« 北国街道ポタリング3日目 福井~加賀温泉その2 | トップページ | 西国街道1日目その2 »

2019年12月22日 (日)

西国街道1日目その1

西国街道は京都から下関まで瀬戸内海に沿って伸びる577キロの街道です。豊臣秀吉の朝鮮出兵の折に整備され、江戸時代には西国大名が大阪や京都の街中を通らず参勤交代する街道として利用されました。

今回その京都から神戸の三宮まで70キロほどを一泊二日でポタリングしました。

Saigoku000jpgc

2019年12月19日(木)

1日目は京都駅から大阪府池田市の阪急石橋阪大前駅まで40キロ弱の行程です。

Saigoku00jpgc

軽量8キロほどの折りたたみ自転車を京都駅で組み立て、7時50分頃には出発しました。

Dscn7131jpgc

西国街道の起点は一応東寺の辺りと言うことで東寺に向かいました。8時05分頃到着です。

Dscn7139jpgc

Saigoku01jpgc

平安京の時代、都の中央を南北に通る朱雀大路があり、その南の入り口が羅城門で、その東西に東寺と西寺がありました。東寺は今も健在で、その五重塔は京都のランドマークですね。羅城門は九条通りから一寸入った小公園に石碑があります。

Dscn7143jpgc

西寺は羅城門の一寸西に西寺公園があり、そこに石碑と礎石が少し残っています。

Dscn7147jpgc

それらを一応一通り見て、8時半頃、ようやく吉祥院の西国街道に入りました。入るとすぐ右手に「ひむき地蔵」さんのお堂があり、そこに西国街道の案内が建てられていました。

Dscn7151jpgc

その石碑の上面の説明に577キロが書かれていました。

Dscn7155jpgc

吉祥院を過ぎ、桂川を久世橋で渡ります。渡ってすぐ堤防を南下、愛宕大権現の参道石碑が目印で進みます。9時10分頃、JRの線路を地下道で潜り、向日町駅を通過します。

Saigoku02jpgc

阪急の踏切を渡った商店街の入り口に、大きな西国街道の案内がありました。街道筋の市町村は意外と西国街道を意識しているようです。

Dscn7163jpgc

この向日市の街道筋は石碑や道標がいろいろ建っていて、目を楽しませてくれます。

Dscn7170jpgc

向日神社を過ぎ、道が石畳の舗装になり、9時40分頃一文橋に来ました。ここにも西国街道の石碑や観光案内があります。バス停では次が一里塚です。

Dscn7177jpgc

Dscn7180jpgc

一文橋から10分弱で神足商店街に入ります。「こうたり」と読みます。JRの神足駅が今は長岡京駅と名前を変えました。

Dscn7183jpgc

商店街を過ぎると京都縦貫道の下を潜ります。ここが調子八角という交差点です。

Saigoku03jpgc_20191222091401

ここは西国街道から丹波街道が分岐する交通の要衝だったそうです。10時10分頃ですが小休止しました。

Dscn7195jpgc_20191222091601

大山崎町に入り、天王山を右手前方に見ながらす進みます。名神高速の下を潜り、すこし行くと大山崎黒門跡という、山崎合戦ゆかりの地があります。そこに石敢當の石碑を見て目を疑いました。

Dscn7203jpgc_20191222091601

石敢當は沖縄で道の突き当りに置く魔除けですが、沖縄以外では見たことがありませんでした。写真は私の創作で、石敢當の文字は石碑の側面に彫られています。見えないので創作したのです(笑)。西国街道に石敢當が有るとわねえ。

Dscn7204jpgc_20191222091601

離宮八幡宮が10時35分頃、一寸お参りしました。ここ大山崎は桂川・宇治川・木津川の三川が合流して淀川となる水運の要衝です。対岸には石清水八幡宮があり、両社は密接な関係にあるようです。またこの離宮八幡宮の神人が、室町時代、油の独占販売権を得て、強大な権力を持っていたと歴史で習ったような。

Dscn7208jpgc_20191222091601

離宮八幡宮を過ぎると大阪府島本町に入ります。そこにサントリーの山崎工場があります。

Dscn7219jpgc_20191222091601

JR島本駅の近くに桜井駅跡があります。

Saigoku04jpgc

駅と言っても現代の駅ではなく、駅(うまや)です。奈良時代ごろから始まったそうですが、替え馬を配置した役所のようです。ここ桜井駅は室町時代足利尊氏の大軍を迎え撃つ楠木正成が、我が子正行と別れた桜井の別れで全国に知られています。

Dscn7223jpgc

11時頃、桜井駅を後にしました。島本町を出ると高槻市梶原です。ここに何かのお堂と思って通り過ぎそうですが、一里塚跡の案内がありました。道の反対側にも何か史跡があったような(笑)。

Dscn7236jpgc

一里塚跡から3キロ程でしょうか、20分一寸かかって11時35分頃、関西大学の大きなビルが左手に現れました。

Dscn7243jpgc

そろそろ空腹で街道を左折して高槻駅に行ってみましたが、自転車も置けそうな気に入った店がありません。高槻駅付近は過って芥川宿という宿場町だったそうで、その名の付いた商店街を歩いていると、「芥川仇討の辻」に出た。江戸時代初期の有名な仇討美談がある場所だそうです。

Dscn7245jpgc

この辻の近くの中華料理店で昼食休憩にしました。11時55分頃です。

Dscn7247jpgc

午後の後半に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 北国街道ポタリング3日目 福井~加賀温泉その2 | トップページ | 西国街道1日目その2 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北国街道ポタリング3日目 福井~加賀温泉その2 | トップページ | 西国街道1日目その2 »

最近の写真

  • Kafuka00jpgc
  • Kafuka02jpgc
  • Kafuka01jpgc
  • Dscn1174jpgc
  • Dscn1176jpgc_20200719140501
  • Dscn1183jpgc
  • Dscn1204jpgc
  • Dscn1178jpgc_20200719140501
  • Dscn1179jpgc_20200719140501
  • Dscn1222jpgc
  • Dscn1212jpgc_20200719140501
  • Dscn1223jpgc