« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

2022年12月20日 (火)

岩倉街道

近場でどこか歩こうかなと探して、見つけたのが岩倉街道です。名古屋城と犬山城を結ぶ街道の一つですが、美濃路の枇杷島で分かれて、岩倉を経由して犬山城までの25キロほどの街道です。

Iwakura00jpgc

2022年12月18日(日)

名鉄の西枇杷島駅から犬山遊園駅まで歩くと27キロほどです。1日で歩くのに丁度良い距離と言いたいのですが、それは若い頃の話で、最近ではチョット無理です(笑)。2回に分けることにしました。で、今日は西枇杷島から岩倉の一寸先、布袋駅まで歩きました。

Iwakura01jpgc

寄り道しなければ15キロほどです。

今日はこの冬一番の寒気が日本列島を覆っています。雨の心配は有りませんが、風が強い。北西の風に向かって歩くのは辛いですね。犬山から南下して、風を背中に受けようかとも考えましたが、そうすると逆光になり、写真が撮りにくい。で、諦めて西枇杷島出発にしました。

寒いけど快晴で、駅前の高層ビル群がきれいです。

Dscn2867jpgc

8時40分頃、西枇杷島駅に着きました。付近は大規模な工事中で、旧道も何も判らない状態でした。

Dscn2869jpgc

一応、庄内川まで南下します。以前、美濃路を歩いた時、ここの枇杷島橋を渡って名古屋駅方面に向かいました。道沿いに橋詰神社というのがあり、今日は何か氏子の人が準備をしていました。

Dscn2872jpgc

美濃路は、この枇杷島橋を渡らず、少し先で、渡し船かなにかで庄内川を渡ったようです。

Iwakura02jpgc

で、今回岩倉街道は、橋を渡らず手前で左折して庄内川沿いの道を行きます。

Dscn2874jpgc_20221219155301

その渡し辺りでしょうか、道端に美濃路の道標と石像がありました。前回は枇杷島橋を渡ってしまったので、この像には気が付きませんでした。

Dscn2875jpgc

枇杷島は江戸時代、大きな青果市場が有ったようで、この像は大きな大根を担いでいるように見えます。岩倉街道を通って、青果物が運ばれてきたようです。

名鉄の踏切を渡って、庄内川沿いに歩きます。像から20分ほどで国道22号線にぶつかりますが、渡れないので河原に降りて潜りました。この橋に併設して名古屋高速の橋もありますが、赤とんぼ橋と言うようです。

Dscn2882jpgc_20221219154201

庄内緑地で川から離れ、緑地の縁に沿って北東に向かいます。緑地公園の駐車場がありますが、この辺りで、左折する道が有るのですが、通り過ぎてしまいました。

Dscn2886jpgc_20221219154201

すぐに五所社という神社の石標があり、それに気が付いて、事なきを得ました。

Dscn2887jpgc_20221219160901

ここは中小田井の氏神さんだそうです。そのすぐ隣に、善光寺別院の願王寺というのがあります。

Dscn2892jpgc_20221219160901

この参道には一寸変わった石像が立っています。モアイ像みたいだったりします(笑)。

Dscn2897jpgc_20221219161501

中小田井のこの辺りは、街並み保存地区に指定されているようです。

Dscn2901jpgc

9時40分頃、名鉄の高架を潜りますが、ここが中小田井駅です。

Dscn2902jpgc

この先も街並み保存地区らしいのですが、もうその面影はありません。15分ほど歩くと新川の平田橋を渡ります。

Dscn2909jpgc

Iwakura03jpgc 

橋の袂に馬頭観音が祀られていました。

Dscn2912jpgc

橋から5~6分、今度は弘法大師の石仏がありました。珍しいですね。

Dscn2916jpgc

そこから15分、10時半ごろ、西春駅の近くに来ました。ここからは、県営名古屋空港にバスが出ています。セントレアができる前は、何度も通った駅です。一寸休憩しました。

Dscn2921jpgc

西春駅からの街道も、まっすぐ一直線に伸びています。

Dscn2923jpgc

20分ほど歩くと、今度は五条川を生田橋で渡ります。五条川は岩倉付近では桜の名所だそうです。

Dscn2927jpgc

Iwakura04jpgc

大山寺駅付近でしょうか、立派な旧家の米屋さんがありました。

Dscn2932jpgc_20221219184101

名鉄の踏切を渡り、街道は岩倉市街へ入っていきます。下本町交差点の旧家です。

Dscn2938jpgc

交差点を右折すると岩倉城址の案内があります。

Dscn2939jpgc_20221219184101

岩倉城は、織田信長が尾張を統一する以前は、清須城とならんで、有力な尾張の城だったそうです。信長によって攻略されています。

Dscn2940jpgc_20221219184101

下本町の交差点を渡ると、岩倉街道の案内がありますが、()で柳街道とも書かれています。

Dscn2946jpgc

街道の両側に柳の木が植えられていたそうです。11時35分頃、岩倉駅の近くに来ました。神明生田神社というのが有り、入ってみました。

Dscn2949jpgc

山内一豊の生誕地とも書かれています。入ってみると桜が咲いていました。四季桜です。

Dscn2955jpgc_20221220085901

11時40分位だったので、どこかで昼食と、駅前を一周してみましたが、適当な食堂が無いので、サンドイッチで人気そうな喫茶店に入って、焼きそばを食べました(笑)。

Dscn2960jpgc

Dscn2959jpgc_20221220085901

12時半ごろ店を出て街道に復帰しました。鍵型の道を越えると、すぐ中本町交差点で、左に神明太一宮があります。謂れは知りませんが立派な神社で一寸参拝しました。伊勢神宮にも関係深いようで、石橋に元伊勢と刻まれていました。

Dscn2966jpgc_20221220091101

神社の横に半纏屋さんがありました。近くにも1軒あったので、この辺は半纏や幟が特産でしょうか。

Dscn2968jpgc

神社の北側の道を左折すべきですが、ぼんやりして直進しました。幸い気が付いて、街道に復帰しました。道が一寸広くなりました。

Dscn2971jpgc_20221220085901

淡々と歩いて県道25号線や国道155号線を越えると石仏駅が近いはずです。でも通り過ぎて、13時過ぎ、名神高速の下を潜って左折、すぐ右折すると一宮市に入りました。

Iwakura05jpgc_20221220140701

更に10分一寸歩いていると柳街道の案内がありました。この辺では岩倉街道より柳街道なんですね。

Dscn2981jpgc

更に5分で小折の交差点です。左折した北側に道標と石仏があります。道標には右いぬやま左一宮と刻まれています。

Dscn2987jpgc

その少し先、南側に酒蔵が有るのを地図で見ていたので、覗きに行きました。

Dscn2988jpgc

酒小売いたしますの看板がありました。お酒と酒粕を買わせて頂きました。

交差点に戻って北上するのですが、この辺り左手にいろいろ史跡があるので、街道を離れて左に入っていきました。織田信長の側室がこの近辺の豪族生駒氏の娘で、その菩提寺の久昌寺跡。

Dscn2994jpgc

生駒氏の氏神で、信長の次男信雄の守護神である龍神社。

Dscn3002jpgc_20221220141501

その他にも、常観寺のお釜地蔵尊や御嶽神社、般若寺とか見て廻った。でも小折城址が見当たらなかった。どこに有ったのかな。また国道155号線を渡ります。その右手付近に、富士塚と言って、家康ゆかりの前方後円墳があるらしいが、一寸判らなかった。

まあこの辺で今日は止めることにしました。残りは12キロ程です。

Dscn3018jpgc_20221220141501

10分ほどで布袋駅です。14時31分でした。

Dscn3020jpgc_20221220141501

付近は何もないので、名古屋駅まで飲み物はお休みでした。

Dscn3021jpgc_20221220141501

家に帰ってお土産が楽しみです。

Dscn3023jpgc

冬は粕汁が一段と美味しくなるのですが、この日の粕汁は、これまで食べた中で、最高の美味しさでした。

Dscn3030jpgc

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

最近の写真

  • Outi000jpgcjpgc
  • Dscn1280c
  • Dscn1287c
  • Dscn1275c
  • Dscn1276c
  • Dscn1286c
  • Dscn1279jpgc_20240514192901
  • Outi01
  • Dscn1289c_20240515084301
  • Dscn1306c
  • Dscn1309c
  • Dscn1312c