« 大和街道2回目 月ケ瀬口から伊賀上野 | トップページ | 九里半街道 »

2022年4月10日 (日)

大和街道3回目 上野市駅から新堂駅

山歩会仲間との大和街道歩きの3回目です。1回目が笠置駅から月ヶ瀬口駅、2回目が月ヶ瀬口駅から上野市駅。そして今回が3回目で、上野市駅から新堂駅です。次が新堂駅から加太駅、そして5回目が加太駅から大和街道の起点東海道関宿を経て、伊勢別街道へ入ろうと思っています。

Sindo01jpgc

2022年4月9日(土)

いつもの列車で亀山に着き、加茂行に乗り換えます。なんとほぼ満員です。柘植で乗り換えて京都方面に出かける人が多くなったのですね。

Dscn0085jpgc

ところでその列車で気になる表示が。

Dscn0084jpgc_20220410153101

なんか小動物が居るみたいですね。小動物って何かな?

伊賀上野で乗り換え、伊賀鉄道で上野市駅へ。伊賀鉄道も忍者一色ですね。でもカッコいい「くノ一」ですね。

Dscn0087jpgc

10時に上野市駅に到着し、まず上野城址を見に行くことにしました。

Sindo02jpgc

上野城公園は丁度桜が満開でした。2~3日前に満開と聞いていたので、もうちょっと散っているかと思っていました。芭蕉の俳聖殿です。芭蕉の旅姿を表していると聞いたような。

Dscn0092jpgc_20220410153101

天守閣は明治に入ってから作られたとか。

Dscn0098jpgc_20220410153101

上野城はこの石垣の高さが有名なのだそうです。

Dscn0096jpgc_20220410154501

10時45分に駅前に戻ってきました。大和街道に復帰して歩き始めました。8分ほどで上野天満宮です。神社ですが、お寺の門のようですね。

Dscn0107jpgc_20220410153101

皆さん、取り敢えず、この歩き旅の無事を祈って。

Dscn0113jpgc_20220410153101

伊賀鉄道の広小路駅を過ぎると、ここで伊賀街道が、ここで分かれます。伊賀街道は藤堂高虎が、津と伊賀上野を結ぶ重要な街道として整備したと思いますが、最近では通行少なく、消えかかっている街道です。

Dscn0118jpgc_20220410182501

このすぐ近くに、すき焼きで有名な金谷があります。ここで左折して、北へ向かうのが大和街道です。大和街道という名称は、明治以降につけられたそうで、江戸時代には「加太(かぶと)越え奈良道」と呼ばれました。

少し北上すると芭蕉生家があります。老朽化のため改修で4年間閉鎖されていましたが、この4月から公開されました。一寸覗いて見ました。町家の町屋のような造りです。裏庭に若き日の芭蕉の書斎であった釣月軒が復元されていました。

Dscn0123jpgc

11時14分、10分ほどで芭蕉生家を出て街道に戻り、割烹旅館三田清を過ぎると大きな道標があります。「東海道関宿道」とか書かれているようです。

Dscn0129jpgc

突き当りを左に降りて、すぐ右折して地蔵堂の前を降りていきます。11時23分です。

Dscn0132jpgc_20220410182501

ここから10分ほど北上すると服部川の堤防に出ます。昔はここで川を渡ったと思われますが、現在、橋も渡しも無いので右折して、国道25号線の服部橋を渡ります。

Dscn0137jpgc_20220410182501

橋を渡って5分ほど、右手に小宮神社があります。この境内をお借りして昼食休憩としました。11時45分です。

Dscn0142jpgc

今日は愛妻弁当です(笑)。

Dscn0145jpgc

20分ほどで出発しました。15分ほど歩いて右折、国道を離れてほっとします。5分ほど歩くと、左手に清安寺という小さなお寺があります。

Dscn0151jpgc_20220410182501

この境内に昔の道標が残っています。やはり東海道関宿道とか刻まれています。

Dscn0153jpgc_20220410182501

清安寺から3分ほどで左折して北上、5分ほどで街道は右に曲がっていきますが、その角に地蔵堂があります。そこから6分程で街道は一旦国道25号線に出ます。

Sindo03jpgc

出て2~3分でまた左に分かれますが、その角に、孝子留松の碑があります。Dscn0161jpgc

一寸雰囲気のある旧道を15分ほど歩くと外山地区へ入る小さな橋が柘植川に架かっている。

Dscn0170jpgc

この橋を渡って福仙寺の摩崖仏を見に行くことにしました。川岸は桜が満開でした。

Dscn0190jpgc

線路を渡り、少し登ると石仏群がありました。

Dscn0181jpgc

その辺りを左折していくと福泉寺です。摩崖仏というので、崖に彫られているかと思ったのですが、崖は無いので、お墓の一角にあった、この石仏が、そうだろうということにしました(笑)。

Dscn0186jpgc_20220410191101

13時28分、街道に復帰しました。この佐那具は宿場町だったそうで、府中神社の近くに本陣や脇本陣がありました。17年前に歩いたときは、その脇本陣が経営する「本陣こんにゃく」という料理屋さんがありました。今回、そこで昼食と思ったのですが、電話すると、「火災に会い閉店した」と言われました。残念ですね。

13時50分頃、円徳院橋を渡りました。渡ってすぐ右折して、堤防沿いを歩くのが大和街道です。ここも桜並木が素晴らしく、結構、花見客が来ていました。

Dscn0199jpgc

10分ほど堤防を歩いた辺りで、我々もたまらず、お花見休憩としました(笑)。

Dscn0202jpgc

10分ほど桜の木の下で英気を養い、出発しました。すぐに大和街道という案内がありました。本日、唯一の大和街道という文字です。

Dscn0208jpgc

更に13分ほど歩いた14時27分。道端に「ミニ奥の細道」という句碑がありました。俳句も盛んなようですね。

Dscn0213jpgc_20220410191101

14時40分頃、御代橋付近を通ります。専念寺を過ぎ、一寸変わった常夜灯を過ぎます。

Dscn0228jpgc

橋本酒造という造り酒屋さんが有り、皆さん、地酒をお土産に購入しました。

Dscn0230jpgc

そこから、少し歩いて左折し、今日の目的地新堂駅へ行く前に、スーパーオークワで缶ビールを購入します(笑)。ここ新堂駅前は何もないので、ささやかな乾杯を駅前で、しようというのです。

Img_5845

皆さん、お疲れさまでした。亀山で途中下車して、やはり反省会を催しました。

Iga02_20220410194201

再度、お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 大和街道2回目 月ケ瀬口から伊賀上野 | トップページ | 九里半街道 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大和街道2回目 月ケ瀬口から伊賀上野 | トップページ | 九里半街道 »

最近の写真

  • Dscn2129jpgc
  • Dscn2126jpgc
  • Dscn2121jpgc
  • Dscn2110jpgc
  • Dscn2140jpgc_20220614111201
  • Dscn2117jpgc_20220614111201
  • Dscn2144jpgc
  • Dscn2148jpgc_20220614111201
  • Sibusawa00jpgc
  • Sibusawa01jpgc
  • Dscn2154jpgc
  • Dscn2175jpgc