街道歩き

萩往還旅行記

先日歩いた萩往還の旅行記を、街道トレッキングに書き始めました。
興味のある方は是非ご覧ください。

   街道トレッキング

Hagiokan

Dscn6626

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萩往還2日目

今日は佐々並近くの日南瀬から防府市の勝坂まで26キロ程を歩きました。峠が幾つも有り疲れました。歩数も4万5千歩です。

1510310233024.jpg


1510310234486.jpg

1510310235543.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萩往還初日

今日は萩市内の起点、高札場から佐々並付近まで25キロ程歩きました。詳しくは帰ってからアップします。

1510216962133.jpg


1510216963006.jpg


1510216963811.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹内街道後半

2017年10月20日(金)

8月に歩きに行って、悪天候のため残した竹内街道の後半を歩いてきました。
Take03jpgcjpg1_2

この辺りは仁徳天皇陵などの古墳が多く、世界遺産に申請している地域です。

詳しくは街道トレッキングでご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山道 木曽福島から塩尻

2017年10月7日(土)~8日(日)
中山道を1泊2日で歩いてきました。

木曽義仲の菩提寺や巴淵、是より南木曾路の碑など、なかなか面白い中山道です。

詳しくは街道トレッキングでご覧ください。

Dscn5566


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山道 須原宿~木曽福島宿

2017年9月3日(日)

山歩会の仲間と中山道を歩いてきました。

浦島伝説のある寝覚ノ床なども見学しました。

Dscn4253

詳しくは街道トレッキングをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹内街道

2017年8月6日(日)
38度の炎天下ですが、竹内街道を歩きました。

竹内街道は飛鳥時代に作られた日本最古の官道と言われます。
難波の湊から飛鳥京への大道だったそうです。

詳しくは街道トレッキングをご覧ください。

Take00

Dscn3870


| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野山

桜の名所吉野山ですが、私には「大峰奥駈道」の起点として重要です。
10数年前に歩いた思い出の地を歩いてきました。

Dscn3760

詳しくは街道トレッキングでご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山道 三留野宿~須原宿

2017年7月16日(日)
山歩会のメンバーとの中山道歩きです。前回、馬籠から南木曾駅駅まで歩いたので、今日はその続きです。
ただ、この辺りは鉄道の便が非常に悪く、南木曽駅到着は10時18分、25分に出発しました。
今日はお祭りの日と見えて、駅前に祭り装束の子供たちが居ました。

Dscn2994

今日の行程です。

Suhara01jpgc

前回、駅の裏側の街道を歩いて、少し先で引き返してきたので、今日はそこまで戻ります。10時33分でした。

Suhara02

そこから10分ほど歩いた辺りが三留野宿宿です。

Dscn2999

本陣跡です。

Dscn3002

5分ほどで宿場は通り過ぎますが、そこで街道は二つに分かれます。木曽川の反乱を避けた与川道が右に分かれるのです。でも今は、そちらが中山道の本道として案内されています。

Dscn3005


でもそちらは6キロほど遠回りになるので、我々は川沿いの道を行きます。
11時頃国道19号線に合流し、しばらくは木曽川沿いの国道歩きです。歩道が付いているので危険はありません。

Dscn3015

11時40分頃、十二兼駅への案内で国道を左に外れます。

Suhara03

木曽川を渡ると柿其渓谷と言うハイキングコースへ行けますが、街道は橋を渡らず十二兼駅へ向かいます。

Dscn3016

15分で十二兼駅です。ここでベンチをお借りして昼食にしました。無人駅です。
十二兼というのは何か謂れが有りそうですが、調べても余り歴史的な謂れはないようです。

Dscn3019

12時25分に出発、次の目的地は野尻宿です。
すぐに国道を潜り、また国道を横断するという変なルートで国道歩きが始まります。
10分ほどで国道を左に別れ、何回か仲仙道踏切を渡りながら歩きます。

Dscn3029

13時10分頃、野尻宿らしい集落に入り、一里塚跡がありました。

Dscn3037

実際の野尻宿は7~8分先の「はずれ」という屋号の民家からだったそうです。

Dscn3044

この野尻宿へ東京から来た場合、例の与川道への案内が見当たりません。なので、今日も数人の旅人が我々川沿いの道を歩いてきました。

Suhara04

本陣跡を過ぎ、東の外れのような南無妙法蓮華経の大きな石碑を13時半頃過ぎました。
次の目標は道の駅大桑です。

暑いので木陰で時々休憩して、給水と塩分補給して熱中症を防ぎます。
国道に出て、道の駅の前を通過したのが14時頃です。

Dscn3051

更に10分一寸歩いて大桑駅手前で国道と踏切を渡ります。道中で何回も列車とすれ違いますが、殆どが特急列車です。普通列車は見た覚えがありません。

Dscn3052

ここまで来ると、須原駅までは5キロ強で、時間も見えてきます。15時台は列車が無いので急ぐ必要はありません。目標は16時13分の中津川行きです。
40分ほど歩いて14時50分、岩出観音の近くまでやってきました。舞台建築ですね。

Dscn3060

観音様にお参りした今日のメンバー8人です。

Dscn3064

お参りを済ませたのが15時過ぎ、道案内は右の登りが須原宿と案内していますが、これは中山道でもなく、しかも遠回りです。我々は下って、元の中山道に帰ります。

15分ほどで須原宿の入り口辺りに来ました。

Dscn3068

定勝寺入口の水船です。

Dscn3069

定勝寺は由緒ある古刹ですね。木曽家の菩提寺との案内もありました。

Dscn3075

脇本陣だった西尾酒造さんで地酒を購入しました。

Dscn3084

須原宿は水船の里です。

Dscn3086

須原宿も今日はお祭りでした。

Dscn3081

Dscn3093

皆さん暑い中お疲れ様と言うことで、反省会は中津川のとんちゃんやさんで行いました。
お疲れ様でした。

Dscn3099


| | コメント (0) | トラックバック (0)

天城越え②

河津七滝の入り口バス停は水垂です。ここから下って釜滝へ行き、上から順に滝を見て行きます。
全ての滝を見なくて良い人は、もっと下って、ループ橋の下の河津七滝駐車場で降りて、3つほど滝を見るのが良いそうです。

但し、そこから一番上の釜滝まで登るのはしんどいです。

Dscn2373jpgccc

13時56分に水垂から河津七滝への道に入ります。
ここでは滝は「たき」と発音せず「だる」と発音します。岩を「ぐら」と発音するようなものでしょう。

Dscn2369jpgc

ここで、七滝の上流にある猿田淵が分かれるので、一応見に行きました。

Dscn2374jpgc

なかなかの雰囲気です。

Dscn2378jpgc

この辺りは、さっき見た二階滝の下流で、流れは河津川です。猿田淵は猿田彦命に由来するそうです。
引き返して、鎌滝を見ます。なかなかの滝ですねえ。

Dscn2387jpgc

七滝の内でも一二を争うと思います。

Dscn2391jpgc

すぐ下が「エビ滝」

Dscn2395jpgc

そして蛇滝です。

Dscn2401jpgc

3分で初景滝です。ここまで水垂のバス停から30分ほど、14時27分です。

Dscn2409jpgc

ここに伊豆の踊子の銅像があります。下流の河津七滝駐車場にバスを停めた観光客は、ここまで登ってきて記念写真を撮り、引き返すのでしょうね。

ここから上は一寸登りだし、お年寄りには向かないかも。
ここまでは道幅も広く、傾斜も無い遊歩道です。

下って行くと大願成就ならぬ大岩成就の小石投げがあります。難しそう。

Dscn2413jpgc

伊豆の踊子は6回も映画化されているのですね。でも最近40年以上は無いのですね。

Dscn2422jpgc

次のカニ滝は規模が小さい。上流にはもっと大きい無名の滝が有ったような。

Dscn2426jpgc

14時40分頃、茶店のある滝見物入口に出てきました。

Dscn2439jpgc

でもここまでは5つしか滝を見ていません。残り2つは出会滝と大滝です。
この2つは、すぐ下流に有るのですが、道が狭く急で、観光客を積極的に案内していないようです。
また、大滝は完全に道を閉鎖して見られません。

出会滝は二つの川が出合う場所にあります。この滝と

Dscn2438jpgc

この滝です。

Dscn2436jpgc

出会滝の下流にこんな滝がありますが、これは大滝では無いようです。

Dscn2433jpgc

その下が大滝のようですが、上から少し見えるだけです。

Dscn2434jpgc

14時55分。すべての滝を見て駐車場にたどり着きました。

Dscn2440jpgc

15時03分発のバスに乗り、ループ橋の下を通って25分ほど、河津駅到着は15時27分です。

Dscn2444jpgc

伊東駅までは普通列車で1時間ほどかかります。到着は16時40分頃です。

Dscn2452jpgc

駅から5分の海岸沿いの旅館でした。6階の窓から眺めは抜群です。

Dscn2453jpgc

沖合には海上保安庁の潜水艦救助船が停泊していました。後方は初島でしょう。

Dscn2456jpgc

6時半頃縦走組が帰ってきました。雨の中ご苦労様。
夕食は豪華絢爛、お互いの話で話題は尽きませんでした。

Dscn2460jpgc

2017年6月26日(月)
翌日は帰るだけなのでフリーです。朝は海岸を散歩しました。なぎさ公園かな。

Dscn2468jpgc

朝食後、皆さんと別れて、大室山に行きました。

Dscn2477jpgc

一寸伊豆半島の地図を見ましょう。伊東温泉の南、伊豆高原の近くにある580mほどの山で、伊東からバスで40分ほどでした。

Dscn2505jpgc

ついでに、昨日歩いた修善寺から河津の下田街道は、半島の中央、地図の左端です。
縦走チームは図の茶色い線を歩いたようです。

リフトで5~6分で山上です。火山の噴火口があり、周囲一周が1キロ20分ほどです。
頂上は火口の向かい側です。

Dscn2484jpgc

一周の途中、何かの撮影をしていました。

Dscn2485jpgc

山頂から、こんなに見えるそうですが、今日は一寸ガスって居て、遠くは見えません。

Dscn2489jpgc

逆の内陸側もこんな風だそうです。

Dscn2492jpgc

富士山も見えるそうですが、今日はだめです。でもまあ、そこそこ見えて満足して帰ってきました。

Dscn2490jpgc

Dscn2491jpgc

Dscn2503jpgc

伊東駅に帰り、お土産に干物を買って帰りました。
干物の中ではトロアジより鯖の干物が質量値段ともに良くてお勧めですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧