« 甲州街道最終回2日目(小仏峠越) | トップページ | 伊勢本街道 伊勢奥津から多気町 »

2020年12月 8日 (火)

甲州街道最終回3日目

2020年12月2日(水)

今日は日野駅から京王線蘆花公園駅まで21キロほどです。アップダウンは無く、すべて市街地歩きなので6時間もあれば着くでしょう。ただ午後から東京は雨との予報なので、少し早めに出発しましょう。

Kobo08jpgc

朝はカップラーメンを食べて7時前にホテルを出ました。八王子は都会ですね(笑)。

Dscn4459jpgc_20201206190201

JR中央線で2駅、日野駅に向かいます。東京への通勤列車で混雑すると心配でしたが、意外に空いていました。

Dscn4460jpgc

7時15分に日野駅を出発しました。

Kobo11jpgc

Dscn4461jpgc

歩き出すとすぐ神社があり、その案内に天然理心流奉納額というのがありました。新選組の近藤勇グループが属していた流派ですね。この付近は新選組発祥の地なんですね。

Dscn4464jpgc

すぐ近くに日野宿本陣跡もあります。

Dscn4468jpgc_20201206190201

土方歳三うどんが有ったりして、日野宿は新選組一色ですね。

Dscn4472jpgc_20201206191301

7時40分頃、多摩川を渡り始めました。多摩モノレールが上を走っています。

Dscn4476jpgc_20201206190201

渡った後、街道は消えているようですが、散歩中の女性に日野の渡し跡の碑を尋ねたら、ちゃんと教えてくれました。若いお母さんでしたが、大したものですね。7時57分。

Dscn4480jpgc_20201206190201

付近には旧甲州街道の案内もあり、風情もあります。体育館の横にも小さな説明板がありました。

Dscn4484jpgc_20201206191901

都道256号線に合流すると、すぐ国立市に入ります。しばらくは都道歩きです。15分ほど歩くと矢川駅ですが、その手前に五智如来が祀られていました。五智という意味になると、一寸手におえないですね(笑)。

Dscn4488jpgc

五智如来から20分一寸、8時54分に谷保天満宮の前に来ました。由来は知りませんが大きな神社なので参拝することにしました。

Dscn4497jpgc_20201207145401

江戸後期から甲州街道は立川段丘の上、つまり今私が歩いている道になったのですが、それ以前は段丘の下だったそうです。なので谷保天満宮の本殿は以前の甲州街道に面して段丘の下にあります。一寸下って参拝しました。

Dscn4502jpgc

私は北野天満宮の近くで生まれ育ったので、天神さんには親しみがあります。ここも広い梅林があり、一寸休憩しました。休憩の間、ずっと鶏が大声で鳴いていました。元気です(笑)。

Dscn4507jpgc

9時10分頃神社を出ました。20分ほど歩くと熊野神社古墳という案内がありました。熊野神社と聞くと、つい近寄る癖があるんですが、熊野神社古墳とは珍しい。

Dscn4510jpgc_20201207145401

社殿の後ろに古墳らしい石積みがありますが、関係が良く解らない。石室が復元されているようですが、コロナのため当分見学できないそうです。良く解らなかった(-_-;)

Dscn4514jpgc

この辺りは本宿と言って、初期の甲州街道では宿場だったようです。9時40分頃、西府駅前を通過しました。

Kobo10jpgc

この辺りは都道229号線のようです。15分ほど歩くと片町の踏切を渡りました。

Dscn4522jpgc

片町とおう集落は番場宿という宿場に属していたとか。10時に高安寺の前に差し掛かると、その番場という屋号の料理屋さんがありました。国家安康という文字が珍しくて、写真に写しました。

Dscn4526jpgc

5分で府中市役所前の通りを横切りますが、その角が府中高札場で、その裏は大黒魂神社の御旅所です。

Dscn4530jpgc

ここは甲州街道と川越街道などが交差する、府中宿の中心地だったようです。そこからすぐ大國魂神社です。よく知らなかったのですが、武蔵の国の総社で、創建は大化改新にさかのぼるようです。

Dscn4538jpgc_20201207190201

参拝もせず通り過ぎました。15分位歩くと国府八幡宮と言う神社がありますが、この辺り八幡宿と呼ぶようです。

Dscn4546jpgc

東海道や中山道では宿と名が付くのは何キロかに一つですが、甲州街道では隣接していくつも宿があります。よく解らないですねえ。東府中駅近くの踏切を10時半に通過しました。

Dscn4548jpgc_20201207190201

40分位歩くと調布市に入りました。入るとすぐ飛田給駅になるのですが、その角に薬師堂があります。境内に行人塚も有り、皆の信仰を集めた云々の説明があります。

Dscn4554jpgc

時刻も11時17分、朝も早かったので駅前の食堂で昼食にしました。また牛丼です(笑)。でも昨日は吉野家、今日はすき家です。

Dscn4560jpgc

11時50分に店を出ました。歩き出すと新選組局長近藤勇生誕の地の幟があちこちに立っています。ここも新選組かと思って歩いていると、中央道の下を潜った所に西光寺というお寺が有り、正面に近藤勇の座像がありました。ここまでするんだと感心しました。12時2分です。

Dscn4567jpgc

20分ほど歩くと調布市の中心街に入ってきました。バス停も調布銀座です。宿場としては布田と言ったようです。

Kobo11jpgc_20201208141101

Dscn4576jpgc

調布駅の次の駅は布田駅です。そこを12時35分に通過しました。さらに15分歩くと、久しぶりに国道20号線と合流しました。旧甲州街道入口という交差点です。東京から来れば入口、甲府から来れば出口ですね(笑)。

Dscn4583jpgc

この後あまり情報がありません。淡々と国道歩きしたのでしょう。40分位歩いて13時28分、仙川駅の入り口に来ましたが、その反対側のコンビニの前に仙川一里塚跡の石碑がありました。

Dscn4588jpgc

10分位コンビニに入ってトイレ休憩したりしました。そして5分で仙川三叉路です。ここで国道と分かれて右に入ります。目指す蘆花公園駅までは2キロ位でしょう。

Dscn4593jpgc_20201208141001

途中予報どうり小雨がぱらついてきました。ザックカバーを掛け傘を準備しましたが、なんとか傘をささずに済みそうです。25分位歩くと右手に武州鳥山村「大橋場の跡」いう欄干と石仏がありました。

Dscn4596jpgc

そこから5分、コンビニの角を右折します。

Dscn4598jpgc

すると100mほどで蘆花公園駅です。14時18分でした。

Dscn4599jpgc_20201208141001

新宿に出て、JRに乗り換え、東京から新幹線で帰りました。缶ビールに有りついたのは新幹線に乗ってからでした。お疲れ様。

Dscn4601jpgc

これで江戸時代の五街道は、東海道・中山道・日光街道に次いで甲州街道を歩いたので、残るは奥州街道ですが、これは遠いので一寸無理かな(笑)。

なお、今回はこれで終わりですが、以前歩いた蘆花公園駅から新宿を経て日本橋までの記録は、ここをご覧ください

また、全体の目次を見たい場合は、ここです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 甲州街道最終回2日目(小仏峠越) | トップページ | 伊勢本街道 伊勢奥津から多気町 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 甲州街道最終回2日目(小仏峠越) | トップページ | 伊勢本街道 伊勢奥津から多気町 »

最近の写真

  • Dscn1083jpgc
  • Dscn1068jpgc
  • Dscn1065jpgc
  • Dscn1070jpgc_20220516144001
  • Dscn1069jpgc
  • Dscn1074jpgc_20220516144001
  • Dscn1079jpgc_20220516144001
  • Dscn1087jpgc
  • Kabuto04jpgc
  • Kabuto02jpgc_20220516144101
  • Dscn1096jpgc
  • Dscn1120jpgc