« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月19日 (月)

初瀬街道5回目青山町~名張

初瀬街道の5回目です。そろそろ夏になり、熱中症の心配もあるので、初瀬街道の前半は今日で終わりです。7月・8月は休んで、次回は9月です。

今日は近鉄青山町駅から名張まで12キロ~13キロの行程です。間には伊賀神戸、美旗、桔梗が丘の駅があります。

Nabari00jpgc

6月17日(土)

朝10時42分に青山町駅に到着です。今回は10名と、参加者も多いです。

Dscn5922jpgc

青山町駅は阿保宿があります。「あお」と読みます。伊勢に向かう旅人は、青山峠越を控えて、ここで宿をとったので、初瀬街道の中でも大きな宿場だったようです。

Nabari01jpgc_20230618190201

前回はここ伊勢慶さんで反省会、若戎のお酒とともに、値段は安くないけど、皆さん満足のようでした。

青山町の駅を出て、まっすぐ南下、木津川を渡って街道に入ります。橋を渡った所に菅笠日記の大きな石碑があり、初瀬街道の案内もあります。

Dscn5925jpgc_20230618190501

ここは阿保宿(あお)で、街道の中でも、往時の面影がよく残った街並みです。右手の伊勢慶さんが、江戸時代から続く料理旅館とかで、前回の反省会場です。

Dscn5931jpgc

ここからが今回のスタートになります。11時頃です。5分ほど歩くと右手に洒落た洋館がありました。意外と宿場町に馴染んでいますね(笑)

Dscn5933jpgc

すぐに常夜灯があります。

Dscn5934jpgc

この三叉路を左折すると、頓宮跡があるようなので、一寸寄ってみました。雑草をかき分けて一寸登るとありました。もう少し宣伝してもいいのにと思いました。

Dscn5940jpgc_20230619104001

向かい側に垂仁天皇の皇子の墓があり一寸見に行きました。大きな古墳です。

Dscn5946jpgc_20230619104001

11時25分頃、街道に復帰しました。木津川の支流に出ると庚申碑があり、川ではアユ釣りが解禁のようでした。

Dscn5951jpgc_20230619104001

安楽寺の手前に多分地蔵さんの石仏が並んでいました。ここ阿保宿は本当にいろいろ残っていますね。

Dscn5955jpgc_20230619104001

11時40分頃、川を渡って右折します。ここにも常夜灯があります。国道に合流する手前にも常夜灯があり、そこには旧初瀬街道の道案内もありました。11時45分です。

Dscn5966jpgc_20230619104001

この道が本来初瀬街道で七見峠という峠を越えるようです。でもゴルフ場が出来て、街道は寸断され、地形図をいろいろ調べたのですが、確信が持てる道が見つかりませんでした。

それで、三重県の街道地図に載っている、ゴルフ場の縁を廻る道を選びました。国道165号線に出て、3分ほどで右に入りました。11時50分頃です。

Dscn5970jpgc

林間の車道を15分位歩くとゴルフ場のネットがあり、クラブハウスへの裏口もありました。

Dscn5974jpgc

空腹なのですが、弁当を食べる適当な場所がありません。ため池の傍も期待したのですが、3か所ともいまいちでした。

Dscn5977jpgc

青山町駅から6キロほどの場所に福田神社跡というのがあり、そこは良さそうだと狙いを付けていました(笑)。12時35分頃そこに着くと、観阿弥ふるさと公園になっていました。

ここは伊賀の小波多で、観阿弥が初めて猿楽の座を設けた場所だそうです。ともかく期待通り弁当が食べられました。

Dscn5985jpgc

予定通り13時にここを出ました。右手前方に桔梗が丘団地を見ながら、田んぼの中を歩きました。

Dscn5988jpgc

団地近くの山すそに近づくと、小さなお地蔵さんが有ったり、大きな岩がご神体なのか、岩ごさんと呼ばれるらしい、小さな祠が有ったりしました。

Dscn5991jpgc

岩ごさんを右折して団地の入口、国道165号線の桔梗が丘3の交差点に13時25分頃出てきました。

Dscn5998jpgc_20230619112001

団地を横断して歩きますが、この間は史跡はありません。

Nabari02jpgc_20230619112001

桔梗が丘駅からの道に交差する、桔梗が丘1の交差点に来たのが13時45分頃。そこを左折して旧道を探しましたが見つからず、引き返しました。交差点から200mほど進んで右に入るのが旧道です。

Dscn6001jpgc_20230619112001

大きな団地開発で奇跡的に残った旧道ですね。地蔵さんや山の神などがあります。

Dscn6003jpgc

国道368号線を渡り、少し歩くと延命地蔵堂がありました。14時10分頃です。

Dscn6007jpgc

すぐに車道を渡って旧道は続きます。すぐまた立派な常夜灯があります。

Dscn6013jpgc_20230619112001

14時18分、近鉄の線路を潜りました。

Dscn6015jpgc_20230619135501

この辺りは名張の中心部に近いのですが、まだ鄙びた雰囲気が残っています。

Dscn6018jpgc

14時30分、名張川にぶつかり、県道57号線に合流しました。ここには南無妙法蓮華経の大きな石碑がありました。

Dscn6023jpgc

すぐに左側に八幡宮があります。東町の交差点です。一寸お参りして、ここまでの無事をお礼しました。

Dscn6025jpgc_20230619135501

ここで県道と別れて左に入って行くのが街道です。5分も歩くと、梅田家住宅と言う、蔵の立派な建物がありました。

Dscn6029jpgc

さらに10分ほど、大きな鳥居が道路を跨いでいます。近くに有る宇流富志禰神社の一の鳥居だそうです。

Dscn6038jpgc

この辺り、暑くてビールが目にちらついています(笑)。鳥居を潜って南下、14時56分に丁子屋という呉服屋さんを通過しました。

Dscn6042jpgc_20230619135501

ここを右折して、名張川を渡っていくのが旧初瀬街道です。次回はここからスタートします。

ここから名張駅までは10分ほどです。駅前の居酒屋さんが今日の反省会場です。

Nabari13

お疲れ様でした。次回は9月です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

最近の写真

  • Iseji00jpgc
  • Tamaru00jpgc
  • Dscn9937jpgc
  • Dscn9962jpgc
  • Dscn9933jpgc_20240205124301
  • Dscn9954jpgc
  • Dscn9956jpgc
  • Tamaru12jpgc
  • Tamaru11jpgc
  • Dsc09084-002
  • Dscn9943jpgc
  • Dscn9971jpgc_20240205131801