« 長島町 旧久我屋敷 | トップページ | 根室半島チャシ群跡と釧路湿原の旅その1 »

2020/06/22

揖斐川の鮎と父の日

毎年恒例ですが、山歩会の家族食事会が揖斐川町の鮎料理屋さんで行われました。

12時集合に一寸時間が有ったので、近くの谷汲山華厳寺へ一寸寄りました。西国三十三札所の三十三番として有名です。長い参道の先に山門があり、潜るとまず、三十三度石があるのが珍しい。

Dscn0572jpgc

続いて中門を潜ると、その先にお百度石があります。

Dscn0574jpgc

その先の石段を上がると本堂で、本堂の地下は確か暗闇の戒壇巡りがあったと思います。

Dscn0575jpgc

時間切れで、ここで引き返しました。参道では名産の菊花石を打っています。50年前でも、一寸良い物は10万円以上したので、今は結構高価だと思いますが、手がでません。

Dscn0579jpgc

谷汲山から10分位で料亭です。もう10年位毎年来ていますが、相変わらず良い庭です。

Dscn0605jpgc_20200622195901

女将さんの話では、この店も2か月休業して、草むしりしていたそうです。再開はお店もお客もうれしいものですね。まず突き出しがでます。

Dscn0581jpgc_20200622195201

その間に鮎を焼き始めます。6月なので若鮎で、まだ小さいですね。

Dscn0585jpgc_20200622195201

鮎のお刺身です。

Dscn0590jpgc

おそばみたいなのが

Dscn0591jpgc

酢の物が出て

Dscn0595jpgc

そして塩焼きです。若鮎なので、頭からすべて食べられます。

Dscn0596jpgc

そして、味噌焼きと天麩羅。ここまでで8匹食べたかな。

Dscn0598jpgc

最後に鮎ぞうすいとデザートが出て、結構満腹します。

Dscn0602jpgc

今日は6月21日、父の日でした。家に帰ると、子供達からプレゼントが届いていました。鰻の蒲焼と日本酒です。今日はお昼に鮎会席、夜は鰻と贅沢な1日でした。

Dscn0612jpgc

 

 

|

« 長島町 旧久我屋敷 | トップページ | 根室半島チャシ群跡と釧路湿原の旅その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長島町 旧久我屋敷 | トップページ | 根室半島チャシ群跡と釧路湿原の旅その1 »