« 日光街道その3 せんげん台から栗橋 | トップページ | 日光街道その5小金井から宇都宮 »

2017/06/06

日光街道その4栗橋から小山

2017年5月28日(日)

今日の宿は小山駅前のホテルを予約しています。
栗橋からは利根川を渡って古河、野木、小山で24キロほどです。
関西人の私は関東の地理は疎いのですが、栗橋は埼玉県、古河市は茨城県、野木からは栃木県のようです。

Oyama00jpgc

朝食は昨日買っておいたラーメンで済ませました。

Dscn1661jpgc

6時37分、宿を出ました。

Oyama01jpgc

八坂神社の前の工事現場をよく見ると、それは古墳の発掘現場でした。
栗橋宿西の本陣跡の発掘と書いてありました。

Dscn1663jpgc

堤防に登り利根川を越えます。この川、見たのも初めてかもしれない。

Dscn1669jpgc

茨城県古河市に入りました。橋を渡ると左折して4号線と別れます。
街道の風情は無いですが旧道です。

Dscn1675jpgc

源頼朝が鶴岡八幡宮の神を勧請して建立したという鶴峯八幡宮があります。
江戸時代には日光街道の鎮守として所領3千石を与えられたとか。

Dscn1676jpgc

歩きながら思ったことですが、この辺りの真宗のお寺は東本願寺の末寺が多いようです。
やはり徳川幕府がそうしたのでしょうか。

7時26分、日光街道踏切を渡りました。

Dscn1681jpgc

渡ると、広い道路の両側に松が植樹されていました。珍しいなと思ったら、この辺りは中田の松原と言って、江戸時代は4キロも続いた名勝だったそうです。

Dscn1682jpgc

Oyama02jpgc

踏切から30分ほどは淡々と歩きます。354号線を渡ったのが8時です。

Dscn1686jpgc

そこから5分ほどに高校があり、その前辺りに一里塚跡があると探しましたが見当たりませんでした。
写真は振り返っています。

Dscn1687jpgc

8時18分、古河宿に入りました。

Dscn1689jpgc

今回初めて、それも日光街道から帰ってきて、足利時代の永享の乱や享徳の乱を調べました。
ややこしくて理解できていませんが、古河公方の成り立ちだけは解りました。

Dscn1691jpgc

江戸時代初期には大老土井利勝の居城だったのですね。駅前が8時半過ぎです。

Dscn1697jpgc

宿場道はやはり鍵型に曲がります。

Dscn1698jpgc

この辺りに本陣跡があるはずですが見当たりませんでした。
今度は右折して、なかなかの街並みを歩きます。コンビニでお握りを買い今日のお昼に。

Dscn1706jpgc

そこから25分ほど歩くと、再度4号線に合流します。

Oyama03jpgc

その手前左に野木神社の入り口です。

Dscn1709jpgc

合流点の立て看板に、野木町煉瓦窯の案内がありました。
重要文化財だなと思い、一寸見たいなと思いながら道を急ぎました。

Dscn1710jpgc

合流から20分ほど国道を歩くと、左手に何か道標がありました。
例幣使街道へ通じる道だそうです。

Dscn1716jpgc

10時前ですが、お山まで12キロの案内がありました。半分ですね。

Dscn1718jpgc

疲れたので、近くの閉店したホームセンターのような建物の陰で大休止して、お握りを一つ食べました。
今日は食堂は止めて、こんな休憩を2回とるつもりです。

10時20分に野木駅を通過しました。

Dscn1720jpgc

そこから30分で小山市に入り、更に30分11時17分に間々田駅前です。

Oyama04jpgc

Dscn1724jpgc

Dscn1728jpgc

この辺りで地元のおじさんに話しかけられました。
この小山市で見るべき遺跡は近くの逢いの欅と小山評定所跡だと。

逢いの欅は日光街道の中間点、評定所は上杉征伐途上の家康が石田三成挙兵を聞き、福島正則をはじめとする豊臣恩顧の大名と善後策を打ち合わせた歴史の転換点の場所です。

あいの欅は間の欅がいつの間にか縁結びの神に変わったものです。11時半から小休止しました。

Dscn1731jpgc

そこから3つ目の信号、粟宮南は12時20分の到着ですが、

Oyama05jpgc

地酒の酒屋さんが交差点にありました。門外不出がその酒の銘柄のようです。

Dscn1735jpgc

更に10分で粟宮の交差点です。ここで街道は直進、4号線は左に分かれます。
地元のおじさんは、ここを左にとって、市役所の一角にある評定所跡を見なさいと推薦していました。

Dscn1737jpgc

そこは一寸問題もあるので、ルートは直進の日光街道をとります。
その前に安房神社入口で大休止、残りのお握り一個を食べました。12時半頃です。

街道は小山駅前の方に進みます。須賀神社が13時28分。

Dscn1743jpgc

すぐに脇本陣跡です。

Dscn1744jpgc

小山駅前付近は12時35分の到着です。

Dscn1745jpgc

ここで一寸思案して、今日のホテルに立ち寄って、荷物を預かってもらって、もう少し歩くことにしました。
足の豆が治ったわけではありません。痛みを押しての決断です(笑)。

Oyama06jpgc

15分位寄り道したでしょうか、13時50分頃には街道に復帰しました。
両毛線の踏切を14時15分に渡りました。

Dscn1749jpgc

例え6キロに満たない荷物でも、空身になると心も軽くなります。
日枝神社が14時15分です。

Dscn1751jpgc

4号線に合流して街道はすぐ右折します。すぐに左折して線路に並行しますが、その森の中に一里塚跡がありました。でも看板も何もありません。小山市はここをどうするつもりなのでしょうか?
このまま荒れさせて宅地にでもするのでしょうか?

Dscn1754jpgc

15時02分、喜沢付近です。街道は新幹線の下を歩いています。

Dscn1758jpgc

県道33号線が街道の下を潜って行きます。すると、すぐに街道は左に新幹線から離れます。
案内はありません。

Oyama07jpgc

Dscn1761jpgc

15時18分、4号線に出てきました。

Dscn1762jpgc

この辺からしばらく新田宿と言うそうですが、正式の宿場には無いような。

Dscn1763jpgc

Dscn1764jpgc

羽川を過ぎて国道の左の側道に入ります。昔の街道は残っていないのですが、国道の一寸左を通っていたらしい。

Dscn1764jpgc_2

そのうち道が無くなってきました。15時44分。

Dscn1767jpgc

そこから5分ほど歩いて右折、4号線を渡って小金井駅に着きました。15時57分でした。

Dscn1768jpgc

小山駅へ16時20分に帰ってきました。今日は32キロ歩いたようです。

Dscn1773jpgc

ここで地元のおじさん推薦の評定所跡を見に行きました。

Dscn1776jpgc

関ヶ原の合戦の家康勝利を決めさせた歴史的な評定が行われたのはここだったのかと、一寸感無量でした。
ホテルに入って一休み、お風呂も入って32キロを休めました。

夜はご褒美に地酒をたっぷり飲みました。途中で見た門外不出も飲んでみました。

Dscn1788jpgc

Dscn1792jpgc

Dscn1798jpgc

お疲れ様でした。

|

« 日光街道その3 せんげん台から栗橋 | トップページ | 日光街道その5小金井から宇都宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光街道その4栗橋から小山:

« 日光街道その3 せんげん台から栗橋 | トップページ | 日光街道その5小金井から宇都宮 »