« 京街道1日目後半 | トップページ | 京街道2日目後半 »

2018年4月 5日 (木)

京街道2日目

2018年4月2日(月)
昨晩一寸飲みすぎたか、朝は食欲が無かったので、コンビニでお握りを買い、6時25分頃牧野駅に着いた。駅の近くの公園でお握りを食べて、6時40分には歩き始めた。
Oiwake01
すぐに県道13号線に出る。
Dscn0248
先ずは樟葉駅に向かいます。
Oiwake02
早朝の県道を淡々と歩きます。7時頃には淀川が左に現れました。
Dscn0253
一帯はくずはゴルフ場です。
Dscn0255
7時10分頃、樟葉駅を通過しました。ここは以前面白い経験があります。駅前に大規模な団地がありますが、駅と団地はどちらかが京都で、どちらかが大阪です。団地に住む友人を訪ねた時、電話が掛からなくて困ったのです。
Dscn0258
駅を過ぎると右折して旧道に入ります。一寸街道の風情です。
Dscn0261
駅から30分ほど、浄水場の縁を曲がりながら歩くと、砲台場跡に出ました。
幕末に勤王浪士の動きを抑えるために作ったと言われています。
Dscn0267
一寸休憩した後、台場跡を突き切り、行基の創建と伝わる久修園院に来ました。7時55分です。
Dscn0271
ここから線路を渡って行くはずですが工事中で見当たらず、やむなく回り込んで踏切を渡りました。
Oiwake03_2
8時05分、橋本駅のそばの細道を通りました。
Dscn0276
8時15分頃、大谷川を渡り、淀川の堤防沿いの道に入りました。いや、ここでは木津川でしょうか。この辺りで、桂川、宇治川、木津川の三川が合流して淀川となります。
 
Dscn0282
15分ほど堤防に沿って歩くと、ようやく八幡市街にはいってきました。もう完全に京都府ですね。5分ほどで八幡市駅付近に着き、左折して木津川を渡ります。一寸登って振り返ると、岩清水八幡宮のある男山が見えます。
Dscn0288
ところが今日は駅から木津川方向へ歩いてくる人が多勢います。昨日、息子が言っていた花見客だと気付きました。
木津川と宇治川の背割り堤の上が1キロ以上桜の名所になっているのです。
今日は月曜日なので、それほどでもありませんが、昨日は多かったでしょうね。
Dscn0293
8時50分頃、宇治川も渡って、淀方面に入ってきました。
Dscn0300
京阪の線路を潜り、病院の駐車場で一寸休憩しました。9時10分頃には淀の街中に入ってきました。淀と言うと競馬場しか思い浮かばなかったのですが、宿場町だったのですね。
もっとも、伏見と枚方という大きな宿場に挟まれていたため、淀には本陣も無かったそうですが。
Dscn0305
淀宿では文相寺の角で街道が鍵型に曲がるのですが、通り過ぎたため、引き返して探したりして、15分位ロスしました。9時50分頃、淀駅を通過しました。
Dscn0312
一旦、県道13号線の納所という交差点に来てVターンしますが。その交差点に唐人雁木旧跡というのがあります。朝鮮使節団が船を降りた船着場だそうです。
Dscn0314jpgc
ところで、この石碑のある通りが千本通だそうで、私が生まれた西陣の辺りにある千本通が、ここまで続いているとは驚きですね。
ところで、淀には淀城があり、幕末の鳥羽伏見の戦いでは幕府側の重要拠点でした。
ところが淀城は敗れた幕府軍の入場を拒み、官軍に開城した。当時の情勢に大きな影響を与えた事件でした。
淀小橋の遺跡をちらっと見て、淀競馬場の建物の脇を歩きます。
10時07分、戊辰の役東軍西軍激戦の地という碑がありました。
Dscn0318
後半に続く
 

« 京街道1日目後半 | トップページ | 京街道2日目後半 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京街道1日目後半 | トップページ | 京街道2日目後半 »

最近の写真

  • Dscn1083jpgc
  • Dscn1068jpgc
  • Dscn1065jpgc
  • Dscn1070jpgc_20220516144001
  • Dscn1069jpgc
  • Dscn1074jpgc_20220516144001
  • Dscn1079jpgc_20220516144001
  • Dscn1087jpgc
  • Kabuto04jpgc
  • Kabuto02jpgc_20220516144101
  • Dscn1096jpgc
  • Dscn1120jpgc