« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月に作成された記事

2022/02/28

大和街道

山歩会仲間と大和街道の1回目を歩いてきました。

大和街道は加太越えなら道とも呼ばれ、東海道の関宿からJR関西線に沿って奈良を目指す街道です。

今後4回か5回で歩く予定です。

Dscn9112jpgc

詳しくは街道トレッキングでご覧ください。

 

| | コメント (0)

2022/02/19

観天望気

我家の観天望気は多度山を見ることです。多度山は我が家から北西に7~8キロにあります。多くの天気の崩れは西からやってきます。偶に台風などで南から来ることもありますが例外です。

多度山が隠れると1時間以内に雨が降ってきます。上空を雲が覆っても、多度山が見えていれば洗濯物を干しても良いという具合です。

一昨日、この冬一番の寒気が日本列島を覆いました。その日の多度山の様子を写真に写してみました。まず早朝、朝の散歩中に写した日の出前の多度山です。

Dsc_0022jpgc

日本海側から分厚い雪雲が押し寄せています。鈴鹿山脈は完全に覆われていますが、多度山(右端)はまだです。その5分後には多度山が覆われ始めました。

Dsc_0027jpgc

更に5分後には多度山は完全に見えなくなりました。

Dsc_0029jpgc

その時、逆方向の南東から朝日が昇り始めました。

Dsc_0034jpgc

ですが1時間後には、やはり雪が降ってきました。

Dscn9017jpgc

でもこの雪は前線の移動ではなく、寒気団の張り出しによるものなので気まぐれです。出たり入ったりするのです。15分後には寒気団が後退し多度山が見えてきました。

Dscn9024jpgc_20220219132801

この日はこんなことを何回も繰り返していました。そして、これは翌朝の景色です。鈴鹿山脈も多度山も結構雪が積もったようですね。

Dsc_0042jpgc

 

 

| | コメント (0)

2022/02/13

東海道から伊勢街道へ

山仲間のNさんから誘われて、四日市から日永追分を経て鈴鹿市まで歩いてきました。

何回か歩いた道ですが、歩くたびに新しい発見があります。

Dscn8931jpgc

写真は東海道日永、名残の一本松です。

詳しくはダイバー散歩でご覧ください。

 

| | コメント (0)

2022/02/09

蟹江 街歩き

しばらく歩いていないので、近鉄あみま倶楽部のてくてくまっぷから、唯一愛知県の蟹江のルートを歩いてきました。12キロほどです。

蟹江は歴史と文学の息吹感じる水郷巡りコースだそうです。

Dscn8799jpgc

詳しくはダイバー散歩でご覧ください。

| | コメント (0)

2022/02/07

大豆ミート

最近ヘルシー食品として大豆ミートが話題になっているので、一寸試しに買ってみた。

Dscn8752jpgc_20220207110501

通販で5袋で1000円ほどだった。

Dscn8758jpgc

中身はこんなで、80グラム。

Dscn8754jpgc

袋の裏面にから揚げの調理法が載っていたので作ってみた。

Dscn8761jpgc_20220207110501

出来上がりはこんな風。

Dscn8755jpgc

一寸味が薄かったのでポン酢で食べてみたが、結構美味しかった。

ただ、何の肉かよくわからない味だった。ジューシーさも無かった。

でも調理方法によっては、それは補えるでしょう。

残りの袋は何にしようか。ホームページにはチンジャオロースーとかハンバーグが載っていたが。

 

| | コメント (0)

2022/02/03

恵方巻

これまで食べたこと無かったけど、今年はスーパーの宣伝に負けて買ってきた(笑)。

Ehou01

私の子供の頃には、節分と言えば豆を歳の数だけ食べるくらいだったので、恵方巻を食べる習慣は新しいだろうとルーツを調べてみた。

江戸時代、大阪の花街で節分に太巻きを食べたのがルーツだとか。全国的に広めたのはコンビニのセブンイレブンで、1989年に広島の店で縁起物として、恵方巻の名で売り出したのが最初とか。私が38歳の頃かな。

その後他の府県、特に関西でも売り出し、10年後ぐらいには全国の店で売り出すようになったとか。現在では他のコンビニはもとより、スーパーでもすべて売っていますね。

食べ方にルールがあるそうですね。

Dsc_0004jpgc

恵方今年は北北西を向いて、一本黙って丸かじりし、最後まで全部ひとりで食べるのがルールだそうです。でも、こんな太巻きを、一人で全部食べるのは、とても無理ですね。これは売り手の仕掛けた罠だと思って止めましょう(笑)。

 

| | コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »