« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

養老山系縦走

2016年12月25日
今年最後の山歩きはやまびとの例会でした。
多度駅から出発して多度山に登り、石津御嶽で昼食、田代越を経て水晶の湯に至る7時間のロングコースです。

Tado05jpgcc

多度駅を8時25分頃出て宇賀神社から展望コースに入ります。

Tado02jpgcc

Dscn5475jpgcc

登り始めると、何匹もの猿が居ました。冬になると食べ物求めて降りてきますね。
ポケットパーク駐車場では鷹匠さんが訓練をしていました。

Dscn5478jpgcc

今日は雲っていますが、遠くまでよく見えます。

Dscn5481jpgcc

9時50分頃、山上公園直下の広場でハングライダーの組み立てをやっていました。
今頃上空へ飛び出すと、とてつもなく寒いそうです。

Dscn5487jpgcc

山上公園は素通りして瀬音の森コースに入り、縦走路に入ったのは10時20分頃です。

Dscn5494jpgcc

15分ほど縦走路を歩くと、30番鉄塔の下あたりを通過します。

Dscn5497jpgcc

更に15分で30番鉄塔からの尾根道に出あいます。
そこから5分ほどで縦走路から外れて一寸登ると三角点があります。
一応美濃松山ということになっています。

Dscn5501jpgcc

ここから一寸尾根筋になり、所々展望が開けます。
デジカメであまりうまく写りませんが、御嶽、と乗鞍で、その左に北アルプスも見えていました。

Dscn5506jpgcc

Tado03jpgcc

新しい鉄塔などを過ぎ、美濃松山から30分、11時25分頃、またハングライダーの台があります。

Dscn5511jpgcc

ここまで来ると石津御嶽はもうすぐです。11時40分に予定通り神社に到着しました。
ここで30分、昼食休憩しました。

Dscn5516jpgcc

神社を出て20分で奥ノ院があります。

Dscn5524jpgcc

奥ノ院から10分下ると林道に出ます。
林道を15分弱歩くと、一寸判り難いですが、恋姫山への道に横から入れます。
見過ごしても、すぐ恋姫山の案内があるので、大した問題ではありません。

15分で恋姫山です。694mは今日の最高地点です。

Dscn5535jpgcc

伊吹山がちらりとみえています。

Dscn5533jpgcc

帰りは元の道へは下らず、直接樽沢池に下ります。

Dscn5542jpgcc

樽沢池から10分ほどで田代池です。ここの鳥居を潜って田代越に入ります。13時38分です。

Dscn5547jpgcc

林道沿いに12分歩くと水晶の湯の道標があり、そこを下ります。

Dscn5555jpgcc

ここからも、時々分かれ道もありますが、道案内や↓などを頼りに、ひたすら下ります。
急坂あり、落葉の絨毯ありで35分ほど歩くと、縦走路の10mほど奥に、こんな看板があります。

Dscn5567jpgcc

尾根道で休憩所や鉄塔があります。今回は下道を選択しました。
下道と言っても、素晴らしい景色が見えます。

Dscn5571jpgcc

Tado04jpgcc

14時38分、行基寺展望所です。

Dscn5576jpgcc

展望所から10分で道が3本に分かれますが、右は行基寺へ行きます。
水晶の湯は左をとります。真ん中は行基寺道に合流します。

行基寺分岐から20分強で月見台と言うのでしょうか、展望台に降りてきます。

Dscn5587jpgcc

そこから10分弱で水晶の湯です。予定より25分早く、15時20分の到着でした。

Dscn5592jpgcc

ゆっくり風呂に入って、冷たいビールで反省会を行いました。
皆さん、お疲れ様でした。

Dscn5593jpgcc


| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての猿投山

2016年12月17日
山歩会のKさんに連れて貰って初めて猿投山に登りました。
愛知県民には人気の山ですが、三重県民の私には何故か無縁の山でした。

今回はKさんが所属する山岳会?の地図読み練習コースだそうで、長くて判り難いコースでした。
下図のグリーンの道が東海自然歩道でメインコースみたいです。

Sanage02jpg1jpgcc

我々は図下の広沢神社から左の広沢西尾根コースに入りました。8時半頃です。

Dscn5385jpgcc

ここは3台ほど車が置けますが、途中車のすれ違い困難な道が続き、行きたくない登山口です。
最初急坂で、落葉で道が判然としません。

Dscn5389jpgcc

30分を急登すると尾根になり、傾斜もゆるくなります。
山の神が9時10分頃。

Dscn5390jpgcc

2等三角点の309mピークは9時15分です。

Dscn5391jpgcc

ピークから25分、図に広沢西尾根ルートと書いた辺りで初めて猿投山の頂上が望めます。

Dscn5392jpgcc

そこから一寸道迷いもしながら、忠実に尾根を辿って1時間、赤猿峠の下の広見林道との出会いに来ました。
10時48分です。

Dscn5395jpgcc

当初は赤猿峠で昼食予定だったそうですが、この調子なら昼までに猿投山に着けそうということで、赤猿峠には寄らず、名も無いコースで猿投山に直行することになりました。

林道を7~8分歩くと赤猿峠への道があります。

Dscn5397jpgcc

そこから1分、10時58分に林道左手の判り難い入口から登り始めました。

Dscn5398jpgcc

すぐに尾根道になります。

Dscn5399jpgcc

それから30分で赤猿峠からの東海自然歩道と合流しました。猿投山まで10分とあります。

Dscn5404jpgcc

そこからは良い道です。最後に一寸階段を登ります。

Dscn5406jpgcc

11時40分に猿投山に到着しました。10分でなく5分でした。

Dscn5408jpgcc

晴れた日には御嶽や白山、伊吹山など見えるそうですが、今日は駄目です。

Dscn5411jpgcc

ここは標高629m、最高地点は少し先に632mが有るそうです。
ともかくここで昼食にしました。寒さの中30分ほど昼食休憩しました。

ここで地図を再度掲載します。

Sanage02jpg1jpgcc_2

12時15分に出発して4分ほど、カエル岩があります。

Dscn5415jpgcc

またこの付近は南アルプスが見えるそうですが、今日は駄目です。

Dscn5419jpgcc

周囲の森が素晴らしい雰囲気になったなと思いながら5分ほど下ると東の宮でした。
猿投神社の奥宮で平安時代後期の創建とか。

Dscn5422jpgcc

他に西の宮もあるそうで、そちらの方が社殿が立派とか。
20分の下りで東の宮参道の入り口に出ました。トイレもあります。
ここまでは車も入れます。12時48分です。

Dscn5427jpgcc

トイレ休憩を済ませて下山再開。5分で大岩展望台への道に入りました。すぐ展望台です。
ここは気持ちの良い展望台です。

Dscn5431jpgcc

5分ほどで出発、すぐに武田道への分岐があり、自然歩道から分かれます。

Dscn5437jpgcc

分岐から10分で車道に出ますが横断します。

Dscn5438jpgcc

車道から10分の間に見晴らし台が2ヶ所あります。

Dscn5446jpgcc

そこから急坂になりますが、5分で城ケ峰への道が分かれます。この道は猿投神社へ通じているようです。

Dscn5448jpgcc

分岐から25分、14時12分に武田道登り口に到着しました。

Dscn5452jpgcc

車を置いた広沢神社までは5分です。2万3千歩、13~15キロの長い道程でしたね。お疲れ様でした。
ということで、名古屋市内に返って反省会です。

Dscn5456jpgcc

今日は予定より1時間以上早く着いたので時間は充分、2次会にバーへ行きました。
若い頃飲んだバーボンやオールドパーを飲んで、ご機嫌でした。

Dscn5468jpgcc


| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥羽海岸歩きと浦村の牡蠣

伊勢志摩では昔から的矢湾の牡蠣が有名です。でも最近は、鳥羽市の浦村牡蠣というのも人気があります。
以前から一度行きたいと思っていたのですが機会がありませんでした。

それで今回石鏡港から本浦港まで海岸歩きして牡蠣を食べてくることにしました。

Tobajpgcc

鳥羽からバスに乗って10時半過ぎに石鏡港に着きました。

Dscn5247jpgcc

太平洋に面し、沖合左方面には映画潮騒で有名な神島や伊良湖岬が見えます。

Dscn5246jpgcc

港から漁港特有の狭い道を登って本浦への車道に出ます。10時45分。

Dscn5248jpgcc

急坂を10分ほど登ると旧道です。振り返ると石鏡の集落が見えます。

Dscn5253jpgcc

今はすぐ近くをパールロードが走っていますが、歩くには旧道が最適です。

Dscn5255jpgcc

Dscn5257jpgcc

車道を歩き始めて20分ほどで2回目のパールロードの下を潜ります。左の川は大吉川と言うらしいのですが、錦浦という海も近寄ってきて、牡蠣養殖の筏も出てきます。

Dscn5260jpgcc

赤い橋で大吉川を渡ります。11時25分でした。

Dscn5265jpgcc

半島を10分ほどで越へ、更に5分で本浦港です。麻生浦湾と言うようですが、ここが牡蠣養殖の中心だそうです。

Dscn5273jpgcc

Dscn5274jpgcc

この本浦港付近には30軒ほどの牡蠣を食べる店があります。その内24軒が焼き牡蠣食べ放題をやっています。
料金は生牡蠣、焼牡蠣は1ヶ100円、食べ放題は2000円~3000円で1時間又は1時間半の時間制限付きです。

先日、山仲間の女性が62個食べたとFacebookにアップしていました。
私は一寸無理なので、食べ放題で無い店を探して、お土産にしたいと訊いてみました。

それが写真の「さとや」というお店でした。そこの娘さんが、歩いて5分の中山養殖場へ行くと良いと教えてくれました。親切なお店ですね。

Dscn5275jpgcc

店のすぐ前からパールロードに登りました。ここは以前からネットで見ていて、評判の良い店です。

Dscn5279jpgcc

ここも生、焼共に1個100円です。お土産用は、今はまだ殻付きは売っていないそうです。むき身は100グラム300円です。牡蠣の水揚げがまだ多くないので、大きな牡蠣をお土産に回せないのだそうです。その点むき身なら大きくても小さくても100グラムは100グラムと言うわけです。

ここは小規模で、生牡蠣に一人、焼牡蠣に一人、それと雑用に一人の女性3人でやっています。
なので、生牡蠣はすぐ食べられますが、焼牡蠣は順番待ちです。窓に貼られた紙に名前と個数を書き込みます。

Dscn5289jpgcc

そして呼ばれるのを待つ訳です。私の前に3組ほど居たので40分位待ちました。

Dscn5285jpgcc

待っている間に生牡蠣を注文して食べました。椅子は無いので立ち食いです。ポン酢だけ置いてあります。
お椀の中身は水で、牡蠣を洗います。

Dscn5293jpgcc

無菌の海水に20時間以上漬けて浄化しているそうなので、安心なのだそうです。
ようやく、焼牡蠣の順番が回ってきました。持参の飲み物と一緒に頂きました。ソフトドリンクなら店の前に自販機があります。

Dscn5299jpgcc

この時期、まだ小さい身も混じるそうで、そういうときはおばさんの気分で二つ入れてくれます(笑)。
塩味が利いて、何もかけなくても美味しいです。

牡蠣のむき身を300グラムお土産に買いました。200円で発泡スチロールの箱と氷をくれるので安心です。
また旧道へ下ってウオーキングを再開しました。

道筋の食べ放題の店では大量の牡蠣を焼いていました。旨そうですね。

Dscn5304jpgcc

店から10分ほどで麻生の浦大橋の下を潜り、回り込んで橋に出ました。なかなかの絶景です。

Dscn5307jpgcc

橋を渡り切るとすぐ今浦のバス停があります。そのすぐ先に神社がありお参りしました。

Dscn5317jpgcc

先ほど食べた15ヶほどの牡蠣で、意外とお腹も膨れていますが、せっかく持ってきたのでお弁当を食べました(笑)。Dscn5321jpgcc

近いうちにまた来たいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山道 加納宿~鵜沼宿

2016年12月3日

山歩会のメンバーと6日目の中山道歩きに出かけました。

今回は加納宿から鵜沼宿の17キロほどです。

加納宿、鵜沼宿ともに中山道を大切にしている様子がよく解りました。

写真は鵜沼宿の様子です。

Dscn5196jpgccc

詳しくはホームページでご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »