日記・コラム・つぶやき

2022/09/27

マレーシア

何年か前にマレーシアで知り合った女性が日本に帰省しにきた。何日かしてまたマレーシアに戻るので、名古屋の1日を飲むことにした。

Dsc_0587jpgc

駅裏の飲み放題の店に昼頃から出かけたが、年寄向きでは無かった。何故かと言うと、注文はすべて自分のスマホでする。バーコードを読み込むと注文画面が出て、パスワードを設定し、後は回転ずしの注文画面と同じように注文する。

Dsc_0590jpgc

スマホを持っていない人は注文できない。えらい世の中になりましたねえ。

Dsc_06522jpgc

いろいろしゃべっている間に、マレーシアが懐かしくなり、ダイバー散歩に、マレーシアの思い出を書きました。興味ある方は是非ご覧ください。

 

| | コメント (0)

2022/02/19

観天望気

我家の観天望気は多度山を見ることです。多度山は我が家から北西に7~8キロにあります。多くの天気の崩れは西からやってきます。偶に台風などで南から来ることもありますが例外です。

多度山が隠れると1時間以内に雨が降ってきます。上空を雲が覆っても、多度山が見えていれば洗濯物を干しても良いという具合です。

一昨日、この冬一番の寒気が日本列島を覆いました。その日の多度山の様子を写真に写してみました。まず早朝、朝の散歩中に写した日の出前の多度山です。

Dsc_0022jpgc

日本海側から分厚い雪雲が押し寄せています。鈴鹿山脈は完全に覆われていますが、多度山(右端)はまだです。その5分後には多度山が覆われ始めました。

Dsc_0027jpgc

更に5分後には多度山は完全に見えなくなりました。

Dsc_0029jpgc

その時、逆方向の南東から朝日が昇り始めました。

Dsc_0034jpgc

ですが1時間後には、やはり雪が降ってきました。

Dscn9017jpgc

でもこの雪は前線の移動ではなく、寒気団の張り出しによるものなので気まぐれです。出たり入ったりするのです。15分後には寒気団が後退し多度山が見えてきました。

Dscn9024jpgc_20220219132801

この日はこんなことを何回も繰り返していました。そして、これは翌朝の景色です。鈴鹿山脈も多度山も結構雪が積もったようですね。

Dsc_0042jpgc

 

 

| | コメント (0)

2022/02/07

大豆ミート

最近ヘルシー食品として大豆ミートが話題になっているので、一寸試しに買ってみた。

Dscn8752jpgc_20220207110501

通販で5袋で1000円ほどだった。

Dscn8758jpgc

中身はこんなで、80グラム。

Dscn8754jpgc

袋の裏面にから揚げの調理法が載っていたので作ってみた。

Dscn8761jpgc_20220207110501

出来上がりはこんな風。

Dscn8755jpgc

一寸味が薄かったのでポン酢で食べてみたが、結構美味しかった。

ただ、何の肉かよくわからない味だった。ジューシーさも無かった。

でも調理方法によっては、それは補えるでしょう。

残りの袋は何にしようか。ホームページにはチンジャオロースーとかハンバーグが載っていたが。

 

| | コメント (0)

2022/02/03

恵方巻

これまで食べたこと無かったけど、今年はスーパーの宣伝に負けて買ってきた(笑)。

Ehou01

私の子供の頃には、節分と言えば豆を歳の数だけ食べるくらいだったので、恵方巻を食べる習慣は新しいだろうとルーツを調べてみた。

江戸時代、大阪の花街で節分に太巻きを食べたのがルーツだとか。全国的に広めたのはコンビニのセブンイレブンで、1989年に広島の店で縁起物として、恵方巻の名で売り出したのが最初とか。私が38歳の頃かな。

その後他の府県、特に関西でも売り出し、10年後ぐらいには全国の店で売り出すようになったとか。現在では他のコンビニはもとより、スーパーでもすべて売っていますね。

食べ方にルールがあるそうですね。

Dsc_0004jpgc

恵方今年は北北西を向いて、一本黙って丸かじりし、最後まで全部ひとりで食べるのがルールだそうです。でも、こんな太巻きを、一人で全部食べるのは、とても無理ですね。これは売り手の仕掛けた罠だと思って止めましょう(笑)。

 

| | コメント (0)

2022/01/02

初詣 治水神社

今年の初詣は治水神社に行きました。近くの多度神社に比べると参詣客が少ないのがいいです(笑)。

Dscn8424jpgc

この神社は多分、明治に入ってから作られた新しい神社です。江戸時代末期に江戸幕府から木曾三川の治水工事を命じられた薩摩藩の義士を祀っています。この工事は非常な難工事で、多額の追加費用や多くの犠牲者を出し、責任者の平田某は、殿に申し訳ないと切腹しています。その犠牲者を祀っています。

近くには木曾三川公園があります。公園から多度山を望んでいます。

Dscn8426jpgc_20220102133501

 

| | コメント (0)

2022/01/01

新年あけましておめでとうございます

令和4年1月1日の初日の出です。

Dsc_9797jpgc

振り返ると多度山です。

Dsc_9804jpgc

恵那山がかすかに見えました。御嶽は雲の中です。

Dsc_9807jpgc

帰るとおせちです。

Dsc_9816jpgc

お屠蘇は日本酒だけじゃない。

Dsc_9818jpgc

おせちも若い人にも合わせて、いろいろ。

Dsc_9819jpgc

今年もよろしく宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2021/12/27

中国の白酒

食器棚の奥から白酒を見つけた。中国の酒は大きく分けて、南の黄酒、北の白酒に分かれる。黄酒は醸造酒でアルコールは15%位、日本酒に近い。老酒とも呼ばれる。銘柄は紹興酒というのかな。上海など南の酒です。

Dsc_9768

一方、白酒は北京など北の酒です。蒸留酒でアルコール度数も高く40度~50度もあります。田中角栄が日中友好条約を結ぶとき、北京の長城飯店で、周恩来と乾杯したのは、この酒です。

Dsc_9771

マオタイシュというのが有名で一流銘柄のようです。私も現役の頃、中国へ出張すると、よく飲まされました。小さな盃ですが、乾杯を重ねると、すぐ酔っぱらいます。それを見計らって、検査項目や精度の緩和を持ち掛けてくるのです(笑)。この酒は52度ですね。

Dsc_9772

よく見ると、会社名に新疆の2字が見えますね。今、人権問題で話題の新疆ウイグル自治区の会社みたいですね。私はシルクロードが好きで、この地区には3~4回行っているので、多分、ウルムチ辺りで買ったのかなと思います。

この辺りはイスラム圏なので、酒は飲まないのですが、結構、人なつっこくて好きです。今もし、ウイグル人など少数民族の人たちが、中国政府による洗脳教育を受けさせられて」いるとしたら、耐え難いはなしですね。

52度の性か、一寸酔いました。

 

 

| | コメント (0)

2021/12/24

クリスマスイブ

今日はクリスマスイブですね。お正月と違って誰も来ない。女房と二人だけだけど、ささやかにお祝いしましょう。

今朝の日の出です。

Dsc_9757

七面鳥とシャンパンとはいかないけど、チキンとスパークリングワインで。

Dsc_9760

クリスマスケーキは甘口のワインと合わせて。

Dsc_9761

 

| | コメント (0)

2021/10/24

お好み焼き

大阪風月のお好み焼き粉が手に入ったので、何十年か振りにお好み焼きを作って見た。

まあまあ上手くいった。ひっくり返しも順調だった(笑)

Dsc_9559jpgc

お酒を何にするか迷ったが、紹興酒と合わせてみた。正解かも。

Dsc_9560jpgc

| | コメント (0)

2021/08/28

傘寿

傘寿(さんじゅ)のお祝いメッセージをいろいろ頂きました。でも私は満80歳なので、本当は去年かな。還暦だけが満60歳で祝うみたいで、他は数え年で祝うみたいですが。

長寿祝の一覧表です。ネットのどこかにありました。

Longevity_ceremony

喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿は文字の遊びで、意味は無いみたいですね。還暦は60年で元の生まれた干支に還るからです。古希は李白だったか杜甫だったかの誌から来ていますね。

80歳になって最初の山歩きに35度の猛暑の中、多度山へ行ってきました。標高は402mです。山上公園まで1時間15分。

Dscn9250jpgc

以前は1時間を切っていたのですが、今では無理です。今日は展望は良くありません。

Dscn9251jpgc

最近は御岳山の見える日は少ないですね。傘寿祝の待望の缶ビールです。

Dscn9252jpgc

5年前の75歳の時には、槍ヶ岳の肩の小屋でビールを飲みました。えらい違いですね。今年もどこか行きたかったけど、コロナで行きそびれてしまいました。

P1190508jpgc

今年は上高地周辺の山小屋は1泊13000円になってました。コロナで定員も減らすので仕方ないですが、8千円が1万3千円になると、行き難くなりますね。

山上公園のヒマラヤ杉です。

Dscn9270jpgc

この実が大きくて人気なんです。まだ残っていました。

Dscn9269jpgc_20210828142901

結構、大きいのです。

Dscn9267jpgc

無事、傘寿の山行を終えました。

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧