« 竹田街道・京都 | トップページ | 国道東海道の変遷 »

2023年1月30日 (月)

名古屋 百曲街道

名古屋に百曲街道というのがあるのを知った。とあることから、下記の本を入手し、読んでいるうちに見つけた。

Dscn3619jpgc_20230129162701

江戸時代、名古屋の港区や南区は干拓によってできたそうです。それら熱田新田の縁を通る道が自然にできて百曲街道となった。その新田は一番から三十三番に分けられ、各番には観音像が祀られたそうです。番割観音と言います。

明治に入ると、この百曲街道が名古屋の中心部、大須の門前町と東海道を経由して伊勢方面を結ぶ重要な街道となり、庄内川を渡る明徳橋で東海道に接続しました。

Hyaku00jpg01jpgc

一寸待ってくれ、そんな所に東海道が有ったか?と言われるのは尤もですが、その話は長くなるので、後日、項を改めます。ともかく今回は、その百曲街道を歩いてみました。

2023年1月28日(土)

まだ冬型の気圧配置で寒い日ですが、朝9時半には大須観音に入りました。Dscn3483jpgc

骨董市みたいなのが開かれていました。懐かしいですね。子供のころ、父に連れられて、東寺の弘法さんへ行ったことを思い出しました。

Dscn3482jpgc_20230129182401

9時40分頃、境内を出ました。

Dscn3484jpgc_20230129182001

本町通へ出て右折、六番町方面に向かいます。

Hyaku02jpgc

百曲街道は図の青線のように進むと本には書いてありますが、下街道と言われる本町通を南下する方が自然なので、そのまま直進しました。この付近は、西本願寺や東本願寺の別院があり、通りは仏壇屋さんで埋められています。

Dscn3488jpgc

10分ほど南下すると、古い看板の掛かった酒屋さんがあります。

Dscn3493jpgc

その傍に、橘町の大木戸跡の説明がありました。

Dscn3494jpgc_20230129182001

百曲街道も、この大木戸を潜って行ったと考えるのが自然ですよね。すぐに国道19号線です。ここを斜めに横断します。古渡稲荷の前を通って南下します。

Dscn3497jpgc_20230129182001

3分で正木公園があり、その角を右折しました。時代を思わせる家並があり、その前を行きます。

Dscn3504jpgc

10時13分、古渡橋で堀川を渡りました。

Dscn3507jpgc_20230129182001

道を間違えてすぐ左折しましたが、気が付いて引き返しました。名古屋高速の下を潜って左折します。尾頭橋駅のすぐ南側辺りの下を潜る道があり、それを潜って行くのが百曲街道街道です。

Dscn3514jpgc

低いトンネルを潜った先は、少し街道の面影が出てきます。この辺りからは、確かに百曲街道とグーグルマップにも記載があります。

Dscn3515jpgc_20230129184501

そうは言っても普通の街並みで、古い面影があるわけではありません。10時24分頃です。

Hyaku04jpgc

10分ほどで八熊通りの交差点を越え、更に10分ほど、左手に雷鳴座という芝居小屋らしい建物がありました。

Dscn3520jpgc_20230129185201

近くに出し物のポスターもありました。名古屋にも芝居が有るんだと、ほのぼのしました。

Dscn3521jpgc_20230129184501

さらに13分ほど、11時一寸前に、細い路地を斜めに入っていくのが百曲街道のようです。この辺り、街道の案内も何も無いので、地図と感だけが頼りです。

Dscn3524jpgc_20230129184501

ところでこの辺り、先に書いた熱田新田に入ってきて、番割観音様が祀られた辺りです。今もこの辺りの地名には、一番町から十一番町まで残っていますね。そのそれぞれに祀られた番割観音様が残っているというので、探してみることにしました。

なかなか見つからず苦労しましたが、街道沿いに一つ観音堂がありました。特に説明はありませんが、十番・十一番の観音が祀られているはずです。

Dscn3530jpgc

11時22分、十一番町の交差点に出ました。

Dscn3536jpgc_20230129184501

国道1号線です。中川運河を昭和橋で渡ります。

Dscn3539jpgc

渡ってすぐ左折し、一本目を右折します。するとここも、一寸街道らしい町並みです。

Dscn3543jpgc

この辺りにも番割観音堂が有りそうですが判りません。太平通りにぶつかって、横断できないので国道1号線に迂回します。この辺り、図の青線が旧街道らしいです。道を探して、うろうろしている内に12時近くのなったので、そこに有った喫茶店に入りました。

Dscn3547jpgc_20230129192501

焼きそばと御飯がサービス定食でした。栄養のバランスが悪いですね(笑)。まあ、お腹は膨れて、12時22分に店を出ました。

10分ほどであおなみ線を潜りますが、その手前の道を左折して、一本南側の通りで神明社を見つけました。その横に二十番の番割観音堂がありました。

Dscn3551jpgc_20230130124701

ここには初めて番割観音の説明がありました。

Dscn3555jpgc_20230130124701

12時35分に出て、他の観音堂を探したりしながら、12~13分で荒子川を渡った。

Dscn3562jpgc_20230130124701

地下鉄高畑駅に通ずる広い車道を渡り、少し行った右奥に、空雲寺という禅宗のお寺があり、一寸見に行った。ここには熱田新田を開拓した、豪農の鬼頭景義の墓があります。またクロマツが見事です。

Dscn3574jpgc_20230130124701

13時頃ここを出て、道は南西に斜めに続きます。自然にできた百曲街道が残っているのですね。

Dscn3576jpgc_20230130124701

13時15分、明正一丁目の広い交差点を斜めに横断しました。この辺りも、かすかに街道の面影です。

Dscn3579jpgc_20230130124701

交差点から3分で、左側の観音堂がありました。

Dscn3588jpgc_20230130124701

やはりここも隣には神明社があります。ここは二十九~三十三番まで五体の観音が祀られているそうです。また百曲街道の説明もありました。

Dscn3581jpgc_20230130124701

13時24分に出発しました。この辺り、百曲街道の名前のように、道は曲がりくねっています。

Dscn3595jpgc

今日初めて百曲街道の案内がありました。

Dscn3596jpgc

観音堂から10分ほどで庄内川の堤防に到着しました。

Dscn3601jpgc_20230130132001

堤防に登りました。明徳橋が見えます。

Dscn3604jpgc_20230130132001

13時40分、明徳橋に着きました。今は東海通、昔は東海道だったのです。バス停は、左へ5分ほど戻った所にあります。

右へは旧東海道が、弥富の前ヶ須まで続いています。そのうちに歩いてみましょう。

 

 

 

 

 

« 竹田街道・京都 | トップページ | 国道東海道の変遷 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 竹田街道・京都 | トップページ | 国道東海道の変遷 »

最近の写真

  • Outi000jpgcjpgc
  • Dscn1280c
  • Dscn1287c
  • Dscn1275c
  • Dscn1276c
  • Dscn1286c
  • Dscn1279jpgc_20240514192901
  • Outi01
  • Dscn1289c_20240515084301
  • Dscn1306c
  • Dscn1309c
  • Dscn1312c