« 伊勢本街道榛原~伊勢奥津1日目 | トップページ | 甲州街道笹子峠越へ初日 »

2020年11月 9日 (月)

伊勢本街道榛原~伊勢奥津2日目

2020年11月7日(土)

今朝は8時に三季館を出発、小雨の降る中桃俣まで街道へ引き返しました。今日は伊勢奥津駅まで18キロほどで、昨日よりは楽な行程です。

Mitsue00jpgc

8時12~13分頃、桃俣宿へ帰ってきました。

Mitsue01jpgc

傘は要らない程度の降りです。

Dscn3290jpgc_20201109145401

土屋原地区の民家にお侍さんが居ました。

Dscn3293jpgc_20201109145401

この御杖村は村内14キロ程を伊勢本街道が横断しているだけあって、観光の主軸に伊勢本街道を置いていますね。道案内も親切です。

Dscn3299jpgc

街道を歩いていると三季館の女将さんから電話があり、バッテリーの忘れ物が有ったので、今から届けると。女将さんにはお世話になりっぱなしですね。感謝。国道に合流し、9時20分頃、桜峠への山道に入りました。

Dscn3302jpgc_20201109145401

この道は10分も掛からず峠を越えますが、最初の踏み跡が無くて一瞬迷いました。ともかく踏み込めばすぐ峠で、小学校の白いドーム屋根がみえてきます。9時27分。

Dscn3305jpgc

学校の縁をぐるっと廻って国道にでます。国道を出入りしながら10分一寸歩くと御杖村の役場に近づきます。そこに伊勢本街道の案内があり、そこから本格的に旧道に入ります。

Dscn3310jpgc

入って5分で役場からの道に突き当たります。そこに菅野宿の案内があり、久しぶりに常夜燈もありました。左折です。9時50分。

Dscn3313jpgc_20201109145401

ここから少しの間、街道の雰囲気有る街並みが続きます。

Dscn3320jpgc

街並みを抜けると菅野川に沿って歩きますが、ここも良い感じです。

Dscn3323jpgc_20201109145401

10時16分、牛峠を目指して菅野川を渡りました。

Dscn3327jpgc

さあ登りかと身構えましたが、ここは広い車道を15分ほど登るともう牛峠でした。何かの大きな石碑の先の国道との合流点が牛峠でした。10時33分でした。左折するとすぐ大きな三叉路ですが、そこに小公園があり大休止しました。

Dscn3331jpgc

15分ほど休憩して出発しました。

Mitsue02jpgc

下って行くとお地蔵さんがあります。

Dscn3335jpgc

下り切った付近も雰囲気のある集落で、道案内の通りに歩けば自然に川沿いの道になります。

Dscn3337jpgc

道が突き当たると街道は右折です。逆に左折して川を渡って、また川沿いに歩くと、昨日行った道の駅へ2キロ程でしょうか。右折して10分ほど歩くと佐田峠で、首切地蔵さんがあります。

Dscn3342jpgc

この辺り、正面に大洞山が見える所ですが、今日は雲の中です。峠から少し行くと、道が二つに分かれますが、右に田圃の中へ降りて行きます。

Dscn3346jpgc_20201109154801

この辺り敷津という集落ですが、次の目標は姫石明神や丸山公園です。ただ参宮街道・俳句という催しがあるらしく、その案内や倭姫の元伊勢伝説もあるようです。

Dscn3354jpgc_20201109154801

11時45分頃、丸山公園に着きました。ここで昼食休憩としました。トイレもあります。

R0004325jpgc

30分ほど休憩して姫石明神に向かいました。階段を少し下った所にあります。倭姫が婦人病の全快を祈願したとか。

Dscn3366jpgc

ところで、ここから下ればいいんですが、案内地図にここは本街道ではないと書いてあったので、一寸本街道を探してみました。

Dscn3359jpgc_20201109190201

だけど結局見つからず、再度、姫石明神の前を下りました。15分ほどロスしたかな。下る途中にいろいろ石碑があります。これは六部の墓。

Dscn3372jpgc

悪路ですが10分一寸で国道へ降りてきました。丁度、三重県境です。12時45分。

Dscn3374jpgc

この小公園で小休止して、出発しました。ここから国道歩きで三重県夷入るなら簡単ですが、街道は国道の右下に降りて行きます。そこから案内が無くて困りました。国道を潜っても駄目、潜らず林へ登っても駄目。10分位うろうろして、諦めて国道を歩こうと決めた時、はっとひらめいたのが国道沿いの溝蓋のうえ(笑)。そこが街道でした。

Dscn3377jpgc

そこからは順調で、10分も掛からず国道(368号線)に出ました。手前に太一の常夜灯があります。太一の常夜灯は独特な形で、この地方に多いですね。13時03分。

Dscn3380jpgc

ここは三重県津市美杉町杉平、旧美杉村です。津市とは思えませんね。ここから大洞山へ少し登った辺りが、有名な三多気の桜です。右折して伊勢奥津駅に向かいます。国道を7~8分歩くと道標がありました。右伊賀名張、左大和初瀬だそうです。正面は伊勢道。

Dscn3387jpgc_20201109190801

太一の常夜灯は街道沿いに4つあります。二番目がこれ。

Dscn3389jpgc

石名原に入って街道は左に分かれます。そこに3番目の常夜灯。13時30分。

Dscn3394jpgc

3分でまた街道は左に分かれます。その細道に下垣内庚申堂があります。

Dscn3396jpgc

そしてすぐ先ほどの道に合流しますが、その街道が国道に出る手前で右折します。

Dscn3401jpgc_20201109190801

そして上の写真の奥にけもの防止の金網があり、その扉を開けて田圃道に入ります。そこまでは良いんですが、次に扉を開けて出た後道が無くなっています。一瞬戸惑いますが、強引に進んで民家の庇の下を通るとすぐ街道に出ます。出た所です。

Dscn3402jpgc

そのすぐ先に3番目の常夜灯があります。13時45分。

Dscn3404jpgc

そこから5分で国道に出て、また5分で旧道は右に分れます。いよいよ奥津宿です。興津宿は飼坂峠の難所を控えた宿場として、また若宮八幡宮の参詣口として栄えたそうです。

Dscn3409jpgc_20201109190801

入口から5~6分で伊勢奥津駅の入り口です。駅まで94mだそうです。

Dscn3414jpgc

伊勢奥津駅は鉄道マニア垂涎の駅だそうです。2時間に1本の名松線の終点駅で、効率が悪くてなかなか行けない駅だそうです。この日も何人かのマニアがただ乗りに来てすぐ引き返していました。

Dscn3416jpgc

Dscn3420jpgc

午後2時6分に着きましたが、列車は3時8分です。1時間待って松阪着が4時39分、なんとも時間のかかる駅です。それはともかく松阪でのお楽しむは当然焼肉ですね。駅前の焼肉店で反省会を行いました。

Dscn3423jpgc

次回は伊勢奥津からスタートします。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 伊勢本街道榛原~伊勢奥津1日目 | トップページ | 甲州街道笹子峠越へ初日 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊勢本街道榛原~伊勢奥津1日目 | トップページ | 甲州街道笹子峠越へ初日 »

最近の写真

  • Dscn1083jpgc
  • Dscn1068jpgc
  • Dscn1065jpgc
  • Dscn1070jpgc_20220516144001
  • Dscn1069jpgc
  • Dscn1074jpgc_20220516144001
  • Dscn1079jpgc_20220516144001
  • Dscn1087jpgc
  • Kabuto04jpgc
  • Kabuto02jpgc_20220516144101
  • Dscn1096jpgc
  • Dscn1120jpgc