« 萩往還最終日 | トップページ | 員弁街道その1 »

2017年12月25日 (月)

員弁街道と巡見道

巡見道は江戸時代に幕府の巡見使が通った道を言う。なので全国にあるはずだが、三重県のように街道として残っているのは珍しいかもしれない。
三重県では下図のように東海道の亀山宿を出発点に北勢地方を縦断し、藤原町山口から岐阜県に入り、関ヶ原で中山道に合流している。
Junnken_2
その巡見道に桑名から合流しているのが濃州街道で、いなべ市を通ることから、桑名では員弁街道と呼ばれている。
この員弁街道ですが、その沿線に勤務先が有ったので、私にとってはしっかり地元です。
なので街道と名前がついても、私の街道歩きの対象にはなりませんでした。
でも退職して5年以上経ち、地元の街道も歩かねばと出かけました。
 
まず上図の三岐鉄道西藤原駅へ行き、そこから巡見道を3キロ歩いて、山口で員弁街道に入って、桑名方面に引き返すことにしました。
2017年12月23日(土)
8時頃近鉄富田駅で三岐鉄道に乗り換えます。あまり乗ったことの無い路線ですが、名前からすると岐阜県まで路線を伸ばす予定だったのでしょうね。
Dscn7810
線路幅は近鉄より広いみたいですね。
Dscn7811
車窓からは鈴鹿山脈が身近に眺められます。
Dscn7813
四日市JTから新名神に接続する工事もだいぶ進んでいるようです。この道路が早く完成してくれないと、東名阪の渋滞が収まりません。後1年一寸だと思うのですが、完成が待たれます。
Dscn7815
9時に西藤原駅に到着しました。
Dscn7817
トイレなど済ませて、9時05分に出発しました。西藤原駅は鈴鹿セブンマウンテンの一つ、藤原岳の登山口なので、何回か来たことがあります。50年位前は頂上付近にスキー場が有って、スキーの板を担いで登ったこともありました。
Dscn7819
ここから3キロほど巡見道を歩きます。
 

« 萩往還最終日 | トップページ | 員弁街道その1 »

街道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 萩往還最終日 | トップページ | 員弁街道その1 »

最近の写真

  • Takayama04
  • Takayama03
  • Takayama02_3
  • Dscn1601
  • Dscn1598
  • Dscn1587
  • Dscn1579
  • Dscn1574
  • Dscn1566
  • Dscn1552
  • Dscn1545
  • Dscn1537