« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月28日 (日)

初瀬街道4回目 西青山~阿保

今回は6キロ一寸の短い行程です。阿保(あお)宿は青山町駅から10分の近さですが、ここから街道と近鉄は離れていきます。伊賀神戸、美旗を越えて桔梗ヶ丘まで10キロほど有るので、今回は青山町で止めることにしました。そのかわり、阿保宿で美味しい料理でとお酒で反省会をすることにしました(笑)。

2023年5月27日(土)

いつもの電車で10時35分に西青山駅に着きました。

Ao01

今日はこの6人とカメラマンのNさんの7人です。この西青山駅は付近に民家一つ無く、何故ここに駅が有るのか、判らない駅です。青山高原散策のために有るのでしょうか。

ここから歩き始めますが、国道165号線は歩道が無く、かつ車の交通量も多い、2車線の嫌な街道です。

Dscn5643jpgc

ここから30分ほど、伊勢地宿の入口まで、見るものも無く、ただ歩くのみです。のどかに新緑を楽しむ余裕はありません。

Isejijpgc

10分一寸で近鉄の下を潜ります。

Dscn5646jpgc

30分ほどで伊勢地宿入口で、国道を離れるので、ほっとします。

Dscn5651jpgc

入るとすぐ右手に妙見大菩薩の石碑があります。

Dscn5655jpgc

あまり人気はしないのですが、街道らしい雰囲気はあります。

Dscn5659jpgc

入口から10分弱で常夜灯があり、ここを左折します。

Dscn5664jpgc

左折すると、すぐまた国道に出るのですが、すぐ右手道路の向かい側に石碑が並んでいます。

Dscn5670jpgc_20230528141401

初瀬街道伊勢地宿の案内板。

Dscn5672jpgc

他に菅笠日記の記念碑や庚申塔などがあります。そこを左折して歩くと、すぐ善福寺がありますが、山の上なのでパス、常夜灯を左に見ながら歩きます。

Dscn5684jpgc_20230528143401

のどかな里歩きも10分ほどで国道に合流します。左折して、国道を5分ほど歩くと木津川を渡りますが、中山トンネルには入らず、巻いていくのが街道のようです。

Dscn5695jpgc_20230528143401

左折して歩いて行くと、初瀬街道天狗亭跡の案内がありました。謂れはわかりません。

Dscn5699jpgc_20230528143401

すぐまた国道にでます。相変わらず歩道は有りません。

Dscn5703jpgc

でも少し歩くと山が無くなり、広くなりました。そのうち歩道も出てきました。

Dscn5706jpgc_20230528143401

12時07分、左側に大村神社の看板がありました。ここを左折して川沿いに行くのが街道です。

Dscn5711jpgc_20230528145001

入るとすぐ水神さんがあります。

Dscn5714jpgc

街道は川沿いに半円を描いて、また国道に出るのですが、赤い橋を渡ると大村神社の裏口に出るようです。多分昔の旅人も、ここは大村神社にお参りして、通り抜けただろうと思います。われわれもそうしました。

Dscn5716jpgc_20230528143401

大村神社の大村の神は倭姫の命の弟だそうです。この界隈では相当有力な神社のようです。

Dscn5721jpgc

お参りして一寸休憩しました。神社から10分も歩くと街道に出ました。

Dscn5733jpgc

今日はここまでで、ここを右折すれば青山町駅です。左折すると、今日の反省会場伊勢慶さんです。

左折すると立派な酒蔵がありますが、この地方の銘酒、若戎です。

Dscn5737jpgc

そのすぐ先が伊勢慶さんで、江戸時代から続く料理旅館だそうです。

Dscn5738jpgc

酒はやっぱり向かいの若戎の義左衛門でした。

Dscn5740jpgc

女将さんは話し上手で、料理も詳しく説明します。お酒もどんどん進みました(笑)。

Dscn5746jpgc

15時に店を出たときには、皆すっかり出来上がっていました。

Dscn5756jpgc_20230528145901

駅へ向かう途中に、ここも菅笠日記の記念碑があります。

Dscn5760jpgc_20230528145901

青山町駅です。

Dscn5767jpgc

帰りの電車の中は、なにか口に入れてないと寂しいみたいです。

Dscn5774jpgc

お疲れ様でした。次回もよろしく。

 

 

2023年5月 3日 (水)

平針街道2回目

前回の4月22日に続き、今回は平針駅から豊田市の若林駅まで15キロほどを歩いてきました。今回は一人でなく、山仲間のYさんとHさんの3人です。

Oka00jpg1

平針街道は岡崎街道とも呼ばれ、徳川家康~秀忠時代に作られたようです。名古屋市天白区から日進市、東郷町、みよし市、豊田市と歩きました。

Okazaki00jpgc

2023年5月1日(月)

朝10時過ぎに平針駅を出発しました。

Dscn5172jpgc_20230502155601

10時12分、県道56号線を横断して、前回歩いてきた街道に着き、左折しました。

Dscn5173jpgc

ここから街道に入ります。

Okazaki01jpgc

すぐ右側に秋葉山慈眼寺と針名神社の入口がありました。謂れはよく知りませんが、良さそうな感じですが、素通り(笑)。

Dscn5174jpgc

すぐに先ほど横断した県道に合流します。ここからは県道歩きです。

Dscn5175jpgc_20230502155601

1キロほど歩くと日進市に入りました。地下鉄の赤池駅の近くだと思いますが、ここからは地下鉄と離れていきます。

Dscn5177jpgc_20230502155601

更に10分、10時40分頃、東郷町に入ります。相変わらずの県道歩きで、街道の面影は残っていません。

Dscn5181jpgc

更に1キロほど、複雑な交差点にお堂がありました。お婆さんがお参りしていました。我々も覗きに行きました。弘法大師をお祀りする大師堂でした。この辺りから名鉄バスが無くなるようです。

Dscn5185jpgc

そこから5分、遊歩道が交差していたので、一寸左折してみました。「涼松・すずみまつ」という地名で、名前の由来は、黒松の群生地で、休息に適した場所だったからだそうです。我々も小休止しました。

Dscn5192jpgc_20230502155601

街道の反対側はせせらぎの道でした。

Dscn5194jpgc_20230502155601

11時13分に出発、県道歩きは続きます。11時半ごろ、コメダ珈琲がありました。春木あたりのようです。

Dscn5199jpgc_20230502185501

11時40分頃、左側の植え込みの中に大きな石碑があり、眺めると「裕福寺の一里塚」とありました。

Okazaki02jpgc

Dscn5200jpgc

見渡すと道の反対側にも残っています。説明によると、最初は松の木が植えられていたが、枯れたので平成7年に榎木を植えたと書かれていました。そろそろ空腹で、食堂を探しながら歩きます。

ところで今回の街道は同行のHさんの地元です。なので食堂選びはHさんに任せることにしました。途中、一里塚の名前になった裕福寺の門前を通りました。

Dscn5211jpgc

食堂選びは難航しました。Hさん推薦の店は満員だったり休みだったりします。途中、境川を越えました。境川と言う名前は全国各地に有りますね。この川も例外ではなく、この川を境に尾張の国と三河の国が分かれていたようです。

Dscn5215jpgc_20230502185501

Hさんによると、みよし市に入ると一気に田園風景が広がるそうです。そういえば、高層ビルが見当たりませんねえ。

Dscn5218jpgc

その後も食堂探しを続けながら、とうとう12時43分になって、辛いラーメンの「八かい」さんにたどり着きました。繁盛店で、10分一寸待ちました。私は一番辛くない0.1にしました。ちなみに辛さは0.1、0.5、1、2、3とあります。0.1は普通の一寸ピリ辛ぐらいです。

Dscn5227jpgc_20230502185501

13時10分に出発しました。この辺りは、ブドウや梨の産地だそうです。

Dscn5231jpgc_20230503085201

トヨタ自動車の城下町に入ってきました。右も左もトヨタ自動車の工場です。それ以外も殆どが協力工場の建物ばかりです。

Okazaki03jpgc

豊田市に入って、13時45分頃、八幡社がありました。

Dscn5236jpgc_20230503085201

ここに平針街道と御茶屋の説明があった。桶狭間の戦いの後、徳川家康が、ここ堤村に立ち寄りお茶を飲んだそうです。一寸跡地を見に行ってみました。

Dscn5240jpgc_20230503085201

この後、Hさんの自宅に立ち寄り、ハイボールで小休止して、逢妻女川を渡りました。もう少し先に逢妻男川が有って、下流で合流して逢妻川になるとか。

Dscn5246jpgc

地図では街道は今歩いている道なのですが、Hさんが、1本左が子供のころからの道だと言うので、そこが旧道だろうと入りました。お寺と芭蕉句碑があったので、多分正解でしょう。

Dscn5250jpgc_20230503143701

句碑から5~6分で元の道に合流しました。国道155号線を渡り、すぐに419号線を渡ります。もうゴールは近いようです。

Dscn5256jpgc

この辺で初めて遠くに山が見えました。猿投山周辺の山でしょうか。14時55分頃です。

15時08分、八幡宮があり、一寸参拝しました。

Dscn5261jpgc_20230503144601

すぐに例の逢妻男川を渡りました。

Dscn5265jpgc_20230503144601

15時15分、名鉄の踏切に到着しました。

Dscn5267jpgc

今日の行程はここまでです。渡ってすぐ右折して、若林駅に向かいました。駅前に、あらかじめ調べていたベトナム料理店がありました。

Dscn5270jpgc

ベトナム人のご夫婦がやっておられるようです。ベトナム食材の店がメインかもしれません。とりあえずベトナムビールで乾杯です。

Dscn5280jpgc_20230503144601

ベトナムはまだ行ったこと無いのですが、フォーは有名ですよね。

Dscn5288jpgc

お酒は29度の赤もち米の酒です。後、生春巻きを食べたかったのですが、食べ損ねました。写真はヤギ肉の料理です。

Dscn5299jpgc

取り敢えず、Hさん、Yさん、お疲れさまでした。

街道は残り7キロほど続きますが、そのうち歩いてみましょう。

 

 

 

 

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

最近の写真

  • Dscn0726jpgc
  • Minoji01
  • Koment
  • Dscn0725jpgc_20240413143401
  • Takehana00jpgc_20240413143401
  • Takehana01jpgc_20240413143401
  • Dscn0723jpgc_20240413143401
  • Takehana02jpgc
  • Dscn1076jpgc
  • Dscn1089jpgc_20240407104201
  • Aso00jpgc
  • Dscn1092jpgc_20240407104201