« 和歌山別街道沿いの三重四国 | トップページ | 伊勢街道沿い、松阪の三重四国 »

2019年9月 9日 (月)

伊勢鳥羽の三重四国

三重四国八十八ヶ所巡りも大詰めに近づいてきました。現在まで79番の近長谷寺まで参拝が終わり、残るは松阪地区の4ヶ寺と伊勢鳥羽地区の5ヶ寺となりました。ただ最後の87番庫蔵寺と88番正福寺が、それぞれ250mほどの山上に有り、自転車が使えないのが今の私の腰の状態からすると、辛い所です。

2019年9月6日(金)

近鉄の週末フリーパスを買ったので、この週末6・7・8日ですべて廻るつもりです。まず今日は平日なので自転車の持ち込みは厳しい。それでどうしても徒歩の山登りに行くことにしました。その前に駅近くの寺を廻ろうと、早朝6時39分の電車に乗り込みました。

Isesimajpgc

8時17分頃宇治山田駅に着きました。この駅は皇室の方々が伊勢神宮参拝の際使われるよう設計されたとかで、豪華な造りですが、現在改修中でした。

Dscn4332jpgc

84番世儀寺は駅から10分ほどです。駅を出るとすぐ、外宮から内宮を結ぶ古市街道を横断します。古市は過って、妓楼70軒、遊妓1000人を擁する江戸の吉原、京の島原に次ぐ遊郭だったそうです。「伊勢参り、皇大宮には、一寸寄り」と詠われました。

Segidera

世儀寺は行基菩薩の開山に寄るが、大峰山修行先達の寺として栄えた寺だそうです。

Dscn4340jpgc

Dscn4338jpgc

宇治山田駅前の明倫商店街は風情があります。中の居酒屋で何回か飲んだ覚えが(笑)。

Dscn4333jpgc

駅に帰ってくると高校生がいっぱい居ました。修学旅行ですかね。

Dscn4341jpgc

さて次は山登りに出かけます。鳥羽から3駅目位にある船津駅から登ります。

Toba01jpgc

庫蔵寺は朝熊山の金剛証寺の奥之院として創建されたが、後に九鬼水軍の守り神となった。当初は加茂駅からの参道が主たる道であったが、鳥羽レストパークが出来てからは、その車道がメインとなり、過っての参道はどうなっているか不明です。

Dscn4345jpgc

船津駅から、そのレストパークへの車道を登り始めたのが9時40分過ぎです。一寸道に迷ったりしながら15分ほど登ると白滝神社の案内がありました(写真上)。更に登ると庫蔵寺のあんないもあります。

Dscn4347jpgc

10時23分にレストパーク入口かと思う場所に出ましたが違いました。ここから一寸下ります。

Dscn4349jpgc

所々、イノシシの罠が仕掛けてあります。多いんでしょうね。

Dscn4350jpgc

10時半過ぎ、ようやく霊園の入り口に来ました。駅から50分掛かっていますね。

Dscn4352jpgc

10分弱で霊園を通り過ぎると庫蔵寺の案内があります。後900mとか。

Dscn4354jpgc

ここから又登りになり、250m位の標高がピークで、そこから下ります。10時58分に到着しました。駅から1時間20分ですね。

Dscn4356jpgc

境内のコツブガヤと山門両側の宝塔は謂れありそうですね。

Dscn4358jpgc

下りは旧参道で加茂駅側へ下ってみようと、住職さんにお聞きしましたが、船津側へ下るのが安全と言われました。でもまあ、無理して山門をくぐって超急傾斜の石段を下りました。

Dscn4366jpgc

注意して下ったのに、ここ数日来の雨で湿った石に滑って転びました。参道もほぼ崩壊寸前です。最近は登る人も少ないのでしょうね。

Dscn4369jpgc

慎重に30分ほど下ると、道は平坦な舗装道になり、更に7分ほど、11時45分に彦滝神社に出ました。船津側には白滝神社、加茂側には彦滝神社ですか。何か謂れがありそうですね。

Dscn4375jpgc

彦滝神社から5分で県道に出ました。山門から42分ですか、住職さんは25分と言っていたような。昔はそうかもしれませんね。

Dscn4382jpgc

県道を25分ほど歩くと国道に出て、そこから10分ほどで加茂駅でした。12時42分、山門から1時間35分も掛かりました。こちら側からの登りは無理でしょうね。駅のベンチでお握り弁当を食べました。

Dscn4386jpgc

ここから隣の駅が松尾で、そこから88番正福寺へ登れます。でも今日は疲れたので、山登りは止めて、他のお寺に行くことにしました。鳥羽側へ二つ戻ると中之郷駅です。

Kinntaiji

そのすぐ近くが86番金胎寺です。ただ、平成7年に不審火で本堂などが焼失し、現在は小さなお堂と庫裏などが残っているのみです。

Dscn4390jpgc

境内は高台で景色良く、この日も近所の方々が何人も来て、清掃などやっておられました。

Dscn4389jpgc

付近は鳥羽水族館も近く、商店街の端とも言えます。牛肉やさんで「豚捨」って、面白い屋号ですね。

Dscn4393jpgc

最後に二見へ行くことにしました。ここは近鉄が通っていないので、鳥羽駅でJRに乗り換えて、「二見浦(ふたみのうら)」で降りました。

Dscn4397jpgc

ここは私がまだ小学生の頃、修学旅行に来た場所です。

Daikouji

二見浦駅が14時15分頃です。参道を進み旅館街を通って二見輿玉神社へ向かいます。この近くには神宮125社の一つ御塩殿があります。

Dscn4403jpgc

伊勢の建物の特徴に妻入がある。妻入の反対は平入りで、これが全国平均です。妻入の町屋は伊勢だけではないでしょうか?

Dscn4406jpgc

二見浦の夫婦岩は毎年老人会の新年伊勢参りがあるので、そのたびに見に来ます。

Dscn4411jpgc

でも本当のご神体は夫婦岩の沖合数百mの沖合に沈む岩だそうです。夫婦岩はその入口の鳥居にあたるのではないでしょうか。

Dscn4415jpgc

おっと、今回の目的は夫婦岩ではありませんでした。近くにある大江寺(だいこうじ)でした。二見浦シーパラダイスの角を右折します。古い街並みです。

Dscn4417jpgc

大江寺は過って相当栄えたとみえて、この地域の地名も大江寺が残っている。また伊勢神宮との関係が深く、一の禰宜、荒木田神主が諸堂を再建したりしている。

Dscn4423jpgc

またここは過ってユースホステルを営んでいて、私も10年以上前に泊まったことがあります。今は民泊としてやっているとか。

Dscn4425jpgc

帰りは松下駅の方へ歩きました。途中に松下社という神社があります。伊勢地方のしめ飾りをご存知でしょうか?蘇民将来子孫之家門とか笑門とか書かれた注連縄です。その蘇民将来が祀られています。

Dscn4428jpgc

隣に小さな道の駅もあります。

Dscn4429jpgc

お疲れ様でした。15時35分頃のJRで伊勢市駅に出て、そこから近鉄でかえりました。

3日間のフリー切符を持っているのですが、急に台風15号が発生して、8日には本州へ上陸するとか、明日からのスケジュールどうしよう。

 

 

 

 

« 和歌山別街道沿いの三重四国 | トップページ | 伊勢街道沿い、松阪の三重四国 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 和歌山別街道沿いの三重四国 | トップページ | 伊勢街道沿い、松阪の三重四国 »

最近の写真

  • Nagano00jpgc
  • Nagano01jpgc
  • Dscn9402jpgc
  • Dscn9432jpgc_20200312091101
  • Dscn9429jpgc_20200312091101
  • Dscn9423jpgc_20200312091101
  • Dscn9408jpgc_20200312091101
  • Dscn9419jpgc_20200312091101
  • Dscn9417jpgc_20200312091101
  • Dscn9438jpgc_20200312091101
  • Dscn9412jpgc_20200312091101
  • Dscn9462jpgc