« 飛騨街道で中山道へ2 | トップページ | 飛騨街道後半2日目 »

2018年11月24日 (土)

飛騨街道後半1日目

2018年11月20日(火)
飛騨金山から美濃太田までは48キロほどです。途中、白川までが18キロ、白川から美濃太田が30キロです。
Hida03 調べてみると白川口から12キロほどの上麻生付近に宿がありませんでした。
で、今日白川口まで18キロ、あす30キロにしても良かったのですが、最終日はのんびりしたいので、今日上麻生まで30キロ歩いて、JRで白川口まで引き返すことにしました。
なので、今日は一寸早く7時15分頃宿を出ました。

Sirakawa01 宿を出るとすぐ国道41号線ですが、ここは横断します。
Dscn6470朝歩きだしてすぐに車の往来頻繁な国道歩きは嫌なので、落ち着いた旧道歩きは助かります。でもすぐに国道歩きです。
Dscn6473 8時10風頃白川町に入りました。
Dscn6478 白川町に入って20分、対岸へ渡る橋があります。飛騨街道は川の右岸だったかもしれませんが、国道工事で面影は無く、危険な道を歩くより、対岸の静かな道を歩く方が楽しいので、橋を渡って左岸を歩くことにしました。
Dscn6479
10分ほどで下油井駅です。
Dscn6485下油井駅から少し行くと、また国道に帰る橋が有りますが、今度は渡らず、そのまま左岸を歩くことにしました。
Sirakawa02 実は左岸には地形図に野原城址と書かれていたので、城があったなら古くからの道だろうと思っていたのも左岸を選ぶ理由でした。
JRの線路に沿った静かな道です。街道歩きの醍醐味ですね。
Dscn6489 9時10分頃名倉ダムを通過。
Dscn6494 野原の集落に入り、農家の方に道を訊くと、ここはウオーキングコースになっていて、野原城址は見晴らしが良いので、是非行ってみてくださいと言うことでした。
Dscn6504坂を登り切った所に野原城址の案内がありました。9時半です。
Dscn6507 案内から2分で野原城址です。鎌倉時代の築城だそうです。
Dscn6511 眼下に飛騨川を望む絶景です。城の館そのものは、もう一寸麓にあったのでしょうね。
Dscn6516 城跡から10分一寸下ると茶畑になりました。白川茶ですかね。茶畑が飛騨川に落ち込んでいくのはなかなかの風景です。
Dscn6519 茶畑から30分、10時20分頃、JRの線路を渡りました。
Dscn6530そこに道の駅があり、10分ほど休憩しました。
Dscn6531_2
道の駅を出た後は、一寸国道に出ますが、飛騨川を渡る橋の手前で国道から離れ、そのまま左岸を歩くつもりでした。でも道が無くなっていて、結局橋を渡りました。
Dscn6533この辺りの飛騨街道は国道を離れて山の中腹に有ったようです。地図の赤い線です。
くねくねと七曲りと書いた辺りが、唯一心残りな旧道ですね。
国道を歩いていると「七曲」という喫茶店がありました。旧道の七曲りを採っていると思います。
Dscn6535 ぐるっと大回りして、再度左岸へ渡れる橋が出てきました。11時10分頃、橋を渡って再度左岸に来ました。
Dscn6539 ここから白川は1時間弱でしょう。
Sirakawa03でもなんと言うこと、また通行止めの看板です。
Dscn6543引き返して近所の農家の奥さんに状況を訊きました。
自分は通ったことないから解らないが、歩きなら行けるんじゃないかとのこと。
歩いてみると、多少の落石は有ったものの、楽しいウオーキングができました。
Dscn6548 40分ほどで白川側の通行止めを通過しました。
Dscn6549 12時4分に白川の河俣神社に着きました。
Dscn6555今夜の宿はすぐ近くのはずですが、取り敢えずバス停のベンチをお借りして、弁当を頂きました。
食後、宿の成田屋さんを探して、荷物を預けました。午後の12キロは空身で歩けるので助かります。
12時半頃に、橋を渡って左岸に入ってきた国道と合流しました。
Dscn6559また国道歩きになるのが嫌なので、逆に右岸に歩ける道は無いかと調べましたが無い様でした。ここから6キロほど先の橋までは国道歩きを覚悟しました。
Dscn6560 歩道の無い国道歩きが始まりました。
Sirakawa04 13時頃、ダムを通過。
Dscn6565 そのすぐ先、13時08分に、天心白菊の塔というのがありました。
Dscn6567 昭和43年の飛騨川バス事故の慰霊碑でした。100人以上の犠牲者を出した事故はこの付近だったのですね。
13時30分頃、トンネルがあり、ここを右に回り込めば、対岸へ渡る橋があります。
でもその道は封鎖されていました。
Dscn6575あきらめてトンネルを潜りました。潜ると引き返す道はありましたが、次の橋まで歩くことにしました。
Dscn6576すぐに旧道があり、左に入りました。
Dscn6577旧道の出口に良さそうな豆腐屋さんがあり、心惹かれましたが、まだ歩くのでやめました。
Dscn6579 そこから5分、13時55分に橋を渡りました。
Dscn6580 ここからは右岸の落ち着いた道になります。
P_20181120_140003 この辺りは飛水峡と言って景勝地です。
P_20181120_135437
橋から30分ほどで小さな集落。勝でしょうか。
P_20181120_142509
JRの線路が出てくると、目的の上麻生駅は近いはずです。14時54分。
P_20181120_145447 15時17分、上麻生の集落に入ってきましたが、橋が工事中。
幸い歩行者はOKでした。
P_20181120_151756 15時27分、上麻生の駅へ到着しました。55分の列車に充分間に合いました。
P_20181120_152739 駅前にSLの展示がありました。
P_20181120_154610 16時17分に白川口駅に帰ってきました。
P_20181120_161749 白川の街をぐるっと一回りして、16時45分に今夜の宿成田屋さんにもどってきました。
P_20181120_164519 成田屋さんの夕食は併設の居酒屋さんです。
Dscn6584 今日は30キロ歩いたので、明日はゆっくり9時の列車で出発です。
 

« 飛騨街道で中山道へ2 | トップページ | 飛騨街道後半2日目 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛騨街道で中山道へ2 | トップページ | 飛騨街道後半2日目 »

最近の写真

  • Kafuka00jpgc
  • Kafuka02jpgc
  • Kafuka01jpgc
  • Dscn1174jpgc
  • Dscn1176jpgc_20200719140501
  • Dscn1183jpgc
  • Dscn1204jpgc
  • Dscn1178jpgc_20200719140501
  • Dscn1179jpgc_20200719140501
  • Dscn1222jpgc
  • Dscn1212jpgc_20200719140501
  • Dscn1223jpgc