« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月27日 (土)

初瀬街道沿いの三重四国その3

初瀬街道は下図のように、三重県松阪の六軒町から奈良県の初瀬(長谷寺がある)までの街道です。そのうちその1と2では下図赤丸の名張付近、近鉄線の北側を歩きました。今回はその3、伊賀神戸辺りです。最後にその4で名張の南側が残っています。

Hasekaidojpgc_20190727144901

2019年7月26日(金)

明日は台風6号が紀伊半島に上陸するということで、急遽行くことにしました。9時40分頃、伊賀上津駅に降り立ちました。

Dscn3236jpgc

下図のように初瀬街道はここ伊賀上津駅の近くを通っています。私もその初瀬街道へ向かいました。

Aoyamatyou01jpgc

この付近は当時伊勢地宿と言う宿場が有ったのだそうです。

Dscn3243jpgc

Dscn3244jpgc

初瀬街道を一寸入った所に今日の一番手42番善福寺があります。ここではっと気づきました。御朱印帳を忘れて来たのです。急に決めるとなにか忘れますねえ。仕方無いので白紙に印を押して、それを持って帰って貼ることにしました。でも、その白紙もありません。お寺にどなたか居られることを祈るばかりです。

Dscn3250jpgc

周囲の山にお墓が結構ならんでいます。珍しい景観です。

Dscn3255jpgc

幸いなことに、普段は無人なのに、たまたま、奥さんが用事で来ておられました。仏様のお引き合わせですね。半紙を頂きました。御朱印はセルフです。

Dscn3252jpgc

寺を出て、少し初瀬街道を歩きます。常夜燈も有り、街道の雰囲気です。

Dscn3256jpgc

伊賀市防火水槽のマンホール蓋がカラフルできれいです。これ結構高価なんです。メーカー出身ですから(笑)。

Dscn3257jpgc

次の41番宝巌寺が線路の向こうなので、国道165号線に出て一寸歩いた所で街道と別れました。車の多い国道歩きから解放されて助かりました。近鉄の線路を潜って行きます。10時半頃です。

Dscn3260jpgc

20分ほどで宝巌寺の有る寺脇の集落に到着しました。お寺は一寸高台にあります。

Dscn3266jpgc

参道脇の石仏です。

Dscn3268jpgc

ご本尊は十一面観音、御朱印はセルフです。

Dscn3270jpgc

再度近鉄の線路を渡り、初瀬街道である国道と線路の中間の田圃道を青山町駅に向かいます。のどかな雰囲気は電車の車窓からもいつも感じています。この雰囲気は赤目口ふきんまで続きますね。

Dscn3274jpgc

道端に足止め地蔵尊が祀られていました。こんな立派な石仏は街道沿いしかないのですが、謂れは一寸判りません。

Dscn3276jpgc

11時23分、青山町駅の前に来ました。ここを11時55分発のバスで43番常楽寺に行こうと思っています。常楽寺のある種生までは8キロ近く有るので一寸歩けません。

Dscn3279jpgc

時間も有るので、ここを左折して初瀬街道に合流しました。初瀬街道もここで国道と分かれ、木津川を渡って阿保宿に入って行きます。

Dscn3281jpgc

橋を渡ると阿保宿の案内があります。

Dscn3287jpgc

その横に本居宣長の菅笠日記の碑があります。本居宣長が立ち寄ったことがあるらしい。

Dscn3285jpgc

阿保宿は先の伊勢地宿に比べると格段に規模が大きいようです。中ほどに若戎の造り酒屋さんがあり、そこに宿の案内もありました。

Dscn3290jpgc

Dscn3291jpgc

宿の外れに懐かしい〇〇百貨店の看板が、そのすぐ向こうに上野口のバス停があるので、ここのベンチをお借りして、昼食休憩しました。

Dscn3293jpgc

43番常楽寺のある種生(たなお)まではバスで25分位掛かりました。付近に石仏や常夜燈も多く、謂れありそうなしゅうらくです。徒然草の兼好法師の碑があるようですが、謂れは解りません。

Dscn3296jpgc

その前にある常楽寺は隣の種生神社と繋がっています。御朱印はセルフです。神社にもお参りしました。

Dscn3302jpgc

30分ほどで乗ってきたバスが引き返してくるので、それに乗ってまた上野口へ帰ってきました。13時15分です。ここで初瀬街道と別れて右折します。

Dscn3307jpgc

再度木津川を渡り、近鉄の下を潜って、伊賀鉄道の比土駅方面に向かいます。途中、駅の手前に「城之越遺跡」の案内があり、心惹かれましたが坂道だったので止めました(笑)。

Dscn3309jpgc

伊賀鉄道の線路を渡って右折、40番常福寺のある古郡の集落を目指します。13時45分頃です。

Dscn3312jpgc

古郡の集落も小さいけど風情があります。蘇民将来の注連縄も飾っていました。

Dscn3313jpgc

集落の外れの高台に常福寺はありました。

Dscn3316jpgc

ここは今日初めて住職が居られたので、手書きの御朱印を頂きました。

Dscn3329jpgc

高台からお大師さんが、遠く伊賀平野?を眺めておられました。

Dscn3322jpgc

帰りは木津川を沈下橋で渡って、伊賀神戸駅まで25分位です。

Dscn3323jpgc

伊賀神戸駅到着は14時50分。15時発の急行にゆっくり間に合いました。

Dscn3326jpgc

帰りの缶ビールも旨くて、久しぶりのウオーキングの心地よい疲れがたまりませんでした。

 

 

 

 

 

2019年7月17日 (水)

甲州街道一寸だけ後半

地図再掲します。今、四谷大木戸跡を過ぎて、四ツ谷交差点へ向かっています。

Kousyu04jpgc

田安通りと言う案内がありました。御三卿の一つ田安家の屋敷が有ったらしい。他は一橋家、清水家です。

Dscn3128jpgc

四ツ谷交差点の手前を左折して、すぐ右折するのが旧道らしいです。持田製薬の前を通って、四谷見附北の交差点を渡ります。四谷駅付近は江戸城外堀跡です。

Dscn3135jpgc

Dscn3136jpgc

この線路を越えると外堀を渡り、四谷門を潜って江戸城内へ入ることになりますねえ。庶民も通る街道が江戸城内を通ることは考えられないので、これから歩こうとしている甲州街道は変ですよね。少なくとも外堀の外側を通らないと。

そんなことを考えながら麹町付近を歩いていると、時刻も12時に近寄ってきました。丁度、日高屋があったので、軽くラーメンを食べました。

Dscn3141jpgc

食べ終えて一寸歩くと、開店準備中らしい店があり、私の好きそうなメニューがありました。開店したら食べて見たいですね(笑)。

Dscn3143jpgc

半蔵門に来ました。江戸城内堀ですね。12時23分です。

Dscn3149jpgc

丁度昼休みの時間帯なのでランナーが走っています。走る方向は皆一緒ですね。申し合わせているんかな。

Dscn3151jpgc

国会議事堂もちらっと見えます。

Dscn3153jpgc

最高裁判所や国立劇場などを過ぎると桜田門です。桜田門外の変が有ったのだから、ここは江戸城内では無いんだなあ。すると街道が有っても良いのか?思いは様々です。

Dscn3158jpgc

この辺りの柳は銀座の柳3世が植えられているとか。

Dscn3161jpgc

二重橋前を過ぎると、いよいよ第4コーナーです。マッカーサーの居た第一生命のビルとか明治安田生命のビルなど古い建物も残っています。

Dscn3164jpgc_20190717160501

13時07分に東京駅正面を通過しました。

Dscn3170jpgc

一寸通り過ぎて、和田倉門噴水公園入口の前で右折して東京駅へ向かいます。

Dscn3173jpgc

街道は東京駅北口辺りを通っていたそうで、八重洲への自由通路を通ります。

Dscn3179jpgc

八重洲口ではこの左側の通りで銀座通りへ出てみました。

Dscn3182jpgc

高島屋と丸善の付近で左折、正面が日本橋です。

Dscn3185jpgc

日本橋到着は13時37分でした。この日本橋も上の高速道路が無くなる計画があるとか。そうすれば景観も一変しますね。

Dscn3198jpgc

日本の道路元標です。

Dscn3195jpgc

甲州街道は甲府までしか載っていませんね。

Dscn3196jpgc

雨のしょぼ降るなか、お疲れ様でした。帰りの新幹線で小宴を開きながら帰りました。

Dscn3201jpgc

 

 

 

甲州街道一寸だけ

甲州街道は下図を見てください。京都から江戸へ中山道を歩いてくると、中津川から木曽路を抜けて諏訪湖のほとり下諏訪宿に来ます。ここで中山道は和田峠を越えて軽井沢へ向かいますが、甲州街道がここで分岐します。甲府から笹子峠を越えて府中、そして日本橋です。距離的には中山道が220キロ、甲州街道は200キロです。でも皇女和宮は中山道を選んだので、甲州街道は一寸険しいか開けていなかったのでしょう。

Kousyu01jpgc

2019年7月15日(月)

日光白根山からの帰り、このまま帰るのも勿体ないので、近々歩く積りの甲州街道の一部を歩くことにしました。新宿から京王線に乗り、芦花公園駅で降りて、そこから日本橋まで20キロ弱を歩くことにしました。私は甲州街道を下諏訪から歩こうと思っているので、その時は、芦花公園駅まででゴールとします。

Kousyu02jpgc

朝7時15分頃、芦花公園駅を出発しました。一寸北へ歩くと旧甲州街道と合流します。

Kousyu03jpgc

角にセブンイレブンがあります。

Dscn3055jpgc

5分で街道は国道20号線となります。現代の甲州街道ですね。今日はこの国道で東京駅まで歩きます。

Dscn3057jpgc

朝飯を食べていなかったので、八幡駅まえの松屋に入って朝食をとりました。

Dscn3060jpgc

7時55分に店を出て、街道に復帰しました。10分ほどで上北沢ですが、ここへ中央高速が合流してきます。

Dscn3063jpgc

3分歩くと一里塚跡の案内があります。高速道路下に日本橋から4里16キロの一里塚が有ったそうです。

Dscn3064jpgc

国道の北側に並行して緑地帯がありますが、玉川上水跡だそうです。

Dscn3074jpgc

下高井戸駅前を過ぎると築地本願寺の墓地があります。樋口一葉の墓がこの辺なので、この墓地の中でしょうか。

Dscn3077jpgc

この辺りは高井戸宿です。当初は日本橋から最初の宿場でしたが、遠すぎるので、間に内藤新宿が出来たようです。すぐ明治大学があります。

Dscn3081jpgc

築地本願寺墓所から明治大学にかけては江戸幕府の火薬庫があったそうです。明治維新の新政府は、この火薬を利用して、彰義隊討伐や東北諸藩の戦争に勝ったそうです。

Kousyu04jpgc

笹塚駅前を9時23分頃通りました。24時間営業の食堂や江戸情緒豊かな提灯やさんなどが有りました。

Dscn3086jpgc

Dscn3087jpgc

10時一寸前に新国立劇場があり、新宿の高層ビル群も見えてきました。ここで一寸、雨宿りしながら休憩しました。

Dscn3091jpgc

10時10陣頃出発しました。初台駅を過ぎると都庁のビルも見えてきました。

Dscn3096jpgc

ステーキ290円の飲み屋もありますねえ(笑)。

Dscn3099jpgc

10時35分に新宿駅前を通過しました。

Dscn3102jpgc

新宿駅を通り越して、新宿追分へ左折するのですが、どこを曲がるか探しました。このKEIOビルのある交差点のようです。

Dscn3105jpgc

左折してすぐ追分交番とあるので、ここを右折します。ここが過っての青梅街道と甲州街道の追分だったのでしょう。

Dscn3107jpgc

曲がるとすぐ沖縄料理屋があり、心惹かれますが、まだ時間も早いですね。きょうでい「いちゃりばきょうでい」ですか。

Dscn3109jpgc

この辺り、内藤新宿と言うんだけど、何かその案内は無いかと探していると、道端に小さな案内がありました。新宿歴史博物館へ行くと、いろいろ展示が有ったらしいですね。

Dscn3110jpgc

高遠藩内藤家の下屋敷の敷地の一部を使って新しい宿場を作ったので内藤新宿と呼ばれました。新宿御苑も下屋敷の跡なので、広かったのですね。その高遠藩、飯田藩、高島藩(諏訪)の3藩しか参勤交代には使われなかったとか。

ちなみに5街道での参勤交代は、東海道154、中山道34、奥州街道17、日光街道6だったそうです。

その内藤家の菩提寺が太宗寺だそうです。盆踊りの支度をしていました。

Dscn3113jpgc

11時一寸前に太宗寺を出て、旧街道の新宿通りに復帰しました。その街道が再度国道20号線と合流する所に、四谷大木戸の碑があります。

Dscn3125jpgc

Dscn3126jpgc

四谷4丁目の交差点を渡ると、今までの新宿の賑わいがなくなってきます。

後半へ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

最近の写真

  • Nagano00jpgc
  • Nagano01jpgc
  • Dscn9402jpgc
  • Dscn9432jpgc_20200312091101
  • Dscn9429jpgc_20200312091101
  • Dscn9423jpgc_20200312091101
  • Dscn9408jpgc_20200312091101
  • Dscn9419jpgc_20200312091101
  • Dscn9417jpgc_20200312091101
  • Dscn9438jpgc_20200312091101
  • Dscn9412jpgc_20200312091101
  • Dscn9462jpgc