« 初瀬街道沿いの三重四国その3 | トップページ | 和歌山別街道沿いの三重四国 »

2019年8月13日 (火)

初瀬街道沿いの三重四国その4

今回が伊賀の国のお寺の最終です。下図赤線のその4辺りです。

Hasekaidojpgc

2019年8月12日(月)

お盆も近づいて墓参りも必要ですが、連日の猛暑で外出は無理。14日からは台風10号も来る。ということで、今日は曇りで、熱中症の観点からは一番お勧めと言うことで出かけました。明日はお墓に花をあげに行きましょう。

今日は距離的に20キロは越えそうということで、現在の腰の状態からすると一寸オーバーワークかなと思って自転車にしました。ただ12キロほどの自転車を担いで駅の階段を上り下りするのも心配ですが。自転車は20インチの折りたたみです。

Dscn3572jpgc

9時46分に名張の二つ手前「美旗駅」に到着しました。美旗には何か謂れがありそうですね。

Dscn3573jpgc

下図を見てください。美旗駅の近くは初瀬街道が通っています。ただ、桔梗が丘団地やゴルフ場の建設で、街道は大分無くなっています。

Mihata01jpgc

最初は44番の大福寺ですが、その前に一寸初瀬街道を見に行きました。16年前に歩いたときは、もう少し南の初瀬街道を歩いたようで、この新田宿や新田の常夜灯は初めてでした。まず新田の常夜灯まで走りました。こんなとき自転車は便利ですね。気軽に行けます。

Dscn3578jpgc

新田宿の街並みも風情があります。

Dscn3582jpgc

この写真を撮っているとドアが開いて、奥さんが出てこられました。街道の見所の話をして頂きました。大切にしておられるのですね。本居宣長の菅笠日記の碑があるとか。阿保宿にも有りましたね。

Dscn3583jpgc

初瀬街道を離れて美旗駅近くへ戻ってくると、今度は美旗古墳群です。これはその一つで馬塚と言い、前方後円墳だそうです。

Dscn3585jpgc

この近くにいくつか古墳が有って、近鉄あみま倶楽部の地図に古墳巡りのハイキングコースがあります。

Dscn3589jpgc

さて本来の八十八ヶ所巡りに戻りましょう。10時20分頃です。一寸走ると道案内がありました。助かります。

Dscn3597jpgc

大福寺到着は10時27分頃です。

Dscn3598jpgc

御朱印はセルフです。本堂の前にお盆のお供えがしてありました。

Dscn3600jpgc

次の45番永福寺ですが一寸苦労しました。大体、歩きの場合はスピードが遅いので、歩きながら道を考えることができます。一方自転車は、道筋を充分考えてから走らないと通り過ぎたりします。今回、桔梗が丘団地を通り抜け、左折してLIXILの前を通るまで順調でした。アピタの角を曲がろうと思ったのですが、アピタがでてきません。名前が何かに変わっていたのですね。

Mihata02jpgc

でもまあ、適当に右折して、すぐ地元の人に道を尋ねました。永福寺は有名らしく、親切に近道を教えてくれました。でも間違えてうろうろしていると、先ほどの人が心配して見に来たのか呼び戻されました。「こっちだよ」と。それからもまた別の人に道を訊いて、ようやく辿りつきました。一人では無理ですね。11時05分頃です。写真の坂道を右に押して登りました。

Dscn3601jpgc

Dscn3603jpgc

永福寺からは富貴ケ丘団地の縁を廻って名張川にぶつかります。そして夏見橋を渡ります。すぐ青蓮寺川も渡るのですが、そこに大きな石碑が立っています。曽爾街道だそうです。

Dscn3610jpgc

県道81号線で、青蓮寺湖を通って香落渓へ続く、5日前に赤目四十八滝へ行って、帰ってきた道だったのですね。気が付きませんでした。向かい側に積田神社という奈良の春日大社ゆかりの神社がありました。

Dscn3605jpgc

青蓮寺川を渡ってすぐ左に坂を登ると46番福典寺でした。11時35分頃です。

Dscn3611jpgc

坂を下って、今度は安永名張工場を目当てに走ります。ここの鋳物工場とは一寸知り合いが居たものですから。立派な工場でした。

Dscn3613jpgc

安永の角を曲がって少し行くと47番福成就寺があります。神社と境内は隣接しているようです。

Dscn3614jpgc

入って見たのですがどうもよく解らない。神社の神殿やお寺の庭園らしきものは有るのですが、お寺の本堂が見当たらない。

Dscn3615jpgc

奥さんが出てこられたので聞いてみたら、今年の5月3日に焼失したのだそうです。現在檀家衆と再建の相談中だそうです。

Dscn3619jpgc

Dscn3620jpgc

福成就寺から番外の地蔵院へ行く道も一寸自信が無かった。

Mihata03jpgc

釜石川らしき川を渡って登りになり、自転車を押しているとぶどう園があった。そう言えば、青蓮寺のぶどう狩りは有名でしたね。

Dscn3625jpgc

ぶどう園の人に道を訊いて正しいことを確認した。気が付くと辺りはぶどう園ばかりだった。ぶどう園案内所の前に長い石段があり、ぶどう園の案内人の人に訊くと、確かにこの上が地蔵院だと。

Dscn3627jpgc

自転車で行けそうな道も教えてくれそうだったが、どうせ坂道を教わっても押していくだけなので、ここに自転車を置いて石段を登ることにした。12時32分です。5分ほどの登りで地蔵院でした。

Dscn3631jpgc

高台で景色も良く、風通しも良いので、本堂で一寸休憩しました。

Dscn3630jpgc

帰りは一寸別の道で下山。12時53分に元の石段下に帰ってきました。そこから赤目四十八滝の道を目指します。5日前バスで通った道のはずですが、瀧自慢という酒屋さんを目指します。13時10分頃到着。

Dscn3634jpgc

そこから10分弱で49番極楽寺に到着です。今日の最終です。

Dscn3637jpgc

最後の御朱印をもらい、赤目口の駅には13時33分頃到着しました。当初、名張まで走って駅前で一杯と思ていましたがやめました(笑)。22キロの行程ですが3時間45分位で帰ってきました。桔梗が丘周辺は丘陵も多く、何回も自転車を押して歩きました。この道を歩きで来ていたら、多分7時間でも無理だったかもしれません。駅前の喫茶店で遅めのランチです。

Dscn3640jpgc

赤目口駅前は缶ビールの自販機がありません。名張の駅もありません。仕方なく、名張駅の改札を出て、駅前のコンビニでようやく買い物しました。

Dscn3641jpgc

これ1本で伊勢中川まで爆睡しました。危うく乗り過ごす所でした。伊勢中川駅にはファミマがあります。そこで一寸補給して、ようやく気持ちよく帰宅しました。

Dscn3643jpgc

次は松阪から栃原あたりへ行きます。

 

 

 

 

 

« 初瀬街道沿いの三重四国その3 | トップページ | 和歌山別街道沿いの三重四国 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初瀬街道沿いの三重四国その3 | トップページ | 和歌山別街道沿いの三重四国 »

最近の写真

  • Dscn7944jpgc
  • Dsc_0601jpgc
  • Dscn7963jpgc
  • Dscn7956jpgc
  • Dscn7959jpgc
  • Dscn7950jpgc
  • Dscn7967jpgc
  • Dscn7964jpgc
  • Nisaka02jpgc
  • Nisaka01jpgc
  • Dscn7971jpgc
  • Dscn7968jpgc