« 伊勢西国6回目 桑名 | トップページ | 伊勢西国7回目 佐奈の三古寺巡り »

2024/01/17

初詣歩こう会

2024年1月16日(火)

今日は団地老人会の行事で初詣歩こう会を行った。天気は良いが風が強い。寒冷前線の通過とかで、風速10mが予想された。とても堤防を歩く環境では無いので、急遽変更して車で2か所初詣することにした。

Tado0116jpgc

上図の右から車で左の多度大社へ向かった。下の写真の白い布が敷かれた坂道を馬が登る、上げ馬神事が有名ですが、動物愛護問題で揺れていて、今後どうなるだろうか。

Dscn9695jpgc_20240117145201

その性では無いが、今日は白馬はお休みだった。

Dscn9696jpgc_20240117145201

下写真の左側が本殿で、天津彦根命を祀る。天照大御神の皇子だそうです。右社殿は別宮で天目一箇命(主祭神の御子)を祀る。

Dscn9712jpgc

平日だけど、結構参拝者が多かった。近くに摂社の美御前社がある。

Dscn9702jpgc

やはり主祭神の御子である市来島姫命を祀る。美しくなりたいという女性の願いを聞き届けられるとか。

隣にある多度観音にもお参りした。

Dscn9720jpgc

これだけでは散歩の距離が不足なので、多度山の登山道を少し歩くことにして、ポケットパークへ向かって駐車した。そこから少し歩いて、Iさん持参のコーヒーでブレイク。

Dscn9723jpgc

次に揖斐川を渡って引き返し、木曾三川公園の駐車場に車を置き、治水神社に向かった。

Dscn9725jpgc

治水神社は宝暦の治水と言って、毎年荒れる木曾三川、木曽川・長良川・揖斐川の合流点をなんとかしようというものだった。江戸幕府から命じられた薩摩藩は、大阪商人から多額の借金をして工事にあたった。

しかし非常に難工事で、多くの人命、薩摩藩士らが犠牲になった。その犠牲者を弔うため、明治になって建てられた神社です。

Dscn9727jpgc

結果的には工事の効果は限定的で、現在の姿になったのは、オランダの土木技師デレーケを招いて行った、明治の治水まで待たなければならなかったそうです。

その木曾三川公園に有るレストランで、ランチタイムとして、今日の歩こう会は終わりました。お疲れ様でした。

Dscn9731jpgc_20240117183201

|

« 伊勢西国6回目 桑名 | トップページ | 伊勢西国7回目 佐奈の三古寺巡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊勢西国6回目 桑名 | トップページ | 伊勢西国7回目 佐奈の三古寺巡り »