2020年11月20日 (金)

甲州街道笹子峠越へ3日目後半

地図を再掲します。

Ueno02jpgc_20201120133201

今地図の右側、萩野一里塚跡を過ぎ、街道分岐で左折して、中央自動車道を渡る手前で昼食休憩しています。時刻は12時です。今日は一昨日買った非常食用のアンパン1個と途中で買った野菜ジュースが昼食です。10分で済ませて出発しました。高速の上を渡り、西光寺を目指します。

Dscn3896jpgc

渡って下って行くと西光禅寺に出ました。この先が野田尻宿ですね。

Dscn3899jpgc_20201120134001

ここも他の宿場と同じく宿場を示す石碑と明治天皇の史跡が残るのみです。12時18分。

Dscn3903jpgc_20201120134001 Dscn3906jpgc

史跡から3分ほど歩くと、宿場の案内図で確認しておいた右折する分岐になります。案内が何も無いので解りにくいです。

Dscn3907jpgc_20201120134001

そこから中央道を越えるまで10分ほどきつい登りです。ようやく越えて左折します。高速に沿って10分ほど歩くと、長峰砦跡というのがあります。12時40分。

Dscn3910jpgc_20201120134001

更に10分ほど歩いて高速から離れると吾妻神社があります。

Ueno03jpgc_20201120135801

Dscn3913jpgc

近くに大椚宿発祥の地という案内と石碑がありました。12時56分。

Dscn3917jpgc

すぐにリサーチパークへの道が右に分れます。それを過ぎると右手に大門一里塚跡です。ここで一寸休憩しました。13時04分。

Dscn3918jpgc

出発するとすぐまた中央道を渡ります。中央道は現代の甲州街道ですね。

Dscn3921jpgc

渡って右折、すぐに街道は左に分かれます。13時15分、鶴川宿への道です。

Dscn3923jpgc

ここから道を間違えて鶴川宿の真ん中へ降りて行ったのですが、拡大図を見てください。青線が正解で、正しいと書いている辺りが鶴川宿です。

Ueno04jpgc

高台から見ていますが、左上辺りの橋を渡って行きます。

Dscn3927jpgc

宿場へ下りて来た所の道標です。

Dscn3932jpgc_20201120141301

橋と橋を渡る手前の案内です。東京から来る人には親切ですね。四国遍路でも逆打ちは3倍のご利益があると言いますが、甲州街道も同じですね。13時34分。

Dscn3934jpgc Dscn3935jpgc

橋を渡ってからがまた難しい。もう一度拡大です。旧道は川沿いに高速の手前まで進み、Uターンして上野原へ行くと思っていたので、最初は川沿いの車道に入って間違いに気づき引き返しました。

Ueno04jpgc

引き返してきてもそれらしい道が無いので付近の修理工場の人に訊きました。すると旧道はこれだと明確に教えてくれました。だが道は無くなっているとも。で、ともかくその道に入って、強引に道なき道をかきわけて行ったのが赤い軌跡です。

Dscn3940jpgc Dscn3944jpgc_20201120141301

なんやかやで時間を喰いましたが旧甲州街道に復帰しました。14時11分。

Dscn3952jpgc

上の写真で私は左から来たのですが、東京から来た人には右の道が案内されています。それが拡大図の青線で、現在の推奨と書いている道です。旧甲州街道と一致するかどうかは別にして、私の辿った道があの状態では推奨できないですからねえ。

上野原駅へ向かいます。

Dscn3954jpgc

国道20号線に合流しました。14時21分。

Dscn3955jpgc

上野原宿の本陣跡は見ないまま、国道を10分ほど歩くと上野原駅への分岐に着きました。ここから駅までは1キロ以上ありそうなので、もう少しすすんでから駅にいくことにしました。14時30分。

Dscn3958jpgc

5分ほどで国道から右に分れます。

Dscn3959jpgc

別れてまた5分ほどで神社があり、その奥に塚場一里塚があります。私有地なので神社から見ます。

Dscn3960jpgc_20201120144301

すぐまた中央道を越えます。

Dscn3964jpgc

この辺りから駅へ行けると良いんですが、よい道が無いようです。更に10分ほど歩くと諏訪神社がありました。

Dscn3967jpgc_20201120144301

これを過ぎて、グーグルマップで駅までの道を確かめ、上野原駅へ戻りました。上野原駅は変わった駅ですね。エレベーターで5階まで上った所が改札口でした。

Dscn3974jpgc

さすがにここまで来ると、もう名古屋へは、塩尻経由より八王子から新横浜経由のようです。新幹線に乗って初めて落ち着いて小宴が開けました。

Dscn3981jpgc

お疲れ様でした。

 

 

 

 

甲州街道笹子峠越へ3日目前半

2020年11月14日(土)

今日は最終日です。当初計画では相模湖駅まで行きたかったのですが、昨日鳥沢まで行けず大月で終わったので、今日は上野原までになりました。

Ueno00jpgc

朝7時過ぎに宿を出ました。7時25分の電車で大月に行くのですが、その点大和屋さんは駅前なので便利です。

Dscn3781jpgc

7時35分には大月駅を出て、駅前の街道に入りました。街道はネオン街で夜に来たい所ですね。

Dscn3785jpgc

10分ほどで国道に出ます。宿場の雰囲気が残っていますね。

Dscn3787jpgc

すぐに左に分かれます。

Dscn3788jpgc

厄王大権現という神社があり駒橋宿の案内がありました。7時55分です。

Dscn3793jpgc

直ぐに国道に出て、すぐまた細い道で左に入ります。

Dscn3795jpgc

JRの踏切を渡り、下の車道に降りてきます。

Dscn3798jpgc_20201119101601

10分ほど車道を歩くと再度国道に合流します。

Dscn3800jpgc

8時15分頃、猿橋駅前を通過しました。三嶋大明神がありました。駅前から更に15分ほど、名勝猿橋への案内が見えてきました。猿橋を渡るのが甲州街道です。

Dscn3806jpgc

左折するとすぐ猿橋です。やはり名所と見えて、何人かの観光客が居ました。写真を撮っている人も居ます。5台ほどの駐車場とトイレがあります。

Dscn3818jpgcDscn3813jpgc

ここで小休止しました。8時50分に出発。上鳥沢宿を目指します。すぐに国道に合流して、しばらくは国道歩きです。20分ほど国道歩きして、小向のバス停を過ぎると、左に街道は分かれます。

Dscn3822jpgc

登って国道へ下ると上鳥沢宿です。

Dscn3824jpgc

ここも明治天皇の史跡が残るのみです。9時27分。

Dscn3826jpgc

鳥沢駅前を9時半に通過しました。ここまではJR中央線に沿っていますが、ここから20キロほどはJRから離れます。次のJRの駅は上野原で、そこまでは、どうしても歩く必要があります。10分ほどで分岐です。野田尻となっています。

Dscn3829jpgc

Ueno02jpgc_20201119105301

この辺りの標高は300mほどですが、ここから犬目宿へは300mほど登る必要があります。この道筋にゴルフ場が二つ有るので、車は時々通ります。中野という集落を越えて、分岐から20分ほど喘ぎながら登って、道端に馬頭観音の石仏が有ったので、一寸休憩しました。振り返ると思いがけず富士山の頭が見えたので、一寸感動しました。

Dscn3836jpgc

更に25分、標高も550mを越えたかなと思う辺りの富士山です。

Dscn3842jpgc

10時40分頃、そろそろ最高地点かなと思う頃、上野原市に入りました。

Dscn3844jpgc_20201120101601

もうじき一里塚かなと思う頃、赤い鳥居の神社があって、そこに脇道がありました。逆から来た人が地図を見ながらその道に入りました。どうも少しですが旧街道があったらしい。

Dscn3849jpgc_20201120101601

すぐに恋塚一里塚がありました。10時50分です。

Dscn3852jpgc_20201120101601

右下にゴルフ場をちらちら見ながら15分ほど歩きました。消えかかっていますが、これから歩く旧甲州街道の案内図がありました。

Dscn3859jpgc

すぐに犬目宿に入りました。静かな山の宿場です。天保の甲州一揆で有名な、犬目宿の兵助という人物が居たそうです。今はやはり明治天皇の史跡が残るのみです。11時10分。

Dscn3864jpgc Dscn3866jpgc

犬目宿の石碑から7~8分歩くと街道は左に分かれます。右の道はやはり明治天皇行幸の際造られた新道のようです。

Dscn3868jpgc_20201120101601

登るとすぐ尾張の殿様定宿という米山家があります。参勤交代の大名は、宿が重ならないよう、東海道や中山道だけでなく甲州街道も使ったようです。ここ犬目宿は富士山の眺望が良く、尾張の殿さまのお気に入りだったそうです。

Dscn3869jpgc

すぐに宿場は終わり、道も地道になり、山道に入ります。

Dscn3873jpgcDscn3878jpgc

山道は15分ほど続き、例の新道へ降りてきます。

Dscn3883jpgc

そしてそこは中央高速に橋が架かっていて、それを渡ります。渡って振り返っています。

Dscn3887jpgc

渡って右折すれば談合坂SAはすぐです。歩いて入れるので食事もできますね。私は道を急ぐので左折して高速沿いに歩きました。11時40分頃です。10分一寸歩くと萩野の一里塚跡です。

Dscn3890jpgc

一里塚から5分ほどで街道は左に分れます。案内が見にくいのですが、気を付けていれば解ります。

Dscn3891jpgc

入って2分でまた高速を渡ります。丁度12時だったので、ここで昼食休憩にしました。

Dscn3895jpgc

ここで前半を終わります。後半へ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

2020年11月17日 (火)

甲州街道笹子峠越へ2日目後半

現在、下図の左端、笹子峠から下ってきて国道20号線に合流した所です。時刻は11時半。笹子駅に向かいます。

Ootuki02jpgc

国道を一寸歩くと良さそうな脇道があったので、そっちを歩きました。街道は国道です。再度国道に出ると、追分と言うバス停がありました。富士急バスです。食堂もありました。

11時50分頃、電柱に笹子トンネル事故慰霊碑の案内がありました。この近くに有るらしい。さらに5分、国道沿いのお寺の門前に、日本橋から25里の石碑がありました。

Dscn3685jpgc_20201117105501

笹子川を黒野田橋で渡ります。黒野田宿へ入ったのですね。橋から3分で本陣跡です。

Dscn3688jpgc_20201117105501

すぐ傍に笠懸地蔵と言う奇妙な石像があった。謂れもよく解らないらしい。

Dscn3690jpgc

15分位歩いてJRのガードを潜ると笹子駅でした。峠の道標で2時間でしたが15分遅れで12時14分です。ここでトイレをお借りして、近くのベンチで昼食休憩しました。

Dscn3693jpgc_20201117105501

25分ほどの休憩で出発しました。今度は初狩駅を目指します。国道の両側に笹子餅の看板があっります。名物らしいですね。

Dscn3697jpgc

でも私には、こっちの方が(笑)。

Dscn3699jpgc_20201117105501

駅から15~6分で笹子川を古い橋で渡りました。

Dscn3700jpgc_20201117105501

渡って10分一寸歩くと吉久保口と言うバス停があり、ここで左折してJRの線路を潜ります。

Dscn3702jpgc

潜って右折、吉久保の集落を歩きます。白野宿に入っているようです。甲州街道は随分短距離に細かく宿場があるのですね。

Dscn3705jpgc

稲村神社という吉久保の氏神さんの近くに、親鸞上人の念仏塚があった。

Dscn3709jpgc

13時15分頃再度JRを潜って国道に出る。子神社という案内があったが謂れは不明。すぐに白野宿へ入り、すぐまた国道に戻る。13時30分頃です。

Dscn3718jpgc

10分後に船石橋で笹子川を渡ります。神戸(ごうど)宿に入ったようです。全国あちこちに神戸があり、大体ごうどと読みます。何か意味がありそうですね。

Ootuki03jpgc

橋から12分ほど、本陣跡があります。この辺りの宿場の本陣跡は、ほとんど存続せず、ただ明治天皇小休止跡とかの石碑のみ残るのが多いですね。13時54分。

Dscn3723jpgc

中初狩宿の案内も有りました。

Dscn3728jpgc_20201117112701

本陣から15分、初狩駅の入り口に来ました。今日は駅前の大和屋さんが宿です。

Dscn3729jpgc

勿論まだ時間が早いので、このまま沈没するわけではありません(笑)。ただ荷物を預けて、空身でもう少し歩く積りです。宿は国道から100mほどかな、荷物を預けて、入口のローソンで一寸休憩しました。14時25分に大月駅に向けて出発しました。荷物が無いのは良いですねえ(笑)

すぐに山本周五郎生誕地の石碑がありました。

Dscn3734jpgc

国道から右に分れ、JRの踏切を渡ります。第7甲州街道踏切だそうです。手前に下初狩宿と聖護院道誉歌碑がありました。14時31分です。

Dscn3737jpgc

踏切から17分、14時47分に立派な橋を渡ってJRと笹子川を越え、国道20号再度合流しました。ここからしばらく国道歩きです。でもまあ歩道もあるし気楽です。食堂がありました。

Dscn3744jpgc

食堂から6分ほどで真木橋を渡ります。更に10分歩くと警察です。更に5分、三軒屋というバス停を過ぎました。中央高速の大月JCTの手前です。

Dscn3749jpgc_20201117191501

JCTのバス停のベンチで一寸休憩、上花咲のバス停が15時半です。大月IC入口を15時36分に通過しました。

Dscn3754jpgc_20201117191501

5分で花咲宿本陣跡です。ここも明治天皇小休止跡の立派な石碑があります。ここの本陣は、まだ立派に現役みたいで、きれいなのがいいですね。15時42分。

1Dscn3757jpgc_20201117191501

この辺り、この時間は、国道はえらい渋滞です。多分、毎日のことでしょうね。桂川の大月橋の手前で、街道は左に分かれます。その街道が渡る橋が新大月橋というのは一寸納得がいかない。逆じゃないの(笑)。

Dscn3761jpgc

渡ってまた国道に復帰します。国道はこんな感じ。都留高前のバス停があります。大月駅は近いです。16時04分。

Dscn3766jpgc

市役所がありました。大月市大きいのに意外と庁舎は立派じゃありません。きっと市長が偉いのですね。全国の市町村が競って庁舎を新築したのに我慢したのは凄いですね。駅に向かって国道から分かれます。

Dscn3768jpgc

駅前に大月宿の案内が。

Dscn3770jpgc

駅到着は16時11分でした。お疲れ様。

Dscn3771jpgc

ここからJRで初狩駅へ引き返して、大和屋さんに泊まります。今日は歩数も4万歩を越えています。ご褒美にサッポロ黒ラベルの新製品で労をねぎらいました(笑)。

Dscn3775jpgc

初狩までは一駅です。入口とホームの間に線路が何本もある、変わった駅です。

Dscn3777jpgc

大和屋さんの晩酌には昼間見た酒蔵の笹一が出てきました。こういうのは嬉しいですね。全国ブランドの酒じゃなく地元の酒を出す。旅人にはこれですよね。月桂冠に叱られるかな(笑)。

Dscn3780jpgc

大和屋さんは良い旅館です。設備も新しくきれいだし、値段も安いです。一押しです。

明日は上野原までは歩きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年11月16日 (月)

甲州街道笹子峠越へ2日目前半

大黒屋さんのある駒飼宿の標高は640mほど、笹子峠は1074mそして笹子駅付近で600mほど。なので今日は430mほど登って下ることになる。その道ですが、徒歩の旧道と車道がある。当初自転車を考えていた時、こんな図を書いていた。

Kosyu20jpgc Kosyu21jpgc

青線が徒歩、赤線が自転車です。青の実線は舗装道路、点線は地道です。本陣跡の下90k地点から徒歩で峠越をして下って来ると96k、すなわち6キロの道程です。一方自転車は102kで12キロ、倍になるというものでした。

さて実際はどうなったか、今日1日の実績です。

Ootuki00jpgc

当初は図の右端、鳥沢駅まで歩こうと計画していましたが、峠越に思ったより時間がかかり、二駅手前の大月駅まででした。

2020年11月13日(金)

Ootuki01jpgc_20201117103801

朝食を意外に早く作って貰えたので7時10分に宿を出ました。ラッキーです。

Dscn3570jpgc_20201116150901

すぐに昨日間違って歩いた道と合流し、本陣跡がありました。

Dscn3575jpgc

出発して6分で旧道の入口に来ました。旧甲州街道とかの案内もないので、辺りを探しましたが、ここを入る以外ないようです。

Dscn3578jpgc_20201116150901

扉を開けて中に入ると荒れています。まったく手入れはされていないようです。

Dscn3580jpgc

一寸心配だなと思いながら7~8分進むと、駒飼一里塚跡の案内があり、間違っていないと気を強くしました。

Dscn3584jpgc

ところが、その先に堰堤があり、そこから先の道が消えてしまいました。上に登ったりして15分ばかり、あちこち探しましたが見当たりません。諦めて引き返すことにしました。結局30分のロスで、元の入り口に戻ってきました。

その後通りかかった地元の人に訊きましたが、やはりこの道は無くなっているそうです。とぼとぼと車道を登り始めました。笹子峠まで6キロの案内がありました。予定では3キロだったのに。7時52分。

Dscn3590jpgc

6キロの案内から50分ほど歩くと甲州街道峠道の案内がありました。笹子峠まで3.4キロの地点です。8時45分。

Dscn3599jpgc

広々とした道で手入れもされています。これで時間も短縮できると喜んで入りました。でもやはり、そうは問屋がおろしませんね(笑)。道がだんだん荒れてきました。

Dscn3603jpgc_20201116150901

でもまあ踏み跡はしっかりしてるし、道標も有るんだからと気持ちは明るいです。

Dscn3610jpgc_20201116150901

40分弱で伐採工事現場があり、索道の下を潜りました。

Dscn3618jpgc

もうすぐ峠だと思うのですが、この時期、落葉が地面全体を覆って道を消しています。慎重に進みます。

Dscn3625jpgc_20201116153601

6キロ地点から1時間48分、9時40分にようやく峠のトンネルに出てきました。実質宿から2時間ですね。

Dscn3627jpgc_20201116153601

トンネルはまあ短いようです。

Dscn3630jpgc_20201116153601

登り口は、先ほど車道に出た反対側にあります。

Dscn3629jpgc

トンネルのすぐ傍を通ります。

Dscn3635jpgc_20201116153601

7~8分ほどで峠です。

Dscn3636jpgc

笹子駅まで2時間とあります。9時53分。

Dscn3637jpgc_20201116153601

尾根道を縦走してる人が居て、一寸話しました。すごい道を歩いていますね。10分で反対側へ降りてきました。

Dscn3645jpgc_20201116153601

下りの道を案内図で慎重に確認します。また引き返すのは嫌ですから(笑)。どうやら車道を少し下るようです。

Dscn3648jpgc

10分ほど車道を下ると「矢立の杉」への道標がありました。ここからまた旧道に入ります。

Dscn3651jpgc_20201116155501

最初に一寸登ると、後は一貫して尾根道の下りです。

Dscn3653jpgc

調子に乗って下って、進入禁止サインを見落として一寸下ったりしました。

Dscn3656jpgc

取り敢えず20分の下りで矢立の杉に着きました。10時36分です。

Dscn3659jpgc_20201116155501

胸高直径9mの巨木です。

Dscn3661jpgc_20201116155501

一寸休憩して出発しました。矢立の杉から15分ほどで車道に出ました。11時です。

Dscn3670jpgc

5分ほど車道を歩いて、また旧道に入ります。河原の道です。

Dscn3672jpgc

そして20分、再度車道に合流しました。11時26分、峠から1時間半です。笹子駅まで、あと30分で行けるのかな?

Dscn3676jpgc

11時半に国道20号線に合流しました。

Dscn3677jpgc

前半はここで終わって、後半に引き継ぎます。

 

 

 

 

 

2020年11月15日 (日)

甲州街道笹子峠越へ初日

前回10月に甲州街道ポタリングで、下諏訪から石和温泉まで自転車で走りました。今回その続きで、石和温泉から大月、そして上野原まで歩きました。前回は折り畳み自転車でしたが、今回は途中に1000mの笹子峠があるので、自転車では無理と、本来の歩きに帰りました。

Kosyuuzenzujpgc

地図で見ると、前回の下諏訪から石和は今回より距離長そうですが1泊2日、今回は2泊3日です。

2020年11月12日(木)

朝7時のしなの1号で塩尻に向かいました。天気は上々で途中の寝覚ノ床も久しぶりに見ました。

Dscn3432jpgc

塩尻で特急あさまに乗り換え石和温泉駅到着は10時25分でした。前回はけがの治療でゆっくり駅も眺めませんでしたが、今回はじっくり見ました。

Dscn3437jpgc_20201115153901

今日は笹子峠の麓、駒飼宿にある大黒屋サンガムさんまで15キロほどなので、余裕はあります。

Komakai00jpgc

ただ、標高は石和温泉が266m、駒飼宿が650mと、じわじわ登りです。駅前のコンビニで非常食のパンとウイスキーを買って10時45分には出発しました。

Komakai01jpgc

街道の国道411号線に出て左折、すぐに石和八幡宮があります。すぐ南側には足湯があって何人か入っていました。さすが温泉町ですね。

Dscn3442jpgc

街道の面影は余り残っていません。本陣跡も説明板だけです。

Dscn3443jpgc

ただ甲斐の国の都はここ石和だったそうです。信玄が甲府に移るまで、ここ石和が青梅街道との合流点でもあり、交通の要衝でもありました。遠妙寺の角で国道と分かれ左折します。11時4分でした。道端に変わった道祖神がありました。

Dscn3450jpgc_20201115153901

左折して20分ほどで笛吹川の堤防にでます。そこに笛吹権三郎とかの像がありました。父を探して倒れる悲しい話があるようですが、詳しくは知りません。

Dscn3455jpgc

土手に沿って街道らしい松が残っていますが、私は堤防の上の国道を歩いてしまいました。

Dscn3456jpgc

5~6分で笛吹橋があり渡ります。渡ってすぐ左折します。更に6~7分、11時45分頃、国道は右に曲がって行きますが、街道はそのまま堤防沿いを進みます。そこに桃太郎街道と書いてありました。桃太郎は岡山と思っていたのですが、甲斐にも桃太郎伝説があるようですね。

Dscn3462jpgc

この角に笛吹と言う食堂があったので昼食にしました。700円の焼きそば定食を頼んだのですが、すごいボリュームで食べるのに苦労しました。

Dscn3463jpgc

12時25分に店を出ました。20分ほどの旧道あるきで、また国道に合流し、日川橋で笛吹川を渡ります。渡るとまた行動と別れ、右折して堤防道路を歩きます。遠くの山の境目を行くのでしょうか?

Dscn3470jpgc

15分位でまた国道に戻ります。大宮五社権現参道をすぎて、旧甲州街道の案内もあります。

Dscn3476jpgc

13時30分頃、笛吹市から甲州市に入ります。

Komakai02jpgc

そうすると以前からちらほら有ったぶどう園が急に増えてきました。

Dscn3486jpgc_20201115183801

ここは勝沼宿、ぶどうの郷駅があります。去年か一昨年、駅前のぶどうの丘でワインの試飲を楽しみました。等々力の交差点で国道411号線は左折します。直進は県道34号線で、これが甲州街道です。

14時15分頃、旧田中銀行社屋を通過。明治に建てられた有形文化財。

Dscn3497jpgc

街道の面影としては本陣跡や問屋場跡などの案内があったかもしれませんが見過ごして、脇本陣跡の案内だけ見ました。14時40分頃、っぶどう寺・大善寺にさしかかり、一寸だけ寄り道しました。国宝の建物があります。道は国道20号線に合流しています。

Dscn3505jpgc

また近くには近代砂防工事の先駆けとなったコンクリート使用の堰堤があります。大正時代の初めだそうです。

Dscn3510jpgc

そしてすぐ近藤勇の像がありました。なんでこんなところに新選組がと思ったのですが、新政府軍にとられた甲府城を奪還するため、新選組の残党や旧幕府軍がここで合戦し、旧幕府軍が敗退したのだそうです。柏尾の古戦場です。ここで小休止しました。

Dscn3512jpgc

14時55分ごろ出て15分ほど国道を歩くと共和の洞門がありました。ここは広い歩道も有り、難なく通り抜けました。

Dscn3518jpgc

ところが出るとすぐトンネルがあり、今度は歩道がありません。

Dscn3519jpgc

困ったなと思っていると、手前を左折する道があり、旧甲州街道の案内がありました。

Dscn3520jpgc

早速左折すると、壊れかけた登り道がありましたが、特に甲州街道とは書いていません。

Dscn3521jpgc

行方を見ると、上の方はさらに壊れています。これは違うだろうと、もう少し行くと、武田不動尊の案内がありました。

Dscn3522jpgc_20201115185701

これも違うなと少し歩いて、どうも違うので引き返しました。かといって、あの壊れた坂道を登るのも嫌なので、短いトンネルだから歩道は無くてもトンネルを潜ることにしました。

Dscn3523jpgc

ところがトンネルの右手に回り込む道がありました。入ると芭蕉句碑もありました。

Dscn3524jpgc_20201115185701

なんだ、こちらが街道かと思いましたが、それならあの案内は何だろう。思いながらトンネルを抜けると、降りてくる道がありました。

Dscn3528jpgc_20201115193201

結局どうだったのか未だに疑問です。15時30分。20分弱国道を歩くと鶴瀬宿に入りました。

Dscn3534jpgc

ここは小さな宿場ですが、笹子峠を控えた要衝にあり、重要な関所が置かれていました。明治2年に廃止されたそうです。5分ほどで通り抜け、今夜の宿がある駒飼宿に向けて登りに入ります。下の写真の三叉路を右折です。

Dscn3542jpgc_20201115193201

右折してすぐ右に入る細道が旧甲州街道なのですが全く気づきませんでした。広い道を歩いて中央高速を潜ります。実は右上の道が街道なのです。

Dscn3546jpgc_20201115193201

駒飼橋を渡らず直進の筈ですが道がありません。ここへ来ておかしいなと思いましたが、直進の道が無いので仕方なく橋を渡りました。

Dscn3547jpgc

渡ってUターンするような道に駒飼宿の案内がありました。やっぱりこれで良いのかと登りました。

Dscn3549jpgc

登ってスポーツ公園の角に案内がありました。

Dscn3551jpgc

この道で駒飼宿へ行けるし問題は無さそうですが、旧甲州街道は別にあるようです。街道沿いにある大黒屋サンダムさんへはどう行けば良いのか。解らないので電話しました。すると女将さんが出て、車で迎えに来てくれました。そして私が間違えた、最初の三叉路まで送ってくれました。そこからまた歩き直しました(笑)。

Yamato01

上の図の赤線が正解、茶色が最初に歩いた道です。茶色の道は、明治天皇が来られる際、赤線の道が狭いため、新規に作った道だそうです。甲府から来ると10中8・9人が間違えるそうです。正しい街道です。

Dscn3554jpgc_20201115193201

なんやかやで、大黒屋さん到着は16時40分になりました。築300年の古民家だそうです。

Dscn3562jpgc

女将さんは親切だし、料理も美味しいし、トイレは外だけどシャワー式だし、宿泊料も安くていい宿なんですが

Dscn3565jpgc

缶ビールが650円は高いですね。山小屋でも500円ですから。オーガニックビールだとしても。酒のみにはつらいですね。

Dscn3567jpgc_20201115200401

明日は難所の笹子峠越へ、おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

 

2020年11月 9日 (月)

伊勢本街道榛原~伊勢奥津2日目

2020年11月7日(土)

今朝は8時に三季館を出発、小雨の降る中桃俣まで街道へ引き返しました。今日は伊勢奥津駅まで18キロほどで、昨日よりは楽な行程です。

Mitsue00jpgc

8時12~13分頃、桃俣宿へ帰ってきました。

Mitsue01jpgc

傘は要らない程度の降りです。

Dscn3290jpgc_20201109145401

土屋原地区の民家にお侍さんが居ました。

Dscn3293jpgc_20201109145401

この御杖村は村内14キロ程を伊勢本街道が横断しているだけあって、観光の主軸に伊勢本街道を置いていますね。道案内も親切です。

Dscn3299jpgc

街道を歩いていると三季館の女将さんから電話があり、バッテリーの忘れ物が有ったので、今から届けると。女将さんにはお世話になりっぱなしですね。感謝。国道に合流し、9時20分頃、桜峠への山道に入りました。

Dscn3302jpgc_20201109145401

この道は10分も掛からず峠を越えますが、最初の踏み跡が無くて一瞬迷いました。ともかく踏み込めばすぐ峠で、小学校の白いドーム屋根がみえてきます。9時27分。

Dscn3305jpgc

学校の縁をぐるっと廻って国道にでます。国道を出入りしながら10分一寸歩くと御杖村の役場に近づきます。そこに伊勢本街道の案内があり、そこから本格的に旧道に入ります。

Dscn3310jpgc

入って5分で役場からの道に突き当たります。そこに菅野宿の案内があり、久しぶりに常夜燈もありました。左折です。9時50分。

Dscn3313jpgc_20201109145401

ここから少しの間、街道の雰囲気有る街並みが続きます。

Dscn3320jpgc

街並みを抜けると菅野川に沿って歩きますが、ここも良い感じです。

Dscn3323jpgc_20201109145401

10時16分、牛峠を目指して菅野川を渡りました。

Dscn3327jpgc

さあ登りかと身構えましたが、ここは広い車道を15分ほど登るともう牛峠でした。何かの大きな石碑の先の国道との合流点が牛峠でした。10時33分でした。左折するとすぐ大きな三叉路ですが、そこに小公園があり大休止しました。

Dscn3331jpgc

15分ほど休憩して出発しました。

Mitsue02jpgc

下って行くとお地蔵さんがあります。

Dscn3335jpgc

下り切った付近も雰囲気のある集落で、道案内の通りに歩けば自然に川沿いの道になります。

Dscn3337jpgc

道が突き当たると街道は右折です。逆に左折して川を渡って、また川沿いに歩くと、昨日行った道の駅へ2キロ程でしょうか。右折して10分ほど歩くと佐田峠で、首切地蔵さんがあります。

Dscn3342jpgc

この辺り、正面に大洞山が見える所ですが、今日は雲の中です。峠から少し行くと、道が二つに分かれますが、右に田圃の中へ降りて行きます。

Dscn3346jpgc_20201109154801

この辺り敷津という集落ですが、次の目標は姫石明神や丸山公園です。ただ参宮街道・俳句という催しがあるらしく、その案内や倭姫の元伊勢伝説もあるようです。

Dscn3354jpgc_20201109154801

11時45分頃、丸山公園に着きました。ここで昼食休憩としました。トイレもあります。

R0004325jpgc

30分ほど休憩して姫石明神に向かいました。階段を少し下った所にあります。倭姫が婦人病の全快を祈願したとか。

Dscn3366jpgc

ところで、ここから下ればいいんですが、案内地図にここは本街道ではないと書いてあったので、一寸本街道を探してみました。

Dscn3359jpgc_20201109190201

だけど結局見つからず、再度、姫石明神の前を下りました。15分ほどロスしたかな。下る途中にいろいろ石碑があります。これは六部の墓。

Dscn3372jpgc

悪路ですが10分一寸で国道へ降りてきました。丁度、三重県境です。12時45分。

Dscn3374jpgc

この小公園で小休止して、出発しました。ここから国道歩きで三重県夷入るなら簡単ですが、街道は国道の右下に降りて行きます。そこから案内が無くて困りました。国道を潜っても駄目、潜らず林へ登っても駄目。10分位うろうろして、諦めて国道を歩こうと決めた時、はっとひらめいたのが国道沿いの溝蓋のうえ(笑)。そこが街道でした。

Dscn3377jpgc

そこからは順調で、10分も掛からず国道(368号線)に出ました。手前に太一の常夜灯があります。太一の常夜灯は独特な形で、この地方に多いですね。13時03分。

Dscn3380jpgc

ここは三重県津市美杉町杉平、旧美杉村です。津市とは思えませんね。ここから大洞山へ少し登った辺りが、有名な三多気の桜です。右折して伊勢奥津駅に向かいます。国道を7~8分歩くと道標がありました。右伊賀名張、左大和初瀬だそうです。正面は伊勢道。

Dscn3387jpgc_20201109190801

太一の常夜灯は街道沿いに4つあります。二番目がこれ。

Dscn3389jpgc

石名原に入って街道は左に分かれます。そこに3番目の常夜灯。13時30分。

Dscn3394jpgc

3分でまた街道は左に分かれます。その細道に下垣内庚申堂があります。

Dscn3396jpgc

そしてすぐ先ほどの道に合流しますが、その街道が国道に出る手前で右折します。

Dscn3401jpgc_20201109190801

そして上の写真の奥にけもの防止の金網があり、その扉を開けて田圃道に入ります。そこまでは良いんですが、次に扉を開けて出た後道が無くなっています。一瞬戸惑いますが、強引に進んで民家の庇の下を通るとすぐ街道に出ます。出た所です。

Dscn3402jpgc

そのすぐ先に3番目の常夜灯があります。13時45分。

Dscn3404jpgc

そこから5分で国道に出て、また5分で旧道は右に分れます。いよいよ奥津宿です。興津宿は飼坂峠の難所を控えた宿場として、また若宮八幡宮の参詣口として栄えたそうです。

Dscn3409jpgc_20201109190801

入口から5~6分で伊勢奥津駅の入り口です。駅まで94mだそうです。

Dscn3414jpgc

伊勢奥津駅は鉄道マニア垂涎の駅だそうです。2時間に1本の名松線の終点駅で、効率が悪くてなかなか行けない駅だそうです。この日も何人かのマニアがただ乗りに来てすぐ引き返していました。

Dscn3416jpgc

Dscn3420jpgc

午後2時6分に着きましたが、列車は3時8分です。1時間待って松阪着が4時39分、なんとも時間のかかる駅です。それはともかく松阪でのお楽しむは当然焼肉ですね。駅前の焼肉店で反省会を行いました。

Dscn3423jpgc

次回は伊勢奥津からスタートします。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年11月 8日 (日)

伊勢本街道榛原~伊勢奥津1日目

山歩会仲間との伊勢本街道歩きの4回目です。今回は近鉄榛原駅から石割峠を越えて御杖村の三季館で1泊、翌日は御杖村を横断して名松線の伊勢奥津駅まで1泊2日の旅です。

Soni00jpgc

2020年11月6日(金)

9時20分に近鉄榛原駅に集合しました。

Soni01jpgc

線路に沿って前回西峠から下ってきた地点まで戻ってスタートします。角には登録古民家「池田家」があります。

Dscn3133jpgc

宇陀川に出ると対岸に日本最古の健康の神様と言う墨坂神社があります。赤い橋を渡って、今回の旅の安全を祈願しました。

Dscn3136jpgc_20201108142001

9時40分過ぎに神社を出て、ここからはしばらく国道369号線を歩きます。弘法大師の美味しい水(有料)など見ながら25分ほど歩くと県内最古の道標というのがありました。1661年の建立だそうです。

Dscn3146jpgc

御井神社を右に見ながら20分ほど歩くと自明の不動尊があります。弘法大師の爪書き不動尊とかも。

Dscn3155jpgc_20201108142001

ここで10時半から6~7分トイレ休憩しました。街道はここで国道を離れ、上の写真の左端の旧道に入ります。農家の庭先を通り、雑草を掻き分ける山道になります。

Dscn3157jpgc_20201108142001

分岐から10分ほどでまた国道に降りてきます。そこから5分も歩けば高井の集落に入り、ここで街道は国道と分かれて左に入ります。仏隆寺左の案内があり、室生古道・伊勢本街道の案内になっています。

Dscn3163jpgc

入って3分歩くと、再度街道は左に分かれます。案内や石碑があるので迷うことはありません。

Dscn3167jpgc

今日のメンバーは私を入れて7人です。ここから2分、再度道が2つに分かれます。左は室生古道で仏隆寺を経て室生へ向かいます。伊勢本街道は右を登ります。10時57分です。

Dscn3168jpgc

次の目標は千本杉です。杉林の中を12~13分登るとありました。立派な巨木です。

Dscn3173jpgc_20201108145901

千本杉から3分ほどで道案内の看板があります。左千体仏・右公衆トイレですが、右へ行きます。11時15分。

Dscn3177jpgc

道なりに気持ち良く歩いていて間違えそうですが、ここは左の細道に入ります。ここから林道に入り諸木野の関所跡を目指します。11時33分。

Dscn3178jpgc

7分林道を歩くと案内があり右の地道に入ります。そして5分、関所跡に着き、ここで昼食休憩としました。

Dscn3184jpgc

30分ほど休憩して出発しました。5分も歩くと諸木野の集落が散在していますが、あちこちに仏隆寺への分岐があります。

Soni02jpgc

かって諸木野には数軒の旅籠があったそうですが、今は面影もありません。

Dscn3192jpgc

諸木野を過ぎると街道は本日一番の難所石割峠への登りになります。多分200mほどの登りだと思います。先の道標から25分ほどで三郎岳との分岐の案内がありました。

Dscn3199jpgc

ここから10分弱登ると石割峠です。12時57分。

Dscn3202jpgc

石割峠は標高695m。伊勢本街道の最高地点です。でも展望も無いのでそのまま下ります。15分も下ると車道に出ます。車道を15分ほど歩くと田口の集落になります。この辺りは田口宿として多くの旅籠があったとか。

Dscn3212jpgc

この辺りで右に入る道が有ったらしいのですが、話に夢中になっていたのか、通り過ぎて血原橋に来てしまいました。

Dscn3215jpgc

それでも気付かず橋を渡って直進して室生の方へ少し歩いて引き返しました。15分位ロスしたかな。県道を逆に黒岩方向に歩きます。少し歩くと伊勢本街道の案内が出てきました。街道とここで合流しました。13時55分。

Dscn3217jpgc_20201108145901

5分で黒岩口で、街道は左に分かれて登ります。5分登ると不動の滝です。更に10分で黒岩集落です。地滑り防止事業の看板が目につきます。14時16分。

Dscn3223jpgc

ここから20分ほどは道なりに歩きます。左前方に住塚山が紅葉に染まって見えてきます。

Dscn3228jpgc_20201108192301

その辺りに山粕峠への道が右に分れます。14時38分。

Dscn3227jpgc

10分ほど休憩して登り始めました。とは言っても、大した登りがある訳ではありません。杉林や畑を歩いて、最後に一寸登ると山粕峠でした。20分弱で到着しました。

Dscn3239jpgc

一寸した悪路を15分ほど下ると佐田神氏跡、そして10分一寸で山粕宿の入り口です。問屋場跡の石碑があります。15時36分です。

Dscn3251jpgc

山粕宿からは本日最後の峠、鞍取峠に向かいます。

Soni03jpgc

山粕内の街道は本来上図の青線らしいのですが、めだか街道と言う案内に釣られて歩いてしまいました。

Dscn3256jpgc_20201108194601

まあこれでも良いでしょう。本来の街道に戻って10分ほど歩き、国道沿いの公衆トイレに来ました。

Dscn3257jpgc_20201108192301

鞍取峠へは、このトイレの裏から道があります。15時55分に出発しました。三季館さんには16時半頃着くと言ってあったのですが、一寸遅れそうです。20分ほどで鞍取峠に到着しました。

Dscn3264jpgc

休憩もそこそこに下りますが、道は悪路で、速くは歩けません。20分掛かって御杖村の桃俣へ下ってきました。

Dscn3272jpgc_20201108195601

今日の街道歩きはここまでです。ここから県道を1キロ程歩いた所に今日の宿三季館さんはあります。

Dscn3275jpgc_20201108195601

三季館到着は16時50分。20分遅れでした。

Dscn3278jpgc

三季館は春夏秋の3シーズンだけ営業するので三季館だそうで、11月は本来休みだそうです。10人以上の団体だけ予約制で開けるそうです。今回我々は予定したメンバーが減って7人になり、無理をお願いしました。

夕食は道の駅の姫石の湯に送迎してもらい、三季館さんは朝食だけお願いしました。帰ってきて、食堂で夜は歓談しました。

Dscn3285jpgc_20201108195601

明日は伊勢奥津まで18キロ程です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年10月30日 (金)

甲州街道ポタリング2日目後半

今、図の上方、大武川を渡り富士山を眺めた辺りです。

Kosyu10jpgc_20201030132101

渡ってすぐ左に入った辺りに旅館の近江屋さんがあると思ったのですが見当たりませんでした。国道沿いなのかな。しばらく走って小武川の手前で再度国道に出ますが、振り返ると八ヶ岳がきれいでした。

Dscn3062jpgc_20201030132301

また左に入って気持ちよく走り、穴山橋の近くで国道に出たのですが行きすぎでした。

Kosyu11jpgc

右折して街道に合流しました。付近に日本三大堤随一という徳山堤の説明がありました。この付近にあるようです。いや、その堤の上が街道になっているのかな。

Dscn3067jpgc_20201030132301

この付近からは前方に富士山、後方に八ヶ岳と絶景です。

Dscn3068jpgc

Dscn3070jpgc

左下に県道12号線があり、それが旧甲州街道と言う人も居るようですが、山裾の道を走ります。その県道に近づいた所に小公園があったので昼食休憩しました。下円井バス停付近です。12時10分頃です。

Dscn3072jpgc

20分の休憩で出発しました。まだ県道に入らず山裾を行きます。円井逆断層とか有るようです。予定のコースが通行止めになっていて、一寸引き返しながら県道にでました。ここからしばらくは県道を出入りしながら釜無川に架かる桐沢橋を目指します。13時に桐沢橋を渡りました。

Kosyu12jpgc

渡ると国道ですが、それも横断して旧道に入ります。旧道の左手にも岸壁が続きます。七里岩と言って、溶岩台地を釜無川や塩川が削ってできたそうです。武田家ゆかりの新府城も、この台地の上に築かれました。

Dscn3080jpgc

この旧道は正面に富士山を見ながら走りました。なかなか良い感じです。

Dscn3081jpgc_20201030132301

国道に出て、また左に入って13時20分頃韮崎駅前の本町交差点にきました。一橋陣屋跡や本陣跡があるかと探しましたが見当たりませんでした。

Dscn3082jpgc

そのまま走って13時35分に塩川橋を渡りました。

Kosyu13jpgc

渡るとすぐ甲斐市です。

Dscn3085jpgc

甲斐市もなかなか昔の風情が残る街並みがあります。12~13分走った所に舟形神社の石鳥居というのがありました。説明を読むと、室町時代前期の建造だとか。

Dscn3087jpgc_20201030132301

塩崎駅前付近を13時55分に通過しました。近くに泣石という巨岩があります。勝頼夫人が新府城を去る際、涙を流したとか。

Dscn3092jpgc

14時頃、高速の下を潜りました。

Dscn3095jpgc

その後街道は登り坂になって進みますが、道なりに迷うことなく進めました。下り坂になった辺りからは眼下に甲府の街を見渡せます。

Dscn3097jpgc

14時28分、竜王駅付近の線路を渡りました。そして国道52号線に合流します。高速の下を潜ると甲府市に入ります。

Dscn3099jpgc_20201030143801

美術館通りと呼ぶようですね。美術館がありました。公園はなかなかの人出です。今日は日曜日なんですね。

Dscn3100jpgc

荒川橋の手前に上石田のサイカチとかがありました。樹齢300年、本来は湿地に生える樹木だとか。

Dscn3101jpgc

荒川橋を渡り、問屋町付近には15時頃来ましたが、それらしいものはありませんでした。

Dscn3105jpgc_20201030150401

本陣跡付近のNTT交差点も特に何もなかったなあ。

Dscn3107jpgc_20201030143801

そのまま石和温泉方面に向かうことにしました。石和温泉駅まで多分6キロ弱、電車は16時11分、現在15時02分なので充分時間はありそうです。ところが少し走って善光寺駅付近で右足太ももに痙攣が起きました。昨日は左足、今日は右足かと思いながら一寸休憩します。

Dscn3109jpgc_20201030143801

一寸落ち着いたのでまた走り出しました。

Kosyu15jpgc

15時22分頃、山梨学院の前を通過。駅伝を思い出しました。

Dscn3111jpgc

この辺までは良かったのですが、この後、車道から歩道へコースを帰る際、小さな車輪が段差を登り切れず転倒してしまいました。傷は大したこと無いのですが血が止まりません。しっかり止血している時間も無いので、そのまま石和温泉駅まで走りました。

自転車を畳み、片手でタオルで傷口を抑えながら乗車しました。土産物屋さんにも入れませんでした。

Dscn3112jpgc

甲府で特急に乗り換え、1時間ほど傷口を抑えながら塩尻に着く頃に、ようやく血が止まりました。やっと売店に行って必要物資を買い整え、小宴を開きながら帰りました。お疲れ様でした。

Dscn3117jpgc

 

 

 

 

 

 

2020年10月29日 (木)

甲州街道ポタリング2日目前半

2020年10月25日(日)

今日はすずらんの里駅からできれば甲府を越えて石和温泉駅まで行きたい。その場合56キロほどになるので早めに出発して、すずらんの里駅には7時半に到着した。

Kosyu00jpg2jpgc

相棒の自転車を広げ、7時45分には出発した。

Dscn2962jpgc

国道20号線に復帰すると、東京まで184キロの案内があった。

Dscn2964jpgc

ところがすぐ右折する道を間違えてしまった。

Kosyu06jpgc

右折地点に3本の道が隣接しているのに気づかず、簡単に右折してしまった。

Mayoijpgc

しばらく登った所で可笑しいと気付き引き返した。15分のロスで街道に復帰した。

Dscn2969jpgc_20201029111201

天気は上々で、右手には富士見パノラマリゾートのゴンドラが見える。

Dscn2971jpgc

登り口から20分位で961mの案内があった。この辺りが今回の最高地点だろう。そこから4分で変電所があり、その先で道が二つに分かれていた。舗装道路を直進したらすぐ道が無くなった。右の砂利道が正解だった。

Dscn2978jpgc

甲州街道は全て舗装道路と思っていたら宛てが外れた。でもまあすぐに舗装道路になって左折。すぐに右折する辺りで、地元の小母さんに道を尋ねると、明確に旧甲州街道だと教えてくれた。前方に八ヶ岳が見え隠れするので、写真を写しに行ったが、良いアングルは無かった。引き返して街道に入ると石仏群があり案内もあった。

Dscn2984jpgc

トチの木の風除林を過ぎ、小さな神社に地元の人が集まっていた。秋祭りの準備かな。街道を感じます。

Dscn2990jpgc_20201029131601

もうこの辺りからは急な下り坂です。

Kosyu07jpgc

瀬沢という集落まで一気に下ってしまいました。神社と古い煙草屋さんがありました。

Dscn2993jpgc_20201029132001

そこからすぐ国道へ出るのですが、その道が左鋭角に引き返すので見逃しそうになりました。国道に出て橋を渡り、すぐ左に登ります。登り口に何か石碑があるので雰囲気はあります。9時10分頃です。

Dscn2995jpgc_20201029132001

5分ほどで国道に下り、しばらく国道を走りました。蔦木宿では旧道があるのですが入口を通り越しました。宿の中ほどに小公園があり、小休止しました。9時25分です。

Dscn2997jpgc

公園から旧道に入り、少し行くと石仏群と蔦木宿の案内がありました。すべての案内は東京から来る人に向けられていますね。

Dscn3002jpgc

少し行くと二股になり、直進は砂利道、左は舗装です。砂利道の入り口に石仏が並んでいて、如何にも街道らしかったので入りましたが、今度は舗装道路が正解でした。

Dscn3004jpgc_20201029132001

丁度国道の道の駅の手前辺りです。

Kosyu08jpgc

再度国道へ降りてきますが、途中に眞福寺というお寺が有り、国道手前に日蓮上人の高座石というのがありました。上人が三日三晩この岩の上に立ち、説法と祈祷をして、村に流行っていた悪病を退治したとか。

Dscn3010jpgc_20201029132001

すぐに旧道に入り、新国境橋は渡らないはずでしたが、旧道が通行止めになっていたので国道で渡りました。9時55分です。渡ってすぐ左に旧道へ入ります。3分ほどで山口の関所跡がありました。

Dscn3013jpgc

この辺りは山口素堂の生誕地とか。一旦国道に出るとすぐまた左に旧道に入りますが、ここが上教来石の入り口との案内がありました。

Dscn3017jpgc

国道に出て、一寸走って左に入ると下教来石ですが、この辺りが教来石宿だったようです。旧道をしばらく走ると白洲総合運動場があります。10時26分です。

Kosyu09jpgc

この辺りの右手山裾方面にサントリーの工場があるようです。国道に出て神宮川を渡り、すぐまた左に入ります。今度は台ヶ原宿へ向かう道です。左に岸壁が見えています。

Dscn3028jpgc

集落に入って右手を見ると、良さそうな山が見えます。地図的には甲斐駒か鋸岳方面ですがどうでしょうか。

Dscn3032jpgc

旅館が2軒向かい合ってありました。台ヶ原宿なのでしょうか。

Dscn3034jpgc_20201029141601

明治天皇行在所でもある造り酒屋の北原家住宅があります。ここは多勢の観光客が居ます。この辺りの名所なのですね。10時55分。

Dscn3038jpgc

台ヶ原宿を過ぎると街道は国道を渡って旧道に入る。ただこの旧道は私が見た資料で点線になっていたので、通行不可と勘違いして、少しの間だからと国道を走った。それで旧道との合流点へ来ると古道入口の案内があった。

Dscn3045jpgc_20201029141601

なんだ通れるのかと悔やんだが、引き返すのも癪なので、一寸逆から入って見た。気持ちよさそうな田圃道ですぐに横山の道標があった。

Dscn3047jpgc

さらに進むと丘の上に無銘の巨塔があった。明治に入って建てられた日蓮かんれんの石塔です。

Dscn3050jpgc_20201029141601

先へ進むのはここまでにして引き返した。釜無川を渡って左の旧道に入る。そして再度国道を渡って、山裾を少し登った旧道を走る。

Kosyu10jpgc

少し走ると交差点の右角に石仏群があった。水難碑もある。昭和34年8月に、この地区を大水害と山津波が襲ったと書かれていた。

Dscn3056jpgc

国道に戻り大武川にかかると、前方に富士山がすっきりと姿をみせた。

Dscn3060jpgc_20201029141601

丁度11時30分です。前半はここまでとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年10月27日 (火)

甲州街道ポタリング

かねてから甲州街道を歩きたいと思っていた。10月22日~24日で下諏訪から甲府までと考えていたが、天候の加減で24日(土)と25日(日)の2日間で自転車となった。

2020年10月24日(土)

朝8時のしなの3号で塩尻に向かう。塩尻で乗り換えて下諏訪へ行くのですが、乗り換え時間が4分しか無い。自転車担いで心配だなと思っていたら、しなのの到着が2分ほど遅れた。乗り換えのホームが解らず、うろうろしているうちに乗り遅れてしまった。9時58分の次は11時3分まで1時間待ちという。最悪。

Kosyu00jpg1jpgc

今回の行程は下諏訪から石和温泉まで78キロ程で、初日の今日はすずらんの里駅まで23キロ弱なので、まあ余裕がある。1時間遅れでもなんとかなるので、待ち時間にお握り食べて昼食を済ませた。

11時18分頃、下諏訪駅に到着した。中山道歩きなどで何回か来た駅です。諏訪大社が有名ですが、この万治の石仏も人気です。

Dscn2881jpgc

今回の相棒はこの折りたたみ自転車です。車輪は14インチで三輪車並みです。スピードは出ませんが、街道歩きにスピードは禁物です。時速10キロ以上出すと、道端の石仏や道標などを皆見逃してしまいます。重量が8キロと軽いので気に入っています。

Dscn2884jpgc

11時38分に出発して、まず中山道に入ります。

Dscn2887jpgc

すぐに中山道と甲州街道の合流点があり、ここからスタートです。

Dscn2890jpgc

中山道はここから左へ、さきほどの万治の石仏など見ながら、難所の和田峠越に入ります。甲州街道は初めてですが、取り敢えず、諏訪大社下社の秋宮に参拝しました。11時53分頃です。

Dscn2892jpgc

ここから甲州街道に入ったつもりだったのですが、早速道を間違えました。

Kosyu01jpgc

下社を出て直進したのが間違いで左折でした。中途で気が付いて街道に復帰しました。一寸行くと一里塚跡です。江戸から53番目とか。

Dscn2895jpgc

右手眼下に諏訪湖が見え、上諏訪の街並みが見えます。

Dscn2898jpgc

昔の旅籠でしょうか、橋本政屋という古民家がありました。12時20分頃です。

Dscn2900jpgc

12時半頃、左手に先宮(さきのみや)神社があった。諏訪大社は出雲の神様が移ってきたのだが、それ以前の地元の神様らしい。

Dscn2903jpgc

さらに進んで街道がカーブして更に左折する角に石仏群があった。近くの温泉寺の入口なのかな。

Dscn2906jpgc

左折するとすぐ52番目の一里塚跡です。

Dscn2910jpgc

この辺りは上諏訪駅の近くで、上諏訪宿に入っています。左手に県社手長神社という大きな鳥居がありました。

Dscn2911jpgc

元町という交差点で国道20号線の合流しました。R20は現代の甲州街道で、以後この国道に沿って進むことになります。12時48分。

Kosyu02jpgc

Dscn2914jpgc

国道から離れて旧道に入ると、立派な道祖神があったりします。信州の道祖神は夫婦なのか二人が多いですね。

Dscn2915jpgc

13時5分頃、足長神社がありました。先ほどは手長神社でしたが、謂れがあるのかも。

Dscn2917jpgc

調べてみると、いずれも諏訪大社の末社ですが、諏訪大社より古く、手長さまは足長さまの奥様だそうです。途中、工事通行止めなどありましたが、火燈公園を左手に見ながら、再度国道に合流しました、

Kosyu03jpgc

国道を淡々と走って、152号線との交差点を斜めに入って茅野駅を目指します。今日はちのステーションホテルを予約していますが、駅前に着いたのは13時35分頃でした。出発して2時間ですね。

Dscn2922jpgc

下諏訪駅から茅野駅は12キロほどなので1時間6キロのペースです。一寸掛かりすぎています。8キロは欲しいのですが、これから富士見町へかけては登り坂なので、頑張りが必要です。20分ほど走って多分宮川の橋を渡る手前に石仏群がありました。ここを左折して川沿いに走るようです。

Dscn2924jpgc

5分も走ると右手に細い街道らしき雰囲気の道が現れます。ここ右折ですね。一々止まって地図で確かめるので進まないのです。歩きだと歩きながら地図を読むのですが、自転車では「ながら」は無理です。油断するとすぐ通り越してしまいます。

Dscn2925jpgc

Kosyu04jpgc

右折して7~8分、変電所を越えると線路沿いの登りになります。

Dscn2928jpgc

登り切った所に旧甲州街道補助路の案内があります。付近に旧道が有ったのでしょう。線路を陸橋で渡ります。

Dscn2929jpgc

国道に合流して、しばらく線路沿いに走ると左手に金山権現の森がある。武田信玄の金山と関係があるのでは? 金沢宿の入口でしょうか。

Dscn2932jpgc

郵便局の辺りが金沢宿の本陣付近でしょうか。14時32分です。付近の民家もなんとなく昔日の面影を残しています。

Dscn2935jpgc

すぐに国道から離れ、右に登ります。

Dscn2939jpgc

15分ほど坂道が続き頑張ったのですが、セイコーエプソンの社宅の辺りで左足太ももに痙攣が起きました。最近は歳の性か一寸頑張ると筋肉が痙攣します。情けない。

Kosyu05jpgc

一寸筋肉を休めて、騙しながらピークを越えると、立派なケヤキが目にはいってきた。御射山神戸の一里塚です。

Dscn2945jpgc

樹齢400年弱、慶長年間に植えられたものだとか、素晴らしい。ここからは一気に下って国道に合流。すぐ八幡神社の交差点があります。

Dscn2950jpgc

今日の行程はここまで。左折して「すずらんの里」駅に向かいます。15時15分でした。

Dscn2951jpgc

後少し登って富士見町を過ぎれば、後は甲府まで下り坂です。明日も頑張ります。

Dscn2955jpgc

この日は茅野駅まで戻って、ホテルで1泊しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«伊勢本街道 三輪~榛原

最近の写真

  • Ueno02jpgc_20201120133201
  • Dscn3896jpgc
  • Dscn3913jpgc
  • Dscn3906jpgc
  • Dscn3899jpgc_20201120134001
  • Dscn3903jpgc_20201120134001
  • Dscn3907jpgc_20201120134001
  • Dscn3910jpgc_20201120134001
  • Dscn3921jpgc
  • Dscn3918jpgc
  • Dscn3917jpgc
  • Ueno04jpgc