日記・コラム・つぶやき

雨あがり

良く降りましたね。
今朝、玄関の扉にカタツムリが居ました。

なんか、懐かしくて、撮ってみました。

Dscn0844

Dscn0848


| | コメント (0) | トラックバック (0)

筍料理

筍料理を作って見ました。左はバターで炒めて醤油味にしたシンプルなもの。右は同じ炒め物ですが、鶏肉を加え、お酒や味醂など味に工夫したものです。右下はワカメの煮物ですが、これは京料理の定番、私には無理なので女房に任せました。三品ともなかなかの味でした(笑)。

Dscn2273


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見

地元老人会でお花見に行きました。
場所は歩いて1時間ほどの船頭平閘門。
木曽川と長良川の間の航行を行う重要文化財の施設です。

Dscn2052

今年は全国的に桜の開花が早いそうですね。温暖化の影響でしょうか。

Dscn2072

Dscn2078

Dscn2079

ところで皆さん、染井吉野とヤマザクラの区別つきますか?

これがソメイヨシノ

Dscn2069

これがヤマザクラ

Dscn2091

ヤマザクラは花と葉が同時に出るのが特徴だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春を探して

昨晩は一晩中すごい雨でした。
今日は天気も回復したので、春の兆しを探しに散歩してきました。

昨夜の雨で田圃は満水です。

Dscn1993

菜の花は満開です。

Dscn1994

ホトケノザ

Dscn1999

麦畑

Dscn1996

土筆が水面に

Dscn1997

梅は満開

Dscn2006


| | コメント (0) | トラックバック (0)

つまみ寿司

女房の誕生祝に息子からお寿司が送られてきました。最近は便利ですねえ。

私もお相伴に預かりましたが、京都の花梓侘(かしわい)という店のつまみ寿司というんだそうです。

可愛いですねえ。

Dscn1992

小さいけど、15個も食べるとお腹いっぱいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理教室

昨日も料理教室でした。前回は男の料理、今回は男女で「おいしく食べよう」とか。
まあ、主催者が違うみたいです。

Dscn1989

私はワンタンスープ班でした。

Dscn1985

難しいのは、中身の具を80に分割するところですね。

Dscn1986

出来上がりです。

Dscn1988


| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚汁の会

所属する老人会で、毎月近所を歩く「歩こう会」を開いて居ます。
でも2月は寒いということで、集会所で豚汁を食べる会を開きました。

でも、食べるだけではということで、歩こう会にふさわしく、ヒマラヤトレッキングの話を私が1時間ほどしました。
10年前に行ったエベレスト街道の写真をスライドで見てもらいました。

P1100595jpg1jpgc

P1090974jpg1

その後で、皆で豚汁を食べました。
豚汁は好評でしたが、私の話はどうかな(笑)。

Dscn1979jpgc

Dscn1983jpgc


| | コメント (0) | トラックバック (0)

近々行きたい所

こんな紙を壁に貼っています。

Dscn1964

行きたいと、いつも念じていれば、そのうち行けるかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲み会

昨日は、毎年のようにお世話になっている、沖縄慶良間のダイビングショップさん主催の飲み会が名古屋でありました。

ブループラネットさんと言って、阿嘉島にあります。
2月はお客が少ないので長期休日にして、その間に全国各地で飲み会を開きます。
今年もよろしくと言う訳です。

会場は駅前のスペイン食堂。
Dscn1941

15人位集まったのかな。

Dscn1937

久しぶりにダイビングの話題で盛り上がりました。

Dscn1938

終わって外に出ると駅前の高層ビルがきれいでした。

Dscn1946


| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣 治水神社

今年の初詣は治水神社でした。治水神社と言っても、ご存知ない方も居られるかも。
下図のように愛知岐阜三重の県境にあります。我家からも近いです。7キロ位。
Dscn1859

木曽三川の治水工事を多大の犠牲を払いながら遂行した、薩摩義士が祀られています。
写真下は長良川で、遠くのタワーは木曽三川公園で、その近くにあります。
Dscn1845

宝暦の治水工事は1755年に行われ、相当な難工事でした。

Dscn1847

幕府の命により行われたこの工事で、大幅な予算超過や何人もの犠牲者を出し、工事責任者の平田靱負は工事完了後自刃したと伝えられます。

Dscn1848

Dscn1855

ただ、その工事も完全でなく、本格的な治水は明治の改修を待たなければなりませんでした。
明治の改修はオランダ技師デレーケの指導の下、明治20~45年に木曽三川の完全分流が行われました。

Dscn1843

木曽三川の分流によって、木曽川と長良川の船の行き来ができなくなり、そのために作られた運河が船頭平閘門で、重要文化財に指定されています。

Dscn1862


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧