« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月 9日 (日)

上野市駅周辺の三重四国後半

バスは12時54分に茅町駅付近の恵美須バス停に着きました。

Ueno03jpgc

大和街道付近を拡大しましょう。

Ueno03jpgcc

左折して西へ行くと、芭蕉ゆかりの蓑虫庵がありました。弟子の土芳の庵です。

蓑虫の音を聞きに来よ草の庵

Dscn1808jpgc

松本院はすぐ北にあります。本尊は不動明王で役行者なども祀られています。

Dscn1812jpgc

修験道の寺だと説明されています。

Dscn1811jpgc

メイン通りに出て伊賀越えでお漬物を一寸買いました。

Dscn1816jpgc

次の善福院は寺町通りにありました。この通りには七ケ寺があります。

Dscn1820jpgc

名札が掛かっていないので探すのに苦労しました。

Dscn1822jpgc

境内の通り抜けが可能で「ゆきぬけ寺」として親しまれていたが、今は通り抜けできません。

Dscn1825jpgc

善福院の向かいの萬福寺には、荒木又右エ門に討たれた川合又五郎の墓がありました。

Dscn1823jpgc

寺町を北上すると大和街道に出ます。

Dscn1831jpgc

この薬局の角に伊賀街道起点の石碑があります。北から下ってきた大和街道に、東からきた伊賀街道が合流した地点です。

Dscn1832jpgc

この付近は芭蕉街と名付けられ、すき焼きの金谷や組み紐やさんなどがあり、風情もあります。

Dscn1844jpgc

Dscn1835jpgc

伊賀街道から一寸北へ入った農人町に芭蕉ゆかりの愛染院がありました。

Dscn1839jpgc

ご本尊の愛染明王は弘法大師自身であると伝えられ、子連れの大師像があります。

Dscn1841jpgc

これで今日の予定は終わりです。大和街道を歩いてみましょう。上野天満宮です。

Dscn1851jpgc

街道の様子です。

Dscn1850jpgc

伊賀鉄道の上野市駅は忍者市駅だそうです(笑)。

Dscn1853jpgc

1キロ程先の街道沿いに、荒木又右エ門が仇討した鍵屋の辻があります。一寸見に行く時間なく、車窓から写真を撮りました。

Dscn1859jpgc

今日も帰りの車内は一人で小宴を開いています。

Dscn1862jpgc

お疲れ様でした。

 

 

大和街道沿いの三重四国(上野市駅周辺)

今回は下図、〇で囲った6ヶ寺です。

Iganokuni1

2019年6月8日(土)

天気予報はかんばしくなく、昼頃弱雨の予想ですが、梅雨入りしたので、当分こんな天気だとでかけました。一寸早めに7時の近鉄に乗りました。今日は亀山まわりでなく、伊賀神戸経由の近鉄です。

Ueno01jpgc

9時過ぎに伊賀神戸に着き、伊賀鉄道に乗り換えます。何もない駅ですねえ。

Dscn1762jpgc

9時20分頃丸山駅に到着しました。伊賀鉄道は忍者一色です。

Dscn1766jpgc

先ずは木津川を渡って、39番の無量寿福寺を目指します。

Ueno02jpgc

15分弱で入口に到着しました。伊賀鉄道沿線は、完全な農村ですね。今後も多分、工場は建たないでしょう。

Dscn1769jpgc

当寺は真言律宗という珍しい宗派です。開山は古く8世紀中ごろとか。伊賀の寺の例にもれず、天正伊賀の乱で、焼失している。

Dscn1772jpgc

小高い丘の中腹に有り、境内からの眺めは素晴らしい。朱印はセルフです。

Dscn1774jpgc

9時50分頃寺を出て、次の38番不動寺に向かいます。伊賀の国はお寺が多いようで、伊賀四国八十八ヶ所があります。

Dscn1776jpgc

木津川の堤防沿いの道には、いろんな人形が寒村を賑わしていました。

Dscn1778jpgc

再度木津川を渡って、伊賀鉄道の線路を渡ります。石灯籠が良い感じですね。

Dscn1780jpgc

四面石仏と言うのを見に行きました。一寸珍しい形ですね。

Dscn1782jpgc

40分位歩くと、山の麓の本堂が見えてきました。

Dscn1783jpgc

当寺も宗派は真言律宗です。住職?さんが出てこられ,本山は西大寺だと教えて頂きました。

Dscn1784jpgc

10時50分に出発し、5キロ程離れた勝因寺へ向かいます。11時10分過ぎ依那古駅付近を通過し、また木津川を渡りました。渡ってすぐ右折し木津川沿いに歩きます。道なりに歩くと、道は川を渡って雰囲気有る東出の集落に入って行きます。

Dscn1792jpgc

小さな川を渡りましたが、なごむ風景です。

Dscn1794jpgc

石仏など見ながら西出を通り、山出の勝因寺に着いたのは丁度12時頃でした。

Dscn1799jpgc

当寺は806年、弘法大師が自ら刻んだ虚空蔵菩薩を本尊としています。

Dscn1801jpgc

寺を出てバス停の前の公民館で昼食を取っていると雨がぱらついてきました。でも庇の下で助かりました。昼間はこれ1本だけという12時41分発のバスで5キロほど先の上野市街へ行きます。

Dscn1805jpgc

後半へ続きます。

 

 

 

 

 

2019年6月 1日 (土)

大和街道沿いの三重四国

三重四国を再開しました。足の痛みの検診で中断していた三重四国を再開しました。

伊賀の国は大和街道、伊賀街道、初瀬街道が通っています。前回は初瀬街道沿いの名張付近でしたが、今回は大和街道沿いを歩きます。

Iganokuni

2019年5月31日(金)

上の図の左上、JR関西線の島ヶ原駅から伊賀上の駅まで12キロほどを歩きました。

Simagaharajpgc

10時過ぎに島ヶ原駅に着きました。多分誰も降りないだろうと思っていた駅に、男女4人連れが降りました。珍しいなと思っていると、向こうもそう思ったのか「大和街道を歩かれるのですか?」と話しかけられた(笑)。

Dscn1664jpgc

お一人は、この辺りに親戚の有る、大和街道付近を歩かれているグループだそうです。駅前の道案内を見ると、いろいろ名所旧跡がありそうですね。私は10年以上前に大和街道を歩いてはいるものの、島ヶ原駅前は初めて来ました。

Dscn1662jpgc

駅前を一寸引き返し、線路を渡って37番観菩提寺へ向かいます。正月堂と言う方が通じる見たいです。足の血行に合わせてゆっくり歩きます。

Dscn1669jpgc

グループの方に薬師堂を教えてもらいました。南北朝時代、後醍醐天皇の頃彫られた磨崖仏が本尊です。

Dscn1680jpgc

右が薬師如来、左が釈迦三尊像です。他にもやや時代は遡りますが、釈迦三尊像と六地蔵の磨崖仏があるようです。

Dscn1679jpgc

10時50分頃、正月堂の入り口に到着しました。立派な構えですね。天平時代の開創で有名な古刹だそうです。

Dscn1684jpgc

楼門や本堂は重要文化財だそうです。ここは奥さんが居られました。

Dscn1688jpgc Dscn1689jpgc

11時過ぎに寺を出て、36番徳楽寺に向かいますが、ルートを山側にとって、果号寺のシブナシガヤという植物を見に行くことにしました。鄙びた山里の道を歩いていると、「和銅の道」という案内が出てきます。古い道なのですね。

Dscn1699jpgc

30分位歩くと中矢という集落を過ぎました。伊賀市の西山へ行く県道に通じているようです。高坂神社と言う案内があります。きっと謂れ有る神社なのでしょう。

Dscn1703jpgc

高坂神社への道は途中で分かれました。一寸気が惹かれましたが先を急ぎます。

Dscn1705jpgc

11時45分頃ゴルフ場にぶつかりました。左折して8分ほどでゴルフ場の入り口を通過しました。随園CCとか。

Dscn1711jpgc

12時15分頃、西山公民館へ来ました。向かい側が小学校跡地。その向こうを左折すると果号寺のようです。

Dscn1720jpgc

果号寺のシブナシガヤを見に行きました。全国で三本指定を受けているだけの希少な天然記念物だそうです。渋皮が無いカヤとか。

Dscn1725jpgc_1

小学校跡地で昼食弁当にしました。

Dscn1728jpgc_1

12時43分頃出発しました。まっすぐ進むと県道に出て、その方が解りやすいのですが、地形図に石仏群という記載があったので、見てみようと川沿いを下りました。結局石仏群は見当たりませんでした。

Dscn1732jpgc_1

線路沿いまで下って左折し、しばらく歩いて13時27分に徳楽寺に着きました。

Dscn1737jpgc_1

平安時代、藤原氏の荘園の管理をしていた薬師院が前身だとか。

Dscn1738jpgc

徳楽寺を出て30分ほどで35番正福寺です。道沿いから見えました。

Dscn1740jpgc

鎌倉時代の創建と伝わるが資料は残っていないそうです。ただ「ひぎり大師」と呼ばれる立派な大師堂があります。日を限って祈るからひぎり大師とか。

Dscn1744jpgc

14時10分頃出て、正福寺の手前の道を北上し線路を越えます。道端の石仏に瓦で屋根が作ってあり微笑ましい。

Dscn1745jpgc

和銅の道はここへ続いているようでした。

Dscn1746jpgc

14時20分頃仏土寺に着きました。平安時代後期の開創で、往時は伊賀八大寺の随一の寺だったそうです。境内に残る多宝塔や雁塔は珍しいものです。

Dscn1748jpgcDscn1750jpgc

仏土寺を出ると雨が降ってきました。14時から弱雨の予想だったのに傘を忘れてきました。なんとか本降りにはならず、14時55分には伊賀上野駅に到着しました。伊賀市は忍者と芭蕉の街ですね。

Dscn1760jpgc

お疲れ様でした。足もなんとか頑張ってくれました。

Dscn1761jpgc

 

 

 

 

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

最近の写真

  • Nagano00jpgc
  • Nagano01jpgc
  • Dscn9402jpgc
  • Dscn9432jpgc_20200312091101
  • Dscn9429jpgc_20200312091101
  • Dscn9423jpgc_20200312091101
  • Dscn9408jpgc_20200312091101
  • Dscn9419jpgc_20200312091101
  • Dscn9417jpgc_20200312091101
  • Dscn9438jpgc_20200312091101
  • Dscn9412jpgc_20200312091101
  • Dscn9462jpgc