようです。

P1220055jpgc_20200811103501

あんまり下らないでくれと祈りながら歩きます。

P1220057jpgc_20200811103501

でも大丈夫。あんな小さな女の子も歩いているんですから。

P1220059jpgc_20200811103501

20分ほどで到着しました。

P1220068jpgc_20200811103501

三滝の内では一番見応えがありますね。

P1220070jpgc_20200811103501

水源の異なる3本の滝が一カ所に集まっているのだそうです。日本の滝100選にも選ばれているとか。

P1220073jpgc_20200811103501

11時45分に帰ってきました。

P1220081jpgc_20200811103501

レストハウスのメニュは食欲をそそらなかったので、番所大滝付近まで引き返して、蕎麦屋さんに入りました。満員でした。

P1220085jpgc_20200811103501

帰りは奈川度ダムから野麦街道に入り、19号線で中津川まで中山道に沿って走りました。

P1220087jpgc_20200811105201

名古屋へは4時半頃帰ってきました。お疲れさんでした。

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月10日 (月)

上高地避暑3日目

2020年8月7日(金)

朝起きてみてびっくり、今日は朝から雨です。昨日の予報とは大違いです。昨日足を痛めたNさんは雨のトレッキングは止めて寝ていると。残り二人は明神で岩魚の塩焼きを食べようと、9時45分頃宿を出ました。

Myoujin01jpgc

岳沢や吊尾根は雲の中です。

P1210909jpgc

でも雨の上高地も良いものです。

P1210913jpgc

岳沢への分岐が10時08分、宿から20分一寸ですね。

P1210922jpgc

木道があったり地道があったり、右岸の遊歩道は楽しいです。

P1210924jpgc

梓川の河原には大きな流木が無数に残っています。先日の豪雨は、この地方も相当降ったのですね。梓川も氾濫してバスターミナルが水に浸かったと聞きました。右岸のホテル側は地盤が高く、浸水しないんだそうです。

P1210928jpgc

遊歩道も土砂に覆われたようですね。

P1210929jpgc

写真を撮りながらゆっくり歩いて、1時間半かけて嘉門次小屋に着きました。

P1210946jpgc

でもまだ昼時には早いので明神池を見ることにしました。

P1210948jpgc

今回は拝観料払って中に入りました。一ノ池です。

P1210952jpgc

二ノ池もきれいですね。

P1210955jpgc

P1210960jpgc

20分位で帰ってきました。

P1210970jpgc

岩魚は外の生簀から出して、〆て串刺しします。

P1210968jpgc

それを中で焼きます。

P1210962jpgc

メニューです。

P1210969jpgc

まあ取り敢えず、我々も塩焼きで一杯。酒は嘉門次です。

P1210964jpgc

塩焼きは頭からしっぽまで残さず食べられます。

P1210965jpgc

嘉門次そばには岩魚の燻製が入っています。

P1210974jpgc

すっかり良い気持ちになって、明神橋を渡り、明神館へ来たのは12時35分でした。

P1210982jpgc

それから左岸を50分、小梨平キャンプ場です。

P1210992jpgc

近くのビジターセンターにこんな張り紙が。ここにも出るんだ。

P1210993jpgc

センターの中

P1210994jpgc

河童橋近くの支流の流れは、水がきれいなので有名ですね。

P1210998jpgc

ホテルに戻って、足の直ったNさんと一緒にインフォメーションセンターへ。河童橋の様子です。

P1220004jpgc

センターでは青野恭典写真展が開かれていました。

P1220006jpgc

P1220010jpgc

また土砂降りの中、歩いてホテルに帰りました。お風呂に何回も入って暖まり、今回最後の夕食です。連泊の我々も飽きささない、ご馳走でした。

P1220014jpgc

明日は乗鞍高原へ行く予定です。

 

 

 

 

上高地避暑2日目

2020年8月6日(木)

朝起きて、朝焼けの穂高の岩峰を見ようかと河童橋に出かけました。朝の河童橋地金はお猿の天国でした。

P1210764jpgc

河童橋から見る穂高はいつ見ても感動します。

P1210773jpgc

さて今日は焼岳方面へ行こうとしています。河童橋を拠点に上高地の散策ルートを考えると、まず浮かぶのが明神や徳沢への梓川を上るコース。次は逆に田代池や大正池に下るコース。3番目は一寸登るので登山の領域に入りますが、明神から徳本峠に登って穂高を眺めるコース。最後が焼岳コース。これも登山ですね。

Yake01jpgc

上記1.2.3は何回か歩いているので、今回は焼岳方面に登って、上高地の景色を上から撮影したいと思いました。勿論、今回は避暑なので、焼岳のピークを踏むつもりはありません。下界が見下ろせる場所まで行ければいいと8時半に宿を出ました。快晴の焼岳です。

P1210794jpgc

梓川沿いに15分ほど下るとウエストン碑がありますが、その付近にも猿がのんびりくつろいでいました。

P1210805jpgc

そこから7~8分で田代橋、そこには西穂山荘への登山口があります。

P1210816jpgc

更に林道を下ります。

P1210818jpgc

山荘から36分、9時06分に焼岳登山口に着きました。ここで車道と別れます。コースタイムでは、ここから焼岳小屋まで2時間半、更に1時間で焼岳山頂です。

P1210821jpgc

山道にはなりますが、しばらく傾斜は緩やかです。

P1210828jpgc

30分弱歩くと、先日の豪雨で小さな橋が流されていて、一寸巻道しますが、何事もありません。

P1210829jpgc

1時間弱で小さな梯子がありました。これからだんだん傾斜がきつくなるにつれて梯子が多くなるそうです。

P1210834jpgc_20200810125901

10時43分、橋があって、後ろを振り返ると田代池辺りが見えていました。

P1210838jpgc_20200810125901

その橋です。岸壁に掛かっています。

P1210842jpgc

橋を渡ると梯子が何回も掛かっています。

P1210846jpgc

P1210849jpgc

梯子を登り終えると大正池ホテルが遠望されます。10時57分です。

P1210853jpgc

5分ほど休憩しました。焼岳山頂も見えています。

P1210860jpgc

そろそろ引き返そうかと思いながら25分ほど登りました。標高も1950m位でしょうか、最後の長い梯子がありました。

P1210876jpgc

これを登れば笹原になって、焼岳小屋も近いですと、経験者のKさんが言います。でもNさんは足が痛いから、ここで待っていると。小屋の先の展望台まで行く選択肢もありましたが、稜線はガスで覆われていました。ということで、ここから先は登山の領域。我々は避暑だから、ここで帰ろうということにしました。

その付近からの景色です。河童橋は尾根に遮られて見えませんが、なかなかの景色で満足しました。

P1210869jpgc

ズームで拡大すると帝国ホテルも見えています。

P1210875jpgc

一寸下って12時前に弁当を広げました。大きなお握り二つは食べるのに大変でした。20分の休憩です。

P1210880jpgc

13時55分、登り口に帰ってきました。行は2時間弱、帰りは2時間強、疲れているのかな(笑)。

P1210889jpgc

ホテルに帰って一風呂浴びて、部屋で飲みながらくつろぎました。

P1210892jpgc

談話室の本です。

P1210901jpgc

この日の穂高連峰です。

P1210899jpgc

夕食はやはり豪華です。明日は徳沢方面でも行くかな。

P1210903jpgc

 

 

 

 

 

2020年8月 9日 (日)

3泊4日上高地の避暑

上高地には過去10回位は訪れていると思う。でも、その中心地河童橋付近のホテルで宿泊した経験はまだ無い。元来、河童橋と言うのは通過地点でした。槍や穂高に登る場合は槍沢や涸沢に泊まるし、降りてきた場合は、そのままバスで帰ってしまう。なかなか河童橋には泊まれないのです。

でも過去に上高地帝国ホテルには宿泊したことがあります。これは息子達からの結婚記念日のプレゼントだったかな。それと3月の小梨平でテント泊。これはテントの中の焼酎が凍る状態での耐寒訓練(笑)。そして最近では夏の小梨平のテント泊、2泊3日。

そして今回は、河童橋から100mほどの西糸屋山荘へ3泊4日です。あこがれのリゾート暮らしをご覧ください。

P1210655jpgc

2020年8月5日(水)

9時10分に名古屋駅前に集合しました。メンバーは山歩会のNさんとKさん。3人で車で出発しました。順調に走って12時頃高山と平湯の間の蕎麦屋さんで昼食。信州そばの始まりです。

P1210663jpgc

国道158号線は先日の豪雨であちこち被害を受け、今は復旧工事の最中です。何カ所も工事中です。

P1210664jpgc

12時50分のアカンダナ発上高地行のシャトルバスに間に合いました。

P1210674jpgc

上高地バスターミナルまでは30分です。

P1210676jpgc

早速梓川沿いに出ると、憧れの穂高の景色が眼前に広がります。

P1210689jpgc

お馴染み焼岳の姿も見えます。

P1210691jpgc

取り敢えず、河童橋を渡り、西糸屋山荘に向かいます。

P1210704jpgc

そして前のベンチで到着ビールです。

P1210696jpgc

チェックインして、まず一風呂。リゾートの醍醐味ですね。山歩きだとこうはいきません。

P1210701jpgc

窓から穂高連峰が見えるのですが、湯気でレンズが曇ってだめでした。

P1210703jpgc

夕暮れの河童橋を見に行きました。誰も居ない河童橋は貴重です。

P1210736jpgc

熊の目撃情報です。毎日見られているようです。

P1210735jpgc

西糸屋さん、値段の割に食事は豪華です。

P1210747jpgc

ご機嫌で乾杯しました。

P1210742jpgc

無料のコーヒーもあります。

P1210750jpgc

談話室には山の本が一杯。

P1210751jpgc

優雅な避暑がすごせそうです。明日は焼岳方面を散策します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年7月13日 (月)

奈良国立博物館 正倉院展

2020年7月12日(日)

久しぶりに女房と二人で奈良に出かけた。梅雨の合間ですね。名阪国道から県道80号線に入り、2時間弱で奈良公園近くの駐車場に着いた。まだ一寸早い10時頃なのと、コロナの影響もあるのか、観光客はそう多くない。

Dscn1144jpgc_20200713093801

今日は「よみがえる正倉院宝物」という展示会を見に来た。

Dscn1145jpgc

例によって撮影は禁止なので、撮影スポットの写真を。

Dscn1148jpgc

要するに正倉院宝物そのものの展示では無くて、その宝物を現代の名工と言われる人間国宝や熟練の名工が、100年以上前から模造再現してきた模造品数百点の中から100点ほどが展示されていた。

Dscn1168jpgc

その中身については私は説明も紹介もできないので、パンフレットを紹介します(-_-;)

Dscn1170jpgc

この展示会は元々、全国の有名博物館で巡回展示されるはずでしたが、コロナで全て中止され、今年はここ奈良だけだそうです。これまで一度も正倉院展を見たことがなかったので、今回その9000点に及ぶという貯蔵品の一端を知ることができました。またここ奈良がシルクロードの最終地点だという話も頷けると思いました。

この新館から仏像館へは地下道ができていました。途中には売店やレストランもあります。

Dscn1149jpgc

仏像館をちらっと見て、公園を散歩しました。そろそろ観光客も増えてきて、鹿たちも活動を始めました。

Dscn1152jpgc

コロナの前は外国人観光客が多くて、皆がシカせんべいをやるので、鹿も食べ過ぎて、そっぽ向いていました。一転して今は、観光客が少なく、鹿が空腹で山に帰り、本来の野生の姿にもどりつつあるとか。

Dscn1153jpgc_20200713093801

丁度昼時なので奈良ホテルへランチに行きました。入口で駐車料金3千円を徴収されました。ホテルを利用しないで無断駐車するのを防止しているようです。レストランは高そうなのでティラウンジでサンドイッチを食べました(笑)。

Dscn1155jpgc

それでも一人3千円弱です。先ほどの駐車料金は返してくれました。サンドイッチはボリュームが多くて食べきれません。かといってナプキンに包んで持ち帰る雰囲気でもないので、頑張ってたいらげました(笑)。

食後、一寸近くのなら町を散歩しました。猿沢の池です。

Dscn1158jpgc

猿沢の池の近くで、奇妙な石仏群を見つけました。何でしょう?

 

Dscn1157jpgc_20200713100701

興福寺の五重塔です。

Dscn1159jpgc

この辺で満足して、帰宅しました。

 

 

2020年7月 3日 (金)

釧路湿原 最終日

2020年6月28日(日)

今日は最終日ですが、午前中だけ観光します。まず、釧路の西隣、白糠町へ行き、私が57~58年前に1っか月余り実習させてもらった白糠営林署を訪ねてみます。

Kusiro13jpgc

国有林が営業しなくなって営林署は無くなったのですが、今はどうなっているか。当時、白糠町は人口3万人余り、漁業が主体の街だったと覚えています。人口の3分の一か二はアイヌの人達だったと。

営林署だから山の中と思っていたら、海岸にあるので、びっくりしました。イカそーめんが最高に美味しかった。ミス白糠やミス歓楽街のコンテストをやっていた。夏でもストーブがずっと点いていた。そんなことを漠然と覚えていました。

Dscn1074jpgc_20200703141301

探しましたが営林署らしい建物は無く、ここが森林事務所でした。森林管理署にもならなかったのですね。寂しい。

Dscn1075jpgc

看板だけ見て、今度は国道沿いの道の駅へ行きました。一寸お土産を買いました。恋問って珍しい。当て字ですよね。

Dscn1077jpgc_20200703141701

9時半頃出て、動物園に10時前に着きました。北海道のいろいろな動物に出会いましたが、最後にヒグマを見ておこうと思ったのです。

Dscn1079jpgc_20200703141301

動物園には北海道ゾーンがあり、そこへ行ってみます。ライオンや虎を見ても仕方ないので。シマフクロウ。

Dscn1092jpgc

ヒグマの檻に行くと、なんと居ないのです。

Dscn1088jpgc_20200703141301

昨年8月に29歳で死んだとか。ヒグマはアイヌから神(カムイ)として崇められています。知床ではバスの中から見たこともありますが。残念でした。白鳥の湖。

Dscn1094jpgc_20200703143201

森林のトレッキングも。

Dscn1095jpgc

丹頂鶴も居ます。

Dscn1100jpgc

動物園で満足しましたが、最後の〆にタンチョウツル自然公園に行きました。まあ特に特徴は無いので、動物園との違いを見出すのに苦労します。屋根が無いのに居ついているのは何故でしょう。

Dscn1114jpgc_20200703143801

Dscn1110jpgc

昼前に釧路空港に帰ってきました。ここでAさんは関空へ、Kさんは釧路駅から帯広へ。我々3人は羽田へ向かいます。

Dscn1118jpgc

釧路空港の食堂は2軒。こことラーメン屋さんです。

Dscn1121jpgc

時間がたっぷりあったので、ゆっくり十勝ワインを楽しみました。

Dscn1126jpgc

楽しかったですね。また、どこかへ。

Dscn1127jpgc_20200703144201

 

«釧路湿原4日目 釧路川を下る

最近の写真

  • Kyoutojpgc
  • Dscn2080jpgc
  • Dscn2092jpgc
  • Dscn2083jpgc
  • Dscn2091jpgc
  • Dscn2098jpgc
  • Dscn2099jpgc
  • Dscn2101jpgc
  • Dscn2102jpgc
  • Dscn2105jpgc
  • Dscn2104jpgc
  • Dscn2111jpgc