アウトドア

JRさわやかウオーキング蟹江

2018年3月4日(日)
JRのさわやかウオーキングが蟹江で有ったので、利き酒に釣られて参加してきました(笑)。

蟹江の街は近くですが、ゆっくり歩いたことは有りません。初めてでした。
Kanie

駅を出てすぐ、漬物屋さんで守口漬けを買う。

Dscn9233

そして今度は民俗資料館へ。ここで蟹江合戦という戦を初めて知った。
小牧長久手の戦で家康に敗れた秀吉が、再度戦ったのがここ蟹江城だそうです。
だがここでも秀吉は勝てずに、徳川攻略は諦めて、政略戦に切り替えるきっかけになった合戦だそうです。

Dscn9243

Dscn9246

続いて銭洗尾張弁財天に行きます。
途中の民家はなかなかの家が多く、歴史を感じさせます。

Dscn9255

ここでお金を洗うと幸運が舞い込むとか。

Dscn9263

蟹江城主も祀られています。

Dscn9260

そして待望の酒蔵です(笑)。山田酒造と言って、代表銘柄は酔泉だそうです。
無料の利き酒を3杯ほど飲んで、有料の大吟醸を1杯飲んで、すっかり朝から良い気持ちになりました。

Dscn9282

近くに屋台まで出ていました。

Dscn9291

良い気持ちで帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開田高原

御嶽山の麓、開田高原へウオーキング&ゴルフに行きました。
名古屋から車で中央道へ、中津川で降りて19号線を北上、懐かしい木曽路をドライブです。

木曽福島の駅前でコーヒー休憩。谷底の街ですね。

Dscn4697jpgc

すぐに左折して木曽大橋を渡ります。361号線に入って開田高原を目指します。
途中でどこかの蕎麦屋さんで昼食したが写真を撮り忘れた。

御嶽明神温泉やまゆり荘に13時40分頃到着。車を置いて尾の島の滝へウオーキングに出かける。
地図は貰ったが、縮尺いい加減な略図のみ。案内は全くないので、迷いながら歩く。

40分ほど歩いて辿りついた。

Dscn4706jpgc

なかなかの滝です。水量もすごい。

Dscn4705jpgc

帰りは雨に降られて、濡れながら15時頃やまゆり荘に帰りついた。
温泉はなかなか良い。

Dscn4709jpgc

今日の泊まりは木曽カントリー倶楽部のロッジです。なかなか良い感じ。去年も来たのです。

Dscn4720jpgc

夜はすき焼きで一杯。

Dscn4722jpgc

食後は麻雀やカラオケを楽しみにしている人が多いが、私は健康的に寝てしまった。
翌日は快晴で御嶽山が姿を現してくれた。

Dscn4733jpgc

スコアはそこそこ(-_-;)

Dscn4739jpgc

スルーで廻って入浴と昼食の後、また帰りに蕎麦を食べに入った。
時香忘という有名店。十割そばと焼きそばがきが珍しかった。なかなかグー。

Dscn4748jpgc

食べ過ぎて満腹で帰ったが、中央道が事故で通行止め。19号線は大渋滞で帰りが遅くなり。
食べ過ぎたお腹が丁度良くなって帰宅しました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳山ダム

徳山ダム見学ツアーというのに参加してみた。
徳山ダムは2008年完成の貯水量日本一のロックフィルダムですが、その建設には当然反対も有り、最終的には徳山村の全人口1500人が全員立ち退くことになり、当時の新聞を賑わしました。

我家のある桑名は、木曽三川が集まりますが、その一番西側、揖斐川の上流にあり、比較的近いのですが行ったことが無く、今回初めて行きました。

揖斐川は桑名から海部、大垣を経て揖斐川町に入ります、揖斐川町では旧藤橋村を経て最奥部が旧徳山村でした。その向こうは福井県で、池田町そして鯖江市に至ります。現在の国道417号線です。

バスはまず揖斐川町歴史民俗資料館に寄りました。
揖斐川の水運を示す大きな船や、旧徳山村の民家などが展示されていました。

Dscn4504jpgc

Dscn4514jpgc

次いで藤橋村に入り、道の駅で昼食。ここには徳山民族資料収蔵庫があり、5890点の民具や農具が収蔵展示されています。

Dscn4523jpgc

Dscn4547jpgc

そして、徳山ダムの手前に横山ダムがあります。このダムは徳山ダムより早く建設されましたが、伊勢湾台風で充分な治水効果が得られず、徳山ダムの建設に至りました。

横山ダムは貯水されていないようでした。

Dscn4553jpgc

そして徳山ダム到着は12時50分頃です。徳山ダムは横山ダムに溜まった土砂を材料にして作られたそうです。

Dscn4557jpgc

ロックフィルダムはコンクリートのダムに比べ、材料費が安く、周囲の岩盤が余り強くなくても建設できるのが特徴だそうです。ただオーバーフローには弱いため、放水口は横に作る必要があります。

Dscn4593jpgc

Dscn4597jpgc

Dscn4605jpgc

今日は個人では入れないダムの内部が見学できました。

Dscn4585jpg1jpgc

エレベーターで130mほど下り、ゲート室や点検通路などを見学しました。

Dscn4582jpgc

続いてダムの上流5分にある徳山館に行きました。ここはレストランと写真展示があります。

Dscn4628jpgc

徳山村にカメラばーちゃんの増山たづ子さんが居て、消え行く徳山村の自然や生活を7万枚撮ったそうです。その一部が展示されています。ごく普通に山村の生活を営んでいた村人に、降って湧いた離村の要請。その困惑がこの写真から感じさせられます。

Dscn4623jpgc

Dscn4616jpgc


Dscn4625jpgc

旧徳山村には466戸、八つの集落が有ったそうです。そのうち七つの集落が水没することになり、残る一つも離れ小島のように孤立するため、全村で移転となったそうです。

大半の方は今、岐阜県の本巣郡に移られたとか。
お土産に熊避けの鈴を買いました。良く鳴ります。新潟三条の真鍮鋳物だそうです。

Dscn4658jpgc

帰り道、藤橋城に寄りました。

Dscn4656jpgc

この城は一階がプラネタリュームで、新規作られた観光用の城ですが、藤橋地区は美濃と越前を結ぶ交通の要衝で、中世から近世にかけて数多くに砦や城が作られたそうです。

Dscn4656jpgc_2

また藤橋村は星がきれいで有名なのだそうです。

Dscn4640jpgc

隣には藤橋歴史民俗資料館で茅葺屋根の民家が5棟展示されています。

Dscn4644jpgc

Dscn4655jpgc

いや今日は結構勉強になって、充実した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒノキの美林 大田賀山林

現在日本の林業は安い外材に押されて厳しい経営環境にあります。
国有林を経営していた営林署も今は営業を諦めて森林管理署と名前を変えています。

そんな中にあって、紀北町に速水林業さんというのがあって、素晴らしいヒノキの美林を経営されているという話を聞いていました。今回場所が解り、街角博物館も併設されているというので、見学がてら森林浴に行ってきました。

尾鷲の民宿を8時頃出て、42号線で海山へ向かいました。JR紀勢線の船津駅近くに別所書店があり、そこを右折と思っていましたが、別所書店は無くなってセレモニーホールになっていました。

Otaga

右折の後、踏切を越え、大船川を渡ってすぐ右折すると看板がありました。

Dscn3644jpgc

2~3分で木造の小屋を改造した博物館があります。

Dscn3674jpgc

まだ開いていませんでしたが、さきほど速水林業さんへ電話していたので、開けに来てくれました。
まず森が見たいので、その方に道を訊きました。

紀勢道の下を潜って歩いていきます。よく手入れされた密植の林があります。

Dscn3646jpgc

5分で遊歩道の入り口です。

Dscn3648jpgc

デッキから遊歩道へ入ります。

Dscn3651jpgc

この山林の説明があり驚きました。1ha当たり8000本植えて、間伐7回枝打ち5回で60年後の現在は1ha当たり475本なんだそうです。

Dscn3652jpgc

そんなに間伐するんですね。そしてその間伐材が売れないので一般的には手入れする人件費がでないのだとか。

まあともかく、この美林の中を森林浴しながら歩きました。

Dscn3654jpgc

文化庁から文化財に指定されているようでした。ここの森は1ha当たり12000本植えて現在304本となっていました。ますます凄い。

Dscn3659jpgc

遊歩道の案内が無いので、恐る恐る進みます。

Dscn3660jpgc

ここ右折して下るのですが、林道を歩いてしまい、引き返してきました。

Dscn3664jpgc

下って行くと元に戻ってきます。30分位でしょう。

Dscn3667jpgc

ガイドが無く、単独で歩かせるには、もう少し案内板が欲しいですね。公的な施設でなく、私有地を好意で歩かせてもらっているので、文句は言えませんが(笑)。

Dscn3669jpgc

Dscn3671jpgc

まあ気持ちよく森林浴させて頂きありがとうございました。
尾鷲に帰って、昨日教えてもらった魚屋さんに行き、刺身をお土産に造ってもらいました。
店の人も最近は魚が少なくてと嘆いていました。

Dscn3676jpgc

でも、とっても美味しかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイビングリゾートくまの灘

急に思い立って熊野に行くことにした。
それも昔よく潜った熊野の海の中が見たくなった。
もう5年以上潜って無いし、台風も何回も来てるし、海底の様子も変わっているだろうな。

昔は熊野漁協が経営していたが、お客も少なく、存続も危ぶまれたようだ。
今は尾鷲のショップが委託管理しているみたいだが常駐の人は居ない。
一緒に行く人も居ないので一人でシュノーケルすることにした。

8時ごろのんびり出て、渋滞で時間を掛けつつ下道を走った。途中、滝原神宮の前を通ると、祝御遷宮の幟が立っている。そうか去年は内宮と外宮の式年遷宮があったが、今年は別宮の順番なんだなと思う。

Dscn3536jpgc

お白石持行事が行われるみたいだ。

Dscn3535jpgc

紀伊長島からは無料区間なので高速で尾鷲に入る。尾鷲で昼食の後、今度は尾鷲熊野道路で熊野の大泊まで走る。過って42号線で矢の川峠を越えていた頃に比べると15分は早くなったかな。

Kumanojpgc

すぐ左折して国道311号線に入る。この道もすっかり新しくなり、以前の曲りくねった細い道は付け替えられていた。

Dscn3545jpgc

トンネルの手前から井内浦が一望できます。この辺りは熊野古道伊勢路の大吹峠も近く、私の心の故郷とも言えます。

Dscn3542jpgc

誰も居ないエントリー口に息子から貰った海上ハンモックを浮かべて海に入りました。冷たい。最近は南の暖かい海ばかりなので、熊野の海も冷たく感じます。

Dscn3546jpgc

水中はソラスズメがいっぱい居ます。最近は防水カメラが安いので、わざわざハウジングを持っていかなくてもよいので手軽です。私のはニコンで18m防水ですが、キャノンは25m防水が出ています。

Dscn3550jpgc

以前は水中で見ていた岸壁を水面から見ると、また新鮮で変わった感じです。

Dscn3552jpgc

タカノハダイ、チョウチョウオ、キュウセン、ハコフグ、ボラなど魚はいろいろ居ますがシュノーケルではなかなか写真を撮らしてはくれません。透視度も5mぐらいでしょう。

ツノダシ
Dscn3561jpgc

ヘラヤガラ
Dscn3565jpgc

ピンボケだけどオヤビッチャ
Dscn3568jpgc

カゴカキダイ
Dscn3576jpgc

ネンブツダイかな
Dscn3577jpgc

1時間位で寒くなって上がりました。
今夜は尾鷲に泊まるので、海岸沿いを311号線で帰りましょう。

続く。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛鳥散策

13時20分頃石舞台を後にしました。

Asuka_2

飛鳥寺を経由して甘樫丘を目指すことにしました。
なかなか風情のある街道です。

P1150288jpgc

岡寺へはここを登ります。

P1150290jpgc


すぐ近くで非常に貴重な看板を発見しました。これまで何度かこの道を歩いたはずですが、これまで気付きませんでした。三十年以上前に消滅した、とある会社の看板です(笑)。

P1150291jpgc

途中、酒船石に寄りました。飛鳥のミステリーストーンの一つです。

P1150294jpgc

13時55分に飛鳥寺に到着しました。日本最古の本格的な寺院で、大仏や蘇我入鹿の首塚があります。
ここも小学生で一杯でした。

P1150304jpgc

次に甘樫丘(あまかしのおか)を目指しました。ここはこれまで登っていませんでした。

P1150310jpgc

飛鳥が一望で来て絶景でした。下の茶店で缶ビールを買っていったのは正解でした(笑)。14時18分。

P1150311jpgc

さっき行った飛鳥寺方面です。

P1150316jpgc

南の方へ万葉の植物園路を歩きました。勉強にもなります。

P1150318jpgc

新緑ウオーキングにふさわしい良い道でした。

P1150319jpgc

さてこれからミステリーストーン巡りです。まず亀石です。15時です。

P1150325jpgc

鬼の俎と雪隠が15時15分頃

P1150329jpgc

P1150334jpgc

最期に猿石が15時28分です。

P1150338jpgc

そこから飛鳥駅は10分です。駅前の食堂で待望の反省会です。

P1150356jpgc

なかなか良い新緑ウオーキングでした。Oさん、お疲れ様でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

談山神社から飛鳥へ

2014年5月1日(木)

新緑のウオーキングをしようと奈良県の飛鳥へ出かけてきました。久しぶりに大阪のOさんと一緒です。
桜井駅で落ち合って、9時25分発の桜井市コミュニティバスで談山神社を目指しました。

昔この道を歩いたことがありますが、結構しんどかった思いがあり、今回はバスです。
でも直接神社には向かわず、一つ手前の多武峰で降りるのが良いようです。

ここから談山神社の参道が始まるからです。

P1150205jpgc

9時48分に屋形橋を渡って歩き始めました。歴史を感じさせる山門や石塔などがあります。

P1150209jpgc

15分ほどで談山神社の入り口に着き、500円払って石段を登ります。
先ほどの山門もそうですが、本殿と言い十三重の塔といい、神社と言うよりお寺の建物のようです。
まさに神仏習合の形なのでしょうね。

P1150220jpgc

新緑がきれいです。

P1150223jpgc

石楠花はまだ一寸早かったのですが、それでも満開の木もあり、ヤマブキの花と共に十三重の塔を彩ってくれました。

P1150232jpgc

大化改新で有名な中臣鎌足と中大兄皇子が、ここ多武峰(とうのみね)で談合して秘策を練ったことから、多武峰は談山(かたらいやま)と呼ばれるようになり、後に藤原姓を賜った藤原鎌足を祀る談山神社が生まれたそうです。

さて今日はその藤原鎌足のお墓がある御破裂山に登り、そこから飛鳥へ下って石舞台など飛鳥の里を巡るつもりです。

Asuka

御破裂山へは十三重の塔の奥から登って行きますが、その入り口に岩くらと滝神社があり、パワースポットになっています。

P1150236jpgc

御破裂山は標高607mですが談山神社が既に500m近くあるので、後100mの登りです。
10時20分に登り始めて、10分で中臣鎌足と中大兄皇子が談合したという談山に着きました。
標高は566mだそうです。

P1150242jpgc

一寸休憩して、更に10分ほどで御破裂山です。藤原鎌足のお墓とその裏に展望台がありました。

P1150245jpgc

展望台からは眼下に大和三山、遠く大和平野が霞んでいました。

P1150246jpgc

10時53分頃、御破裂山を後に飛鳥の石舞台へ向かいます。談山へは向かわず、すぐ右に分かれる広い林道を下って行きます。

20分弱で車道に出ますが左折して談山神社方向へ。3分で右後方へ分かれて行くのが石舞台への道です。

P1150255jpgc

県道155号線を何度か横断しながら山道は下って行きますが、こんな案内が要所にあるので安心です。

P1150260jpgc

11時40分頃、また県道を潜る辺りで横道にそれ、景色の良さそうな場所で昼食にしました。
12時10分頃出発、県道の下を潜ると気都和既神社がありました。寂れていますが歴史ありそうです。

少し下ると道標があり、石舞台は上を指していたので従ったのですが、それは新道でした。やはり徒歩なら下りの旧道を歩く方が気分も良いでしょう。

でもまあ、上の道からは眺めはなかなかです。

P1150269jpgc

でも途中で旧道に移りました。やっぱり歴史の風情があります。

P1150272jpgc

12時50分頃、石舞台の近くに到着しました。

P1150285jpgc

今日は小学生が無数に来ていました(笑)。
近くの高台に登り、一寸お酒を飲みながら休憩しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

知多四国を歩きはじめました

昨年は西国三十三札所や神宮125社をまわりました。
今年は知多四国を歩くことにしました。
特に観音信仰や弘法大師の信仰があるわけでもないのですが、何か目標がある方が歩きやすいので。

資料によると88か所の他に開山や番外が10か所あって98ヶ寺を廻るようです。
距離は200キロぐらいでしょうか。

名鉄のパンフレットでは16回に分かれていますが、その半分位の回数で回りたいと思いました。
でもどの程度1日で回れるものか見当がつかないので、取り敢えず10か寺を目標に歩いてみました。

Chita0211

名鉄の前後駅に9時10分に到着、さあ歩き始めようと思ったけど、特に道案内や道標があるわけでもないので、どっちに向いて歩き始めたらよいのか、さっぱり解らない。

あらかじめ地図ロイドに入れていた地図が山旅ロガーとうまくリンクしてくれない。もたもたしながら1番の曹源寺に着いたのは9時45分。こんなことでは先が思いやられる。

P1140638

ここで御朱印帳を購入する。

P1140789

お寺の方の勧め上手に乗せられて、豪華な御朱印帳を買ってしまった。2300円。
今年は大師上陸1200年とかで、キャンペーンが行われているそうで、その記念帳は白い表紙で1300円だそうです。まあ1000円でそう拘らなくてもいいんだけど(笑)。

10時過ぎに2番の極楽寺に向けて出発。
ようやくタブレットの地図ロイドと山旅ロガーの連携も軌道にのり、10時52分に到着した。

ここは千体仏とかが見事です。

P1140649

3番の普門寺はすぐ傍です。ここは大きな数珠を回します。

P1140660


11時12分に出発、4番の延命寺に向かいます。一寸離れています。30分で到着しました。

P1140664

11時53分に出発、午前中は4か寺でした。12時頃、丁度あったうどん屋さんで昼食にしました。

P1140669

12時35分に出発、5番は飛ばして6番の常福寺に向かいます。
大府駅近くのJRの線路を越え、愛知けんこうの森のそばを通って13時18分にようやく到着しました。

P1140678

一寸面白い石仏がありました。

P1140681

13時28分に出発、7番の極楽寺に向かいます。
途中、愛知けんこうの森を横切りました。

P1140688

この間はなかなか遠くて50分掛かって14時18分に到着しました。
知多四国は、参詣の方が結構多いですね。この日も、これまでどこのお寺でも参詣の方がおられました。
大体ほとんどの方が車での参拝ですが、一人だけ歩きの方も居られました。

P1140696

樹齢500年という大きな楠を見ながら14時27分に8番の伝送院へ向かいました。
10分で到着しますが、大師堂は境内の外でした。

P1140704

14時50分に出発、9番の明徳寺に向かいます。
ところで、ここの御朱印は手書きでは無く、御朱印帳に印鑑を押す形式です。
西国巡礼のときは手書きでした。

それで300円でした。でも西国巡礼の場合は各寺が離れていて、1日は多くても3か寺です。なので御朱印料金は900円。でも今回は1日10か寺だと3000円になります。

これは高いなあと思っていました。信仰の無い者は仕方ありません(汗)。
結果的には手書きでなく押印なので100円でした。
それならということで、すべて御朱印を頂くことにしました。

P1140790

この辺り、東浦地区は、昔を偲ばせる旧道があり、民家も焼杉の黒い外装が多いですね。

P1140713

30分一寸歩いて15時22分に到着しました。お寺は改装工事中でした。

P1140719

15時32分に出発、10番の観音寺に向かいます。16時に到着しました。

P1140723

この辺りでは、次のお寺への方向と距離を示した石標がありますね。
16時10分に出発、石標では十五丁先の十一番安徳寺に向かいます。
これで10か寺達成です。

16時37分に到着しました。冬場は御朱印の受付が17時までなので、これが限度ですね。

P1140730

この参拝で解ったことは、西国巡礼の場合は、そのお寺のご本尊が観音様の場合もあったのですが、弘法大師信仰の場合は、本尊であることは無くて、ご本尊は別におられて、その脇に弘法大師が祀られているということでした。

参詣を終えてJR東浦駅に着いたのは17時一寸前でした。
この日は、沖縄の阿嘉島のショップさんが冬季巡業で名古屋でも飲み会をやる日なので、それに参加しました。

一寸時間が早かったので、テレビ塔の近くへ行ったら、ライトアップとイルミネーションがあり、寒さを忘れました。

P1140735

P1140742

飲み会も盛り上がりました。

P11407631


| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の横谷峡  飛騨金山

JR高山線の下呂温泉の二つ手前に飛騨金山駅がある。
かっては飛騨街道の宿場町として賑わった金山宿だが、今は普通列車しか停まらない静かな駅です。

久し振りの高山線の車窓には飛騨川が見えます。

Dscn1321

駅到着は11時一寸前、名古屋から2時間掛かっている。
今日は山歩会のハイキングで、男女11名が参加です。紅葉の横谷峡散策が目的ですが、飛騨街道にある筋骨巡りという街中散策も楽しみです。

Dscn1334c

上の図で金山駅から金山橋を渡った所が飛騨街道です。右折して鮎つりで有名な馬瀬川沿いに歩きます。
境橋は飛騨の国と美濃の国の境だそうです。

Dscn1342

Dscn1343

飛騨金山温泉を過ぎ横谷峡の入口に白山神社があります。

Dscn1358

紅葉もなかなかです。
Dscn1360

横谷峡の紅葉は今ひとつですが、鮮やかな紅葉もあります。

Dscn1365

最初の滝が白滝です。ここで12時15分、昼食としました。

Dscn1367

あまごの卵を孵化させるとかで、作業していました。

Dscn1375

20分ほどで出発、次は二見滝です。

Dscn1384

その後、車道から川沿いの遊歩道に下りて、紅葉滝へ向かいました。

Dscn1391

上に上がってくると紅葉がきれいでした。

Dscn1395

トンネルを潜って鶏鳴滝に向かいます。

Dscn1401

最後の鶏鳴滝は道が二つ有ります。一つ目の道を下まで降りると三段の滝に見えます。

Dscn1407

登り返してもう一つの道を降ると東屋があります。そこからの眺めもなかなかです。

Dscn1413

さてこの後意見が分かれました。もう一度地図を見ましょう。ハイキングコースは一寸引き返して山越えをして
愛蓮の滝を見に行きます。

これは一寸きついので、そのまま少し登ってトンネル経由で駅に帰る。意見が分かれましたが、健脚のNさんとMさんが山越え、他はトンネルとなりました。

Dscn1348c

610mのトンネルを潜り、こもれび遊歩道へ向かいます。

Dscn1424

ここでカメラの電池がなくなりました。ここからは携帯の画像です。
こもれび遊歩道は山道でした。まあ良いか。

F1000004c

こもれび街道に入ったのが13時50分、25分ほどで里道に下りてきました。
14時25分には、行きに通った国道付近に出てきました。紅葉が切れいです。

F1000010c

さて、待望の筋骨巡りでコロッケでも食べてビールでも飲もうかと、飛騨街道を目指しました。
ところが、地元の人の情報では、日曜日はお店もお休みが多いから、飲み食いしたいなら国道沿いのドライブインが確実だよと。

ということで41号線沿いのドライブインにあるラーメン屋さんへ。そこでいろいろ頂いてお腹を満たしました。

F1000017c

近くの酒蔵のお店でお土産を買いました。

F1000022c

名古屋に着いたのは19時ごろ。エスかで一寸飲んだあと、カントリーミュージックのお店に連れてもらいました。

F1000029c

皆さん、お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書写山

2013年10月4日(金)

先日17号台風のとき、ロープウエーが停まって行けなかった書写山園教寺にリベンジしてきた。
今回はロープウエーを使わず歩いて書写山に登ることにした。

草津駅で山仲間のWさんと落ち合い、姫路駅に着いたのが11時16分。何年ぶりかの姫路駅です。
正面に修理中の姫路城が小さく見えています。
Pa040001c

25分発の神姫バスにぎりぎり間に合い、登山口の刀出(かたなで)に着いたのは丁度12時でした。
Pa040003c

刀出坂を登って行くと右手に天神社があります。
Pa040006c

二万五千の地形図とは一寸異なる方向へ自然歩道の案内があり、一寸戸惑いましたが案内にしたがって歩くと登山口に出ました。崩落か何かの関係で道を付け替えたようです。
Pa040010c

道は荒れていますが、歩かれている様子もあり、案内もあります。
Pa040014c

どこかで弁当を食べようと思いながら40分ほど歩いてしまいました。
Pa040022c

弁当のお供に缶ビールも持っているし、ビール飲んだ後で登るのも嫌だし。後20分も歩けば着く筈だしと思いながら15分歩くとお寺の建物が見えました。
Pa040030c

開山堂でした。園教寺を開いた性空上人を祀っているお堂で、1007年に建てられたのが最初で、その後何度か消失して、現在のお堂は江戸時代1671年に建てられたものだそうです。
Pa040033c

近くの展望台に行きました。四国は霞んで見えませんが、淡路島を初め瀬戸内の家島群島が見えています。
Pa040041c

そばに休憩所があり弁当を広げるのに最適ですが、ビール飲んだ直後に納経に行くのもまずいので、空腹を抱えて納経に行くことにしました。

書写山の伽藍は立派なもので、往時の隆盛が目に浮かぶようです。
これは大講堂や食堂(じきどう)です。
Pa040050c

納経は摩尼殿で行います。西国二十七番目の札所です。
Pa040062c

納経を終え、少し歩いて山門を出ました。もうビールを飲んでもよいでしょう(笑)。
Pa040075c

外の参道には西国三十三札所の観音様が祀られています。
Pa040076c

途中に展望の良い場所があり、ベンチが置いてありました。
Pa040078c

これは昼食にうってつけの場所だと弁当を広げました。1時50分頃です。
Pa040079c

15分ほどで弁当を食べ終わり、下りに入りました。2時38分と53分に書写のバス停からバスがあります。
まあ、53分なら間に合いそうです。

すぐにロープウエーの山上駅です。その横の道を下ります。
Pa040080c

書写山は巨大な岩で出来ているようで、その上を下ると近道のようです。
Pa040086c

2時36分に登山口へ降りてきました。ここから書写のバス停は2~3分です。少し遅れてきた38分のバスに間に合いました。
Pa040092c

15時11分の新快速に間に合い、草津到着は5時6分でした。
Wさんにも途中下車してもらい、恒例の反省会を開くことにしました。
Pa040095c

7時まで飲み物半額と言う店があり、ゆっくり反省しました(笑)。
Pa040099c

Wさん、お疲れ様でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)