« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月30日 (金)

甲州街道ポタリング2日目後半

今、図の上方、大武川を渡り富士山を眺めた辺りです。

Kosyu10jpgc_20201030132101

渡ってすぐ左に入った辺りに旅館の近江屋さんがあると思ったのですが見当たりませんでした。国道沿いなのかな。しばらく走って小武川の手前で再度国道に出ますが、振り返ると八ヶ岳がきれいでした。

Dscn3062jpgc_20201030132301

また左に入って気持ちよく走り、穴山橋の近くで国道に出たのですが行きすぎでした。

Kosyu11jpgc

右折して街道に合流しました。付近に日本三大堤随一という徳山堤の説明がありました。この付近にあるようです。いや、その堤の上が街道になっているのかな。

Dscn3067jpgc_20201030132301

この付近からは前方に富士山、後方に八ヶ岳と絶景です。

Dscn3068jpgc

Dscn3070jpgc

左下に県道12号線があり、それが旧甲州街道と言う人も居るようですが、山裾の道を走ります。その県道に近づいた所に小公園があったので昼食休憩しました。下円井バス停付近です。12時10分頃です。

Dscn3072jpgc

20分の休憩で出発しました。まだ県道に入らず山裾を行きます。円井逆断層とか有るようです。予定のコースが通行止めになっていて、一寸引き返しながら県道にでました。ここからしばらくは県道を出入りしながら釜無川に架かる桐沢橋を目指します。13時に桐沢橋を渡りました。

Kosyu12jpgc

渡ると国道ですが、それも横断して旧道に入ります。旧道の左手にも岸壁が続きます。七里岩と言って、溶岩台地を釜無川や塩川が削ってできたそうです。武田家ゆかりの新府城も、この台地の上に築かれました。

Dscn3080jpgc

この旧道は正面に富士山を見ながら走りました。なかなか良い感じです。

Dscn3081jpgc_20201030132301

国道に出て、また左に入って13時20分頃韮崎駅前の本町交差点にきました。一橋陣屋跡や本陣跡があるかと探しましたが見当たりませんでした。

Dscn3082jpgc

そのまま走って13時35分に塩川橋を渡りました。

Kosyu13jpgc

渡るとすぐ甲斐市です。

Dscn3085jpgc

甲斐市もなかなか昔の風情が残る街並みがあります。12~13分走った所に舟形神社の石鳥居というのがありました。説明を読むと、室町時代前期の建造だとか。

Dscn3087jpgc_20201030132301

塩崎駅前付近を13時55分に通過しました。近くに泣石という巨岩があります。勝頼夫人が新府城を去る際、涙を流したとか。

Dscn3092jpgc

14時頃、高速の下を潜りました。

Dscn3095jpgc

その後街道は登り坂になって進みますが、道なりに迷うことなく進めました。下り坂になった辺りからは眼下に甲府の街を見渡せます。

Dscn3097jpgc

14時28分、竜王駅付近の線路を渡りました。そして国道52号線に合流します。高速の下を潜ると甲府市に入ります。

Dscn3099jpgc_20201030143801

美術館通りと呼ぶようですね。美術館がありました。公園はなかなかの人出です。今日は日曜日なんですね。

Dscn3100jpgc

荒川橋の手前に上石田のサイカチとかがありました。樹齢300年、本来は湿地に生える樹木だとか。

Dscn3101jpgc

荒川橋を渡り、問屋町付近には15時頃来ましたが、それらしいものはありませんでした。

Dscn3105jpgc_20201030150401

本陣跡付近のNTT交差点も特に何もなかったなあ。

Dscn3107jpgc_20201030143801

そのまま石和温泉方面に向かうことにしました。石和温泉駅まで多分6キロ弱、電車は16時11分、現在15時02分なので充分時間はありそうです。ところが少し走って善光寺駅付近で右足太ももに痙攣が起きました。昨日は左足、今日は右足かと思いながら一寸休憩します。

Dscn3109jpgc_20201030143801

一寸落ち着いたのでまた走り出しました。

Kosyu15jpgc

15時22分頃、山梨学院の前を通過。駅伝を思い出しました。

Dscn3111jpgc

この辺までは良かったのですが、この後、車道から歩道へコースを帰る際、小さな車輪が段差を登り切れず転倒してしまいました。傷は大したこと無いのですが血が止まりません。しっかり止血している時間も無いので、そのまま石和温泉駅まで走りました。

自転車を畳み、片手でタオルで傷口を抑えながら乗車しました。土産物屋さんにも入れませんでした。

Dscn3112jpgc

甲府で特急に乗り換え、1時間ほど傷口を抑えながら塩尻に着く頃に、ようやく血が止まりました。やっと売店に行って必要物資を買い整え、小宴を開きながら帰りました。お疲れ様でした。

Dscn3117jpgc

 

 

 

 

 

 

2020年10月29日 (木)

甲州街道ポタリング2日目前半

2020年10月25日(日)

今日はすずらんの里駅からできれば甲府を越えて石和温泉駅まで行きたい。その場合56キロほどになるので早めに出発して、すずらんの里駅には7時半に到着した。

Kosyu00jpg2jpgc

相棒の自転車を広げ、7時45分には出発した。

Dscn2962jpgc

国道20号線に復帰すると、東京まで184キロの案内があった。

Dscn2964jpgc

ところがすぐ右折する道を間違えてしまった。

Kosyu06jpgc

右折地点に3本の道が隣接しているのに気づかず、簡単に右折してしまった。

Mayoijpgc

しばらく登った所で可笑しいと気付き引き返した。15分のロスで街道に復帰した。

Dscn2969jpgc_20201029111201

天気は上々で、右手には富士見パノラマリゾートのゴンドラが見える。

Dscn2971jpgc

登り口から20分位で961mの案内があった。この辺りが今回の最高地点だろう。そこから4分で変電所があり、その先で道が二つに分かれていた。舗装道路を直進したらすぐ道が無くなった。右の砂利道が正解だった。

Dscn2978jpgc

甲州街道は全て舗装道路と思っていたら宛てが外れた。でもまあすぐに舗装道路になって左折。すぐに右折する辺りで、地元の小母さんに道を尋ねると、明確に旧甲州街道だと教えてくれた。前方に八ヶ岳が見え隠れするので、写真を写しに行ったが、良いアングルは無かった。引き返して街道に入ると石仏群があり案内もあった。

Dscn2984jpgc

トチの木の風除林を過ぎ、小さな神社に地元の人が集まっていた。秋祭りの準備かな。街道を感じます。

Dscn2990jpgc_20201029131601

もうこの辺りからは急な下り坂です。

Kosyu07jpgc

瀬沢という集落まで一気に下ってしまいました。神社と古い煙草屋さんがありました。

Dscn2993jpgc_20201029132001

そこからすぐ国道へ出るのですが、その道が左鋭角に引き返すので見逃しそうになりました。国道に出て橋を渡り、すぐ左に登ります。登り口に何か石碑があるので雰囲気はあります。9時10分頃です。

Dscn2995jpgc_20201029132001

5分ほどで国道に下り、しばらく国道を走りました。蔦木宿では旧道があるのですが入口を通り越しました。宿の中ほどに小公園があり、小休止しました。9時25分です。

Dscn2997jpgc

公園から旧道に入り、少し行くと石仏群と蔦木宿の案内がありました。すべての案内は東京から来る人に向けられていますね。

Dscn3002jpgc

少し行くと二股になり、直進は砂利道、左は舗装です。砂利道の入り口に石仏が並んでいて、如何にも街道らしかったので入りましたが、今度は舗装道路が正解でした。

Dscn3004jpgc_20201029132001

丁度国道の道の駅の手前辺りです。

Kosyu08jpgc

再度国道へ降りてきますが、途中に眞福寺というお寺が有り、国道手前に日蓮上人の高座石というのがありました。上人が三日三晩この岩の上に立ち、説法と祈祷をして、村に流行っていた悪病を退治したとか。

Dscn3010jpgc_20201029132001

すぐに旧道に入り、新国境橋は渡らないはずでしたが、旧道が通行止めになっていたので国道で渡りました。9時55分です。渡ってすぐ左に旧道へ入ります。3分ほどで山口の関所跡がありました。

Dscn3013jpgc

この辺りは山口素堂の生誕地とか。一旦国道に出るとすぐまた左に旧道に入りますが、ここが上教来石の入り口との案内がありました。

Dscn3017jpgc

国道に出て、一寸走って左に入ると下教来石ですが、この辺りが教来石宿だったようです。旧道をしばらく走ると白洲総合運動場があります。10時26分です。

Kosyu09jpgc

この辺りの右手山裾方面にサントリーの工場があるようです。国道に出て神宮川を渡り、すぐまた左に入ります。今度は台ヶ原宿へ向かう道です。左に岸壁が見えています。

Dscn3028jpgc

集落に入って右手を見ると、良さそうな山が見えます。地図的には甲斐駒か鋸岳方面ですがどうでしょうか。

Dscn3032jpgc

旅館が2軒向かい合ってありました。台ヶ原宿なのでしょうか。

Dscn3034jpgc_20201029141601

明治天皇行在所でもある造り酒屋の北原家住宅があります。ここは多勢の観光客が居ます。この辺りの名所なのですね。10時55分。

Dscn3038jpgc

台ヶ原宿を過ぎると街道は国道を渡って旧道に入る。ただこの旧道は私が見た資料で点線になっていたので、通行不可と勘違いして、少しの間だからと国道を走った。それで旧道との合流点へ来ると古道入口の案内があった。

Dscn3045jpgc_20201029141601

なんだ通れるのかと悔やんだが、引き返すのも癪なので、一寸逆から入って見た。気持ちよさそうな田圃道ですぐに横山の道標があった。

Dscn3047jpgc

さらに進むと丘の上に無銘の巨塔があった。明治に入って建てられた日蓮かんれんの石塔です。

Dscn3050jpgc_20201029141601

先へ進むのはここまでにして引き返した。釜無川を渡って左の旧道に入る。そして再度国道を渡って、山裾を少し登った旧道を走る。

Kosyu10jpgc

少し走ると交差点の右角に石仏群があった。水難碑もある。昭和34年8月に、この地区を大水害と山津波が襲ったと書かれていた。

Dscn3056jpgc

国道に戻り大武川にかかると、前方に富士山がすっきりと姿をみせた。

Dscn3060jpgc_20201029141601

丁度11時30分です。前半はここまでとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年10月27日 (火)

甲州街道ポタリング

かねてから甲州街道を歩きたいと思っていた。10月22日~24日で下諏訪から甲府までと考えていたが、天候の加減で24日(土)と25日(日)の2日間で自転車となった。

2020年10月24日(土)

朝8時のしなの3号で塩尻に向かう。塩尻で乗り換えて下諏訪へ行くのですが、乗り換え時間が4分しか無い。自転車担いで心配だなと思っていたら、しなのの到着が2分ほど遅れた。乗り換えのホームが解らず、うろうろしているうちに乗り遅れてしまった。9時58分の次は11時3分まで1時間待ちという。最悪。

Kosyu00jpg1jpgc

今回の行程は下諏訪から石和温泉まで78キロ程で、初日の今日はすずらんの里駅まで23キロ弱なので、まあ余裕がある。1時間遅れでもなんとかなるので、待ち時間にお握り食べて昼食を済ませた。

11時18分頃、下諏訪駅に到着した。中山道歩きなどで何回か来た駅です。諏訪大社が有名ですが、この万治の石仏も人気です。

Dscn2881jpgc

今回の相棒はこの折りたたみ自転車です。車輪は14インチで三輪車並みです。スピードは出ませんが、街道歩きにスピードは禁物です。時速10キロ以上出すと、道端の石仏や道標などを皆見逃してしまいます。重量が8キロと軽いので気に入っています。

Dscn2884jpgc

11時38分に出発して、まず中山道に入ります。

Dscn2887jpgc

すぐに中山道と甲州街道の合流点があり、ここからスタートです。

Dscn2890jpgc

中山道はここから左へ、さきほどの万治の石仏など見ながら、難所の和田峠越に入ります。甲州街道は初めてですが、取り敢えず、諏訪大社下社の秋宮に参拝しました。11時53分頃です。

Dscn2892jpgc

ここから甲州街道に入ったつもりだったのですが、早速道を間違えました。

Kosyu01jpgc

下社を出て直進したのが間違いで左折でした。中途で気が付いて街道に復帰しました。一寸行くと一里塚跡です。江戸から53番目とか。

Dscn2895jpgc

右手眼下に諏訪湖が見え、上諏訪の街並みが見えます。

Dscn2898jpgc

昔の旅籠でしょうか、橋本政屋という古民家がありました。12時20分頃です。

Dscn2900jpgc

12時半頃、左手に先宮(さきのみや)神社があった。諏訪大社は出雲の神様が移ってきたのだが、それ以前の地元の神様らしい。

Dscn2903jpgc

さらに進んで街道がカーブして更に左折する角に石仏群があった。近くの温泉寺の入口なのかな。

Dscn2906jpgc

左折するとすぐ52番目の一里塚跡です。

Dscn2910jpgc

この辺りは上諏訪駅の近くで、上諏訪宿に入っています。左手に県社手長神社という大きな鳥居がありました。

Dscn2911jpgc

元町という交差点で国道20号線の合流しました。R20は現代の甲州街道で、以後この国道に沿って進むことになります。12時48分。

Kosyu02jpgc

Dscn2914jpgc

国道から離れて旧道に入ると、立派な道祖神があったりします。信州の道祖神は夫婦なのか二人が多いですね。

Dscn2915jpgc

13時5分頃、足長神社がありました。先ほどは手長神社でしたが、謂れがあるのかも。

Dscn2917jpgc

調べてみると、いずれも諏訪大社の末社ですが、諏訪大社より古く、手長さまは足長さまの奥様だそうです。途中、工事通行止めなどありましたが、火燈公園を左手に見ながら、再度国道に合流しました、

Kosyu03jpgc

国道を淡々と走って、152号線との交差点を斜めに入って茅野駅を目指します。今日はちのステーションホテルを予約していますが、駅前に着いたのは13時35分頃でした。出発して2時間ですね。

Dscn2922jpgc

下諏訪駅から茅野駅は12キロほどなので1時間6キロのペースです。一寸掛かりすぎています。8キロは欲しいのですが、これから富士見町へかけては登り坂なので、頑張りが必要です。20分ほど走って多分宮川の橋を渡る手前に石仏群がありました。ここを左折して川沿いに走るようです。

Dscn2924jpgc

5分も走ると右手に細い街道らしき雰囲気の道が現れます。ここ右折ですね。一々止まって地図で確かめるので進まないのです。歩きだと歩きながら地図を読むのですが、自転車では「ながら」は無理です。油断するとすぐ通り越してしまいます。

Dscn2925jpgc

Kosyu04jpgc

右折して7~8分、変電所を越えると線路沿いの登りになります。

Dscn2928jpgc

登り切った所に旧甲州街道補助路の案内があります。付近に旧道が有ったのでしょう。線路を陸橋で渡ります。

Dscn2929jpgc

国道に合流して、しばらく線路沿いに走ると左手に金山権現の森がある。武田信玄の金山と関係があるのでは? 金沢宿の入口でしょうか。

Dscn2932jpgc

郵便局の辺りが金沢宿の本陣付近でしょうか。14時32分です。付近の民家もなんとなく昔日の面影を残しています。

Dscn2935jpgc

すぐに国道から離れ、右に登ります。

Dscn2939jpgc

15分ほど坂道が続き頑張ったのですが、セイコーエプソンの社宅の辺りで左足太ももに痙攣が起きました。最近は歳の性か一寸頑張ると筋肉が痙攣します。情けない。

Kosyu05jpgc

一寸筋肉を休めて、騙しながらピークを越えると、立派なケヤキが目にはいってきた。御射山神戸の一里塚です。

Dscn2945jpgc

樹齢400年弱、慶長年間に植えられたものだとか、素晴らしい。ここからは一気に下って国道に合流。すぐ八幡神社の交差点があります。

Dscn2950jpgc

今日の行程はここまで。左折して「すずらんの里」駅に向かいます。15時15分でした。

Dscn2951jpgc

後少し登って富士見町を過ぎれば、後は甲府まで下り坂です。明日も頑張ります。

Dscn2955jpgc

この日は茅野駅まで戻って、ホテルで1泊しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

最近の写真

  • Dscn1083jpgc
  • Dscn1068jpgc
  • Dscn1065jpgc
  • Dscn1070jpgc_20220516144001
  • Dscn1069jpgc
  • Dscn1074jpgc_20220516144001
  • Dscn1079jpgc_20220516144001
  • Dscn1087jpgc
  • Kabuto04jpgc
  • Kabuto02jpgc_20220516144101
  • Dscn1096jpgc
  • Dscn1120jpgc