« 天城越え② | トップページ | 慶良間ダイビング »

2017/07/17

中山道 三留野宿~須原宿

2017年7月16日(日)
山歩会のメンバーとの中山道歩きです。前回、馬籠から南木曾駅駅まで歩いたので、今日はその続きです。
ただ、この辺りは鉄道の便が非常に悪く、南木曽駅到着は10時18分、25分に出発しました。
今日はお祭りの日と見えて、駅前に祭り装束の子供たちが居ました。

Dscn2994

今日の行程です。

Suhara01jpgc

前回、駅の裏側の街道を歩いて、少し先で引き返してきたので、今日はそこまで戻ります。10時33分でした。

Suhara02

そこから10分ほど歩いた辺りが三留野宿宿です。

Dscn2999

本陣跡です。

Dscn3002

5分ほどで宿場は通り過ぎますが、そこで街道は二つに分かれます。木曽川の反乱を避けた与川道が右に分かれるのです。でも今は、そちらが中山道の本道として案内されています。

Dscn3005


でもそちらは6キロほど遠回りになるので、我々は川沿いの道を行きます。
11時頃国道19号線に合流し、しばらくは木曽川沿いの国道歩きです。歩道が付いているので危険はありません。

Dscn3015

11時40分頃、十二兼駅への案内で国道を左に外れます。

Suhara03

木曽川を渡ると柿其渓谷と言うハイキングコースへ行けますが、街道は橋を渡らず十二兼駅へ向かいます。

Dscn3016

15分で十二兼駅です。ここでベンチをお借りして昼食にしました。無人駅です。
十二兼というのは何か謂れが有りそうですが、調べても余り歴史的な謂れはないようです。

Dscn3019

12時25分に出発、次の目的地は野尻宿です。
すぐに国道を潜り、また国道を横断するという変なルートで国道歩きが始まります。
10分ほどで国道を左に別れ、何回か仲仙道踏切を渡りながら歩きます。

Dscn3029

13時10分頃、野尻宿らしい集落に入り、一里塚跡がありました。

Dscn3037

実際の野尻宿は7~8分先の「はずれ」という屋号の民家からだったそうです。

Dscn3044

この野尻宿へ東京から来た場合、例の与川道への案内が見当たりません。なので、今日も数人の旅人が我々川沿いの道を歩いてきました。

Suhara04

本陣跡を過ぎ、東の外れのような南無妙法蓮華経の大きな石碑を13時半頃過ぎました。
次の目標は道の駅大桑です。

暑いので木陰で時々休憩して、給水と塩分補給して熱中症を防ぎます。
国道に出て、道の駅の前を通過したのが14時頃です。

Dscn3051

更に10分一寸歩いて大桑駅手前で国道と踏切を渡ります。道中で何回も列車とすれ違いますが、殆どが特急列車です。普通列車は見た覚えがありません。

Dscn3052

ここまで来ると、須原駅までは5キロ強で、時間も見えてきます。15時台は列車が無いので急ぐ必要はありません。目標は16時13分の中津川行きです。
40分ほど歩いて14時50分、岩出観音の近くまでやってきました。舞台建築ですね。

Dscn3060

観音様にお参りした今日のメンバー8人です。

Dscn3064

お参りを済ませたのが15時過ぎ、道案内は右の登りが須原宿と案内していますが、これは中山道でもなく、しかも遠回りです。我々は下って、元の中山道に帰ります。

15分ほどで須原宿の入り口辺りに来ました。

Dscn3068

定勝寺入口の水船です。

Dscn3069

定勝寺は由緒ある古刹ですね。木曽家の菩提寺との案内もありました。

Dscn3075

脇本陣だった西尾酒造さんで地酒を購入しました。

Dscn3084

須原宿は水船の里です。

Dscn3086

須原宿も今日はお祭りでした。

Dscn3081

Dscn3093

皆さん暑い中お疲れ様と言うことで、反省会は中津川のとんちゃんやさんで行いました。
お疲れ様でした。

Dscn3099


|

« 天城越え② | トップページ | 慶良間ダイビング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山道 三留野宿~須原宿:

« 天城越え② | トップページ | 慶良間ダイビング »