日記・コラム・つぶやき

2022/01/02

初詣 治水神社

今年の初詣は治水神社に行きました。近くの多度神社に比べると参詣客が少ないのがいいです(笑)。

Dscn8424jpgc

この神社は多分、明治に入ってから作られた新しい神社です。江戸時代末期に江戸幕府から木曾三川の治水工事を命じられた薩摩藩の義士を祀っています。この工事は非常な難工事で、多額の追加費用や多くの犠牲者を出し、責任者の平田某は、殿に申し訳ないと切腹しています。その犠牲者を祀っています。

近くには木曾三川公園があります。公園から多度山を望んでいます。

Dscn8426jpgc_20220102133501

 

| | コメント (0)

2022/01/01

新年あけましておめでとうございます

令和4年1月1日の初日の出です。

Dsc_9797jpgc

振り返ると多度山です。

Dsc_9804jpgc

恵那山がかすかに見えました。御嶽は雲の中です。

Dsc_9807jpgc

帰るとおせちです。

Dsc_9816jpgc

お屠蘇は日本酒だけじゃない。

Dsc_9818jpgc

おせちも若い人にも合わせて、いろいろ。

Dsc_9819jpgc

今年もよろしく宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2021/12/27

中国の白酒

食器棚の奥から白酒を見つけた。中国の酒は大きく分けて、南の黄酒、北の白酒に分かれる。黄酒は醸造酒でアルコールは15%位、日本酒に近い。老酒とも呼ばれる。銘柄は紹興酒というのかな。上海など南の酒です。

Dsc_9768

一方、白酒は北京など北の酒です。蒸留酒でアルコール度数も高く40度~50度もあります。田中角栄が日中友好条約を結ぶとき、北京の長城飯店で、周恩来と乾杯したのは、この酒です。

Dsc_9771

マオタイシュというのが有名で一流銘柄のようです。私も現役の頃、中国へ出張すると、よく飲まされました。小さな盃ですが、乾杯を重ねると、すぐ酔っぱらいます。それを見計らって、検査項目や精度の緩和を持ち掛けてくるのです(笑)。この酒は52度ですね。

Dsc_9772

よく見ると、会社名に新疆の2字が見えますね。今、人権問題で話題の新疆ウイグル自治区の会社みたいですね。私はシルクロードが好きで、この地区には3~4回行っているので、多分、ウルムチ辺りで買ったのかなと思います。

この辺りはイスラム圏なので、酒は飲まないのですが、結構、人なつっこくて好きです。今もし、ウイグル人など少数民族の人たちが、中国政府による洗脳教育を受けさせられて」いるとしたら、耐え難いはなしですね。

52度の性か、一寸酔いました。

 

 

| | コメント (0)

2021/12/24

クリスマスイブ

今日はクリスマスイブですね。お正月と違って誰も来ない。女房と二人だけだけど、ささやかにお祝いしましょう。

今朝の日の出です。

Dsc_9757

七面鳥とシャンパンとはいかないけど、チキンとスパークリングワインで。

Dsc_9760

クリスマスケーキは甘口のワインと合わせて。

Dsc_9761

 

| | コメント (0)

2021/10/24

お好み焼き

大阪風月のお好み焼き粉が手に入ったので、何十年か振りにお好み焼きを作って見た。

まあまあ上手くいった。ひっくり返しも順調だった(笑)

Dsc_9559jpgc

お酒を何にするか迷ったが、紹興酒と合わせてみた。正解かも。

Dsc_9560jpgc

| | コメント (0)

2021/08/28

傘寿

傘寿(さんじゅ)のお祝いメッセージをいろいろ頂きました。でも私は満80歳なので、本当は去年かな。還暦だけが満60歳で祝うみたいで、他は数え年で祝うみたいですが。

長寿祝の一覧表です。ネットのどこかにありました。

Longevity_ceremony

喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿は文字の遊びで、意味は無いみたいですね。還暦は60年で元の生まれた干支に還るからです。古希は李白だったか杜甫だったかの誌から来ていますね。

80歳になって最初の山歩きに35度の猛暑の中、多度山へ行ってきました。標高は402mです。山上公園まで1時間15分。

Dscn9250jpgc

以前は1時間を切っていたのですが、今では無理です。今日は展望は良くありません。

Dscn9251jpgc

最近は御岳山の見える日は少ないですね。傘寿祝の待望の缶ビールです。

Dscn9252jpgc

5年前の75歳の時には、槍ヶ岳の肩の小屋でビールを飲みました。えらい違いですね。今年もどこか行きたかったけど、コロナで行きそびれてしまいました。

P1190508jpgc

今年は上高地周辺の山小屋は1泊13000円になってました。コロナで定員も減らすので仕方ないですが、8千円が1万3千円になると、行き難くなりますね。

山上公園のヒマラヤ杉です。

Dscn9270jpgc

この実が大きくて人気なんです。まだ残っていました。

Dscn9269jpgc_20210828142901

結構、大きいのです。

Dscn9267jpgc

無事、傘寿の山行を終えました。

 

| | コメント (2)

2021/08/19

木曽川堤防から

我家の有る長島町は木曽三川に挟まれている。木曽川、長良川、揖斐川です。中でも木曽川は毎朝の散歩コースなので馴染みが深い。

その木曽川が、この長雨で増水を繰り返している。木曽川中流域の岐阜県や長野県に大雨が降り続いているからです。最初は8月14日。朝のニュースで岐阜県・長野県に大雨が伝えられた午後、河川敷の野球場が水に浸かっていた。

Dsc_0102jpgc

道路も冠水し、取り残された車が困っていた。

Dsc_0108jpgc

この辺りから水が入ってきている。

Dsc_0105jpgc

翌日になると更に水位が上がって、水の侵入部のコンクリートが見えなくなっていた。Dsc_0127jpgc

この辺りの川幅は1キロ近く有って堤防も随分補強されているので心配は無いが、45年位住んでいる私にとっても、初めての水位です。野球場のベンチも冠水している。

Dsc_0132jpgc

この日の午後、木曽川と長良川を繋ぐ船頭平閘門へ散歩に行ったが、この水門も普段より2m近く上昇していた。

Dsc_0154jpgc

16日になって、ようやく水位が下がってきた。野球場のベンチも姿を現した。

Dsc_0194jpgc

水の侵入口も元の姿が見え始めている。

Dsc_0195jpgc

17日の朝は、殆ど水が引き、朝霧が立ち込めていた。

Dsc_0206jpgc_20210819143001

でもまだ1週間は降るんだよなあ。

 

| | コメント (0)

2021/07/28

うなぎのすき焼き

滋賀県に「じゅんじゅん」と言う言葉があるらしい。私は隣の京都の生まれですが、聞いたことが無い。魚や鶏肉、獣の肉などをすき焼き風にして食べる鍋料理を「じゅんじゅん」と言うらしい.

今年の土用の丑の日は7月28日と言うことで、皆さんうなぎを食べますね。うなぎは蒲焼が代表的な食べ方で、日本全国のスーパーや鰻屋さんが販売に凌ぎを削っています。

今年はコロナのお蔭で巣ごもり状態です。なので彦根の琵琶湖畔の料理旅館さんへうなぎの「じゅんじゅんセット」を注文しました。

Dscn9147jpgc

土用の丑の日というのは、土用すなわち立春・立夏・立秋・立冬の前18日間での丑の日を言うそうです。なので1年に4回あるのですが、特に立秋の前18日間の丑の日が重要視されています。

この日は「う」の付く食べ物、特にうなぎを食べると良いとされてきました。

Dscn9154jpgc

うなぎ以外でも「う」の付く食べ物なら良いそうですが。やはり「うなぎ」ですね。それで「蒲焼」ポピュラーですが、一寸ひねって「じゅんじゅんセット」となったのでした。

Dscn9150jpgc

27日に食べたので、28日の丑の日は、うなぎじゃなく「牛」にしました。

Dsc_0053jpgc

 

| | コメント (0)

2021/02/21

春近し

今日は久しぶりに風の無い穏やかな日。朝の木曽川堤防の日の出です。

Dsc_1630jpgc

10時頃には気温も上がり、日光も差し込んで、うららかな散歩日和。旧長島藩の重職の家へ散歩に行った。

Dsc_1645jpgc

するともう桜が咲いていた。桜の種類は知らないが、早いですね。

Dsc_1638jpgc

Dsc_1634jpgc

午後になるとますます気温上昇、木曽川の河川敷も活気づいてきました。家族連れも来ている。

Dsc_1660jpgc

テニスコートや野球場も久しぶりに賑わっている。

Dsc_1661jpgc

パークゴルフやバスケットコートもシーズンインかな

Dsc_1662jpgc

春も近いし、コロナも収まってくれるといいなあ。

 

| | コメント (0)

2020/12/23

五街道

江戸時代に制定された日本橋を中心とする街道で、東海道、中山道、甲州街道、日光街道、奥州街道の五つを五街道と言いますね。

東海道は日本橋から京都。中山道は日本橋から東海道の草津まで。甲州街道は日本橋から中山道の下諏訪まで。日光街道は日本橋から日光まで。奥州街道は日光街道の宇都宮から白河までです。

それ以外にも重要な街道はあったでしょう。例えば京都から西へ西国街道。白河から北へ仙台道など。

それは置いておいて、とりあえず五街道のうち奥州街道を除く4街道は歩いたので、残る一つの奥州街道を歩こうかなと、参考書を購入しました。「ちゃんと歩ける日光街道、奥州街道」という本です。

その解説に五街道の正式名称が書かれていました。1761年に幕府の道中奉行が定めたそうです。それが

東海道

中山道  従来の中仙道は廃止する。

甲州道中 山中なので甲州海道とは呼ばない。

日光道中    同上

奥州道中    同上

だそうです。五街道に付随するその他の街道は、脇街道又は脇往還などと呼ぶことにしたそうです。

ということで、現在、奥州道中の勉強中です。

コロナの外出制限は何時解除されるかな。

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧