« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月27日 (火)

熊野古道 曽根坂(二木島道)

2018年2月25日(日)
今日は熊野体験企画のイベント、紀伊半島みる観る探検隊に参加です。
集合は賀田駅で二木島駅まで歩きます。
ここは元来曽根次郎坂太郎坂という古道ルートが有って、私も何回か歩いています。
でも今回の道はそれとは別の新しく復活させた道だそうで楽しみです。
Sonesakajpgc
8時半に賀田駅近くの広場に集合、恒例の参加者紹介があります。このツアーは毎回20名から30名の参加がありますが、常連さんが多く顔見知りも多いです。地元の人や熊野古道の語り部さん、研究者の人達など、故事来歴にも詳しい方が多いです。
8時50分頃出発しました。
Dscn8935
まずは古道沿いに道祖神を見て曽根の集落に入ります。飛鳥神社で大きな樟の木とハマセンダンの古木を見ました。
Dscn8941
Dscn8946
ここでは地元の方が案内していただけます。かっての小学校を利用した資料館に行きました。
Dscn8947
Dscn8950
曽根の集落は室町時代末期に曽根弾正という名君が治めていたとか、また最近縄文遺跡がいろいろ発掘されているそうです。
Dscn8956
続いて飛鳥神社へ。ここは新宮の阿須賀神社の末社で、その境内にさまざまな樹があることでも知られています。
Dscn8961
拝殿の前の大クスは根の穴を潜ると様々なご利益があるそうです。ボケ防止にも良いとか。
Dscn8967
古い街並みや歴史の話を聞きながら歩きましたが、通りすがりでは気付かない写真を1枚。中森家だったか森林富豪の屋敷ですが、道路に面した敷石が凄い。
Dscn8978
何が凄いか解りましたか?10m近い1本の敷石です。これを切り出すのに、どんな大岩から切出したか想像すると凄いです。
近くに行燈工房のコジュケイ(呼樹憩)さんが甘夏ジュースをご馳走してくれました。美味しかった。工房では手作り体験が行われているそうで、4時間ほどで素晴らしい行燈が作れるそうです。費用は5000円とか。
Dscn8984
時間は10時25分頃、曽根弾正の墓の近くで従来の熊野古道と分かれます。
左へ登れば、甫母峠をへて曽根次郎坂太郎坂です。
Dscn8991
明治の道は直進です。地形図に曽根坂と描かれている道です。標高314mの峠を越えます。ずっと廃道になっていたのを、熊野体験企画のスタッフや地元二木島のTさんなどで復活させたそうです。
Dscn8997
江戸の道より峠の標高が50mほど低く、二木島側の逢川沿いの道は良いので、江戸の道より歩きやすいのですが、それでも登りはしんどいです。
Dscn9004
ゆっくり、休み休み歩いて1時間20分ほどで峠に到着しました。ここから10分ほど林を抜けて登って行くと、江戸の道に出られるそうです。
Dscn9006
ここで11時45分~12時15分頃まで30分昼食休憩しました。
下りは緩やかで、道は危険個所もありません。途中で沢を渡りますが、ここを昔の巡礼者が間違えて迷ったそうです。12時42分頃。
Dscn9010
渡るとすぐ林道になり、ここからは林道歩きです。
Dscn9011
林道を10分で右から道が合流します。
Dscn9014
更に20分ほど歩くと国道を渡ります。この国道の左上の方に行くと、曽根次郎坂太郎坂から下ってくる本来の熊野古道があります。
Dscn9017
二木島港の方へ下って行くと津波地蔵があります。今回のガイド役のTさんは小学校1年の頃、多分昭和20年頃か、津波を経験したそうです。
Dscn9020
13時32分、二木島駅に到着しました。
Dscn9036
Tさんの話では、二木島は江戸時代全国に名を知られた良港で、風待ち汐待ちの船がいつも停泊していたそうです。そのため全国のいろいろな文化や知恵があつまったそうで、熊野の中でも文化の進んだ土地だったそうです。
Dscn9032
探検隊はここでお別れです。私はここからJRで帰りました。お土産にアワビとサザエを買いました。
Dscn9049
夜は豪華にステーキやつぼ焼きです(笑)。
Dscn9051

2018年2月26日 (月)

便石山から馬越峠へ

2018年2月24日(土)
明日、熊野体験企画のイベントがあるので、今日は尾鷲の便石山600mに登ることにした。
熊野古道馬越峠は東に天狗倉山520m? 、西に便石山600mに挟まれている。
Binnsijpgc
天狗倉山は馬越峠30分と近いので、これまで何回となく登っている。尾鷲湾の絶景が素晴らしい。
一方、便石山は332mの馬越峠から100mほど下って、それから360mほど登り返す。
2時間近く掛かるので敬遠していた。でもまあ、一度は行かないとと思って出かけました。
今回は尾鷲駅の近く、三重県尾鷲庁舎近くの登山口から登ります。あまり記録もありませんが、道は有るらしいのででかけました。
JR南紀1号は10時45分に尾鷲に着きます。もう1時間早い列車を作ってくれといつも思います。駅を出てすぐ左折、踏切を渡ってR42へ出ます。天気は快晴です。目指す便石山です。
Dscn8737
便石山の後は馬越峠に向かいますが、その稜線と天狗倉山です。10時50分頃です。
Dscn8738
国道に出て右折、尾鷲南ICの入り口を越えて一寸歩きます。県庁舎のすぐ横が登山口です。11時01分かな。
Dscn8740
いきなり急な登りですが、すぐ稜線にでます。ここからは中電の鉄塔を辿っていくことになります。
Dscn8744
鉄塔は最初が7番で、3番が尾鷲トレイルの稜線です。そこまで急騰が続きます。
11時25分に、こんな案内がありました。
Dscn8751
登山口から頂上は2時間。13時には着くようです。
5番鉄塔辺りで11時45分、急坂の連続で喘いでいますが、振り返ると絶景です。
Dscn8756
11時55分になって、この案内です。前の案内から30分経っているのに、案内では15分しか進んでいません。
Dscn8761
12時03分でようやく4番鉄塔です。昼食の時間ですが、なんとか茶地岡分岐という稜線まで行ってから弁当にしたいと思っています。尾鷲湾が見えて、元気を貰います。今日は暑いです。
Dscn8764
道なき道の急坂がまだ続きます。
Dscn8765
12時22分、ようやく分岐に到着しました。ものの本では70分と書いてありましたが、82分でした。歳もとってきたので仕方ないですね。
Dscn8773
景色は良いです。
Dscn8768
まあ取り敢えず昼食です。
Dscn8776
30分ほどの休憩で12時55分頃出発しました。目指す便石はまだ先です。後1時間かな。
Dscn8778
急坂はまだ続き、20分ほど喘ぎながら登ると、付近は岩がごろごろしてきました。
Dscn8785
更に20分ほど登ると傾斜も緩やかになり、頂上近しを思わせます。
13時43分頃、牛の背の案内が。象の背じゃないんだと思いながらいってみました。
Dscn8791
まあ、なかなかの絶景です。引き返して1分歩くと、キャンプイン海山の案内が
Dscn8796
こっちへ行くと海山に下れるんだと思いながら1分歩くと便石の山頂で、高校生が数人で食事していました。13時47分です。登山口から2時間47分、昼食休憩が35分で、実質2時間12分か、コースタイムの2時間10分に、まあそこそこだなあと自己満足。
Dscn8797
取り敢えず象の背へ。3分で着きます。
Dscn8800
一寸高所恐怖症の私には向かない場所ですが、まあなんとか上に立ちました。
Dscn8804
そろそろ引き返して、さあ馬越峠です。付近の案内には120分と書かれていますが、私の見た本では90分でした。どちらが正しいか分かりませんが、道はどちらでしょう。
高校生に訊いて解りました。一旦さきほどのキャンプイン海山の方向に下って、そこから分岐するのでした。判り難い。13時55分の出発です。
Dscn8806
便石の登りと違って、この道は遊歩道的に整備されているので、道は急坂でも安心して歩けます。20分ほど下ると野頭林道への案内がありました。ボケシコースと紹介されている道ですね。
Dscn8814
随所にベンチなども設置されているので休憩しながら下って行きます。
Dscn8818
馬越峠は330m位なので、余り下るとそれだけ登り返す必要があります。1時間ほど下ると天狗倉山が見えてきますが、まだ下るようです。
Dscn8832
15時02分、また野頭林道の案内がありました。この辺が最下端のようです。
Dscn8838
ここから道は登りになり、階段が出てきます。
Dscn8841
海山側の景色も見えてきます。
Dscn8844
15時22分、便石山頂から、約1時間半で馬越峠に到着しました。
Dscn8849
さすがに馬越峠は人気の熊野古道なので、2組ほどの古道歩きの人が居ました。
10分ほど休憩して15時半に下り始めました。懐かしい石畳です。
Dscn8857
15分で桜地蔵、5分で馬越公園の展望東屋です。一寸覗きました。
Dscn8864
16時に行者堂に着き、不動の滝へ行きました。
Dscn8871
近くに大石という巨岩があります。
Dscn8878
更に下って16時20分頃天狗倉山を振り返ります。誰かの句碑があります。
Dscn8888
津波の供養碑、徳本上人の銘号碑と過ぎて、北川橋は16時30分でした。
Dscn8897
熊野古道を観光物産協会で右折して尾鷲駅に向かいます。
Dscn8903
尾鷲駅到着は16時45分でした。10時45分に朝駅に着き、6時間後にまた到着しました。
民宿に行き、風呂に入って、駅前の食堂へ来ました。ここのおじさんとは顔なじみです。
いつも食べるのは決まって焼きそば(笑)。
Dscn8910
帰りにスーパーへ寄って、お酒とおつまみを仕入れて、のんびりしました。
明日は、熊野体験企画の紀伊半島観るみる探検隊に参加します。
Dscn8911
 

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

最近の写真

  • Kafuka00jpgc
  • Kafuka02jpgc
  • Kafuka01jpgc
  • Dscn1174jpgc
  • Dscn1176jpgc_20200719140501
  • Dscn1183jpgc
  • Dscn1204jpgc
  • Dscn1178jpgc_20200719140501
  • Dscn1179jpgc_20200719140501
  • Dscn1222jpgc
  • Dscn1212jpgc_20200719140501
  • Dscn1223jpgc