伊勢西国

2024/03/30

伊勢西国10回目 菰野の2寺

鈴鹿山脈の麓、菰野町の2寺へ行ってきました。竹成の五百羅漢と木曾三川チューリップ祭りがおまけです(笑)。

Dscn0988jpgc_20240330200301

写真は尾高観音、引接寺です。

詳しくはダイバー散歩でご覧ください。

| | コメント (0)

2024/03/20

伊勢西国 勅願院観音寺

お彼岸なので、お墓参りに行き、近くのお寺を参拝してきました。

Dsc_0808jpgc

四つ足、八頭部の珍しい鳥にまたがる、如意輪観音さまで有名です。

詳しくはダイバー散歩でご覧ください。

| | コメント (0)

2024/03/12

伊勢西国 東海道沿いの2寺

久しぶりに天気が良くなったので、午後の散歩がてら、東海道富田宿にある2寺をお参りしてきました。

Dscn0824jpgc

詳しくはダイバー散歩でご覧ください。

| | コメント (0)

2024/01/29

伊勢西国7回目 佐奈の三古寺巡り

JR紀勢線、佐奈駅から近長谷寺と金剛座寺を参詣してきました。

一寸道を間違えて苦労しました。

Dscn9794jpgc_20240129142001

でも帰りは松阪でご褒美も頂きました。

詳しくはダイバー散歩でご覧ください。

| | コメント (0)

2024/01/15

伊勢西国6回目 桑名

今年になって初めての伊勢西国です。今回は地元桑名の4ヶ寺です。

Dscn9610jpgc_20240115191201

写真は32番飛鳥寺の境内から見た、御嶽と乗鞍(右)です。

詳しくはダイバー散歩でご覧ください。

| | コメント (0)

2023/12/17

伊勢西国5回目 金剛證寺他

3日連続参拝の最終日です。

今日は伊勢神宮の鬼門を守ったとされる、朝熊山山頂に有る金剛證寺と伊勢市内の中山寺へ行きました。

Dscn9155jpgc_20231217184101

詳しくはダイバー散歩でご覧ください。

| | コメント (0)

2023/12/14

伊勢西国4回目 津観音他

3日連続の2日目です。今回は松阪~津の近鉄沿線5ヶ寺です。

写真は津観音境内の地蔵菩薩。戦火に焼け残ったそうです。

Dscn9087jpgc_20231214192501

詳しくはダイバー散歩でご覧ください。

 

| | コメント (0)

2023/12/12

伊勢西国3回目 正福寺

今年8月に伊吹山へ行ったとき、帰りに伊勢西国三十三札所の一つ聖宝寺にお参りして、その後、あまり進展していなかった伊勢西国を、そろそろ本格的に始めようと、3日間連続で行ってきました。その1日目です。

Dscn8929jpgc_20231212190101

番外の正福寺は鳥羽の先に有って、山道を1時間以上登るので、一寸腰を心配しましたが、なんとか行ってきました。

詳しくはダイバー散歩でご覧ください。

| | コメント (0)

2023/08/04

伊勢西国三十三札所

新聞で、こんな本が発刊されたという記事を見て、即購入したのが7月初めだったか。

Dscn7096jpgc

世の中の札所巡りに八十八札所と三十三札所がある。八十八は弘法大師の若い頃の修行の場を巡る四国八十八札所が草分けで、三十三は大和長谷寺の徳道上人が定めた西国三十三観音霊場巡りが草分けです。

四国八十八ヶ所は江戸時代の旅行作家真念が定めた新しい札所巡りなのに対し、西国三十三札所は西暦712年とかいうので、奈良時代の初めですね。一旦すたれて、平安時代、悲劇の花山法王が1番を那智の青岸渡寺とし、順に三十三番の谷汲山華厳寺までを定めました。

その後、全国各地に地方の八十八や三十三が生まれました。いくつあるかは知りません。私は八十八は四国の歩き巡礼の他は、愛知県の知多四国、そして三重四国をお参りしました。

三十三は西国以外はお参りしたことはありません。坂東三十三と秩父三十四を合わせて全国百観音というのはよく聞きます。坂東や秩父は鎌倉時代にできているようですね。

さて、伊勢西国三十三札所ですが、リストを見ると伊勢の国に限られているようです。

Dsc_0017jpg1

というのは、以前、三重四国を廻ったとき、三重県のうち、伊勢の国と伊賀の国に分布していました。紀伊の国の一部、東紀州は三重県ですが、三重四国のお寺は有りませんでした。

今回は伊賀の国も除いた、伊勢の国だけの三十三か所です。調べてみると、伊賀は伊賀で別に三十三ヶ所を定めておられるようです。

上の図が伊勢西国三十三札所ですが、赤丸は三重四国と重なるお寺です。三十三と番外が二つ、元が二つ、計三十七札所が有りますが、そのうち、十四ヶ寺が重なっています。でも御朱印が違うので、再度訪れる必要はあります。

Dscn7099jpgc

この奉納経に三十七の御朱印をもらいに行こうと思います。

第1回目はこちらです。

 

| | コメント (0)