« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月28日 (月)

大和街道

今年の山歩会の街道歩きは大和街道にしました。下図をご覧ください。大和街道は亀山から東海道を歩いて来た場合、関宿の西の追分で東海道と分かれて大和の国奈良へ向かう街道です。

Yamato00jpgc

JR関西線に沿って、柘植、伊賀上野、月ヶ瀬口、笠置と進みます。その辺りまでは資料もあるのですが、その先が判りません。おそらく、柳生街道か笠置街道で奈良に向かったのではないかと思っています。

今から17年前の2004年~2005年にかけて一人でこの道を関から歩いていますが、その時は京都側の資料が無く、適当に歩いて苦労しています。今回は逆に笠置から関に向けて歩きます。

2022年2月26日(土)

今日は笠置駅から月ヶ瀬口駅まで12キロ一寸の行程です。私は三重県なので良いんですが、愛知や岐阜の皆さんは自宅から笠置まで3時間も掛かります。朝7時前に出ても笠置到着は10時25分です。

Kasagi00

笠置駅に着くと、木津川の河川敷に何百台かの車です。河原でBBQか何かしているのでしょう、とてもコロナのまん延防止措置下だと思えません。大阪の人たちも外出自粛には飽き飽きしているのでしょう。

Dscn9079jpgc_20220228134201

笠置駅の近くに笠置山がありますが、そこは後醍醐天皇が兵を挙げた場所です。駅前にそのモニュメントがあります。ここを10時35分頃出発しました。

Dscn9081jpgc

17年前に歩いたときは木津川の右岸、今の国道163号線側を歩いたのですが、今回グーグルマップに左岸が旧大和街道と載っていたので、左岸を歩くことにしました。

Kasagi01jpgc

この道は地図には載っていませんが、東海自然歩道です。10時43分頃に自然歩道に入りました。

Dscn9083jpgc_20220228134201

自然歩道はJRの軌道と木津川の間の狭い空間を進みます。この道が旧大和街道とは思えませんが、他に道はありません。右岸に国道ができて旅人はそちらへ移ったので、鉄道に乗っ取られたかもしれませんね。

Dscn9088jpgc

20分一寸この道を歩くと、踏切があり、道は軌道の右側に移りました。丁度、布目川発電所の辺りです。11時07分でした。ここで木津川と別れ、布目川に沿って歩きます。この道はもうグーグルマップでは旧大和街道と表示されています。またこの辺りの河原は甌穴群があり、布目川公園とも呼ばれています。

Dscn9097jpgc_20220228134201

11時24分、布目川を渡り、左折して木津川方面を目指します。この辺りは民家もちらほらして街道の雰囲気もあります。

Dscn9108jpgc

JRの踏切を渡り、木津川の河原に出ると沈下橋があります。前回私は、月ヶ瀬からきて、この沈下橋を渡り対岸を歩いて笠置に向かいました。今回は勿論、沈下橋は渡らず木津川沿いを歩きます。11時36分。

Dscn9115jpgc_20220228134201

ここからしばらくは車道ではなく地道になります。ここも東海自然歩道です。

Dscn9116jpgc

JRの線路の下を潜りながら10分ほど歩くと、左手対岸に大河原発電所がありました。

Dscn9119jpgc

さらに12~3分歩いて12時ごろ、左手にお地蔵さんの石仏がありました。

Dscn9121jpgc_20220228144701

もう少し行くと地道でなく林道と合流してしますので、その前に弁当を食べようと、適当な場所で休憩することにしました。12時05分頃です。昼食は今日もカップヌードルとお握りです(笑)。

Dscn9127jpgc

カップ麺はいろいろメーカーがありますが、やっぱり日清が一番美味しいみたいですね(笑)。15分ぐらいで弁当を食べて歩き始めました。12時25分ごろには林道と合流しました。

Dscn9130jpgc

林道に入って5~6分歩くと十一面観音の摩崖仏があります。1Mほどの小さな摩崖仏です。

Dscn9131jpgc_20220228144701

これも街道の名残ですね。歩いていると道端の木が2本繋がっていました。もう少し年月が経つと「夫婦〇〇」とか名前が付くかもしれませんね。

Dscn9136jpgc

12時45分頃から集落に入り、街道の面影も出てきます。戀志谷神社と天満宮がありました。

Dscn9140jpgc_20220228144701

この辺り川の対岸は大河原駅です。12時54分頃の街道の風情です。

Dscn9146jpgc

13時頃、大河原大橋に出ました。

Dscn9149jpgc

旧大和街道は対岸に続くので、過ってはどこかに渡しが有って、対岸に渡っていたのでしょう。

Kasagi02jpgc_20220228151001

とりあえず橋を渡り、街道に復帰しました。

Dscn9155jpgc

10分一寸街道を歩き、自動車道に出て一寸引き返してまた街道に入りました。不自然なので他の道が有ったのでしょうね。13時21分頃です。

Dscn9159jpgc

ここから上り坂で一汗かきます。途中の石碑です。

Dscn9162jpgc

15分ほど登ると峠です。風情があります。13時37分。

Dscn9164jpgc

下っていくと視界が開け小さな川を渡ります。

Dscn9165jpgc_20220228152401

川を渡った所に東海自然歩道の案内と立派なトイレがありました。今日の行程で唯一の公衆トイレです。13時48分。

Dscn9166jpgc_20220228151901

道なりに歩いていくと周囲は茶畑になります。800年の歴史ある宇治茶だそうです。14時10分頃。

Dscn9173jpgc_20220228151901

14時30分頃月ヶ瀬口駅に到着しました。駅の向こう側に新しく道の駅ができています。前回歩いた17年前には無かった物です(笑)。

Dscn9184jpgc_20220228151901

ここへ寄って、簡単な反省会をすることにしました。道の駅なので心配したのですが、アルコールはビールだけですが置いていました(笑)。

Dscn9181jpgc

月ヶ瀬というと梅林が有名ですが、ここ月ヶ瀬口駅からは8キロほど南に離れています。列車はこの時間1時間に1本です。16時03分の電車で帰宅しました。帰りの列車のお楽しみは、やはりこれです(笑)。

Dscn9187jpgc

るみ子の酒というのは有名な伊賀の酒です。興味ある方はネットで調べてみてください(笑)。

 

 

 

 

 

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

最近の写真

  • Nara09jpgc_20221113125101
  • Dscn3823jpgc
  • Dscn3845jpgc
  • Dscn3851jpgc
  • Dscn3834jpgc
  • Dscn3828jpgc_20221113125201
  • Dscn3856jpgc
  • Dscn3848jpgc
  • Nara10jpgc
  • Dscn3858jpgc_20221113131801
  • Dscn3881jpgc
  • Dscn3873jpgc_20221113131801