« 美濃街道最終 養老~関ヶ原 | トップページ | 越美南線と越美北線を繋ぐ その2 »

2021年11月16日 (火)

越美南線と越美北線を繋ぐ

下図を見てください。越美北線は福井から九頭竜湖まで来ています。また越美南線は美濃太田から北濃まで来ています。越美線の全通は何時断念されたか知りませんが、国鉄民営化の際、越美北線はJR西日本に引き継がれましたが、越美南線は長良川鉄道に変わりました。

Rosenjpgc

今回我々は岐阜駅近くの加納宿から郡上街道を北上してきましたが、最終目的の一つが、越美南線の最終駅である北濃駅と越美北線の九頭竜湖駅の間30キロほどを石徹白を経由して徒歩で繋ぐことでした。

2021年11月13日(土)

今回は郡上街道の5回目、いよいよ1泊2日の最終回です。長良川鉄道の美濃白鳥駅から北濃、石徹白を経て九頭竜湖駅まで35キロほどを歩きますが、途中の檜峠越が心配の種です。

Itosiro00jpgc

というのも、北濃から石徹白は県道314号線が通っていますが、我々は旧檜峠への旧道を歩きます。この旧道の現状が解らないのです。地元の観光協会などへ訊いたのですが、現状把握されていませんでした。ネットで探すと数年前の記録が見つかりましたが、最近の異常気象で、ここ1年ほどゲリラ豪雨とかが多く、どうなっているのか心配でした。

10時過ぎに美濃白鳥駅に到着です。総勢6人、トイレ休憩を済ませて出発です。

Dscn7512jpgc

街道は国道を渡って一筋目を右折していくようでした。相変わらず郡上街道の案内は何もありません。岐阜県教育委員会の歴史の道調査報告書の地図が頼りです。それも40年以上前の調査なので、現状変更は止む得ません。

Itosiro01jpgc

サイド国道に出て、少し歩きます。そろそろ積雪が近いと見えて、雪かき用のショベルカーの準備が進んでいます。10時45分、道路わきに北条川原の石仏がありました。台座には越前道とか八幡道と刻まれています。

Dscn7519jpgc 

街道はしばらく国道歩きですが、特に見る物も無さそうなので、国道と並行する農道を歩きました。車に煩わされないので快適です。

Dscn7521jpgc

11時10分過ぎ、八幡神社の辺りで国道に出ました。国道を20分程歩くと白山長滝駅があり、白山神社に到着しました。

Dscn7535jpgc

これまでも数多くの白山神社を見てきましたが、ここは特に立派です。長瀧寺というお寺も併設され、釈迦三尊像など重要文化財もあるようです。神仏分離令で苦労されたかもしれませんねえ。

Dscn7541jpgc

11時40分、ここで昼食休憩としました。

Itosiro02jpgc_20211115203101

12時頃出発しました。すぐ道の駅がありますが、素通りして北濃駅に向かいます。15分かそこらで北濃駅に到着します。

Dscn7553jpgc

ここで中途から参加のNさんが合流して7人になりました。終着駅と言うのは、なんとなく哀愁があり、多くの人が写真を写しにきているようです。

Dscn7554jpgc

我々はここが目的では無く、ここがスタートです。5分程で駅を出て、15分程歩くと、石徹白への県道が国道から左に分かれます。

Dscn7557jpgc

入るとすぐ石徹白まで14キロの案内がありますが、これは県道で、くねくね曲がった自動車道です。我々は檜峠まで旧道で直線的に登るので2キロ程少ないと思います。

Dscn7560jpgc_20211115200501

12時40分、ここからは登りになります。20分ほど県道を登ると前谷上切のバス停があります。

Dscn7564jpgc_20211116105201

その一寸先を左折して旧道に入ります。すぐまた県道に出ますが、またすぐ左に登る細道があります。特に案内はありませんが、これが旧街道のようです。

Dscn7565jpgc_20211116105201

登り始めるとすぐカモシカが居ました。我々の姿を見て一旦は逃げますが、遠くへは行かず、後ろを振り返ってじっと見ています。普通の鹿はすぐ逃げますが、カモシカは牛の仲間で、なかなか逃げません。

Dscn7572jpgc

ジグザグの道をしばらく登り、平坦で後が開けた場所を過ぎると白山禅定道の案内があります。13時28分でした。ここから先は地道になります。

Dscn7578jpgc_20211116105201

ここは十字路になっていて、右折して下って行くと県道にぶつかり、そこに白山信仰歴史街道の案内があるので、こちらが街道かもしれませんが、教育委員会の地図では我々が歩いた道です。かつ、この道のほうが自然だと思います。

Itosiro03jpgc

一寸休憩して出発しました。2分で床並社跡の案内があります。

Dscn7584jpgc_20211116105201

実はこの道は、私がワンゲルの頃、スキー合宿の下見や本番で何回か荷物を担いで登っています。でもなにせ60年前の話で、記憶は全くありません(笑)。なだらかな、良い感じの登り道です。国道からの分岐点は標高480m弱、旧檜峠が950mほどなので、500m弱の登りです。

Dscn7589jpgc_20211116105201

禅定道の案内から20分でアラクラの滝の案内があり、更に5分で茶屋峠です。標高は800mほどです。丁度2時です。

Dscn7594jpgc_20211116105201

道は険しくはありませんが、小さな沢を渡ったり、苔むした石畳があったりして古道を偲ばせます。

Dscn7599jpgc_20211116105201

道自体は人が歩いた形跡は少なく、周囲のブッシュや倒木も出てきているので、このままだと何年か先には通れなくなるかもしれませんね。14時40分に中の峠です。標高は930m位です。もう少しですね。

Dscn7603jpgc_20211116105201

でもここからも一寸てこずります。一旦下って沢を渡り、梯子を登ります。

Dscn7607jpgc

15時丁度にようやく旧檜峠に到着しました。ほっと一息です。午後2時半~3時を予定していたので、ほぼ計画通りでした。

Dscn7614jpgc

ここから先の古道は、県道やスキー場の工事で消えているので、辿るすべはなく、県道を歩くしかありません。10分程休んで出かけました。5分で県道に合流しました。ここが現在の檜峠でしょう。

Dscn7615jpgc_20211116135401

檜峠から25分でスキー場です。昨日がスキー場開きとかで、たくさんの車が来ていました。

Dscn7618jpgc

雪はまだですが、人工雪でゲレンデを作り、滑っていました。15時40分。

Dscn7619jpgc_20211116135401

ここから後は淡々と車道を下るのみです。幸いなことに車はぐんと少なくなりました。旧道は右手の山側を通っていたそうです。マタタビの水とか桂清水を見ながら4時半頃、石徹白の下在所に着きました。橋を渡って右折し、6分か7分登った郵便局の前が今日の宿藤屋旅館さんです。字は中在所ですね。

Dscn7629jpgc_20211116135401

皆さん、お疲れ様でした。

Cid_141927ae622044b5ab44f5cdcfa5d709

料理は鮎やアマゴと山菜料理。すっかり満足しました。

Dscn7630jpgc_20211116135401

明日はいよいよ九頭竜湖です。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 美濃街道最終 養老~関ヶ原 | トップページ | 越美南線と越美北線を繋ぐ その2 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美濃街道最終 養老~関ヶ原 | トップページ | 越美南線と越美北線を繋ぐ その2 »

最近の写真

  • Dscn2129jpgc
  • Dscn2126jpgc
  • Dscn2121jpgc
  • Dscn2110jpgc
  • Dscn2140jpgc_20220614111201
  • Dscn2117jpgc_20220614111201
  • Dscn2144jpgc
  • Dscn2148jpgc_20220614111201
  • Sibusawa00jpgc
  • Sibusawa01jpgc
  • Dscn2154jpgc
  • Dscn2175jpgc