« 北国街道 椿坂~木之本 | トップページ | 北国街道 長浜~鳥居本 »

2018年10月 9日 (火)

北国街道 虎姫~鳥居本

下の図を見てください。当初の計画は、1日目関ヶ原から高月まで北国脇往還、2日目は高月から木ノ本まで歩き、そのままUターンして北国街道で長浜まで。
ということで長浜の旅館を予約しています。
Hokkokukaidoところが、計画変更して、椿坂から木ノ本までの16キロほどを入れたので、お疲れです。
このままJRで長浜へ行こうかと思いましたが、まだ時間も早いので一寸歩くことにしました。ということで切符を虎姫まで買いました。木之本から虎姫までは国道8号線歩きが多いので、飛ばすことにしました。
この辺りは前回自転車で走っているので、興味ある方は是非ご覧ください

さて、14時25分頃虎姫駅に着きました。正面に元三大師誕生の地との看板がありました。元三大師と言えば比叡山中興の祖と言われる平安時代の天台座主です。根本中堂へ行く道に碑がありましたね。

Dscn4758
虎姫駅を出て20分一寸で街道に合流しました。
Tora01 角に元三大師の石碑がありました。
Dscn4768前回自転車で来た時の記憶から、少し引き返して馬渡橋を見に行きました。

Dscn4769高時川に架かる橋ですが、そこに竹生島道の大きな石標や足利尊氏にまつわる、馬渡村の由来などを書かれた説明があるのです。
Dscn4772 伊吹山もきれいでした。
Dscn4777 引き返して10分ほどで国道と合流します。
Dscn4779国道歩きを15分ほどで姉川を渡ります。 姉川と言えば織田徳川連合軍が浅井朝倉連合軍を破った合戦で有名ですが、場所は昨日歩いた脇往還の野村間の宿の辺りですね。確か案内も有ったような。
Dscn4782橋を渡るとすぐ左に降ります。 降りて3分も歩くと、また大きな竹生島道の石標があります。北国街道を北上してきた旅人を竹生島に案内するのですね。竹生島には三十番札所宝厳寺がありますから。
Dscn4788 北国街道の案内も所々にあります。
Dscn4794Dscn4796 姉川橋から30分弱で国道に出ます。森町の信号です。15時55分。
Dscn4800国道を渡って、次の祇園町までの道は、狭い道ですが、車が非常に多くて危険です。
Tora02 Dscn4803 でもまあそれも20分ほどです。祇園町の交差点からは立派な歩道があります。
Dscn4804一寸歩いて祇園町南の信号で左折、JRの踏切を渡ります。
Dscn4806 踏切を越えて2本目の道が街道筋ですが、そこを越えて次の道を右折します。この辺りややこしいので、この本の絵図に従いました。
Dscn4962Dscn4961jpgc 街道筋に引き返す手前の石標です。
Dscn4807 長浜宿北の入り口、郡上神社の石灯篭。
Dscn4809 またここは武者隠し道とも謂れ、民家を凹凸にしてある珍しい街道です。
Dscn4816 現在の長濱は北国街道の宿場町というより、黒壁スクエアーと言う観光地として有名ですね。江戸時代は三十三箇所巡りの基地として栄えたようですが。
Dscn4821 Dscn4825こんな怪獣も居ました。
Dscn4826 16時45分、長浜駅の駅前どうりに着き、今日の行程は終了しました。
近くの旅館に行き、今日は旅館の夕食は断り、一寸居酒屋さんに出かけました。
Dscn4832明日は中山道の鳥居本まで歩きます。

« 北国街道 椿坂~木之本 | トップページ | 北国街道 長浜~鳥居本 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北国街道 椿坂~木之本 | トップページ | 北国街道 長浜~鳥居本 »

最近の写真

  • Yakura00jpgc
  • Dscn7891jpgc_20211208194201
  • Ebina01jpgc
  • Isehara02jpgc
  • Dscn7896jpgc
  • Dscn7905jpgc
  • Dscn7915jpgc
  • Dscn7913jpgc_20211208195301
  • Dscn7917jpgc
  • Dscn7942jpgc
  • Dscn7934jpgc
  • Dscn7954jpgc